昔確か中3の時に「少年の日の思い出」という話を習いました、
エーミールが友達から借りた蝶の標本をぶっ壊したんだけど、
結局謝らなかった、、、いや謝れなかったという話、、たしか、
そう覚えています、
この小説?を読みたいのですが検索してもタイトルしかありません、
どこかに無いでしょうか?お願いします、

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

ヘルマン・ヘッセ原作、高橋健二訳 の


「少年の日の思い出」ですね。
今、Yahooショッピングで検索してみたらありましたよ。書籍。
600円です。

時を越えて、何度教科書が改訂になっても、
まだ、中学の文学的教材として、これは、
残っています。
今の中学生も、あの、鮮やかな心理描写に釘付けになります。

今、読み返すのも、いいですよね。
主人公は、エーミールではなく、
エーミールの蝶を壊した、「ぼく」ですが…。
これから読む人に、あんまりあらすじいうのは意地悪なので、やめますね。
( ^.^)( -.-)( _ _)
では!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます、

お礼日時:2002/08/21 09:47

#1です。

「エーミール」で何の疑いも無く ケストナーだと思ってしまいました(^^ゞ 該当作品が見つかったようなので、ホッとしました! 失礼いたしましたm(__)m
    • good
    • 0

新潮社のヘッセ全集の2巻に収録されています。



図書館に行けばあるのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
教科書にもまだのってますよね~?

お礼日時:2002/08/26 21:28

ほんとだ。

ヘッセでした。#2さんの言うとおり。私、すっかり勘違いしていました。それも中学生のときから。ルソーが「エーミール」という連作を書いていたという記憶はあるのですが、、謎です。
    • good
    • 0

教科書の出典についての情報は、このページにありました。



著作権の関係上、まだまだWebで公開ってわけには
いかないでしょう...法律には詳しくありませんが。

参考URL:http://www.gakuto.co.jp/tyuu_kokugo/01_1-3yakata …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます、
懐かしいですよね~

お礼日時:2002/08/26 21:30

J.J.ルソーの「エーミール」ですね。


講談社の「少年少女世界文学全集」の何巻かに「エーミール」の入っている巻があって、その中で読めます。他の「少年少女世界の文学」のような全集にもあると思います。白水社「ルソー全集」にも入ってるかもしれません。図書館などで見られると思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答が遅くなってすいません、ありがとうございます、
図書館ですか、
言ってみたいと思います、

お礼日時:2002/09/06 20:31

作家は エーリヒ・ケストナーです。



自叙伝としては、「わたしがこどもだったころ」というものがありますが、エーミールが主人公だとすると、「飛ぶ教室」のような気がします。

なんせ、全集を読んだのは30年前のことで・・(^^ゞ

参考URL:http://www.parkcity.ne.jp/~yoshioka/kestner1.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます、
あれ、、エミールだったっけか、、、、
よく覚えていません、、、(汗)
作者はヘルマンヘッセだったはずなのですが、、、

お礼日時:2002/08/20 22:23

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大原や蝶の出て舞ふ朧月

『大原や蝶の出て舞ふ朧月』の
解釈のようなものを知りたいのですが、
どなかたご存知ではありませんか?

Aベストアンサー

私の解釈を書きます。何も参考になるものを見ていないので、一般的な解釈かどうかわかりません。参考にはならないとは思いますが…。

内藤丈草は、芭蕉の弟子で、17世紀後半、江戸時代はじめの俳人ですよね。大原は、京都の奥座敷、大原を指しており、大原は平安時代から、寺院などが多い山里でした。当然、周りは林だらけなので、虫も多いでしょう。

蝶といえば春の季語、おぼろ、おぼろ月も春の季語ですから、春の情景を詠んだものでしょう。「朧」(おぼろ)は、「霞」(かすみ)の夜バージョンの呼び名で、霧ほど濃くないかすみ方をしているもの。おぼろ月は、かすんだ月で、風の強くない湿度の高いときになります。一方、江戸時代もまだはじめのころは、蝶と蛾をはっきりと区別していません。ですから、ここで詠んでいる蝶は、昼飛ぶ現在の蝶ではなく、夜飛ぶ蛾のことを指している可能性が高いです。蛾が夜飛ぶ条件は、ある程度以上気温が暖かいこと、風があまりなく、湿度が高めなこと、なので、おぼろ月と蛾の飛ぶ条件は重なるので、この推測を裏付けます。また、蛾が飛んでいるのが見える、という情景から、月明かりが結構明るいことが想定できます。

出て舞う(いでまう)とは、ただ飛んでるんじゃなくて、出てきて飛び出す様子を描いています、明るくて穏やかな月夜に誘われるように飛び始める様子だと思います。春は気温が低いので、蛾は暖かい夜じゃないと飛びません。寒い夜は林の葉の陰に隠れてじっと夜をすごしています。

蛾の飛び方は、一般に蝶ほどしっかりしてなくて、あっちいったりこっちいったり、踊っているように見えます。明るい月夜に蛾の飛ぶ情景は、非常に美しいもので、蛾の翅がつきの明かりを反射しますので、蛾のはばたきにあわせて翅がかすかにきらきら光ります。(現代の街灯だともっと強く光りますが)ちなみに、夏の蛾と春の蛾は種類も違っていて、春の蛾は個体数も少ないです。そこらじゅう蛾だらけで気持ち悪い感じにはなりにくいです。

という感じで、山里の穏やかで暖かな春の夜、霞のかかった明るい月夜に、蛾が誘われるように飛び交う情景を詠んだ句だと思います。そこに、どんな思いを込めたのか、これはこれを読んだ人1人1人が感じるところがあるでしょう。純粋にその光景の美しさなのか、冬の終わりと春の訪れなのか(大原の冬は寒いですよね)、山里の自然の豊かさなのか、お寺での修行の合い間の息抜きの一コマなのか、いろいろあるんだと思いますが。

蝶というのを、いわゆる水商売の女と考えても、それなりの解釈ができそうですが、後代の川柳じゃないので、それはちょっと違うような気もしますので、省略。

私の解釈を書きます。何も参考になるものを見ていないので、一般的な解釈かどうかわかりません。参考にはならないとは思いますが…。

内藤丈草は、芭蕉の弟子で、17世紀後半、江戸時代はじめの俳人ですよね。大原は、京都の奥座敷、大原を指しており、大原は平安時代から、寺院などが多い山里でした。当然、周りは林だらけなので、虫も多いでしょう。

蝶といえば春の季語、おぼろ、おぼろ月も春の季語ですから、春の情景を詠んだものでしょう。「朧」(おぼろ)は、「霞」(かすみ)の夜バージョンの呼び名で...続きを読む

Q漢詩・蝴蝶について

どなたか、日本語訳知っている方いらっしゃいませんか~?
あぁ。でもあんまり知らないですよね~。
でも、知っているかたいらしたら、ぜひぜひ教えてください!
よろしくお願いします!

Aベストアンサー

No2さんのURLの訳は意訳、というか省略されているところがありますので、蛇足ながら補足させていただきます。
(訳)
以前、荘周は夢の中で蝶になった。ひらひらと飛び回ってまさに蝶そのものであった。心から楽しんで満足であった。(そのとき)自分が荘周であることに気づかなかった。はっと目覚めると驚いてあたりを見回す荘周であった。(荘周は)荘周が夢で蝶になったのか、蝶が夢で荘周になったのかわからなかった。(普通)荘周と蝶とは必ず区別されるだろう。(しかし夢と現実に区別などないということではないだろうか)このような(本来一体であるはずの自然が世間的な常識によって区別されて見える)ことを物化という。

ほぼ直訳にするとこうなります。( )を補うとわかりやすいと思います。漢文の勉強、ということでしたら役立ててください。

Qこの話、どんな話?

カテ違いだったらすみません。

外国のお話だったと思うのですが、

ある夫婦がいて
クリスマスか何かに、妻は自慢の髪を切って夫にプレゼントを買う。
夫は大切な物を売って、妻に櫛?を買う・・・。

と言うような内容のお話です。
詳しく知りたいのですが
どんなお話だったか忘れてしまいました。

ご存知の方よろしくお願いします!!

Aベストアンサー

詳細は、こちらで。

http://www.hyuki.com/trans/magi.html

Q「話」らしい話のない小説 の解釈について

芥川龍之介の「話」らしい話のない小説を読んで次のような疑問を持ちました。
(1)「話」らしい話のない小説とは何か
(2)作者が価値があると見ている「話」らしい話のない小説は、何において"最上ではない"のか。
(3)「話」らしい話のない小説のよさ
(4)この話を通しての芥川龍之介の主張

なんとなく、「話」があらすじや筋書きのようなものを表していることはわかりました((1))。必ずしもあらすじの「面白さ」が小説の芸術的価値を決めるわけではないということでしょうか((4))。だけど、(2)と(3)についてはいまだによく分からなく、作品の解釈があいまいです。

どなたか解説していただけないでしょうか>_<;

Aベストアンサー

高校時代の自分のことを振り返りますと、質問者さんとは違い、「鼻」、「芋粥」、「杜子春」、「蜘蛛の糸」等の作品をひたすら主人公に感情移入しながら読んでいたのを思い出します。

>(1)「話」らしい話のない小説とは何か

読者の好奇心を掻き立てるようなストーリー展開、ワクワク、ドキドキさせるような出来事を織り交ぜた劇的構成といった、《話の筋》をウリにしない小説のことですよね。

>(2)作者が価値があると見ている「話」らしい話のない小説は、何において"最上ではない"のか。

ここは、自分は《話の筋》のない小説が「最上」と思っているわけではない、ただ、小説の優劣は「話」らしい話であるか否かによって決まるわけではない、とだけ言いたいのでしょうね。

>(3)「話」らしい話のない小説のよさ

彼は、「「話」らしい話のない小説のよさ」を訴えたいのではなく、ただ小説を書いたり、読んだりする際に、もう《話の筋》にこだわるのを戒めようとしているだけだと思います。
それよりも、「詩的精神の深浅」とか、その「浄火」をくぐり抜けてきた精神を大切にしたいというわけです。
ただ、「詩的精神」と言ったところで、対象をより深く、より貪欲に感じ取る、写実の極みをめざす、とでも説明するしかないだけに、こちらとしてはもどかしさを感じざるを得ませんよね。

(4)この話を通しての芥川龍之介の主張

背景には、彼がこれまでの自分の作風から脱却し、より理想的な小説を実現すべく、その本質を模索せんという焦慮感があったのではないでしょうか。
また、ちょうどヨーロッパの新しい芸術思想等が洪水のように流入してきた時期だっただけに、その影響によるところも大きかったかと思います。

ということで、「文芸的な、あまりに文芸的な」は、新しい小説方法を具体的に開陳しようとしたエッセイというより、これまでの自分の足跡を振り返り、今後の自分の取るべき小説家としての基本姿勢を自他にアピールせんとして書かれたのではないでしょうか。

なお、ジイドの『贋金つかい』という小説は、「「話」らしい話のない小説」の典型例でですが、現代小説ならではの課題と真正面から取り組んだ小説ですので、機会を見つけてお読みになるようお薦めいたします。

高校時代の自分のことを振り返りますと、質問者さんとは違い、「鼻」、「芋粥」、「杜子春」、「蜘蛛の糸」等の作品をひたすら主人公に感情移入しながら読んでいたのを思い出します。

>(1)「話」らしい話のない小説とは何か

読者の好奇心を掻き立てるようなストーリー展開、ワクワク、ドキドキさせるような出来事を織り交ぜた劇的構成といった、《話の筋》をウリにしない小説のことですよね。

>(2)作者が価値があると見ている「話」らしい話のない小説は、何において"最上ではない"のか。

ここは、...続きを読む

Q小説家(純文学)の印税生活の実態を教えて下さい。確かな筋で知ったことで

小説家(純文学)の印税生活の実態を教えて下さい。確かな筋で知ったことですが、小説で食っていける人は例え芥川賞をとっても、10人のうち一人が精一杯だそうです。その他の「作家」の人たちの年収なんて、200万円なんてざらだそうで、ほとんどの「作家」の人たちは他に職業を別に持って何とかやっていると聞きました。自分は純文学の造詣は深い方に入ると思いますが、年収200万円のために芥川賞は目指せないと思いました。もう小説はやめようと思っています。何せいい事は芥川賞を例え取っても、待っていないと本能的に思うからです。自分はマンガの原作に行こうと思っています。マンガならもし当てれば巨万の富を手にできるからです。さらにマンガなら認められないという事も起こらないと思います。面白ければ人は必ず認めるだろうからです。芥川賞を取ってフリーターより年収が低いなんて、最低な職業だと思いました。

Aベストアンサー

僕は文筆業に携わっていますが、収入はかなり低いのが現状です。文章は誰でも書けるからです。特に軽薄短小の今の日本社会では、純文学の本はまず売れないでしょう。漫画の原作者になって、漫画家とコンビを組んで、講談社に売り込むのがいいかもしれません。純文学の作品が書けるなら、原作者として成功できるかもしれません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報