人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

私の勤める会社で業務上横領が発覚しました。
これから過去に遡ってどれくらい被害金額があるか調査を始める事になりました。
会社としては被害金額の弁済をすれば事を大袈裟にいない方針ですが、
相手の出方によっては刑事告訴と民事訴訟もする予定です。

もしものこと(裁判)を考えると確かな証拠がないと当方としては立証も出来ません。
警察や裁判所に提出する証拠はどのようなものが有力になるものでしょうか。
皆さんの中で業務上横領に関してこのような証拠を警察(裁判所)提出した、会社でこのような証拠を探した、
などがありましたら教えてください。

また相手は横領を認めているので私がどれだけの金額を横領しましたと文書で書かせた方が良いですよね。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

こんにちは^^


具体的な内容を尋ねてみえるのですね?

では、分る範囲って事ですが・・

警察には弁護士からの告訴状か会社からの被害届って形になると思いますよ。
じゃあ、準備する書類はどんなものかって話ですね。

1・・横領をこの人物しか出きない状況だったもの。。つまり横領出来る環境が当事者しか作れなかったはず””が大前提な話です。

2・・使途不明金、、○月○日 取引会社Aから○○万入金がある。
それの請求書、銀行の入金予定日、引き出したのは誰か?

3・・経理の元帳、、簿記には借り方、貸し方が存在して初めて経理元帳となるはずでしょうから、総ての元帳と不明金の存在を明確に出す必要があります。

4・・例えば、金庫に現金○○万有ったとします。 (これを持ち出した場合)どの銀行からこの現金を引き出し、社内の金庫に入れたか?
現金の出所を明確にしなければなりません。

で、警察は何をするかって?ですが・・会社の元帳を見て、銀行に参照したり (何時、何分に銀行から引き出したか?)本人しか出来ないと仮定して裏づけをします。。
横領、1件に付き資料1となる訳で。。

この、資料の作成に相当な時間と労力を費やしますよ;;
単純な横領ならばいいのですが・・経理のつまみ食い、、、これが1番やっかいな話で・・細かいのなんのって ><;

この作業をして、確定するのですが・・この資料は後々 民事裁判した場合でも使えますし、当然相手に対して請求する場合でも根拠となり得る資料でもあります。

と、こんな感じで進めて行きますよ^^

そして、最後に相手から 【念書】なりで金○○万横領しました。と一筆取る事は必須です。
詳しく書かせるのも良いでしょうね^ 例えば平成 年 日から 月 日までA株式会社の経理処理を任されていた期間の間 こうやって横領しました。

てな感じでどうかな? 大変な作業だよ~頑張って!!

そして、会社の管理体制が甘かったから?  じゃあ横領してもいいのか?って事になりませんか?
私はそんな事言ったら 世の中盗人だらけになるじゃない!!と思いますよ。
目の前に会社のお金 置いてあったとしても盗んでいいんでしょうか?
そうじゃないっしょ!!

この回答への補足

会社からの被害届けよりも弁護士からの告訴状の方が警察は事件として扱ってくれる可能性が高いような気がします。

補足日時:2007/08/07 07:18
    • good
    • 11
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございます。
1つの業務上横領を確定するまでに随分と細かい作業まで必要とする事が初めて知りました。
件数が100件以上ともなると全てを調べるのには警察も多大な時間と労力が要求されますね。
これが全件を立件出来ない所以なんですね。 簡単なところで堅いとされている案件のみを立件する事が
判りました。

証拠も会社側で調べられるものと警察でなければ調べられないものがあるようですね。
こちらで用意できる証拠はなるべく多く取り寄せたいと思います。
また本人の横領についての念書は必ず書かせたいと思います。 自白に近い証拠となるので有力になりそうですね。

お礼日時:2007/08/07 07:18

> 立証出来た件についてこちらの過失が原因で


> 減刑の要因や減額の可能性があるかが知りたかったのです。

例えばですが、

・複数人で経理の管理を行っていた。
・横領などが起きても、即座に判らない可能性があるので、業務を改善するよう相談、提案、請求があった。
・会社が対応しなかった結果として、横領事件が起きた。

とかの状況なら、横領した社員を弁護する立場の弁護士などからは、

・会社の怠慢により、魔が差してしまう状況を作った。
・犯罪を未然に防止する機会があったのに、それを怠った。
・十分な自覚を促すための教育がなされなかった。

とかって事で、減刑や賠償金の減額を主張する事はあり得るかと。
弁護する立場であれば、手段を選びません。
(最近の事件なんかでも、無茶な主張とかありますし…)


質問者さんケースの場合では、当人からそういう改善策などが提示されるとは考えられませんが…。

この回答への補足

こんな横領事件でこのような証拠を提出したというご意見がありましたらお待ちしております。

補足日時:2007/08/01 15:16
    • good
    • 2
この回答へのお礼

早速の回答大変ありがとうございます。

確かに相手の弁護士から言わせますと相手の落ち度を指摘することで何とか減刑や減額を主張したい
ところですよね。 大変よく分かります。 こちらも管理に対しての落ち度がどの程度なのか検証する必要がありそうです。
相手の主張がどれだけ的を得た反証をするのか想定してこちらも検討しなければなりませんね。
大変参考になりました。

お礼日時:2007/08/01 15:16

> 結果、会社の過失があると認められ場合は刑事裁判で横領した者の本来よりも刑罰が軽くなるということでしょうか。


> また民事訴訟で横領で受けた損害額の減額の判決もありうるということでしょうか。

当人が、そんなに横領していないって事を主張して、会社がそれについて何も立証できなければ、上記のような可能性は十分にあります。


> これについてはその横領が出来るのが会社の立場として彼一人しかいないので

本当にそうなのか?は私には判断できません。
同じように、検察や裁判所でも判断できません。
そうだと主張する根拠を提示する必要があります。

・事務室の鍵は適切に管理し、窓も塞ぎ、防犯カメラで出入りを監視していた。
・複製の出来ない電子キーを使用していた。
・鍵を社外に持ち出ししないよう、帰宅時には守衛所に預けるなどの措置を行っていた。
・帳簿の電子ファイルは、当人のみが開けるような技術的なロックをかけていた。

とかなんとか。

この回答への補足

こんな横領事件でこのような証拠を提出したというご意見がありましたらお待ちしております。

補足日時:2007/08/01 14:03
    • good
    • 7
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございます。

> 当人が、そんなに横領していないって事を主張して、会社がそれについて何も立証できなければ、
> 上記のような可能性は十分にあります。
その件については充分承知しているつもりです。 横領として刑事裁判を起こしたり、損害賠償として民事裁判を
起こすには立証責任がありますね。 勿論立証できないものについてはどんなに疑わしくとも罪に問いたり、
賠償も出来ません。
私の説明が不十分でした。 お聞きしたしたかったのは立証出来た件についてこちらの過失が原因で
減刑の要因や減額の可能性があるかが知りたかったのです。 私としてはこちらの過失で刑の減刑は可能にしても
立証できた被害額は減額は出来ないと考えいます。

> そうだと主張する根拠を提示する必要があります。
これらついては充分立証に値する根拠がありますので大丈夫です。
色々とありがとうございました。

お礼日時:2007/08/01 14:02

> これから過去に遡ってどれくらい被害金額があるか調査を始める事になりました。



って事は、会社の財務管理が十分に行われていなかったって事で、適切に管理されていれば被害が大きくなる事は無かったとして、会社の過失が問われる可能性があります。
例えば、当人がこれくらいしか横領していない、会社はこれだけ横領されているとなった時に、当人以外の社員などが横領を行っていた可能性を棄却できなくなります。

> また相手は横領を認めているので私がどれだけの金額を横領しましたと文書で書かせた方が良いですよね。

いつ、どこからの、どれだけの金額を横領したってのを箇条書きにしてもらい、検証するのが良いかと。

--
当人の主張する額と、会社の主張する額の差分は、そういう業務管理、財務管理を適切に行ってこなかった事に対する勉強代として割り切って、今後の業務管理に生かすほうが前向きかも知れません。
金額によりますが…

この回答への補足

早速の回答ありがとうございます。

> 会社の財務管理が十分に行われていなかったって事で、適切に管理されていれば被害が大きくなる事は
> 無かったとして、会社の過失が問われる可能性があります。
確かにそのあたりの管理は会社としてずさんだったようです。販売の方に力を入れて内部の危機管理は疎かに
していたようです。
ここで「会社の過失が問われる可能性があります。」とありますが、誰が問うのでしょうか。
刑事裁判でですか。 民事訴訟でですか。
結果、会社の過失があると認められ場合は刑事裁判で横領した者の本来よりも刑罰が軽くなるということでしょうか。
また民事訴訟で横領で受けた損害額の減額の判決もありうるということでしょうか。
確かにその横領した者について会社の監督義務を怠ったことは確かですがそれが過失とされた場合は
会社がどのように不利になる可能性があるのでしょうか。

> 例えば、当人がこれくらいしか横領していない、会社はこれだけ横領されているとなった時に、
> 当人以外の社員などが横領を行っていた可能性を棄却できなくなります。
これについてはその横領が出来るのが会社の立場として彼一人しかいないので他の者も横領したということは
今回には当てはまらないのでその線はほぼないと思います。

> 当人の主張する額と、会社の主張する額の差分は、そういう業務管理、財務管理を適切に行ってこなかった事に
> 対する勉強代として割り切って、今後の業務管理に生かすほうが前向きかも知れません。
確かにその通りですね。
一度このようなことが起きてしまったので会社の管理体制を根本的に見直す必要があります。
因みに被害額は2000万円弱です。

補足日時:2007/08/01 13:20
    • good
    • 7
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

お礼日時:2007/08/01 13:21

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q業務上横領が発覚した時のとるべき手段の順序

友人の会社で、新しく雇った人間が横領をしていることが発覚しました。
小さな会社で夫婦でやっています。
販売をまかせていたらしいのですが、未集金が多いことに気づき調べたところ
入金をごまかして懐に入れ、帳簿上は売り掛けとして残す。
といった、やり方のようです。だいたい100万ぐらいではないか、と言ってました。
現在もその人は何食わぬ顔で勤めており、友人は水面下で証拠集めを
しているところです。
友人としては、盗られたお金を取り返したい。相手次第では、告訴も考える。と、言っていますがどのような順序でしていけばいいのか
検討がつかず、ただ悩んでいる状態が続いています。
また、その人は他にも借金があるらしく自己破産をする気配もあるようです。
とにかく、お金が返ってくるのが一番の目的なのですが下手に動いて自己破産されて返ってこなくなるのは避けたいと言っています。

このような場合は、証拠を集めてからどういった方法で
解決していくのがいいのでしょうか?

