【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

最近、銀細工を始めた初心者です。
アートクレイやPMC3で試しにいくつか作ってみたのですが、
リングはある程度想像どうりの(シンプルなモノですが)出来上がり
なのですが、薄め(1.5mm~2mmくらい)の板物ペンダントを作ると
乾燥の段階では問題ないのですが、焼成した時に微妙に反ってしまいます。
単純に火が強すぎるのでしょうか・・・。
ちなみに、ガスコンロで焼いてます。
強火・中火、途中でひっくり返す など試してみたのですが、
なかなかウマくいきません。

まっすぐな板に焼成する方法をご存知の方、経験がある方
教えて頂ければと思います。

A 回答 (1件)

僕も趣味で楽しむ程度ですが普段気をつけていることを書きますね



板は必ず均一のばす。
デコボコしていると、薄いとこがすこしそってしまう時がある。

薄い物のときほど乾燥をゆっくりする。
はじの方と真中の乾燥の速度が違って、はじがそってしまうこともある。

↑は友人が教えてくれたことなので、何かの本と可にあったわけではありません。なので本当に正しいかはわかりませんが、今のところけっこう真っ直ぐです。
ただ、どうしても薄いとそりやすいようなので、焼成中(PMC3なら火が一瞬でる前後)に鏡の上に乗せて、お好み焼きのコテでおしてます(笑
失敗すると折れる(割れる?)のでかるーくです。
あとは焼成後に叩いて直します。

他に回答者様がいなかった時に試してみてください^^;
もしかしたら、僕が成功してるのは偶然かもなので。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうゴザイマス。
最低限、板は均一の厚みでなければいけないのですね。
実は作りたいデザインはギターのピック型ペンダントで、
実際にも使用できるようなモノが希望だったので、
弦に触れる部分を薄めに、持つ方を若干厚めに、といった
デザインになります。
それが原因のようですね。薄い方が反ってしまう・・・
教えて頂いたお好み焼きのコテ、ぜひ試してみます☆
ありがとうございます。

お礼日時:2007/06/20 22:15

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング