最新閲覧日:

マンション管理士、マンション管理士の説明を読んだのですが、違いがよく分かり
ません。

管理業務主任者のほうが業務上必要とされる場合があり、
マンション管理士のほうは、コンサルタント的な仕事に
向いているようですが。

2つの資格の共通点や上下関係などあるのでしょうか?

管理業務主任者の資格には、マンション管理士の
業務範囲が含まれるとか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

管理業務主任者


 管理業者の事務所ごとに設置が義務付けられています
 マンション管理のマメジメント業務を担う
マンション管理士
 管理組合や区分所有者の相談に応じて助言や支援を行なう

管理業務主任者の試験でマンション管理士の合格者は試験の一部が免除されます、また逆もあります(試験内容が一部同じ為)

マンションの構造、付帯設備に関することから、マンション管理・実務まで(マンション管理士)
マンション管理から管理事務(委託契約、出納、修繕企画、調整)一般まで(管理業務主任者)
で一部重複しています
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難う御座います。

お礼日時:2007/07/06 04:39

簡単に言うと、たとえば管理組合が管理業者にマンションの管理を委託しているような場合、委託を受ける管理業者には管理業務主任者が必要で、委託する管理組合や区分所有者の側に立って助言したりするのがマンション管理士です。


委託を受けて管理業務をおこなうためには管理業務主任者は必須ですが、管理を委託するのにマンション管理士は不要ですので、就職しようとすれば管理業務主任者が有利です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難う御座います

お礼日時:2007/07/06 04:38

このQ&Aに関連する人気のQ&A

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qマンション管理組合の未収管理費等の損金処理

滞納者との連絡が取れなくなりました。
裁判所からの訴状も送達先(住民票記載とマンション内)に届きません。
所有者の送達先(住民登録)はマンション外かつほとんど海外生活の様です。
時効(5ヶ月後)となれば債務は新所有者に継承されないと理解しています。

時効となった場合は回収不能ということで損金処理することになると思います。
この場合の手続きについて教えてください。


最近、組合員からは厳格な処理を求める声が出てきたので本来どうあるべきなのかお尋ねします。

以前、36万円ほどの回収困難金が出たことがありました。
(遠方の所有者だったので理事長が独断で回収続行をやめてしまいました)
このときは会計報告中に36万円、雑損処理と一行記載し総会普通決議で承認としました。
これはちょっと乱暴だと思います。

組合財産の処分には組合員全員の承諾が必要との説がありますが400戸、賃貸率30%のマンションではそれは不可能です。
そこで損金処理の件として議案説明を行い決議で決着つけたいと思いますが問題あるでしょうか。
この場合は普通決議ですか、特別決議ですか。
本来規約に定めておくべき事項と思うので特別決議が妥当と思いますが3/4の賛成も難しいので普通決議ですませたいです。

因に組合は法人の管理組合ではありません。
管理規約には金銭の処分に関する関連条項はありません。

滞納者との連絡が取れなくなりました。
裁判所からの訴状も送達先(住民票記載とマンション内)に届きません。
所有者の送達先(住民登録)はマンション外かつほとんど海外生活の様です。
時効(5ヶ月後)となれば債務は新所有者に継承されないと理解しています。

時効となった場合は回収不能ということで損金処理することになると思います。
この場合の手続きについて教えてください。


最近、組合員からは厳格な処理を求める声が出てきたので本来どうあるべきなのかお尋ねします。

以前、36万円ほどの回収...続きを読む

Aベストアンサー

債権放棄は、普通決議でもなければ特別決議ではないです。
全員の承諾が必要です。
ですから、放棄を考える前に、区分所有法59条に基づく競売決議によって競売します。
そうすれば買受人から全額とれます。

Q【法律】敷金診断士は民間資格なのに士業の士を使って良いのでしょうか?

【法律】敷金診断士は民間資格なのに士業の士を使って良いのでしょうか?

Aベストアンサー

良いのです。

法的に規制されているのは個別の名称のみです。
例: 税理士法
(名称の使用制限)
第53条  税理士でない者は、税理士若しくは税理士事務所又はこれらに類似する名称を用いてはならない。

Qマンション管理組合を、新たに設立する事は可能?

大阪市内にて、450世帯規模のマンション入居者が、既存の管理組合とは別に新たに第二管理組合(仮称)を設立する事は、法律上可能でしょうか?
労働組合では、憲法上、結社の自由がありますから可能なのは解るのですが、
区分所有法にそれらしき規定は、以下の条文だと思います。
一つの管理組合でとはなっていない(全員で)とはあるのですが、憲法で保障されている結社の自由より区分所有法が優先されるとは思えないと考えております。

仮に憲法より法律が優先されるなら、マンションに暮らす住民は、憲法で保障されている
結社の自由を受ける事が出来なくなる。
いかがでしょうか、どなたか詳しい方おられましたら、どの様な事でも結構なので
御指南くだされば嬉しい限りです。


条文は以下の通りです
(区分所有者の団体)
第三条  区分所有者は、全員で、建物並びにその敷地及び附属施設の管理を行うための団体を構成し、この法律の定めるところにより、集会を開き、規約を定め、及び管理者を置くことができる。一部の区分所有者のみの共用に供されるべきことが明らかな共用部分(以下「一部共用部分」という。)をそれらの区分所有者が管理するときも、同様とする。

大阪市内にて、450世帯規模のマンション入居者が、既存の管理組合とは別に新たに第二管理組合(仮称)を設立する事は、法律上可能でしょうか?
労働組合では、憲法上、結社の自由がありますから可能なのは解るのですが、
区分所有法にそれらしき規定は、以下の条文だと思います。
一つの管理組合でとはなっていない(全員で)とはあるのですが、憲法で保障されている結社の自由より区分所有法が優先されるとは思えないと考えております。

仮に憲法より法律が優先されるなら、マンションに暮らす住民は、憲法で保...続きを読む

Aベストアンサー

長年、管理組合の理事をしております。

管理組合は集会・結社の自由の例外をなすもので、それゆえに、原則としてすべての案件につき、総会の決議を必要としています。そのために、第二の管理組合を結成することは原則としてできませんが、そのような必要性が出てきたということは、理事会が総会の決議を経ずに勝手に案件の処理をしているのではないでしょうか。それらは、すべて、無権代理行為となり、裁判を経て、理事会の決定をくつがえすことも可能ですし、管理組合から出費をせずに理事会の各理事に出費をさせることも可能です。まず、総会が適切に運営され、すべての案件につき、総会の決議を経ているかどうかを確認してみてください。

なお、低層階が商店になっていてエレベータが別になっているような場合には、例外として、第二管理組合が認められたケース(裁判例)があります。質問者の方の場合は、450世帯というかなり規模の大きなマンションですね。共用部分が明らかに分割できる場合には、それぞれに管理組合を結成することは可能ですので、そのようなケースに当たらないかということも考えてください。

Qマンション管理組合、役員の守秘義務と個人情報について

マンション(1棟70戸)の自主管理組合です。規約は標準管理規約に準じています。
これまで会計事務を担当していた理事(会計担当理事ではない)が今年度で辞めることになったため、理事長は、賃貸の居住者である知人を雇用し、会計年度末の2月に会計事務を引継がせました。

これに対し私達組合員からは、「公募もせず、非組合員の知合いに直接話をもっていくのはおかしい」、「個人情報を扱う会計事務を非組合員にさせるのは不適切」、「規約どおりに会計担当理事が業務を行うべきではないか」などの声が上がり、理事長に申し入れを行いました。

しかし理事長は、「規約39条二を適用して雇用するもので、マンション管理士の意見も聞いており、賃貸居住者に会計事務をさせることは何ら問題ない」、また「会計担当理事は雇用する事務員の仕事を監督し、二重チェック体制で適切な業務に務めている」として取り合ってはもらえませんでした。
そして、2週間後に開かれる総会資料では、「会計担当事務員の雇用細則」が議題として提案されました。

そこで質問ですが、

①会計業務を行うため、区分所有者名簿や管理費の入金状況など、個人情報を非組合員である賃貸居住者に開示することになりますが、規約38条及び65条に抵触しないのでしょうか。