Aベストアンサー

まず、身柄をかわして逃走されるのが最悪の事態です。
現行犯なら民間人にも逮捕権がありますので、もし体力的に押さえ込める自信があるなら証拠を固めて逮捕なさってもいいと思いますが、危険を伴いますのではやく警察に通報して逮捕してもらう方がいいです。


窃盗罪や業務上横領罪には罰金刑はありませんので、罰金で弁済金が無くなることはありません。また、たとえ免責が決定しても不法行為に基づく損害賠償の請求権は免責対象になりません(破産法253-1-2)。
こういったことについては心配しなくていいので、とにかく損害を拡大させないことと逃亡を防ぐために早急に身柄を押さえましょう。

ところで、たとえ身柄を確保してもお金が無い相手から資金回収するのは非常に困難です。
借金があって勤務先のお金に手をつけるような状態では、横領したお金が現金または何らかの財産として残っている可能性は殆ど無いと考えべきでしょう。横領されたお金は警察が取り立ててくれるわけではありません。

民事裁判で相手の賠償責任が確定した場合のその後の手続きですが、もし預貯金や不動産や自家用車2台以上など、ある程度価値のある財産があれば、それを差し押さえることは可能です。生活に必要な家財道具などは殆ど押さえられないし、差し押さえできる物件があっても価値は非常に低いです。預貯金を差し押さえる場合は、金融機関の本支店名まで自分で調べて特定しなければいけません。
また、仕事をしていれば勤務先の給料を差し押さえることも可能です。まっとうなサラリーマンや公務員なら、裁判所から勤務先に差押命令などというものが送達されることを好みませんので、自主的に弁済に応じる場合が多いです。

しかし職業不定・無財産の人に対しては、強制執行は事実上効果が無いのです。
刑事事件で有罪になった場合に罰金が払えなければ、労役場に留置して強制労働させることができますが、民事上の賠償についてはそのような制度はありません。
今後についても横領の前科がある人物があまり立派な職業につけるとは期待し難いですし。無いから払えないと言い続けられると金は出来たか払え払えと請求しつづけなければいけないということになります。


証拠を集めて、すぐにお金を弁済しなければ警察に訴えて逮捕してもらう、と交渉するのも選択のひとつです。
しかしお金が無い可能性が高いことには変わりは無く、どちらにせよ無い袖は振れないですから、単に逃亡されるリスクが高くなるだけかもしれません。ギャンブルです。
個人的には、やはり初めに書いたようにすぐに警察に身柄を押さえてもらうのがいちばん得策だと思います。

まず、身柄をかわして逃走されるのが最悪の事態です。
現行犯なら民間人にも逮捕権がありますので、もし体力的に押さえ込める自信があるなら証拠を固めて逮捕なさってもいいと思いますが、危険を伴いますのではやく警察に通報して逮捕してもらう方がいいです。


窃盗罪や業務上横領罪には罰金刑はありませんので、罰金で弁済金が無くなることはありません。また、たとえ免責が決定しても不法行為に基づく損害賠償の請求権は免責対象になりません(破産法253-1-2)。
こういったことについては心配し...続きを読む

Q業務上横領で夫が逮捕されました。今拘置所で裁判を待っています。金額は1

業務上横領で夫が逮捕されました。今拘置所で裁判を待っています。金額は180万円ですが20万円しか弁済できませんでした。夫は初犯です。今日弁護士さんから聞いたのですが相手の方から示談は無理と言われたそうです。私は妊娠中で五才の子供がいます。お金がなく、夫も反省の為に保釈申請をしないで3ヶ月たちました。精神的に壊れそうです。裁判はあと少しです。情状証人で私も出廷します。執行猶予がつく可能性は何%ぐらいありますでしょうか?それとも実刑になりますか?

Aベストアンサー

量刑の判断は、被告人の性格、経歴、犯罪の動機、目的、方法などすべての事情を勘案して裁判所が決めます。

被告人の性格とは、いわば悪性格の程度、つまり行刑制度(いわば刑務所送りにする目的)は、犯罪を犯した人は法令順守などの社会的規範に乏しいので、刑務所という場所に送り規則正しい生活を遅らせることで社会の再出発をさせる、というものです。いいかえれば、犯罪を犯す人は悪いことをする性格を持っているので、それを直す、矯正するするため刑務所に送ります。死刑判決で更生の余地はない、などと言っていますが、あれはもうあんたにつける薬はないっていうふうに突き放すわけです。

経歴は、悪いことをするようになった、つまりそのようなことをする性格がいつ、どのように作られてきたか判断します。いわば悪性格を作り出す経過を判断します。

犯罪の動機・・・刑法は行為無価値で裁判は判断しますので主観も考慮されます。
目的もそうです。

方法は、客観的にみて社会通念上許されない、逸脱した行為であるがどの程度非難に値するか、裁判官が経験則や論理則に基づいて判断されます。つまり殺人であれば残酷であればあるほど刑がおもくなるのはこのためです。

さて、あなたの質問ですが初犯であれば悪性格とまでは言えなさそうですし、方法としてはどういう方法でしたかどうかわかりませんが、委託信任関係を破ったことにつき、かなりの違法性が認められるのでマズイ方向に考慮されます。つまり、お金を扱うわけですからそれだけ社会的に重いわけです、それを破ったわけですから・・・。

後金額ですが、180万円ですから金額だけ見れば執行猶予はつくでしょう。しかし、金額だけで判断されません。

最後に、全額弁済されれば情状としてはかなりプラスですね。

最後に、横領した会社の規模にもよりますね。小さければそれだけ180万円の全財産の中で占める割合も多いですし、おおきればそれだけ占める割合も少ないので会社自体にあまり影響はありません。つまり、小さい会社であれば、それだけ社会的に非難は強くなりますので違法性・・・つまり責任は重くなり情状はかなり悪いでしょう。

結論、おそらく執行猶予はつくでしょう。しかし、5年程度という長いものになると思います。また、3年以上の懲役が宣告された場合は執行猶予はつきません。3-4年刑務所に入ることくらいまで考えておいたほうがいいでしょう。

量刑の判断は、被告人の性格、経歴、犯罪の動機、目的、方法などすべての事情を勘案して裁判所が決めます。

被告人の性格とは、いわば悪性格の程度、つまり行刑制度(いわば刑務所送りにする目的)は、犯罪を犯した人は法令順守などの社会的規範に乏しいので、刑務所という場所に送り規則正しい生活を遅らせることで社会の再出発をさせる、というものです。いいかえれば、犯罪を犯す人は悪いことをする性格を持っているので、それを直す、矯正するするため刑務所に送ります。死刑判決で更生の余地はない、などと言...続きを読む

Q警察は横領事件として本腰で動くでしょうか。

私の甥が業務上横領で会社を懲戒免職になりました。
5年の期間で横領額は1500万円でした。 (本人が認めた金額)
甥の預金、甥の両親の援助で何とか横領額の1500万円は勤めていた会社に全額弁済しました。
全額弁済したお陰で会社は刑事告訴はしないことで約束してくれました。

しかし懲戒解雇から2年以上経過してからその会社からまだ弁済していない金額が200万円程あると
弁護士を通じて連絡がありました。 追跡調査をしていたらまだ200万円の横領が発覚したと言うことです。
早速先方はこの200万円の弁済要求してきました。

横領した本人は昔の事などでそのだ200万円の横領については記憶が全くない状態です。
で、こちらとしてはその200万円に対する証拠を提出してもらえれば弁済する用意がありますが
先方は払ってもらわないと以前の1500万円分の横領した分も含めて刑事告訴すると言って来ました。

その200万円の弁済については先方が民事訴訟を起こして横領を立証すれば勿論その会社に弁済しようと
考えていますが、 もし刑事告訴された場合起訴される可能性はあるでしょうか。
(勿論、その200万円分について横領の証拠があった場合です。)

知り合いの中では、「横領した1500万円は弁済済みでしかも退職して2年以上も経過しているので
証拠があっても警察は取り合ってくれない。」とか、「起訴はされるが判決の前に200万円弁済すれば
起訴猶予でしょう。」とか、「200万円弁済すれば執行猶予」とか言っています。
皆さんはどのように思われますか。

また、もしその200万円の横領があると判っていて証拠が乏しくどうしても立証できないと踏んだ会社は
嫌がらせに完済済みの1500万円に対して告訴した場合は警察は取り合ってくれるのでしょうか。
私の知り合いの殆どは退職して2年以上経過して弁済済みの横領事件なんて警察が取り合わないと
言っていますがどうでしょうか。

私の甥が業務上横領で会社を懲戒免職になりました。
5年の期間で横領額は1500万円でした。 (本人が認めた金額)
甥の預金、甥の両親の援助で何とか横領額の1500万円は勤めていた会社に全額弁済しました。
全額弁済したお陰で会社は刑事告訴はしないことで約束してくれました。

しかし懲戒解雇から2年以上経過してからその会社からまだ弁済していない金額が200万円程あると
弁護士を通じて連絡がありました。 追跡調査をしていたらまだ200万円の横領が発覚したと言うことです。
早速先方はこの200万円の弁済...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。。
僕は以前、ここで社員に横領された馬鹿社長として質問した事ある者です。
で、ご質問にある内容に付いて、、、すでに回答は出尽くしている様なので改めて書く必要は無さそうですね。

では、今回の会社からの請求について、200万の根拠・・・当然有りでしょうね?
只、些か腑に落ちない話でもありますよ。
1500万が見つかった時点で、今回の200万何故分からなかったんでしょうね?
仕事の内容にも因りますが、じゃあこの2年間でどの様な社内調査したんでしょうね?

僕の経験談ですが、横領が分かった時点から1番新しい決算1期分からまず、調べましたよ。
ほぼ被害額が確定してから弁護士に告訴状作成して貰い、警察に行きました。
で、警察はその被害額の裏づけ 元帳や銀行の引き落とし時間の照合などして告訴が間違いないと分かってから逮捕ってなりましたが。。
そして、その最中に前期の決算書からの不明金をまた社内で調べて・・
つまり、1期ごとに被害額を算定していきました。。合計で5期分でしたが。。

この作業の馬鹿にならない事。。大変でしたよ (><;)

話それましたが、疑えばきりのない話ではありますが、、、会社の使途不明金を、今回の横領に被せた?
でも、甥っ子は記憶が曖昧。。。
って考えるのも・・どうかな~ 少々捻くれた考えですね^^

何れにせよ、今回の200万払うも、払わないも個人と会社での話し合いはしない様に。
相手が弁護士付けているんなら、こちらも弁護士付けた方が賢明です。

ここで、きっちりさせないと今後、又不明金が出たら即 甥っ子のせいにされ兼ねない?話ですよ””
前回の処理が甘かったですね。その代わり今回はキッチリと示談書まで取り付ける事です。

僕は早く済ませて日々の仕事に集中したかったので、刑事罰&民事両方しましたが・・  
(横領額が100万越せば、起訴って警察が言ってましたが、本当かどうかは分かりません)
起訴前に親から謝罪がありましたが、、横領が発覚した時に本人がしらを切ったので今更 遅しです。
で結果は、、相手からの謝罪文と損害金 そして調査にかかった費用をお金に換算して・・ 総てで示談しましたよ。
裁判で初犯だった事&母子家庭などで執行猶予でしたが、民事では親が代わりに返済しました。

今回のケース 僕の様に会社側はやってきてないでしょ?つまり腹が見えないんだよね?
今頃になって200万払え じゃなきゃ前の分も刑事告訴する!!って選択の余地なしじゃない!!
僕のやり方が正しいとは思ってないけど・・深追いはしなかったよ。
反対に そっか~こんな手があったのか~って思って読んだけどね^

と、こんな感じで・・しなきゃいかん事分かってきたでしょ?
返済しても意味ある返済にしないと・・ってね。。

こんにちは。。
僕は以前、ここで社員に横領された馬鹿社長として質問した事ある者です。
で、ご質問にある内容に付いて、、、すでに回答は出尽くしている様なので改めて書く必要は無さそうですね。

では、今回の会社からの請求について、200万の根拠・・・当然有りでしょうね?
只、些か腑に落ちない話でもありますよ。
1500万が見つかった時点で、今回の200万何故分からなかったんでしょうね?
仕事の内容にも因りますが、じゃあこの2年間でどの様な社内調査したんでしょうね?

僕の経験...続きを読む

Q業務上横領をした場合、警察での拘留期間はどれくらいですか?

知り合いが店のレジを操作して、一年ほど小額づつ抜いていたようで100万円ほど横領をしてしまいました。
おかしく思った店長が調べて発覚し、会社側は業務上横領で刑事告訴をすると言っています。
しかし、とても一括返済できる状態ではありません。
被害届けを出す会社側と一緒に警察へ行くらしいのですが、その際、警察に拘留されるのでしょうか?
また、拘留されるとしたらどのくらいの期間拘留されるのでしょうか?
知人は大変反省しており分割での返済なら可能です。
ちなみに初犯なのですが、実刑になるんでしょうか?
回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

長期的継続事案での業務上横領ですので、
まずすぐに逮捕されます。その場合には警察署の留置場に収容され警察官の取り調べ及び捜査が始まります。
逮捕されてからは2日以内(72時間以内)に検察官送致(送検)され、送検してきた容疑者を検察官が取り調べ、検察官は裁判官に勾留請求をします。裁判官からの審問があり(勾留質問)被疑事実に間違いがないか聞かれた後にその場で裁判官から「勾留」決定がされます。勾留期間は基本的には10日間ですが延長されることが常で実質20日です。勾留場所はまた警察署です(代用監獄)。
検察官は容疑者の勾留期間が終わるまでの間に起訴をします。(その間も捜査は行なわれます)
検察官が起訴すれば、98%は有罪となります。初犯で悪質でなく被害弁償や示談、横領金員の使い先(生活費・遊興費の別)、情状証人の有無などにより、求刑が五年以内ならば「執行猶予」となる可能性も出てきます。
裁判が近づくと警察の留置所から拘置所に収容先が変わり裁判を待つことになります。
本人が認めていて争いのない事件で、追起訴もない場合には裁判は1回(約1時間)で終了しその2週間後には判決が下されます。
社会復帰後の身元引き受け、監督や雇用を保証先の有無が情状面で左右します。
江戸時代なら斬首刑でしょうから、まあ実刑でも仕方が無いでしょう。

長期的継続事案での業務上横領ですので、
まずすぐに逮捕されます。その場合には警察署の留置場に収容され警察官の取り調べ及び捜査が始まります。
逮捕されてからは2日以内(72時間以内)に検察官送致(送検)され、送検してきた容疑者を検察官が取り調べ、検察官は裁判官に勾留請求をします。裁判官からの審問があり(勾留質問)被疑事実に間違いがないか聞かれた後にその場で裁判官から「勾留」決定がされます。勾留期間は基本的には10日間ですが延長されることが常で実質20日です。勾留場所はまた警察署です...続きを読む

Qバレない横領・着服なんてあるんでしょうか

経理・会計事務に詳しい方などに回答いただければと思います。

横領・着服に関する事件が後を絶ちません。
銀行などで何年もバレずに億とか数千万円に及ぶこともありますが、
いつかは異動、そして退職する日が来ます。
私は常々、バレずに終われる横領・着服は100%とはいえなくても、ほとんど無いのじゃないかと思っているのですが、どうなんでしょう。

借金の返済に充てるためとかであれば、まだ心情を理解できないでもないですが(でも絶対やりたくないですけど)、
遊行費に使うなどは、とても考えられません。依存症に陥っているのでしょうか。

Aベストアンサー

 黒字で儲かっている、自分が経営している会社を清算した場合には、それまでに横領・着服していても見つからないでしょうね。

 ただ、普通そのような会社は経営者が高齢で事業が続けられないといった特殊な場合を除き、清算することは先ずないですから、税務署に徹底的に目をつけられて調べられると思います。
 税務署が横領・着服を刑事告発することはありませんが(税務調査で刑法上の犯罪が見つかったとしても、警察には資料提供できません。)、犯罪行為による所得でも所得ですから、横領・着服を税務申告していない場合には、脱税で告訴されます。

 赤字会社の清算では、弁護士が管財人となり、債権者の債権保全をおこないますから、その過程で横領・着服が発覚する可能性大です。
 もしこのときに経理資料を大量に処分して経理の実態が分からないようにした場合、着服で生じた赤字のほかにまともな取引で発生した赤字も含めて、資料処分を指示した人に、債権者から損害賠償請求をされる可能性大です。
 また、横領(=着服の刑法上の呼び方)は刑法犯ですから、誰でもその事実を知った人から告発できますので、会社がなくなったとしても、債権者や管財人から告発・告訴(管財人は、清算会社を代表するので告訴できます。)

 ばれずに着服できるケースは、着服目的で会社を運営し、破産管財人にも分からないように経理資料をつくる場合でしょうが、このときは詐欺罪が成立します。
 詐欺の完全犯罪は、被害者が気がつきませんし、横領ではありませんから、ご質問の対象外でしょうか。

 一番シンプルな、金融機関の外回り営業担当者が、おばあちゃんの預金通帳を預かって、預金の引きおろしを長年に渡って行い、預金の一部を着服していたところ、おばあちゃんが自然死してしまったときには、ばれないこともあるでしょうね。

 保険金詐欺にしても、着服にしても、繰り返せば見つかる確率は急に跳ね上がります。
 データーの中に1個の異常値があることは散見しますが、異常が2回続くというのは統計的に言って、何らかの「人の意思」である可能性が95%以上です。

 ですから、普通の人には考えられない心理状況であることは間違いないと思います。

 黒字で儲かっている、自分が経営している会社を清算した場合には、それまでに横領・着服していても見つからないでしょうね。

 ただ、普通そのような会社は経営者が高齢で事業が続けられないといった特殊な場合を除き、清算することは先ずないですから、税務署に徹底的に目をつけられて調べられると思います。
 税務署が横領・着服を刑事告発することはありませんが(税務調査で刑法上の犯罪が見つかったとしても、警察には資料提供できません。)、犯罪行為による所得でも所得ですから、横領・着服を税務...続きを読む

Q横領の証拠とは

飲食店を経営しています。友人に事務をやってもらっていましたが彼女が結婚する事になり、1年程働いて先日辞める事になりました。どこまでやってくれていたのかチェックすると最近4ヶ月の間にだけちょこちょこ売り上げが入金されておらず150万程未入金でした。伝票は全て事務所にあり、売り上げが事務所にきているのは明確です。
彼女を問い詰めましたが、「お金は金庫になかった」「お金は取っていない」「銀行への入金はAちゃんが行っていたからわからない」の繰り返しです。Aちゃんは銀行に行ってくれるだけの子なので「もし売り上げをAちゃんに渡して入金されていなかったら毎日帳簿をつけていて気がつくはず。お金が金庫にないなら私に言うはず。知らないじゃ済まされない」言いました。友人なので事を荒立てたくないのでお金を返済してくれれば構わないと思っているのですが、素直に認めるとも思えません。名誉毀損で訴えられても嫌なのできちんと証拠を用意して裁判などになっても大丈夫なようにしたいのですが、未入金の日などはリストアップしましたがきちんとした証拠がありません。彼女が一人で帳簿を管理していましたが、この場合の証拠って状況証拠みたいなもので成立するのでしょうか?

飲食店を経営しています。友人に事務をやってもらっていましたが彼女が結婚する事になり、1年程働いて先日辞める事になりました。どこまでやってくれていたのかチェックすると最近4ヶ月の間にだけちょこちょこ売り上げが入金されておらず150万程未入金でした。伝票は全て事務所にあり、売り上げが事務所にきているのは明確です。
彼女を問い詰めましたが、「お金は金庫になかった」「お金は取っていない」「銀行への入金はAちゃんが行っていたからわからない」の繰り返しです。Aちゃんは銀行に行ってくれるだけの...続きを読む

Aベストアンサー

横領の場合、警察に相談して刑事事件と立件してもらう場合と、裁判でお金の返還を求める民事事件の場合があります。

ご質問のケースの場合、刑事事件としての立件はかなり難しいでしょう。
いつ、どこで、どうやって、横領したのか、立証がほぼ不可能のように思えます。
状況証拠でも立証は出来ますが、日付や場所などが限定できるだけの証拠の必要があります。

民事裁判で責任を追及するのは、可能かもしれません。
友人の具体的な仕事内容、責任の位置づけが不明なので断定できませんが、売上金の管理が不適切であったということで責任追及できるかもしれません。

ただ、相手は「A子ちゃんに渡している」と主張しているのですから、こちらが「A子ちゃんが受け取っていないと」立証する必要があります。A子ちゃんも巻き込むことになり、また、金銭管理の杜撰さを指摘されるおそれもあります。

Q業務上横領

業務上横領
勤務している会社で横領してしまい、ばれました。
約半年の間で30万円です。会社の方にはもちろんですが、解雇と全額返済を言い渡されました。
私が、使い込みした金額は自分で把握しておりますので間違いないのですが、
会社がそんなに少ないはずはない、300万はあると言い出しました。
根拠も証拠も見せられていません。
300万もってこないと即警察行きだと言われ、今必死で親戚などをあたり、お金を集めているのですが
300万円はどうやっても無理そうです。
私は言われるがまま、300万を支払うべきでしょうか?
それとも、払えないので警察に行く事になるのでしょうか・・?
弁護士に依頼したほうがよいでしょうか?

Aベストアンサー

また回答します。営業対顧客ですから貴方自身の中で何が何やら訳分からなくなっている状態でしょう。お察しいたします。やはりこれは社長と話して、きちんと金額の突合せ、これは経理担当者立会いでも良いです。これを充分にやる事、貴方が警察に突き出されても同じ作業は警察官がすることで、いくら会社側が金額を提示して被害届けを出したとしても、提示した金額に見合う証拠書類がないと起訴にはなりません。それと、社長、会社に対しては常に貴方が低い姿勢で、誠意を見せる事、今から大切な事を言いますと、使い込みした金額が仮に300万円と双方が確認し、会社が被害届を出した。貴方が実際に警察に拘束されるまで約1年はかかります。この間警察は下調べ、証拠集め等に時間を費やします。この間に、親戚、友人、知人に頼んで、僅かでも警察を通じて会社側に入金する。それが誠意です。私は最初から会社に返済の意思はありませんでしたので、服役を望みました。友人が30万円会社に入金してくれたので刑が半年減刑になり、実質1年3ケ月初犯刑務所に服役して来ました。警察に取り調べの段階で「自分はゲイだ、使った金は男を買う為に使った」と言ったので、服役期間はすべて独居、逆に優遇されました。服役期間は無駄な時間です。でも考えようによっては本当に色んな勉強をさせてもらって、日本の国の有難さを感じました。男なんですから頑張ればいくらでも更正は出来ます。「人の噂もなんとか」で一時は新聞を賑わせましたが、出所して派遣の仕事に就いたり仕事はいくらでもあります。使い込んだ会社は倒産しましたが、今も返済なんて全く考えていませんし、相手が仮に訴えても民事事件になるのですから、拘束はあり得ません。物事は考えようです。会社側の監督責任もありましょう。その事も頭に入れておいて下さい。

