「夫を成功」へ導く妻の秘訣 座談会

最近ラジコンをやっていて非常に困っています。
AM27mhzでラジドリをやっています。プロポは6年ほど前に購入したJRのコブラです。受信機はドリパケキットのを使っています。
以前(半年前から先月)はなかったのですが、なぜかここ最近になってマシンから5m~10mくらい離れるとサーボがピクツキを起こし、もっと離れると一瞬勝手に走り出す&サーボが左右に廻りだすときがあります^^;。誰かに混信されているみたいに。
配線の引き回し(アンテナ線と各動力線は干渉しないように)等きれいにやり直しても現象は変わりません。(いずれもマシン静止状態です。)
しかも、マシンに近い距離(2m以内)でアンテナに触ると激しくピクツキを起こします。
いったい何が原因なんでしょうか?
プロポの故障?
こんな現象なので、走行させるととんでもない動きをすることがあります。
どこの場所でやっても同じです。

どなたか、詳しい方ご教授下させれば嬉しいです。
宜しくお願い致します。

あと
FMに買い替えをしたほうが良いのでしょうか?
3PMとか狙ってるんですが・・

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

どこでやっても同じなら混信では無さそうです。


こういった場合は考えられる事柄を一つづつ改善してみます。
1)送信機の電池を新品にして、電池ケースの各端子をチェックします。接触が悪くなって送信機をゆする度にON、OFFになったりしてるかも知れません。
1)モーターを交換してみます。(モーターが一番のノイズ源です)直ればモーターのコンデンサの半田はずれ、焼損、又はカーボンブラシの接触不良の火花が原因でしょう。
1)近くはOK、離れるとNGの症状はアンテナ関連のトラブルのような気がします。
1)受信機のアンテナ線の根本を受信機に押し込んだりいじったり
してみます。もし改善される事があるならアンテナ線の断線が疑えます。
1)送信機のロッドアンテナの根本もネジ込みになってます。ゆるんでないか確認します。
1)クリスタルの破損の可能性も大です。交換して試すしかありません。
1)送信機本体、受信機本体の故障はもう一組プロポセットが無いと試せません。
1)以前は正常だったのでしょうから、おかしくなったのはいつからかを思い出して(なにかの部品を付けた等)思い当たるなら元に戻してみる。ノイズは金属同士が触れ合って出ます。ステアロッドとかが金属部にこすれてませんか?
追伸
混信は送信機のスイッチOFF、受信機はONでステアがピクついたりするなら27Mzの混信が疑えます。
AMラジオとFM放送の違いです。FMが優れてます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
上記のうち、何点か参考にさせていただきました。
電池を全部一旦とって掃除してみました。
モーターのクリーニングをしてみました。(クリーニングブラシで)
アンテナの引き回しを改善してみました。
20Mくらい離れるとピクつくときがありますがだいぶ解消されました!

ありがとうございました!

お礼日時:2007/10/04 14:37

以前はなかった。

のでしたら送信機の電池交換で解決するかも?
ドリパケの受信機はどこのメーカーか知りませんがコブラの受信機に交換してみるとかサーボを交換してみるとか一つ一つチェックしてみることですね。
クリスタルの予備があるのなら交換して試してください。(ショックに弱い物です)

3PMはいいプロポですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
電池を交換&少し開けた場所でためしたらだいぶましになった気がします。

3PM買い換えたかったけど、もう少し粘ってみます^^
ありがとうございました。

お礼日時:2007/10/04 14:32

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qノイズキラーコンデンサーつけるの?

ラジコンに興味を持ち、田宮のTT-01のキットを買いました。サンワプロポも購入したのですがプロポの説明書にモーターにノイズキラーコンデンサーをつけてくださいと記載があり、またコンデンサーも付属してありました。」つけるべきなのか、半田付けは経験が無く不安です。何かいいホームページがあれば教えてください。

Aベストアンサー

ボディーとはモーターケースのことです。
モーターは以下のパーツで作られています。
モーターケース(磁石がついている外側のケース)
ローター(回転するコイルが巻いてある軸)
コミュテータ(ローターに付いてあるブラシとの接点)
ブラシ(電気をローターに伝えるカーボン製の接点)
エンドベル(電極コードやブラシが付いているモーターケースの蓋となるもの)
で、モーターのエンドベルに小さくプラスマイナスが書いてあると思うのですが、その部分がそれぞれの極となります。
極とボディに電解コンデンサをロウ付けするように指示されていますが、エンドベルを外せるタイプのモーターの場合はメンテナンスでエンドベルを外して掃除をしたり、コミュテータを磨いたりします。
電解コンデンサーをロウ付けしたらエンドベルを外すことが出来なくなるので、3つのコンデンサーの1つだけ+-を繋いでロウ付けしてください。
ボディはマイナス(アース)ですので、理論的には同じです。
三和さんの見解では3つ必要にしていますが、多分1つでよいと思いますよ。

モータをばらすことが出来ないタイプのモータならば3つを使ってロウ付けしてください。
失敗しても大丈夫です。電解コンデンサはRCパーツでは100円単位で売られていますが、メーカーで購入するときは3円くらいです。
個人が電子パーツ屋さんで買っても10円くらいでしょう。

ボディーとはモーターケースのことです。
モーターは以下のパーツで作られています。
モーターケース(磁石がついている外側のケース)
ローター(回転するコイルが巻いてある軸)
コミュテータ(ローターに付いてあるブラシとの接点)
ブラシ(電気をローターに伝えるカーボン製の接点)
エンドベル(電極コードやブラシが付いているモーターケースの蓋となるもの)
で、モーターのエンドベルに小さくプラスマイナスが書いてあると思うのですが、その部分がそれぞれの極となります。
極とボディに電解コ...続きを読む

QRCプロポの電波到達範囲。(2.4Gと72MHの場合)

RCプロポの電波到達範囲。(2.4Gと72MHの場合)
最近、2.4GHzの4PKを購入したのですが、
電波の届く範囲が100m程度と書かれていました。
27Mなどのプロポの場合、1kmなどと書かれています。
これから、飛行機に2.4GHのプロポを使いたいのですが
100m程度なら、すぐに到達範囲を超えて飛んでいきます。
2.4GHのプロポって、こんなに到達距離が短いのでしょうか。

便利ではありますが、かえって使いにくいものと
思ったほうがいいでしょうか。

Aベストアンサー

40MHZ,72MHZ,2.4GHZなどの周波数に関らず、受信範囲が100mのものもあれば1kmのもあります。
貴方の4PKは地上用に開発された機種と思いますが、
空用の機種で受信機が例えば 6014FS,608FS、617FSは500mの仕様、616FSは100m程度の仕様と思います、
小生の40MHZも100mの機種と500m機種を持っています
2.4GHZは6014FSで500mの機種でヘリに積んでいます
飛行機に積むのであれば500m程度は必要ですね。
飛行機であれば、プロポも空用のプロポにすれば使いやすいですが、

Q電源をつけると勝手に動く。。。(ラジコン)

いつもお世話になっています。ラジコン初心者のcalm_placeです。

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1339177
で質問させて頂き、サンワのアンプ「BL-RANCER」を購入しました。
そこで元々取り付けてあったRC付属のスピードコントローラーを外し、
アンプを取り付けました。
するとRCの電源をONにするとアンプのランプが1回ついて消え、
その後プロポの電源を入れると前輪が右に動き、勝手に走り始めました。。。
プロポの操作は全く利きません。。。

接続は受信機の1にステアリングサーボを、2にアンプのZコネクターを付けました。

何か考えられる原因はありますか?

Aベストアンサー

毎度!
まず確認したいのですが、
・送信機、受信機供に同じ周波数のクリスタルは刺さっていますか。
 文章からだけですと電波のやりとりさえ怪しいです。

TX=送信機用、RX=受信機用。通常は入れ違いにならない構造になっていますが、中身が取り出せる仕様だと
間違えて入れかえたりしまう人がいます。

・できましたらマシンからモーターを降ろして(接続はそのまま)
マシンが走り出さないタメの工夫がされていれば良いです。

・送信機の電池の+-は正しく入っていますか。

・通常アンプはニュートラル(動き出さない位置)
 では音がしません。動く方にずれるとピーと泣きます。
 ですから、現在ニュートラルでは無い訳です。

とにかく落ち着いて、ゆっくり説明書を読んでください。プロポ・キット・アンプの取説。

すべて、確認したら送信機ON、受信機ONの順で
アンプの調整をしてください。

ステアリングのニュートラル調整はサーボモーターにつけているサーボホーンを一度はずす必要があるかもしれません。

タミヤのキットなら一番最初にやりかたが記載されていると思います。

毎度!
まず確認したいのですが、
・送信機、受信機供に同じ周波数のクリスタルは刺さっていますか。
 文章からだけですと電波のやりとりさえ怪しいです。

TX=送信機用、RX=受信機用。通常は入れ違いにならない構造になっていますが、中身が取り出せる仕様だと
間違えて入れかえたりしまう人がいます。

・できましたらマシンからモーターを降ろして(接続はそのまま)
マシンが走り出さないタメの工夫がされていれば良いです。

・送信機の電池の+-は正しく入っていますか。

・通常アンプはニュ...続きを読む

Q【初歩的質問】ラジコン用アンプの性能について

非常に初歩的な質問で恐縮です。
1/10電動RCカーのアンプについてなんですが、価格に比例して
どんな部分の性能に差があるんでしょうか?
例えば、フタバのエントリー用アンプで、MC230CRと、MC330CRがありますが、何が違うのでしょうか?
スペック表での違いは見ればわかりますが、それが例えば「この数字が大きいほど速い」というような、わかりやすい言葉で教えていただけると助かります。

Aベストアンサー

アンプのスペックはRCカーの性能にとって、とても大きな
要素になります。決して恐縮する必要はありませんヨ^^

具体的にフタバの製品を挙げられているので、それに対し
て回答致します。

アンプの基本的な性能は、どれだけ多くの電流を流せるか
が最も重要な要素になります。
230と330(省略します)を例に取った場合、前進側の連続
最大電流は、230が90A、330が200Aですね。数値だけを比較
してしまうと、後者が倍以上良いという結果になりますが、
そのまま実際の速さに比例するわけではありません。

一般に、使用する負荷(モータ)で消費電流は変わります。
仕様の対応モータでは、前者は20T、後者は13Tとあります。
Tはターン数といって、モータの芯(コア)への巻線数を
示します。この数値が少ないほど高出力な野蛮なモータと
言えます。
当然野蛮なモータほど大食漢であり、電力を多く消費する
ので、330の方が野蛮なモータにふさわしいわけです。

キット付属の入門用モータ(主に25~28T)や、現在レース
等で主流の23Tのモータを使う限りは、流れても30A程度の
電流(大雑把ですみません)なので、230でも330でも十分
な余裕があります。従ってこれらの無難なモータを使う限
りは、両者に大きな差は生じません。
ただし上の数値で負荷率の面から見ると、前者33%、後者
15%となります。イメージとして捉えていただければありが
たいのですが、前者は負荷によってアンプが少しずつ発熱
してくるのに対し、後者はまだまだ余裕があります。
発熱は自己の性能を下げますから、休み無く連続して使用
すると、この差がスピードに表れます。
私のような余裕の無い人がアクセク働いてオーバーヒート
ぎみになるのに対し、裕福な人がポンとポルシェでも買う
ような人間社会の構図と同じですw

大脱線を元に戻します・・・

後進側の電流量は、後進を使う場合に必要ではありますが、
実用上あまり数値を気にする必要はないと思います。
中~上級者用の多くは、後進の無いアンプを使っています。

対応(適用)モータは、前述の前進側電流値の目安となり
ます。数値(ターン数)が少ないアンプほど、高性能だと
言えます。

重量は車両全体の重量に直接影響します。軽いほど理想で
はありますが、メーカによって重量物であるコードの重さ
を含んだり省いたりしており、数値比較はできません。

上級機種には、出力をプログラムできるものもあります。
状況に応じて臨機応変にアンプの出力を「味付け」する訳
ですが、今このあたりの説明は割愛します。

読み返したら、エラい長文になっていましたが、大雑把に
まとめますと、
「適用モータを見れば、大方の判断がつく」
コレだけでしたね^^

アンプのスペックはRCカーの性能にとって、とても大きな
要素になります。決して恐縮する必要はありませんヨ^^

具体的にフタバの製品を挙げられているので、それに対し
て回答致します。

アンプの基本的な性能は、どれだけ多くの電流を流せるか
が最も重要な要素になります。
230と330(省略します)を例に取った場合、前進側の連続
最大電流は、230が90A、330が200Aですね。数値だけを比較
してしまうと、後者が倍以上良いという結果になりますが、
そのまま実際の速さに比例するわけではありませ...続きを読む

QRCのバッテリーについて教えてください

最近またラジコン(ドリフト)を始め、5年前のバッテリーを3本引っ張り出して使用しています。
古いのでもうだめかなと思いつつ使っていますが問題なく使用できています。
タミヤ1400、SANYO2000、KYOSHO2000の3本ですが急速充電器(放電付き)で1時間~1時間30分で充電後、3本ともに走行時間15~20分位です。
モーターはドリパケの純正モータでタイやはドリパケ用ゼロワンRです。
充電に関して気を使っていた点は5年前の当時も放電後→充電するようにしていました。
その恩恵か5年経過後でも多少のパワーダウンは否めませんがそこそこ
ストレス無く遊べています。
そこで気になっているのは本来のバッテリーの寿命です。
RC用7.2Vニッカドバッテリーの寿命はどのくらいなのでしょうか?
何か手軽にバッテリー性能を測れるものがあれば教えてください。
あと、放充電器も5年前のものなので信頼性が心配です。
比較的安価なお奨めのものがあれば教えて欲しいです。
いかんせん、商品がたくさんありすぎてどれが良いのかさっぱりわからないので・・^^;

よろしくご教授ください。

最近またラジコン(ドリフト)を始め、5年前のバッテリーを3本引っ張り出して使用しています。
古いのでもうだめかなと思いつつ使っていますが問題なく使用できています。
タミヤ1400、SANYO2000、KYOSHO2000の3本ですが急速充電器(放電付き)で1時間~1時間30分で充電後、3本ともに走行時間15~20分位です。
モーターはドリパケの純正モータでタイやはドリパケ用ゼロワンRです。
充電に関して気を使っていた点は5年前の当時も放電後→充電するようにしていました。
その恩恵か5年経過後でも多少の...続きを読む

Aベストアンサー

RC用バッテリーの寿命は、主に充放電回数とそれに伴う素材劣化の程度で決まります。電池素材自体はどれも非常に化学的安定性が高いですし、缶もステンレスで錆びないので、過放電と高温多湿さえ避けられれば、20年~30年でも使える状態を維持できることは産業界でも実証済みです。実際に自分自身、10年以上前の各種セルを現役でいろいろと使っています。

ただし、耐久性は「ニッカド」「ニッケル水素」と単純にくくって考えられるほど単純ではありません。セル間のマッチング精度やセルの銘柄によって、耐久性に差が出ます。パックバッテリーはマッチドと特に謡っていない限りマッチング精度が低いので弱いセルの負荷が厳しく、マッチドのバラセル(自分でパックを組むもの)より寿命は短くなります。自分の経験上は、マッチドセルだとノンマッチドのパックバッテリーにくらべて概ね10~30サイクルくらい寿命が延びる感じです。

銘柄に関しては、ニッカドでも1700までと2000以降では耐久性が大きく違います。1700までは100回以上使えて性能低下もあまり目立ちませんでした。しかし2000以降は容量面で無理をしたこともあって耐久性は犠牲になっています。保存特性(自己放電量や過放電耐性)も2000以降はかなり悪化しています。自分の経験では2000以降は50サイクルくらいで死ぬセルが増えました。上手に使えば100サイクルくらいまでは使えましたが、容量低下が著しいので走行用として楽しめるのは50~70サイクルくらいまでです。

ニッケル水素になってからもGPとサンヨー、インテレクトでは耐久性に差があります。自分は使ったことありませんが、たぶんフォースマックスなども同様でしょう。従来、耐久性に定評があったのはGPです。ただし3300までの話です。

サンヨー、インテレクトのニッケル水素は当初から純レース用を強く意識機しており、あまり耐久性は重視されていなかったようです。レースに勝てなければ商売にならないので耐久性の優先度が低いのは仕方がありません。ニッケル水素になってからはモデルチェンジも毎年のように行われ、セルがダメになる前にどんどん買い買えを促されます。「ご意見番」たるトップレベルのユーザーの「耐久性」への関心が薄くなるのも無理ないです。「型落ち品」の劣化なんて関係ないですもんね。ほとんど使い捨て感覚です。酷いケースでは12ヶ月の間に3600→3800→4200と2回もモデルチェンジした時期があったくらいです。さすがに最近は落ち着きましたが、またぞろ4500~4600への切り替えが始まっていますよね。

また、レースでは放電特性が悪いと話にならないので、どんどんセルの特性がコンデンサ的なものになってきており、とんでもなく自己放電特性が悪くなっています。これも耐久性の悪化に影を落としています。3600以降のセルでは満充電1ヶ月程度でカラになってしまうケースも珍しくありません。日常的に使い続けられる前提がないと過放電でセルが死んだり痛んだりしてしまうわけです。毎週のように走らないと、文字通り、カネをドブに捨てる感じです。そしてどのみちセルが劣化するので翌年には買い換えなければならないと。

こうしたニッケル水素(特に最新スペック品)の商品性は、サンデードライバーには実に痛いものになってきています。狙いが「レースでの勝利」なので、これはもう仕方ありません。価格も容量が増えれば高くなります(材料費が増えるので仕方ない)。なので、ご自身の走行頻度と相談して、頻度が毎月2回以下程度なら、最新スペックのニッケル水素は避け、1700以下のニッカド、または3300以下のGP製ニッケル水素になさることをお奨めします。

GPも耐久性の評価が高かったのは3300までで、3600~3700以降はどのメーカーを使っても最高の性能が得られるのはせいぜい5サイクル程度、10サイクルも使えば放電量が1割以上減り、性能低下がはっきり分かるようになり、50サイクル過ぎると充放電すらマトモにできなくなるケースが増えてきます。使い方が良かったり、当たりのパックに出会えば100回くらい使えるケースもありますが、放電量は新品時の6~7割まで落ちてしまいます。

ニッケル水素はサイクル特性(耐久性)はニッカドより悪いですが、容量が大きく、走行時間が延びるので、寿命までのトータルの走行時間と支払うコストを見比べると、ニッケル水素に若干の分があるとは思います。また、走行性能的にはこれはもう圧倒的に最新のニッケル水素が一番優れていますから(モーターの回転音からして全然変わります)、胸のすくパワーを手軽に楽しむにはバッテリーのグレードアップは一番手っ取り早いのではないでしょうか。

充放電器は、5年程度なんて、まだ新しいほうですよ!よっぽど酷い保管をしてなければ、まったく問題なく使えるはずです。バッテリーコネクター端子が錆びてたら交換すればいいくらいの話です。

手軽なバッテリーの性能測定としては、決め打ちしたモーター、ギヤ比、タイヤで走行時間を比べればいいと思います。充電時間では的確な放電量は予想できません。ダメなセルがあると、充電電流を熱に変換して電気ばっかり食うだけで全然入らないからです。充電時間がアテになるのは、バッテリーのコンディションが信頼できるケースに限ります。

ただ、コンディションが信頼できるならば、簡便法として充電器の出力電流(単位はA)に時間(単位は時)を掛けてやれば、充電量はおおよそ推察できます。例えば2Aの充電電流で1時間入れたら2Ah(アンペアアワー)、つまり2000mAh(ミリアンペアアワー)です(1000mAh=1Ah)。充電器の出力電流レートは、電流レートの調整機能と電流計が装備されていればそれで分かりますし、固定レート式でも定格を見れば明記されているはずです。

RC用バッテリーの寿命は、主に充放電回数とそれに伴う素材劣化の程度で決まります。電池素材自体はどれも非常に化学的安定性が高いですし、缶もステンレスで錆びないので、過放電と高温多湿さえ避けられれば、20年~30年でも使える状態を維持できることは産業界でも実証済みです。実際に自分自身、10年以上前の各種セルを現役でいろいろと使っています。

ただし、耐久性は「ニッカド」「ニッケル水素」と単純にくくって考えられるほど単純ではありません。セル間のマッチング精度やセルの銘柄によって、耐久性...続きを読む

Qラジコン受信機とアンプの配線

電動飛行機に使用するアンプと受信機間の配線がよくわかりません。

受信機はメスコネクタが付いていて、アンプは電線が出ているだけです。アンプの取説には、どの電線をどのピンに配線するのか
書いてありません。

もちろん、受信機/アンプメーカーにより違うと思いますが、どのように配線すればよいでしょうか?
(メーカーに聞く以外の方法を教えてください)

Aベストアンサー

アンプにはブラシモーター用、ブラシレスモーター用と2種類があります。この二つは専用ですのでそれぞれ専用アンプとモーターを繋がないといけません。
最近の飛行機ですとブラシレスモーターが多いと思います。
・アンプから出ているサーボ線と似たような線を受信機のスロットルチャンネルに。
・アンプから出ている赤と黒の比較的太い線は動力用バッテリーに。
・色は各社まちまちですが残った3本線をブラシレスモーターに繋ぎます、この3本は”とりあえず”で繋いでみてモーターの回転方向を確認した後、自分の求める回転方向になるまで繋ぐ順番を入れ替えてみます。
参考ホームページはQRPというメーカーのものです、ガバナー線とかが出ていますので、若干違うところもあるとは思いますが親切な解説がされているので参考にしてみてください。

参考URL:http://www.qrp-rc.com/main02.html/ct18a.html

Qサーボが勝手に動きます

RCカーなのですが、ステアリング周りを見てて気付いた事が。
調子を見るのにアクセルを開閉してたら前進時にサーボがプルプルと動く時があるんです!
サーボはフタバのS3003。
プルプルと勝手に微角ですが動くのはアクセルを開き出して直ぐから中速域に集中しています。
加減速をその域で繰り返すとかなりフラフラとステアリングがブレます。
後進時は全く動きません。
駆動系からのフィードバックで動かされてるのかと思いロッドを外してみましたが、やはりサーボ単体でプルプルと動いてしまいます。
サーボ不良を疑って手元にあったフタバFP-S148に結線し直して様子を見ましたがやはりプルプルと動いてしまいます。
因みに受信機はフタバのFP-R112JEです。
アンテナ線の側に信号線が集まっていたので全て迂回させ距離を取っても同様でした。
どなたかお心当たりのある方、ご意見賜れれば幸いです。

Aベストアンサー

どなたからも回答が無いようなので・・・

アクセルを開閉する時に、ステアリングサーボが暴れるのですよね?
モーターのノイズ対策が不完全だったり、軸受けとシャフトなど駆動系の部品が擦れるときに発生するノイズでサーボが暴れているのではないかと思います。

モーター、アンプ間の配線を外してみて(モーターが回らなくしておいて)アクセルの開閉でステアリングサーボが暴れるか確認してみて下さい。

Qどんなプロポがいいのでしょうか

お世話になります

最近、ラジコンカー(RC)にはまりました
主にタミヤ製品の組み立て1/10を製作予定です

今はまだ1台目です、シャーシキットのみ購入し、RCメカ、モータは別途購入で、この先マシンを増やしていこうと思います

そこで質問なのですが、マシン1台にひとつプロポというのも保管場所的にかさばると思い、プロポは1台だけ購入し、受信機などはマシンごとに購入しようと思います。
そういった場合には、どんなプロポがお勧めでしょうか
自分的には、「タミヤ エクスペックGT-I 2.4G」がいいと思うのですが。。

また、フタバ、サンワもいいような情報も伺えます

ご教授お願いします

Aベストアンサー

>マシン1台にひとつプロポというのも保管場所的にかさばると思い、プロポは1台だけ購入し、受信機などはマシンごとに購入しようと思います。
そういった場合には、どんなプロポがお勧めでしょうか

プロポメーカー各社から出てますが、「モデルメモリー機能」を搭載した機種を迷うことなく選びましょう。クルマそれぞれの調整内容を記憶することが出来て大変便利です。残念ながら「タミヤ エクスペックGT-I 2.4G」にはモデルメモリー機能は搭載されていませんので、msaitou さんの目的には合いませんのでやめたほうがいいと思います。

余談ですが、私のプロポの選び方は・・・

1.発展性も含めて必要な機能を搭載しているか?

2.実際に手に持ってみて操作した感じは良いか?

3.デザインは良いか?

みたいな感じで選んでますので参考までに。


ちなみに私の使用しているプロポはフタバ4PL-2.4Gです。価格もそんなに高くないし
必要にして十分な機能を搭載しているうえに操作性も優れているとてもいい機種ですよ。
欠点はレシーバーが他社に比べて大きめなところで、同じメーカーのレシーバーとプロポ
同士の互換性が悪いところでしょうか?

http://www.rc.futaba.co.jp/propo/ground.html

楽しく悩んでくださいね!

>マシン1台にひとつプロポというのも保管場所的にかさばると思い、プロポは1台だけ購入し、受信機などはマシンごとに購入しようと思います。
そういった場合には、どんなプロポがお勧めでしょうか

プロポメーカー各社から出てますが、「モデルメモリー機能」を搭載した機種を迷うことなく選びましょう。クルマそれぞれの調整内容を記憶することが出来て大変便利です。残念ながら「タミヤ エクスペックGT-I 2.4G」にはモデルメモリー機能は搭載されていませんので、msaitou さんの目的には合いませんのでやめた...続きを読む

Q電波をもう少し遠くまで飛ばしたい

子供のおもちゃのラジコン(ランクル)なのですが、あまりにも電波が弱く(?)室内で3M程度が限界です。受信側はアンテナが立っておらず、ボディー内でリード線(15CMくらい)を張ってる状態でした。公園で遊ばせたいので倍くらいは飛ぶように出来ないでしょうか?
何か良い方法があれば教えてください。
周波数は27MHと書いてありました。プロポのアンテナはピアノ線状のヘニャヘニャアンテナです。

Aベストアンサー

27MHz帯のもの(27.12MHz±5%)であり、
人家から200m以上離れて使うのであれば、パワーアップOKです。
また、送信側のアンテナを長くしてもかまいません。

ラジコンを意識した電波法の例外規定が存在します。
(電波法施行規則第6条二 500mで200μV以下。
 これはラジコン飛行機等も考慮していて、結構強い電波です)

2.8mまでなら、長くすればするほど、電波の飛びは良くなります。
また、電池の電圧を3割程度上げてみるのも効果的です。

ただし、必ず、人家から200mという条件は守って下さい。

また、受信アンテナの改善方法ですが、
ピアノ線のような堅めの線をコイル状に巻いて、いままでの
棒状のアンテナの代わりに立てると、長さが同じでも性能は良くなります。
コイルの幅は数センチ。長さは今までのアンテナと同程度にしてください。

他のアンテナとしては、
ピアノ線を立てて、先端を丸くしておいて
アンテナ用のビニール線を
車体(アンテナ端子)--丸い円の中--だらっと後ろに下がる
と言う方法で長さを稼ぐ方法があります。
もちろんこの場合も最大長は2.8mですが、
今までのアンテナの倍ぐらいの長さにしただけで、
到達距離はかなり伸びるはずです。

27MHz帯のもの(27.12MHz±5%)であり、
人家から200m以上離れて使うのであれば、パワーアップOKです。
また、送信側のアンテナを長くしてもかまいません。

ラジコンを意識した電波法の例外規定が存在します。
(電波法施行規則第6条二 500mで200μV以下。
 これはラジコン飛行機等も考慮していて、結構強い電波です)

2.8mまでなら、長くすればするほど、電波の飛びは良くなります。
また、電池の電圧を3割程度上げてみるのも効果的です。

ただし、必ず、人家から200mという条件...続きを読む

Qラジコンで全開に出来ないんです。

以前にもらったTA03でドリフトの質問をした者です。

もらったTA03をタミヤのエクスペックSP電動RCドライブセットで走らせてました。
メカを登載してはじめは順調に走っていたのですが、最近スロットルを全開にするとガッ・ガッ・ガッと断続的にしか駆動がかかりません。
最初はバッテリーが弱ってきた(アンプが熱くなってから?)頃にその症状がでてましたが、最近はバッテリーは満充電でアンプが冷えていてもそうなります。
モーターがエコーの23Tだったから駄目なのかなと思い、エスペックのアンプでも大丈夫なはずのスポチュンモーターに替えてみましたが、替えた直後は大丈夫ですがその後また同じ状態に・・・。

これはアンプが故障しているのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。先日はどうも^^
本当の意味で、面白味がわかり始めてきた頃かと思います。

私自身には同様の経験が無く「コレが原因」と断定できる確証はありません。
考えられる要素をふたつ挙げてみますので、検証してみて下さい。

1.ベルトの歯飛び
特に高速回転時に起こりやすい現象で、ベルト・プーリーの歯欠けや回転時のバタつきが起因する不具合です。
ベルト・プーリーの歯(山)が欠けていないか、ベルトのテンション(張り)が適性であるかを確認して下さい。
プーリーの谷に異物が挟まって(埋まって)いないことも確認し、場合によってはテンショナーの調整やベルト・プーリーの部品交換をしましょう。

2.アンプの異常
アンプにはFETと呼ばれるトランジスタが複数個搭載されており、それがモータへ電力供給(出力)しています。
仮に、アンプの限界性能付近を頻繁に使用していたのであれば、そのFETのいくつかが焼損している場合が考えられます。
これを検証するには、別の(健全な)アンプを搭載するしかないでしょう。現在、シャシーを浮かせた状態で現象が再現できるのであれば、そのまま模型店に持ち込んで相談されてみてはいかがでしょうか。検証のために一時的に別のアンプを接続してくれるかもしれません。

質問文を読む限りでは後者が原因かな?と推測されますが、やはり経験者が直接診断すれば、おそらくは短時間の内に原因特定ができるものと思います。ショップへ持ち込んでみるもよし、サーキットに出向いて見ず知らずの人に泣きを入れてみるもよし(意外とハイリターンが望めます)です。
今回のような発生したトラブルに対し、メカ系の故障なのか・電気系の故障なのか、またそれらを細分化して原因究明をして行くことは、「思考と試行」を働かせる意味で、ご自身にとっても非常に大きなスキルアップ材料に他なりません。

2が原因ならば、今後を見据えて性能の高いアンプを購入するのも良いとは思いますが、取りあえずは修理してスポチュンもしくはそれ以下のノーマルモータで暫く楽しんでみる事を薦めたいですね。アンプの修理は高額でないケースが多く、調査名目でメーカに発送後、修理の場合の金額を見積もりとして提示してもらえば安心です。

不具合やトラブルもイベントのひとつとして、ポジティブ志向で大いに楽しみましょう^^

こんにちは。先日はどうも^^
本当の意味で、面白味がわかり始めてきた頃かと思います。

私自身には同様の経験が無く「コレが原因」と断定できる確証はありません。
考えられる要素をふたつ挙げてみますので、検証してみて下さい。

1.ベルトの歯飛び
特に高速回転時に起こりやすい現象で、ベルト・プーリーの歯欠けや回転時のバタつきが起因する不具合です。
ベルト・プーリーの歯(山)が欠けていないか、ベルトのテンション(張り)が適性であるかを確認して下さい。
プーリーの谷に異物が挟まっ...続きを読む


人気Q&Aランキング