②もし抵触しない場合であっても、情報開示することへの組合員の同意は必要ないのでしょうか。

③会計担当理事が、会計事務員を監督するという名目だけで、規約41条二に則っていると言えるのでしょうか。(実際に会計事務にはノータッチで、本人は通帳も見たことがないと言っている)

以上、よろしくお願いいたします。

マンション(1棟70戸)の自主管理組合です。規約は標準管理規約に準じています。
これまで会計事務を担当していた理事(会計担当理事ではない)が今年度で辞めることになったため、理事長は、賃貸の居住者である知人を雇用し、会計年度末の2月に会計事務を引継がせました。

これに対し私達組合員からは、「公募もせず、非組合員の知合いに直接話をもっていくのはおかしい」、「個人情報を扱う会計事務を非組合員にさせるのは不適切」、「規約どおりに会計担当理事が業務を行うべきではないか」などの声が上...続きを読む

Aベストアンサー

この問題は 理事会なり 総会で決定すべきことです。
理事長が独断で職員を雇うことに対して反対なら 理事会なり総会で否決すれば済むことです。そして理事長の解任も。ただし、大多数の組合員が反対しないなら それはそれで止むを得ないことでしょう。
そのことと 守秘義務とかを結びつけるのは ちょっと無理があります。守秘義務なら 雇用契約なりで書けばよいことですから。
ところで 二週間後の総会に提案ということは 理事会は通ったのでしょう。理事会を通った案でも もちろん総会の場で否決することは可能ですが 現実的には賛同者が少ないかも

Q弁護士の方の独占業務に関する相談

私は今「裁判の勝ち方についての本」を執筆しようと思っています。

民事、刑事、本人訴訟含め、裁判全般での勝つための方法について書こうと思っています。

ただ私自身は法律の専門家でも何でもありません。

ごくごく普通の一般的なサラリーマンです。

そんな素人が法律に関する本を出版しても違法にならないのでしょうか?

もちろん、

1)著者が法律の素人であること

2)その本はただ単に素人が裁判に関する一般書籍や参考文献などを自分なりに解釈してまとめたものであること(実際に過去に弁護士の方から受けた助言などをまとめたものも含む)

3)そしてその本はあくまでも参考までに止めて頂くこと

4)その本を実践しても筆者は責任をとらないこと

これらを明記します。


また、この本を通じて購入者に法律の相談をするような行為は一切しません。

それでも何か法に触れることはあるのでしょうか?

法律の素人がそもそもそんな本を出版してはいけないのか?

もしくは可能性として、どこか違法になる部分があるのか?

具体的に詳しく教えて頂ければ幸いです。

よろしくお願い致します。

私は今「裁判の勝ち方についての本」を執筆しようと思っています。

民事、刑事、本人訴訟含め、裁判全般での勝つための方法について書こうと思っています。

ただ私自身は法律の専門家でも何でもありません。

ごくごく普通の一般的なサラリーマンです。

そんな素人が法律に関する本を出版しても違法にならないのでしょうか?

もちろん、

1)著者が法律の素人であること

2)その本はただ単に素人が裁判に関する一般書籍や参考文献などを自分なりに解釈してまとめたものであること(実際に過去に...続きを読む

Aベストアンサー

内容が分かりませんので、何とも言えませんが、過去の判例のまとめのようなもの(この裁判で勝った要因はここがポイントなどを列挙する)であれば、編集者が弁護士資格がなくても構いません。事実の編集になります。

ハウツー本という体で出されるのなら弁護士さんの監修をつけてもらい、チェックしてもらう必要があると思います。必ずどこかに、法律実務に携わっていないとハマる落とし穴があります。そこを避けるように書くのは素人では無理です。嘘を書いていたら詐欺罪で訴えられるかもしれません。

事件に対して、こうしたらよかったとか、こうしたら勝てるという助言は、法律行為となるので非弁行為になります。つまり、弁護士以外の方が勝つ方法を助言できません。監修の弁護士さんが認めた範囲なら問題ないでしょうし、争いが起これば、監修の弁護士さんが逃げることはないと思います。


実体験のレポートとかエッセーなら問題ないと思います。

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報