また回答します。営業対顧客ですから貴方自身の中で何が何やら訳分からなくなっている状態でしょう。お察しいたします。やはりこれは社長と話して、きちんと金額の突合せ、これは経理担当者立会いでも良いです。これを充分にやる事、貴方が警察に突き出されても同じ作業は警察官がすることで、いくら会社側が金額を提示して被害届けを出したとしても、提示した金額に見合う証拠書類がないと起訴にはなりません。それと、社長、会社に対しては常に貴方が低い姿勢で、誠意を見せる事、今から大切な事を言いますと、...続きを読む

Q業務上横領の時効について

8~9年間で総額約300~500万円程を横領しておりました。それが2年程前に会社に発覚してしまいました。許してはもらったのですが、年2回のボーナスを全額返済にあてて返済していくことになりました。しかし生活がとてもきつい為に自分としてはとりあえず時効を向かえるまで頑張って働いて、退社したいと考えています。そこでお伺いなのですが、今回の件の時効の発生時期は何時になるのでしょうか?最後に横領した時なのか、会社に発覚したときなのか?あと時効をむかえられた場合、横領した総額分の返済がまだ終わってなかった時、まだ返済しなければいけませんか?宜しくお願い致します。ちなみな会社からは退社したら告訴すると言われております。

Aベストアンサー

No.3です。

労働基準法17条で禁じている債権の相殺とは「身分的拘束」がポイントです。つまり債務を返済しない限り、質問者さんの退職には応じないことを禁じているという意味です。

質問者さんはいつでも会社を辞められますよ。しかし前回の回答で申し上げたように、返済義務が消滅するわけではありません。

質問者さんの例では横領したという不法行為が債務(ボーナス時期での相殺)の原因ですし、会社との間で任意に相殺という形で債務の返済に合意しているはずです。おそらく署名捺印入りの書面もあるのでしょう。この約束の中で、「完済するまで退職をしない、させない」と記載があれば、それは違法です。しかしボーナス時期に返済として相殺をすることが、直ちに労基法違反であるとはい言えませんね。

Q【後悔】会社のお金を使ってしまいました。

事務所にはほとんど私一人の時間が多く、
社員数4名という小さな会社で、経験はなかったのですが経理をしています。

この1年、経費を上乗せし、その分を使い続けてしまいました。
月に3万~30万、総額150万程です。
これは、犯罪ですよね?

返金する能力がなければ、刑務所行きになるのでしょうか?


先日、会計士さんがきて通帳を広げ決算の打合せをしました。

その際、私が使った分に気付いたようです。
上司に報告はいっていませんが、近日中に報告されてしまうと思います。


後悔していますが、なんとお詫びをしてよいかわからず、返すお金もありません。


最低でも間違いなくクビだと思いますが、
手に職もなく、こんな人間でおまけに30歳なので、次の就職は無理かと。

両親もおらず、自分で生活できなくなれば、おしまいです。


いまはただただ、焦りと不安と後悔で、

もう、家財道具を全て売ってそれを支払い、

詫びて退職し、しんでしまいたいとしか思えません。

Aベストアンサー

かなり厳しい回答をした#8です。
一般的にはどのようになるのか?を書き込みさせていただきました。

貴女寄りになっての再度の回答、参考になるかどうかですがご容赦です。

質問文からでは、決算の打ち合わせの段階で経理士さんがおかしい様子に気づいたところだと言うことで。

私は経理士さんがその会社の上の方に「どうも経理上で不審な点があるので調査します。」の状態のうちに
(貴女のことをほのめかしていたとしても)
勇気を出して、貴女から会社の責任者なりに自分がしてしまったことを正直に告白してしまうべきだと思います。
不正を会社側で発覚させるより、その前に貴女自身がしてしまった不正を自ら露呈させた方が会社側の印象は
全く違ってきます。

誠心誠意のお詫びで、会社の責任者がどのような処遇をするかは会社や責任者の方針で異なりますが、退職するしないも
貴女が決めることではないです。
ご自身でしてしまったことで、こんなに混乱して後悔の念でいっぱいなのであれば、会社側に伝えてしまうこと。

どんな些細な‘嘘’もなし。横領した金額やその使用用途をご自身で誰にでも説明できるところまでは
ご自身でしておくこと。

社員4人ということは小規模な会社なはずですので、例えば貴女の処遇は社長なりに決定権があるかもしれない。
(大手・大規模な会社では監査役や社内法務部など大掛かりになります。あくまでも事務的に処理されます)

あたふた混乱したままでは貴女が不利になってしまうだけです。
だから先手・先手で出来ることはしておくべき。会社側にゆだねて不正が発覚してしまったら
私が書いたような程度の詰問では済まないです。きっと貴女はもっと混乱してしまうでしょう。

やはり事前に法律やこのような案件を穏便に解決してくれる‘横領などの事案に長けてる弁護士’に
相談することが急務だと思えます。
弁護士には守秘義務があるので、貴女が話したことが外部に漏れることはありません。

当然、貴女の私生活などは公になるでしょうがそれくらいの覚悟はおありでしょう。
「必ず返済しますから」と貴女が必死に訴える(これは最初にすること)その次には弁護士同伴での話し合いにした方が
会社側の判断も変わってくるはずです。
間にきちんとした法廷代理人(弁護士)が入ってくれれば、会社側も警察・司法を介入させずでの
解決を図る方がよいと判断する可能性が大きい。

貴女が単身でひたすら「申し訳ありません。損害は必ず賠償しますから。」とお詫びをしても、もしかしたら
貴女は逃げてしまうかもしれない、または示談書で解決を図ろうとしても会社側の一方的な書類でなく
その道のプロは、素人にはなかなか理解しきれない文言を見逃したりもしない。
両者に取って最善の策を考えてもらえること多いです。

現時点では余計なこと考えず、十分反省し二度とこのような‘魔が差した’ようなことはせずに
どんな仕事であろうと不正はいけない。不正を行なってしまった自分はどうすればいいかを最優先にして
冷静に対処することを頑張ってしてみて下さい。

お節介ですがこういうサイトの素人の方々の意見など聞いてる暇があったら、弁護費用など捻出できないとしても
各都道府県には‘弁護士会’というのがあります。お住まいの都道府県の‘弁護士会’に電話をしてみることくらいは
自宅でもできることでしょ。
必要に応じそういった関係専門の弁護士に相談するだけでもかなり安心できるのではないかと思います。

私は東京在住なので・・・http://www.toben.or.jp/
http://www.toben.or.jp/consultation/summary/center.html  のような。
他の道府県にも必ずあります。私設の弁護士事務所に直接出向くよりは、事前に費用等も聞けたりするこういった所で
専門家のアドバイスを受け、最低限の知識を入れておくことがとても重要になるかもしれません。

貴女が横領した金額、そして何に使ってしまったか、レシートや領収書などの証票となるものをまとめたりなどをしておけば、会社側を煩わせることも多少は軽減され心証がよくなることもあります。

取り乱さずに。まだまだ将来がおありの身。相談すべき所はこのサイトでなく信頼できる専門家です。
不正をしてしまったことは事実。でも貴女が真摯に冷静に解決に向けて行動することで、必ずこれから先、また一からやり直せます。


・・・もう20年以上前、取引先の半官半民の会社で財務会計全て任されてた女性。3年間で2千万円の使い込みしてたのが発覚。
当時は電算機や人の手で行なわれてた時代。
‘公金横領’という重い罪で告発での裁判。長期の懲役刑を課せられたとか。逮捕された時点でお金はなく弁護士すら雇えなかったと。

かなり厳しい回答をした#8です。
一般的にはどのようになるのか?を書き込みさせていただきました。

貴女寄りになっての再度の回答、参考になるかどうかですがご容赦です。

質問文からでは、決算の打ち合わせの段階で経理士さんがおかしい様子に気づいたところだと言うことで。

私は経理士さんがその会社の上の方に「どうも経理上で不審な点があるので調査します。」の状態のうちに
(貴女のことをほのめかしていたとしても)
勇気を出して、貴女から会社の責任者なりに自分がしてしまったことを正直に告白し...続きを読む

Q姉が業務上横領してしまい対処・返済に困っています

家族のものです。 姉が業務上の横領をしてしまいました。
金額が金額なだけに、家族・親戚中 対応に大変困っています。
断片的な情報でも構いませんので、ご教示何卒よろしくお願いいたします。

会社から提示を受けた内容は以下の通りです。

1.姉が仕入れた製品を転売していた
2.会社によると11年間で1950万円の損害との事
3.支払に応じれば、懲戒免職にはしない

ご相談内容としては、以下の通りです。

(1) 1950万円は、仕入れ額なのか原価なのか、販売価格なのかは不明です。
このような場合は、どのような基準の金額で返済するものなのでしょうか?
仕入れ額? 販売価格? 仕入れ額のXXX%といった前例など。


(2) 11年間も発覚しなかったのは、会社の管理責任もあると思うのですが
どの程度の期間の返済をするべきなのでしょうか? 時効などはあるのでしょうか?

そもそも横領事態が、許されざる行為である事は十分認識しておりますが、
返済できるような金額までの減額交渉の余地があるのかご教授頂きたいです。

(3) 支払については、家族・親戚へ相談し返済する予定で私も積立などを崩して返済に充てる
予定なのですが、 家族・親戚共に生活に余裕がなく、極力長期的な返済が現実的なの
ですがこのような問題が発生した場合に、どのような返済計画がありえるのか
ご教授よろしくお願いいたします。

(4) このような問題に対して、みなさまの意見やご経験など、ございましたら
ご教示よろしくお願いいたします。
どのような方にご相談するのがいいのでしょうか?弁護士でしょうか?

家族もこれからの人生設計が大きく変わってしまい疲労困憊の状況です。
みなさまからのご助言何卒よろしくお願いいたします。

家族のものです。 姉が業務上の横領をしてしまいました。
金額が金額なだけに、家族・親戚中 対応に大変困っています。
断片的な情報でも構いませんので、ご教示何卒よろしくお願いいたします。

会社から提示を受けた内容は以下の通りです。

1.姉が仕入れた製品を転売していた
2.会社によると11年間で1950万円の損害との事
3.支払に応じれば、懲戒免職にはしない

ご相談内容としては、以下の通りです。

(1) 1950万円は、仕入れ額なのか原価なのか、販売価格なのかは不明です。
こ...続きを読む

Aベストアンサー

(1)これは、仕入れ金額ではなく「利益」も損害に含まれてきます。

(2)刑事事件ではなく、民事の場合は「不法行為」の損害賠償請求は知らなかった場合は20年が請求時効ですから、11年では時効成立はありません。

(3)返済期間は、「会社次第」としかいえません。
会社が、「一括」と言えば分割は不可能になります。
返済計画は、相談者が出来る内容を話すしかありません。
但し、会社が認めるかは判断できません。

(4)相談は、「弁護士」しかありません。
金額が大きいので、訴訟になっても「地方裁判所」扱いですから、弁護士しか代理人にはなれません。

相談者は「会社の責任」を書いていますが、これは今回の賠償請求には影響は与えませんから、下手に出さない方がいいでしょう。
(業務上横領)
第二百五十三条 業務上自己の占有する他人の物を横領した者は、十年以下の懲役に処する。
上記のように、「横領」ではなく「業務上横領」になりますから、更に重たくなってしまいます。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング