『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

東京・若松河○駅にある、
合気道本部○場に少し通ったのですが、

合気道は他の格闘技と比較して、
使い物にならないと感じたのは、
自分だけですか?
この道場は、
大手でかつ、
合気道の本部であって、
この道場のレベルに疑問を感じたら、
他の道場ではもっと無理ですよね?
自分はこの道場の初心者クラスで、
まだ5回くらいしか通ってないのですが、
これ以上は時間の無駄かと思い、
明日から違った格闘技を始めようかと考えてるのですが・・・・
(ちなみに、
私は格闘技の種類にはこだわらず、
結構色々やり(トータルで格闘歴4年くらいです)、
より実践的で喧嘩に使える格闘技を探し続けて、
研究してる最中であり、
その為に合気道を始めたのですが、
『あんな約束稽古ではどうにもならない』と感じたのですが・・・・・・・
皆さんはどうお考えですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (22件中1~10件)

NO.3です。


すみません。大手とあったので養神館かと思いました。
本当に合気道を実践で使いたいのでしたら、毎日後方受け身連続100回、体の変更一のみ最低一時間合気道から離れるまで継続するべきですね。体の変更一が「あんな…」になっているなら即、辞めるべきです。資格はありません。

師範に足の親指一本のみで倒してもらった方が早そうですね。
私は空手もやっていますが空手より合気道は難しいものです。それを選択しようとした質問者様は凄いと思いました。始める動機も何でもいいんです。ただ稽古に対する心構えだけは許せません。
読むより稽古も実践です。見るよりあなたの身体を使って理解してみてください。空手より身体に多数のあざや血も出ます。基本の稽古でそれくらい練習していますか?初心者が、すりむいたり、関節技であざをつくるのは当然です。

興味があるなら、今の道場に物足りないなら養神館本部へ。
(どこの道場でも稽古は稽古、その考えがおかしいですが納得いかないなら道場巡りしてみては?)
喧嘩で使いたいから技をかけて欲しいと師範に土下座する勇気も喧嘩には必用でしょう。師範でなくても私クラスの誰かが技を一本かけてくれるかもしれませんね。恐らく簡単に倒せるでしょう。それが合気道です。私は九段の師範に遊びで技をかけられて初めて恐ろしい!!と実感しましたよ。

1.体の変更(一)
2.座り技両手持ち呼吸法(四)
3.肩持ち三ヶ条抑え(二)
4.指定技
5.指定技
6.指定技
7.指定技
8.終末動作(一)
9.終末動作(二)
10.指定自由技
11.指定自由技
12.三人取り自由技(木剣、短刀、徒手)
(弐段受験者は二人取り短刀、徒手)


指  定  技
 片手持ち四方投げ(一)(二)
 両手持ち四方投げ(一)(二)
 横面打ち四方投げ(一)(二)
 正面打ち四方投げ
 半身半立ち片手持ち四方投げ(一)(二)
 半身半立ち両手持ち四方投げ
※正面打ち一ケ条抑え(一)(二)
※横面打ち一ケ条抑え(一)(二)
※片手持ち一ケ条抑え(一)(二)
※肘持ち一ケ条抑え(一)(二)
※胸持ち一ケ条抑え(一)(二)
※肩持ち一ケ条抑え(一)(二)
 後技両手持ち一ケ条抑え(一)(二)
 後技片手襟持ち一ケ条抑え(一)(二)
 後技両肘持ち一ケ条抑え(一)(二)
 後技両肩持ち一ケ条抑え(一)(二)
 後技襟持ち一ケ条抑え(一)(二)
※片手持ち二ケ条抑え(一)(二)
※片手綾持ち二ケ条抑え(一)(二)
※肘持ち二ケ条抑え(一)(二)
※肩持ち二ケ条抑え(一)(二)
※胸持ち二ケ条抑え(一)(二)
※正面打ち二ケ条抑え(一)(二)
※横面打ち二ケ条抑え(一)(二)
※正面打ち三ケ条抑え(一)(二)
※横面打ち三ケ条抑え(一)(二)
※片手持ち三ケ条抑え(一)(二)
※両手持ち三ケ条抑え(一)(二)
※肘持ち三ケ条抑え(一)(二)
※肩持ち三ケ条抑え(一)(二)
 後技両手持ち三ケ条抑え(一)(二)
 後技片手襟持ち三ケ条抑え(一)(二)
 後技両肘持ち三ケ条抑え(一)(二)
 後技両肩持ち三ヶ条抑え(一)(二)
※正面打ち四ケ条抑え(一)(二)
※横面打ち四ケ条抑え(一)(二)
※片手持ち四ケ条抑え(一)(二)
※両手持ち四ケ条抑え(一)(二)
※肘持ち四ケ条抑え(一)(二)
※肩持ち四ケ条抑え(一)(二)
※片手持ち側面入身投げ(一)(二)
※肩持ち側面入身投げ(一)(二)
※正面打ち側面入身投げ(一)(二)
※横面打ち側面入身投げ(一)(二)
 後技両手持ち側面入身投げ(一)(二)
 後技両肘持ち側面入身投げ(一)
 後技両肩持ち側面入身投げ(一)(二)
※正面打ち正面入身投げ(一)(二)
※横面打ち正面入身投げ(一)(二)
※片手持ち正面入身投げ(一)(二)
※両手持ち正面入身投げ(一)(二)
※正面打ち肘締め(一)(二)
※横面打ち肘締め(一)(二)
※片手持ち肘締め(一)(二)
※胸持ち肘締め(一)(二)
※肩持ち肘締め(一)(二)
 後技両手持ち肘締め(一)(二)
※正面打ち肘当て呼吸投げ(一)(二)
※横面打ち肘当て呼吸投げ(一)(二)
※正面突き肘当て呼吸投げ(一)(二)
※片手持ち肘当て呼吸投げ(一)(二)
※両手持ち肘当て呼吸投げ(一)(二)
 後技両手持ち肘当て呼吸投げ(一)(二)
※正面打ち小手返し(一)(二)
※横面打ち小手返し(一)(二)
※正面突き小手返し(一)(二)
※片手持ち小手返し(一)(二)
※両手持ち小手返し(一)(二)
 後技両手持ち小手返し(一)(二)
※両手持ち天地投げ(一)(二)
 正面打ち呼吸投げ
 横面打ち呼吸投げ
 片手持ち呼吸投げ
 両手持ち呼吸投げ
 正面突き呼吸投げ
 座り技両手持ち呼吸法(一)(二)(三)(四)
 (※印は座り技も含む)

指 定 自 由 技
正面打ち自由技
横面打ち自由技
片手持ち自由技
両手持ち自由技
正面突き自由技
肩持ち自由技
正面横面打ち自由技
後技両手持ち自由技
後技両肘持ち自由技
後技両肩持ち自由技
短刀取り自由技
剣取り自由技

↑全部簡単にこなせなければ黒帯になれません。簡単に倒せるようになるには更に修行が必須。最低ここまでやって判断してくださいね。

合気道は短刀取りという自由技もあります。相手が短刀対持った場合の技です。空手には無い、柔道にもない、特に男性の弱い箇所を上手に使って技をかけるので意外と質問者様には合っているかもしれませんよ。
女性は関節が柔らかいので技の効き目から比較すると男性の方が合気道の技に弱いですし。

※基本の技は合気道に限らず家でもできます。もちろん練習されてまいすよね。だったら昇級も昇段もその上もあなたに限らず目指せます。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%88%E6%B0%97% …
まずは合気道とは。心構えて道場へ。無にならなければ簡単に見えるこの投げ技もただのお遊び。もの凄い威力を感じたことがまだ無いのでしょう。ぜひ続けて見た目は地味な合気道の威力を身体で感じてください。
    • good
    • 26

実践で使える格闘技?(笑)


逆にお聞きしたいのですが…「始め」ではじまり、あれはダメこれはダメって制限があるもので、実践で使えるものなんてあるんですか?喧嘩で勝ちたいなら目つぶし、金的、不意打ちなど、ほとんどの格闘技で「禁じ手」とされているものを使用するステゴロが最強じゃないですか?格闘技経験、たったの四年ですか?昔、ある空手家が言ってました「修行に終わり無し」と…。
格闘技を少しかじった方なら誰でも知っている「一撃必殺」を目指し、「空手最強」を世に知らしめた、伝説のアノ方です。
合気と言う意味を考えたことがありますか?合気道とは?相手の気を読み相手の気を自分の気と合わせ相手の動きをコントロールし、相手の力を利用することではないでしょうか?。
ボクシングなどでも相手の呼吸、筋肉の動きを見て防御したり、相手の力を利用したクロスカウンターなどがあります。
そういった高等技術を数回見ただけで全て理解できるあなたは天才だと思います。
合気道を習う必要はないと思われます。
モノには全て理があり、その理を理解せず表面だけしか見えない人は何一つとして習得出来るモノはないでしょう。
太極拳なども貴方にとっては爺婆が公園などでやっている体操くらいにしか見えないのではないでしょうか?。

この回答への補足

そんな怒らなくても・・・・・・

補足日時:2007/11/04 18:38
    • good
    • 19

一生かけて素手喧嘩に勝とうと稽古するバカな方はいないと思います。

やはりある一定期間の稽古でそこそこ素人には勝てるように仕上げたいと。私はそう思い、合気道に入門、3年稽古しましたが、合気道に先制攻撃はありません、受け技のみです。これでは達人ではない限り素人にも勝てません。そこで伝統空手にコンバート、さらに3年稽古。それでも自信が持てず極真空手に2年。結局フルコンにいたって、喧嘩は危険とようやく気づきました。一発気勢を制して後は逃げる、が最大の護身と思います。それにはジャブ、下段蹴り、金的などやはり打撃系の要素かと。ただ、つかまれたりした時には柔道が一番。合気道は達人の域に達しないと実践では使えないと思います。私、一度人を殴って警察沙汰になりました(示談しました)。法治国家では喧嘩といえども相手に怪我させて捕まると書類送検されて社会人としての生活が送れなくなります、あしからず。
    • good
    • 12

まぁ、合気道門外漢なんですが…ルールの無いアメリカン拳法使いです。


喧嘩で、勝つ為にやる。とっても正しい事だと思います。
暴力がなければ、目の前の理不尽に命を喰われて終る。
理不尽に対抗するものは、暴力だと思う。

合気道は、本来の形は合気柔術だったかと…。そこから攻める技を外して、受け手のみで再編纂したのが、合気道だったと思います。
つまり、武道ではなく武術としては、「抜け」のある流派かと思います。

また、型稽古は、教科書みたいなもので、これで学ぶのは、技を使う時に発生する、ベクトルの「導引法」です。
本来、技に形は無いものです。技の本体(術理)は、身体の中で発生するベクトルを正しい順番で発生させ、纏め上げて、相手に伝える事です。
なので、正しい順番を筋肉に憶えさせる為に、ワザと大きな動作になってたり、必ず掛かる様に出来てます。一寸、勉強に似てます。
型稽古で学ぶのは、ベクトルの導引法だけです。
約束稽古では2人で行うので、その前に意識統一しといた方が良いと思うのですが…
受け手も動作が決まっているので、技が掛かって無くても、掛かったように振舞えます。当然実戦では役に立ちません。
でも、そうしないと、怪我をしやすくなるのも事実です。
これもやはり、学ぶのはベクトルの導引法とタイミング(気)です。
これでやってる事は、学校の勉強と同じです。これを現実の問題に結びつける努力は自分でするものだと思います。

また、問題としてスパーリング(テスト)をしないので、自分の実力がどの程度付いてるか、自分の何が足りないか?実際の気(タイミング)を捉える事が、実感し難いと思います。
「闘える」と思えるものは、やはりスパーリングが一番手っ取り早いです。
俺自身、よくボクサー友達や、中華拳、居合い友達と、軽く立ち会ってもらいます。
自分の足りない所がよくわかる。
よく解かれば、それを稽古に生かせます。
テストは、点を取る為じゃなく、自分の実力を計るものだ。

で、実戦で使う為には、ベクトルの導引法を瞬間的に立ち上げる必要があります。
どんな時でも、どんな体勢でもやらなきゃ、やられます。
ベクトルの発生時間が短いものほど「キレがある」という奴です。

で、回答になりますが…
約束稽古の取り組む意識がズレてませんか?って思いました。
稽古は、教科書勉強で、仕事で役に立たせるには、知識を現実に結びつける必要があります。
また、合気道は元は合気柔術だったという事も、気にした方が良いかも知れません。

正直、俺剛拳使いなので、合気道にはとっても興味があったりする。やってみたいなぁ、なんて。
    • good
    • 5

ずばり答えてください。

合気道の最終目的は、何ですか?
    • good
    • 8

気になりましたので、再度書き込ませて頂きます。


誰かも言っていましたが、もし合気道は相手の力を利用して倒す技と思っているようでしたら、
その時点で合気道を喧嘩の道具には使えません。
正直、私も相手の力をりようできれば護身として使えないかと思っていました。
しかし、合気道は確かに護身と使えますが使えるようにするには黒帯になっても無理でしょう。
合気道では3段で準助手,5段で助手,6段で指導ができます。
これの意味は、6段以上にならなければ護身や攻撃として使えないのです。
綿書もいろいろな人の受けをしていますが、私の感覚からでは3段で凄いですが、4段では凄すぎる、6段では嘘に変わりレベルの違いを目の当たりにします。
相手の力を利用するのではなく、力ずくでなく自分が有利な状態と当時に相手が不利な状態に導くもしくは誘導できる。
ですから、様々な格闘技を習われているようですが今までのは力対力をぶつけて力の強い人が勝つ事を学んできたと思います。
しかし、合気道は力がなくてもまたは力を必要としなくても相手を倒すことができる武道ですから、5回程度の稽古では理解できないので、約束稽古で稽古にならないと感じるのは当たり前です。
それに、合気道は約束稽古のみですので力対力を好む人には不向きと私は思いますし、理解ができないと思います。
以前、空手をやっている人が稽古に来ましたが全く理解ができず技も一つも覚えずに辞めていきました。
話していて思ったのは、力対力は私もそうですが勝敗が想像できるので理解がしやすいのですが、合気道では何故このようにすれば倒れるのか、倒せるのかがやっていて半信半疑な部分が多すぎるのだと思います確かに、力のある人には通用はしづらいですが、実は上段者になるといくら筋肉マンでも逆に倒されます。
やはり、やり方コツがあるので皆それを修得しようと毎日稽古をしているのです。
ですから、5日で合気道をどうこう言うレベルではないと言うことです。
なお、gooでは教えるのみですので意見の応酬は致しません。
後はご自分でお考え下さい。
    • good
    • 11

回答します。


そんな事はないと思いますけど・・・
あくまで私の意見ですけど触らせないとの事から言わせると最強ではないでしょうか?
塩田剛三(しおだ ごうぞう)と検索してください。
動画が沢山出てきます。身長155cm、体重45kgと非常に小柄な体格ながら「不世出の天才」と高く評価され、「現代に生きる達人」と呼ばれた人です、名前は知っていますよね?当時のアメリカ大統領のSP(大男)があんなものは八百長だ言った事に端を発し手合わせした所簡単にSPを黙らせましたし、空手の選手も何もできませんでした。

補足ですけど喧嘩で空手などの技を使ったら相手が死んだ場合は正当防衛から過剰防衛で罪にとらわれますし質問者様のご家族にも迷惑がかかり悲しみますのでそんな事は絶対にしないで下さい・・・
書いてあるように本当に喧嘩に使える格闘技の研究だけでしたらいいのですが
    • good
    • 5

合気道の経験者ではありませんが・・・



質問者様はすでに4年ほどの間に複数の格闘技を経験済みとの事。
合気道は、その・・・「実践的で喧嘩に使える格闘技」という目的には、性格的に適さないと思います。
まあそれは置いておいて・・・

今まではどのような格闘技をなさっておられたのですか?
技の性質及び術者の性格が合っていない可能性が高いです。

例えば格闘技の蹴りには慣性を利用した強烈な技がありますが、ただ重いだけの一撃では大きなダメージにはなりません(仮に、受け流せた場合の話ですが)から、威力を逃がさないように様々な工夫をしますよね?
同じように、古い武道では、重みをほんの一瞬に込めたり、生物として逃れられない体の動きを利用する等、様々な工夫がなされています。工夫の結果、現代格闘技に比べると、体の遣い方は独特なものになっています。(約束稽古も、様々な工夫の結果、そういう工夫に行き着いたのです)
そういった技を習得する際に格闘技の技が体に染み付いている場合は、昔の技は一旦捨てなければなりません。性質が異なるため、邪魔になるのです。合気道は他武道に比べ古武道の技法の色合いが強いため、同じように「格闘技の経験」が邪魔になっているのではないかと考えます。
今までになさった格闘技の種類によっては、5回といわず10回通っても感覚がつかめないでしょう。20回通っても一瞬感じ取れそうになる(一瞬過ぎて感じ取れない)程度かもしれません。

格闘技には格闘技の「強み」があるでしょう?
合気道には合気道の得意とする科目があるわけで、格闘技とは得意科目が異なるだけです。
国語が苦手でも算数は好きという子もいるでしょうし、その子は国語についても「苦手」というだけで「出来ない」わけではないかもしれません。
数学が好きでも物理には興味がないかもしれませんし、歌が好きでも楽器は演奏できないかもしれません。
それぞれに得手不得手があり、それはただの好き嫌いかもしれません。

だから、合気道が合わないと感じたなら、ご自身に合った分野を伸ばしていけば良いのではないでしょうか。
道場の先生に、自分の求めるものとは違ったという旨をお話しするのも良いかもしれません。相談に乗ってくださるかもしれませんし、「せめて1年はやってもらわないとな~」で終わりかもしれません。
「格闘技とは全然違うものなんだ」とお考えください。
    • good
    • 1

 喧嘩に使うための格闘技探しという目的に対しての意見はとりあえずおいておきますが


どんな格闘技でも最初は型から始めるのではないんですか?
初心者にいきなり組手をさせるところはないでしょう。
空手道場で、まだ初心者なのに組手をさせて大怪我をさせたという話を聞いたことがあります。
rin123さんがいくら心得があると思っていても、道場側としては初心者として扱うに決まっていますから
最初は退屈な、型の繰り返しになるのは仕方ないでしょう。
rin123さんが「これじゃ役に立たない」と感じるのは
役に立つような稽古を始めるまで辛抱していないからだと思います。
武道と呼ばれるものは型を大事にしますから、型をなぞる期間が長い傾向にあるでしょうし
格闘技ならすぐにサンドバッグを打たせてくれるかもしれません。
でも攻撃の仕方だけ知っていても実戦で役に立つとは限りません。
相手は動きますし、殴ってもくるでしょう。
一見、喧嘩に使えると感じても、実際は素人相手にぼこぼこにされてしまうかもしれません。
格闘技でもスパーリングを重ねなければ意味がないはずです。
実践的稽古に入るまでの期間が長いからといって
合気道が使い物にならないというわけではないんじゃないですか。
中途半端な伏字を使ったり、その道場に何か恨みがあって中傷目的の質問のようにも思えます。

 もう一つ、合気道は相手の力を利用する武道ですから
女性や力の弱い年寄りでも強い相手を倒せますが
ほかの格闘技だったらやっぱり体の大きい人間の方が圧倒的に有利です。
もしrin123さんが上背がなくて見くびられるのがいやで強くなりたいというのでしたら合気道はぴったりでしょうが
体格のいい男性だったら、体格で相手を圧倒できる格闘技の方が簡単ですし満足ができるという話ではないでしょうか。
格闘技経験者がへたに空手の技で相手を攻撃すれば暴行になるから使えない
その点、合気道なら相手の攻撃を撃退する技だから実践的に使える
2525k55さんのお答えは本当にうなずかされることばかりです。
まあrin123さんは実際に喧嘩をしたことがない方なんでしょうね、きっと。
    • good
    • 3

答え・・・あなたにとっては使い物にならない。



そんな心では、何年通っても、あなたは合気道を身に着けることはできないでしょう。
それともあなたは植芝盛平、塩田剛三、斉藤守弘、藤平光一、砂泊諴秀の技を見たことがないのでしょうか?

より実践的で喧嘩に使える格闘技を教えてあげましょう。
塩田先生がアメリカ修行に行った時の話です。
当時、アメリカで日本人は馬鹿にされていた時代。
実践を経験しようと塩田先生はバーに行ったそうです。
案の定、あるアメリカ人が塩田先生にケンカを吹っかけてきます。
塩田先生は400戦ほどアメリカ修行で実践をなされたそうですが、
合気道を極めていない人間がケンカに勝つ最も簡単な方法はこうです。

「近くにあるビール瓶を割って、相手の顔面に刺す。」

桜庭選手がインタビューで言っていましたが
「いくらプロ格闘家でもナイフを持った素人には負ける。」
実際、力道山もナイフを持った素人に殺されてますからね。

私の知り合いの自衛官から聞いた話ですが、居酒屋で北朝鮮の工作員とやりあったそうです。
その工作員は手元にあった金属製の箸を投げつけて、一人の自衛官の眼に刺さって失明したそうですよ。
あなたがその気になればビール瓶でも箸でも武器になります。

あなたのように簡単に実践的で喧嘩に使いたいのなら、軍隊に入隊して特殊部隊に配属されるのが近道ですよ。
それが嫌でも、ビール瓶や刃物を持てば、プロボクサー・格闘家・空手家・柔道家に勝てます。
ね、より実践的で喧嘩に使えるでしょう。


塩田先生はある時、弟子に「合気道で一番強い技はなんですか?」と聞かれ、
「それは自分を殺しに来た相手と友達になることさ」と答えたといいます。
合気道で塩田先生の心を学んで下さい。

この回答への補足

>「それは自分を殺しに来た相手と友達になることさ」

これはどういう意味なんですか?
例えば、
『サッカーが上手くなるにはボールと友達になる事だ』とかいう意味と同じなんですか?
それとも、
もっと深い意味があるのですか?

補足日時:2007/09/29 00:00
    • good
    • 5

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QPRIDEで合気道技が出ないのは何故?

総合格闘技のプライドの試合を見ていると、主に立ち技のときはキックボクシング系の技、タックルなどで寝技に入ると柔術系の技というように、ハッキリと分かれているような気がします。
しかし相手が打撃に偏っているその瞬間、合気道の基本技が使えそうな場面をよく発見します。

例えば、相手が大振りの右ストレートを打ってきた時に、その右手を左手で掴むと同時に踏み込みながら右クロスを合わせる様に喉元に掌打を打ち込めば相手は簡単に倒れますし、逆にその右手を掴んで引いてから下に落とすだけでも相手はバランスを崩し簡単転がってくれます。
その相手が転んだ瞬間にタイミングを合わせ、思いっきり頭部にサッカーボールキックを入れるコンビネーションを使えば、あんなに苦労しなくても即KOになると思うのですが?
どうしてプライドの選手達は合気道の技が出ないのですか?
試合の流れの中で臨機応変に合気道技を出せる練習とかはしてないのでしょうかね?

Aベストアンサー

試合系合気道を嗜んでいます。

なぜ総合格闘技(プライド)で合気道技が出ないかと言うと、単純に総合格闘技的なシチュエーションにおいては使い勝手が悪いからです。

合気道技の技術の大部分は立ち関節技に分類されますが、立ち関節技は寝技が無い護身術的な状況で力を発揮する技術ですので、寝技がある総合格闘技では立ち関節を仕掛けている間に足を掬われて(小外掛け、両足タックルなど)寝技に持ち込まれてしまうからです。

投げ技に関しては、正面入り身投げを使うのであれば、大外刈りの巻き込みの方が使い勝手が良いですし、側面入り身投げを使うならば、小内巻き込みや谷落としの方が使いやすいです。正面入り身投げで足をかけて巻き込んだり、側面入り身投げで相手の足を掬って一緒に倒れこめば、かかるかも知れませんが、それでは見た目は大外の巻き込みと谷落としとあまり変わらないです。

打撃に関しては、素人レベルの話ならいざ知らず、ボクシングテクニックのあるプライド選手の打撃は非常に速く、どんなに反射神経が良くても打ってきた手を掴むのはまず不可能です。それに大振りのパンチ単体で出す選手はまずいないですよね。大抵、ワンツーやローで意識を散らしてからフィニッシュブローとして大振りな打撃を出しますので、素人が単発で大振りのパンチを出すのとはレベルが違います。

総合格闘技でたまに使用されるスタンディングでのチキンウイングアームロックなどは、合気道では下段腕がらみ、腕捻り、後ろ腕がらみなどの名称で使われています。また、スタンディングでのアームバーも合気道では肘極めと言います。ですので、総合格闘技でもまったく合気道技が使用されていない訳ではないです。

前蹴りなどの蹴り足を掴んでからの入り身突きや側面入り身投げですが、これは似たような形が使われています。あとは、肘締めの捨て身であれば、上手くいけばかかるかも知れませんね。(肘締めの捨て身、脇固めの捨て身に近い技)

試合系合気道を嗜んでいます。

なぜ総合格闘技(プライド)で合気道技が出ないかと言うと、単純に総合格闘技的なシチュエーションにおいては使い勝手が悪いからです。

合気道技の技術の大部分は立ち関節技に分類されますが、立ち関節技は寝技が無い護身術的な状況で力を発揮する技術ですので、寝技がある総合格闘技では立ち関節を仕掛けている間に足を掬われて(小外掛け、両足タックルなど)寝技に持ち込まれてしまうからです。

投げ技に関しては、正面入り身投げを使うのであれば、大外刈りの巻き込み...続きを読む

Q合気道は実戦的な武道なんですか?

一言で強いか弱いかと言っても答え難いと思うので
合気道は実戦的な技なんでしょうか?

武器の無い戦いなら一番強いのはプロレスだと聞いたことがあります。
一度入ったら抜け出せないし、プロレス技を抜けるにはプロレスを知るしかないからだとか

塩田って人の動画見ていますがこれが本当なら神でしょうけど
弟子相手に闘ってるのしか見た事ありません…
弟子か素人相手にしか闘わない武道なんでしょうか…

かっこいいけどそんなに強くないカンフーの様に、実際総合格闘技としてTVで合気道が勝ちまくってるのなんかも見た事ありません。

Aベストアンサー

合気道の元である柔術は実践的なものですし、幾つかの合気道の発案者も皆実戦目的で開発し、軍や警察などに指導して来たので、実践的といえば実践的です。
でも、今の合気道は全体ではなく、基礎の動きを重視しています。なので、そのまま実戦に使えるかというと難しいと思います。
逆に言えば合気道の考え方と共通する技は世界中の武術や格闘技にあるともいえます。
つまり、合気道で習っている技が全てだと思っている人は強くなれません。これは中国武術でもそうだと聞きました。
カンフーや幾つかの武術はストリートファイトが起源で、今でも模擬ストリートファイトを練習に取り入れているものがあります。
問題は技が強いかどうかというより、打たれ強いかというほうが問題でしょう。相撲は技の要素的には確立された強い格闘技ですが、ボクシングのような顔面の打たれ方や関節技に対する鍛え方がされていません。
だから、勝てないんだと思います。
勝負は技だけでなく、打たれ強さが大きく関係しますから。そして打たれ強さは一朝一夕で鍛えられるものではありませんから。

塩田先生を始め、彼らが素人相手に技を披露しないのは、仲間内でしかかからないからじゃありません。武術をしている人で無いと危険だからです。
有名なのは塩田先生だか植芝先生かは忘れましたが、米国大統領の警備の者を投げ飛ばしたという一件です。

例えば、多くの人は技をかけられると抵抗します。単純でシンプルな当身技くらいならそれでもいいですが、複雑で見栄えのする間接技や投げ技になると自分の限度を知っていて、それが越えそうになると自分から受身に入るレベルの人でないと怪我をします。だから素人には披露しないのです。

結論的に言えば、合気道の技だけでは非実戦的でしょう。逆に他の武術や格闘技の中に合気道の考えを取り入れれば、入れないよりは強くなる可能性があると思っています。

合気道の元である柔術は実践的なものですし、幾つかの合気道の発案者も皆実戦目的で開発し、軍や警察などに指導して来たので、実践的といえば実践的です。
でも、今の合気道は全体ではなく、基礎の動きを重視しています。なので、そのまま実戦に使えるかというと難しいと思います。
逆に言えば合気道の考え方と共通する技は世界中の武術や格闘技にあるともいえます。
つまり、合気道で習っている技が全てだと思っている人は強くなれません。これは中国武術でもそうだと聞きました。
カンフーや幾つかの武術はスト...続きを読む

Q合気道で一番強くなれる道場(流派)は?

こんにちは。
よろしくお願いします。

合気道を本格的にやりたいのですが、いろいろな流派あって悩んでいます。
近所に合気道場はあるのですが、どうもスポーツ感覚的な所っぽいので・・・。
型ばかりでなく、実践に役立ちそうな道場のアドバイスをお願いします。
できれば埼玉周辺希望です。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

合気道は、他の空手とか拳法のように多くの流派は
存在しません。
合気術とか、合気柔術とかは、合気道のルーツとは言え
似て異なるものかと思います。

合気道には2大流派があります。合気会と養神館です。
合気会が一番メジャーな流派であり、シェアは5割を
越えると思います。
実戦的という面では、養神館でありましょう。

しかし、これは個々の道場及び指導者によって、かなり
異なります。
合気会系の道場でも、養神館を越える実戦的な稽古を
している道場もあります。

従って、様々な道場の見学をされる事をお薦めします。
また、お願いすれば、体験入門も可能かと思います。
それで、判断されたら如何でしょうか・・・。

では。

Q養神館と合気道SAの特徴

 養神館系の合気道を始めたいと思っているのですが、合気道SAも候補に入っています。よく言われる実戦性、護身術としての有用性といった観点から本家養神館とSAの特徴を教えてください。
 どちらかに属している人の意見を特に希望します。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

自分は合気道SAを習ってるんですが普段の練習は型練習が
中心でそれを元に組手稽古を行っています。
よく、殴るの禁止とか担ぎ技禁止だから実践性が疑わしい
といわれてますが、顔面OKとか柔道的な投げ有りになると合気道である必要がなくなってしまいますからね。
あくまで合気道の延長線での組手稽古ですから。
まあ、妥当な線じゃないかと思ってます。
組手稽古をすることによって技の入り方、変化の仕方
といった練習は実践的だと思いますが、型稽古をサボると
正しい動きが出来なくなって変な癖がついてしまうという
可能性もあるかもしれません。

Q実戦的な合気道をしている道場を教えてください

最初にお断りしておきますが、合気道を誹謗中傷する意図ではないことだけはご留意ください。

合気道を創始・興隆された先人の方々は尊敬しています。

また実戦格闘力だけが格闘技の本義ではなく、健康維持、文化継承、人との交流など武道には多くの意義があって、それぞれの方がそれぞれの目的で稽古にはげむべきと考えております。

武道は健康維持だろうが、リハビリだろうが、いや極端に言えば道場でのナンパが目的であろうが、それは人それぞれだと思っています。

さて私も合気道というのは、自分が格闘技をやっていた時期に公的体育館などの道場で、合気道をされている皆さんの稽古を垣間見たり、また映像などでしか見たくらいしか知りません。

ただ私のつたない経験からは、いまだ実戦で活用出来るように感じられる稽古を見たことが無いし、また合気道をしている方で「なるほど。強い」と感じる方と手合わせをしたという経験がありません。

もっと本音を言えば、YOU TUBEで見られる合気道の映像など失笑を禁じえないこともしばしばです。

私が知ってる合気道経験者で強い人は、全員が柔道をかなり経験した方とか、打撃の人が総合格闘技的なスタイルの中に過去に学んだ合気道のエッセンスを応用されている方しか見たことがないのです。

ただこれを言ってしまうと、それではサッカーをやっていた人が空手を始めて、空手の中でそのキック力が生かされるというのと大差無くなってしまいます。

そこで教えていただきたいのですが、合気道のみの訓練によって高い実戦的格闘能力を会得できるという道場・会派をお教えくださいませんでしょうか。

例えば合気道を数年やってるだけで、100キロクラスのラグビー選手や、ベンチプレスを150キロ挙げるビルダーを手玉にとれるような合合気道選手はどこで見ることが出来ますか?
いや、師範クラスの方なら極真の全日本レベルでも転がせるなんて方が居る道場でもかまいません。
(ただしスパーリング形式に限ります。「では右手をつかんでごらん」なんてのは意味無いですから)

出来れば東京、千葉周辺で道場見学、さらには体験入門をさせてくれるところならベストです。

最初にお断りしておきますが、合気道を誹謗中傷する意図ではないことだけはご留意ください。

合気道を創始・興隆された先人の方々は尊敬しています。

また実戦格闘力だけが格闘技の本義ではなく、健康維持、文化継承、人との交流など武道には多くの意義があって、それぞれの方がそれぞれの目的で稽古にはげむべきと考えております。

武道は健康維持だろうが、リハビリだろうが、いや極端に言えば道場でのナンパが目的であろうが、それは人それぞれだと思っています。

さて私も合気道というのは、自分...続きを読む

Aベストアンサー

ご指摘の通り、今の合気道にはいろんな問題があると思います。
読んでいて冷や汗ものでした^^

単刀直入に言うと、ボクシング、キック、フルコンなどの打撃系や
柔道、現代柔術を学んだ人でなければ
高度に進んでいる他武道、格闘技に対処できないかもしれないですし
精神的にも本当に強くなれないかもしれないです。
純粋に合気道だけでは苦しいかなと。

怒られるかもしれないけど、同門の俺ですら、合気道だけやった人は
心技ともに鍛錬が足りないなと思う時があります。

だから結論を言うと若い自分には総合などを充分にやって、年取ったら
合気道のような型稽古に移行するほうがいいのかもしれませんね。

質問が、合気道の道場でということでしたので覇天会を紹介しました。
この団体のいいところは、実際に乱取りをやっているところです。
手、腕の取り合い、そして書かれたとおりフルコン空手の組手もやっています。
(ホームページにも他の動画があるのでよかったら見てみてください)

動画を見ると、腕の取り合い、関節の掛け合いがうまく決まらないな
と思うかもしれないです。ですが、俺は逆にこれがイイと思ってます。
経験者同士が本当に抵抗して技を掛け合ってるのがわかるからです。

柔道でも抵抗し合うので技がなかなか決まらないですが
やっていたのでしたらわかると思いますが、しかしそうした中での
技の攻防、筋力の抵抗が、総合的な戦闘能力、そして精神、闘争心を鍛えるのに
非常によいと思ってます。

ここで思い出してほしいのは合気道創始者が柔道、相撲を修行していた
ということです。筋力での抵抗、攻防を若い時に経験しています。
ですから一度は絶対にこうした力のやり取りをやるべきだと思います。

そして、フルコンタクト空手の組手ですが、これも評価しています。
というのは他団体が打撃に対して目をつむってるのに対し
覇天会では正面から向き合ってると思うからです。
もちろんフルコンタクト空手のレベルから比べたらまだ低いでしょう。
フルコン空手を別に修行したほうがいいかもしれません。

ただ打撃への対処法、総合的な体の使い方や
そして攻撃法として打撃、当身も合気道に取り入れ学ぶという意識が
生まれると思うのです。

この団体は発足して間もなく課題もあるかもしれないですが、
将来的に伸びると思います。また、「なんでもいいから攻撃してきて」
と言って攻撃してもらって、それを合気道技で捌く練習もしやすい環境に
あると思います。他団体では正直そういった練習がしにくいです。
(持ち上げますけど、俺は覇天会の人間じゃありません)

そして、次の段階として気の研究会をすすめました。
ここは逆に筋力を捨てて、脱力を追求し、しかも型稽古のみです。

もし限定的にですが、大男、ビルダーと力勝負?した時に
筋力を超えた力で対処できる団体はここだと思います。
高段者は確実に筋力を超えた力を持っています。
いわゆる合気道の神秘的な力です。
自分で言うのもなんですけど俺も力はあるほうだと思いますが、
思いっきり押さえつけて抵抗しても、きれいに投げられたことがあります。

でも勿論、これは限定的に強いということかもしれません。
大男、ビルダー、打撃系が何でもありで攻撃したら
きれいに合気道で抵抗できないかもしれないです。
だから、それは他に練習しなくてはいけません。

前に、各団体にいいものが分散していると言ったのは
こういう意味です。

質問者様が打撃系、柔道をやっていたのでしたら
合気道を実践的なものに育てることはできると思いますよ。
厳しく見つつ、でも内心魅かれている?のは
ひょっとしたらそういう運命にある方なのかもしれませんね。

かく言う俺も、打撃の人に自由に攻撃してもらって合気道で捌く練習を、
個人的に毎回冷や冷やしながらやってます^^

創始者は塩田先生に、自由に拳で突いて来い、剣、鉄扇で打って来い
と言って攻撃させ捌く練習をしていました。
夜の山の中で、真剣でやり取りをしたこともあったそうです。
やっぱり、こういった逸話から多くを学ぶべきだと思います。

ご指摘の通り、今の合気道にはいろんな問題があると思います。
読んでいて冷や汗ものでした^^

単刀直入に言うと、ボクシング、キック、フルコンなどの打撃系や
柔道、現代柔術を学んだ人でなければ
高度に進んでいる他武道、格闘技に対処できないかもしれないですし
精神的にも本当に強くなれないかもしれないです。
純粋に合気道だけでは苦しいかなと。

怒られるかもしれないけど、同門の俺ですら、合気道だけやった人は
心技ともに鍛錬が足りないなと思う時があります。

だから結論を言うと若...続きを読む

Q合気道 対 ボクシング (どっちが強いとかではありません)

合気道をやっています。
例えばボクサーに突然襲われた(グローブなし)とした場合、合気道の態度で立ち向かうとします。私は合気道は、充分自衛手段になりうると思っていますが、相手がもうガムシャラにこちらに危害を加えようとしている時に、こちらがビビってしまってはどうしようもありませんよね。

対打撃慣れ、というのは必要なのでしょうか?
また、対打撃慣れするとしたら、どのような手段があるでしょう。
合気道とボクシングは、当然弊習しないほうが良いなどといわれますが、本当にそうなのでしょうか。殴られることに慣れることは大事だと思うのですが…殴られてから、その出てきた腕をつかんでどうこうしよう、などと考えないためにも…。

合気道は格闘技と違うという頭があったので分かり難い書き方になっているかもしれませんが、ご意見聞かせてください。

Aベストアンサー

対打撃慣れ、というのは必要なのでしょうか?
>必要だと思います。

一部の「達人」レベルの人を除いて、全てにおいて経験があるほうが有利です。例えば一度も投げられたことが無い人と、柔道で受身を知っている人とでは全然違いますから。

私も柔道を経て、総合系の格闘技をやっていました。最初の頃は打撃の裁き方がわからず、好きな様に殴られ蹴られていました。けど防御を覚えると、打撃はそんな簡単に当たらない物だと知りました。従って今は殴りかかれても組みつかれても対処できます。もし打撃を知らずに対処する場合、一発目をかわして終わらせなければなりません。それが出来ればいいのですが、それは達人と呼ばれる人達の世界ですから…。

Q太極拳と合気道どちらが女性向ですか?

太極拳か合気道かどちらかを習いたいんですが迷っています。
実践的に強くなれるものがいいです。
全くの初心者です。
スポーツは不得手ですが、社交ダンスとかダンス系は筋がいいとほめられます。

・太極拳・・・以前マンガ島耕作の女性秘書?が太極拳の使い手で暴漢を倒していたが、普通の体育館でやってるものも実践で役にたつんでしょうか?(お年寄りばっかりなんですが)

・合気道・・・袴とか用具が必要なんでしょうか?
       受身とかについていけるか心配です。

友達は合気道は無理だからゆっくりした太極拳にしとけと言うんですが。
アドバイスよろしくお願いします。

Aベストアンサー

 合気道をやっているものです。

 No.12さんがおっしゃっていることは全く当を得ています。ma_1001さんが寝食を忘れるくらい没頭されても暴漢を倒せるくらいには絶対になれないでしょう。どんな凄い先生についてもです。
 
 また、武道をやっている人は無茶苦茶してくる人間の怖さと自分の技が真剣にかかった時の恐ろしさを両方知っています。私はもう合気道を10年やっていますが、もしそうゆう状況になったら迷わず逃げます。

 太極拳も合気道も精神修養が重要です。人に勝つと言うよりも自分に克つということです。ですから、運動神経は全く関係ありません。重要なのは継続と反復、精神集中のみです。

 合気道お勧めしますよ。道着と袴は要りますが、とても面白いです。一応大学のコーチをしていますが、女性で筋の良くない子でも根気良く続けていれば、必ず上手くなります。しかし、繰り返しになりますが、誰かをやっつけるという為にという動機ではやめてください。

Q黒帯持ってるって凄いことなんですか?

最近、合気道の初段を取ったものです。
黒帯はかっこいいですけど、黒帯持ってることを友達とかに自慢できるものなんですかね?

あと、黒帯は「歩く凶器」といわれるみたいで喧嘩はしたらダメなんですよね。黒帯締めても自分がそんなに凄くなったとは思わないんですが・・・

Aベストアンサー

空手、柔道、合気道を習った者です。
武道等を経験していない人には黒帯自体は確かに、すごいように見えるし、格好よく見えると思います。(野蛮と見る人もいますが)
でも、武道の種類、流派によりレベルが全然違うこと知ってる人もいますから、あまり自慢できることではないし、まして合気道は2or3段以上でないと、受け身以外の攻撃性、つまり凶器性については未経験者とあまりかわらないような気がします。(あくまで私的意見です)

武道経験者として自分にも言い聞かせていることは、「自分が強くなった、なれたと思った分、人にやさしくする」ことと思っています。

Q大人になって合気道

現在32才です。
護身と健康、前々から何か武術を習いたいとと思っていたのですが中々時間が作れずにいました。
ですがこの度合気道を始めたいと思っているのですが
この年齢から始めるのはいかがでしょうか?
また始める場合はどのような場所(道場?)がよいのでしょうか?

Aベストアンサー

合気道をしています
稽古仲間にも30歳代から始められた方が沢山居ます
それよりも40,50,60歳代から始められる方もいます
年齢は気にすることはないと思います
確かに若くから始めた方が、柔軟性や体力はありますが合気道の場合、年齢に即した稽古をしていけばよいと思います
道場は、合気会本部に問い合わせをしたら紹介していただけます
また、どの道場が良いかは見学をして決められるのが良いのではと思います
道場選びのポイントを経験から書いておきます
(1) 合気道の最も大きな団体は合気会です
  創設者:植芝盛平氏です
(2) 弟子達によりいくつかの流派が出来ています
  流派によって技が違います
(3) 会費(月謝)がまちまちです 2.000~10.000円以
  上まであります
(4) 合気会でも技に違いが見られます
  本部師範の教える技と道場師範の技に大きな違いが
  ある場合があります
(5) 稽古方法が比較的優しく行っている道場と体力が
  かなり必要な道場があります
(6) 杖、木刀技を習う道場と習わない道場があります

男性の場合、合気会では初段で袴を着けますが、養神館
のある道場では三段にならないと袴を着けませんでした
どの道場が良いか、流派がよいかは、見学をされご自分に合った道場を選択されるのが良いと思います
また師範の人柄も大切だと思います
合気会の本部や各道場、たの流派の本部は「合気道」で検索するとかなり調べられます

合気道をしています
稽古仲間にも30歳代から始められた方が沢山居ます
それよりも40,50,60歳代から始められる方もいます
年齢は気にすることはないと思います
確かに若くから始めた方が、柔軟性や体力はありますが合気道の場合、年齢に即した稽古をしていけばよいと思います
道場は、合気会本部に問い合わせをしたら紹介していただけます
また、どの道場が良いかは見学をして決められるのが良いのではと思います
道場選びのポイントを経験から書いておきます
(1) 合気道の最も大きな団体は合気...続きを読む

Qブラジリアン柔術は実戦では有効ですか?

格闘技を護身術として習おうと思っています。ブラジリアン柔術、キックボクシングが
良いかなと思っています。どちらも実戦では、強い有効な格闘技と思って絞ったのですが、
YouTubeで、本当のストリートファイトを見てみると喧嘩が始まると、二三発入れば、そのあとはボコボコにされて終わるパターンが大半でした。組みつく余裕などは実戦では、難しいと思ってきました。。。となると、組みつくまでがスタートとするブラジリアン柔術はあまり実戦的はないのでしょうか?
どなたか教えてください。

Aベストアンサー

狭い日本では喧嘩は胸倉のつかみ合いや至近距離でのにらみ合いから始まる事がほとんどだとよく聞きます。
これは組み技の間合いだと思います。
あとキックボクシングは才能である程度左右しますがBJJは誰でもやればやる程強くなるといいます。
あとキックは老いたら引退ですが、BJJは老いても続けられると思います。
ドランクドラゴンの鈴木はBJJ使いですがニコラスペタスの道場に道場破りにいくテレビの企画で3人抜きくらいしてました。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング