最新閲覧日:

京都にはなぜ伝統工芸品が多いのか

このQ&Aに関連する人気のQ&A

A 回答 (2件)

 いろいろ理由は挙げられます。

まず、千年以上も日本の首都であり、その間に技術の集積があり、それに応えるだけの需要もありました。また、他の都市では、同種の店は、需要が少なくなり、廃業したため、それらの注文も来るようになりました。また、他の大都市は、戦災で壊滅的な被害を受けましたが、京都は、ほとんど、無視できるほどでした。このため、技術者は疎開などで流出・分散することなく、伝統を伝えることができました。
 思いつくまま、書きましたので、他にも理由はあると思います。

参考URL:http://www.city.kyoto.jp/sankan/densan/yellow.html
    • good
    • 0

「工芸の伝統があるからです」としか言いようがないと思いますが……。


伝統工芸は労働集約型産業で、人口が多い土地が生産に有利です。また特に輸送技術が発達していない時代には、消費地の近くで生産することが求められました。というわけで伝統的に、工芸品は都市近郊で発展してきました。得意な自然環境が求められる場合や、特定の地域で殖産興業が行われた場合はまた別ですが。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する最新のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