『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

すいません、 教えて!goo > 趣味 > その他(趣味) に投稿したんですがこちらが正しいようですね。

本当に仲のいい友人がミュージシャンやってて、
1週間くらい前にアリーナレコーズってとこからデモテープ審査通過しましたって連絡きたみたいです。
ただ色々調べた結果、インディーズだってわかりました。
あと、主要なミュージシャンなんて皆無でなんか最悪みたいなんですが、、
作曲家とかじゃなくて自作自演のミュージシャンなので悪い会社に入ったらもうそこで終わりになってしまうんじゃないか。。
とものすごく心配です。
メジャーデビューを目指してる友人なのでインディーズの会社とかナンセンスかなとも思います。(詳しくないのでわからないのですが。。)
なんとかアドバイスしてあげたいのですが、誰か教えてくれないでしょうか。。
インディーズから始めてメジャーデビューへ(アリーナの場合他に移籍となるんでしょうか?)行く人もいると思うのですが、
アリーナミュージックってとこが良くない会社ならナンセンスかなとも思います。
知っているかたアドバイスお願いします。
迂闊に飛びつかないようゆうべきでしょうか。名前のあるメジャーレーベルなら安心できる部分があるのですが。
よろしくお願いします。m(_ _)m

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

難儀なこってすが…あまりにもちょっと「気になる」ので…



>教えてもらった音楽業界の常識を少しでも友人に教えてあげようと思います。

別にそんなこと教えなくて良いでしょう。それこそ余計なお世話じゃないですかぁ?
この程度の知識は、レーベルに所属してプロなりたい人なら、そもそも知ってないとおかしい常識中の常識です。

少なくとも地元で、ライブハウス等で活動経験のある人なら、知る機会が無いわけがないので…そういう経験があってもわからんようでは、プロ目指す以前の問題で、ちょっとどうかしてますしね。

質問者は「(その人が)知らないんじゃないか?」と心配なのかもですが、逆に知ってて当然で、あまりにも当然だから、そのことをいちいち言わないだけなんじゃないですかね?
ご友人が「その程度の常識は、当然知っててやってる」ということを知らないのが、実は質問者のあなただけなんじゃないかと、質問文見ててつくづく思いますがね。

もし、本件のご友人が、この程度のことも知らないでデモテープ審査を受けられたとするなら、その審査自体が「素人向け審査」だったということだと思いますので、心配しなくても近いうちに「残念ながら、2次審査で落ちました。またがんばってね」と通知が来て終わりでしょう。
本当に「埋もれていた逸材」だったら、向こうから「是非オーディションに来てくれ」と頼んできますよ。

ちゃんと業界常識をわきまえて、それでもプロ目指してがんばっている人に対し、ただ単に自分が常識を知らず、こんな質問掲示板でどこの馬の骨ともわからん他人の書き込み(私ですけど)読んだ程度の知識を「ひけらかす」のは、素人の知ったかぶり以外の何者でもないので、私なら(そういうプロ目指している)友人に対して失礼千万なことだと思いますし、逆に言われる立場なら、非常にうざったいですね。

これだけ先の見えない保証のない分野なんですから、目指すだけでそれ相応の覚悟は無いとおかしいです。
覚悟がないなら、心配しなくても、怪我する前に門前払い食らいますが、
覚悟を持ってる人に、知ったかぶり知識ひけらかすのは、失礼以外の何者でもないです。あなたの人間性の方が疑われますぜ。

もう少し先の結果が見えるまで(所詮、まだたかがテープ審査でしょうに。階段はまだ低い低い)、下らん知識は持ち出さずに、素直に応援しておいてあげたらよろしいのではないですかね。特に引き続き友達付き合いしたいならね。

なお、
>挑戦されたんですよね?
してません! そんな甘い世界ではないです。そんな腕も根性も無かったので。
友人には元挑戦者は一杯いますけどね。それが講じて音楽事務所に事務方で就職した奴は居ますが…もうみんなおっさんおばはんですが、今ではみんなで楽しく趣味の音楽活動やってます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

う~、、、(涙

心配でたまらないんです。。
本人は嬉しがって飛びつきそうだけど、なんとか力になりたくて。。
気を悪くされたのなら申し訳ないです。m(_ _;)m

お礼日時:2007/10/10 09:44

しゃーないので、一つだけ「これは身体張って止めてあげなさい」のケースをお教えしましょう。



メジャーも含めて、どこでも大なり小なりそういう商売の仕方をしているケースが多いんですが、アリーナも「音楽学校(教室)」部門があるようです。

もし、テープ審査のこの先、「君は見込みがあるから、この学校に入って自力を養いたまえ。実力が付いたらデビューできるよ」的な勧誘があったら、これはテープ審査と言いながらも単なる生徒勧誘だったということですから、止めた方がよいです。
ただし、特待生待遇(費用タダ、遠隔地なら、教室に通う足代まで向こう持ちのことも)の条件だったら、ちょっと悩みどころですけど。

そういう学校では、時々生徒からデビューする人間があり、学校側も「ほら、がんばればデビューできるよ。みんな続こう!」と言いますが、デビューできる人間は、よっぽど頭角を現した人でない限り、まずあらかじめデビューが約束されている特待生です。で、引き続きいつまでも月謝を払い続けることになります。まぁ、学校の講義自体まで嘘っぱちってことはないですけどね。

あと、「君は見込みがあるから」的な話を、社屋ではなくわざわざ外の喫茶店等に連れ出してからしたり、「良い話があるから」の相手指定の待ち合わせ場所自体が社屋からちょっと離れた喫茶店等であった場合は、少なくとも「まともな評価はされていない」証拠なので、どんな話であっても要警戒です。その「良い話」が学校の話だったりしたら、もう深入りせずやめといた方がよいでしょう。
相手を逃がしたくないほど評価していれば、むしろ積極的に「自分たちのホームグラウンド」である社内に入れて、社内の応接コーナーなりなんなりで話を切り出すのが当たり前です。わざわざ社外で話をしようとするのは、まともな目的ではありません。

しかし言っておきますが、アリーナがそういう会社という意味ではないですよ。上に書いたのは「中手どころの音楽事務所なんかでは、非常に良く聞く話」です。

ただ、キツイ言い方ですが、たかがテープ審査で有頂天になってるご友人であれば、一回「痛い目」に合わないと、まず今の「ハイ」な状態からまともには戻らないでしょう。
何より、有頂天状態だったら、あなたの止めを聞くわけないでしょう。だから「友達付き合い続けたいなら、今はまだ、たかがテープ審査なんだから、何も言わずに応援だけしておけ」と言ったんです。

一度少しばかり痛い目にあって、それでも情熱を失わなくて、初めて「ちょっとは覚悟ができたかな」ってとこです。それでもまだまだこれからです。

だから、一応、上に書いた「要注意状態」になるかどうかだけは注意して、あとはちょっとは応援しつつ放っておくのが一番です。
夢破れて落ち込んで帰ってきたら、それは慰めて上げて下さい。
それまでは口出ししても意固地にはなってもろくな事はありません。
変に絶交状態になって、相手が転けても手が出せないよりは、黙って人間関係を維持しておく方が、いざというそのときに、あなたの出番があるだけ相手も幸せというものです。
    • good
    • 0

>まず大手から入って、今現在大手の下請けみたいなインディーズで活動しています。


>その場合は認められる体制が出来ているんじゃないかなと考えています。

いやまぁ、そのご友人知りませんから、あくまで「そういう悪いシナリオもあり得る」という与太話と考えていただきたいですが…

確かに、私から「メジャーから傘下?のインディーズに出して鍛えさせる場合も」という一つのケースを言いましたが、逆にメジャーとしては
・先々のために、ちょっと気になったミュージシャンは青田買いして押さえておきたい。
・でも、自分のところで抱えると、経費やミュージシャンの上下関係やなんやかやで、売れる保証が出ない状態では抱えたくない。
・なので、息がかかった「子会社」に押しつけて様子見て、売れると確信持てたら引き上げでガッポリいただく。
という意味の場合も含んでいます。当然この場合
・なかなか芽が出なかったら、「いつかはうちで…がんばれよ」とだけ言っておけば、まぁ余所には行かない。
・結局芽が出なかったら、飼い殺しか押しつけた会社から頸にすりゃいい。本社の手と懐は、全く痛まないからOK。
という部分もあります。

実力才能五分五分なら、少しメジャーに近いところに居てる方が、若干は分がよいという感もありますが、それでもメジャーから売れたところで、いわゆる「一発屋」がどれだけ多いことか…
で、早くにメジャーで出て一発屋で消えた人は、例外もあるものの、まず表シーンに返り咲く人は居ませんよね。本職でなくバラエティーに活路を見いだす人はOKですけど。

むしろ、インディーズできっちりと結果を出していれば、メジャーでプチデビューしていまいちでも、活動基盤はインディーズにしっかり残ってますから(よっぽど見苦しい移籍の仕方でもしない限りは…)、また地力を蓄えて再挑戦のチャンスもありますが、活動基盤無く一発屋で消えたら、その後も音楽で食っていくのは難しいです。

そういう面もあることを考えると、別にメジャー直下の子レーベルに居てるご友人の方が(仮に実力才能がアリーナに行く方と五分五分だとしてですが)、特段にアドバンテージがあるとは言えないと思います。ひょっとしたら、本人は知らないが、すでに「飼い殺し組」かもしれません。そう考えると、今からアリーナの門を叩く人の方が、上り調子かもしれません。

こればっかりは、何年か経ってみないとわかりません。実力才能努力に運まで味方に引き入れないと、メジャーでも一発すら出せないですし(っていうか、そんな人間100人の中で売れるの一人居るか居ないかですよ!)、運まで引き寄せれば、どんな弱小レーベルでも表舞台が放っておきません。
むしろ、経歴を問題にするなら、メジャーでいつまでも底辺に居てる方が「そゆやつて、多分ダメじゃん」と「×」点付くことの方が多いですから、メジャー傘下に居てることが必ずしも有利とは言えません。

とにかく、デモテープから始まる階段の場合(つまり、頼んでもないのに向こうから迎えに来るほど実力が認められての話じゃない場合)、結果でないとメジャーでもインディーズでも、最終的な結果は同じです。
だから、この業界に限っては、会社の大きい小さいで極端なチャンスの大小は言えないし、むしろ当事者でない外野が語っても仕方ない話です。

と、こう言っても多分、質問者の方はわかるタイプではないな…と、回答見ただけで悟れますが、まぁ若い頃の私なら、そんな知りもしないのにわかったように「メジャーじゃないとチャンスがないから、どうせならメジャーにすればいいのに」みたいなセリフ吐く奴は、即絶交してましたね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>と、こう言っても多分、質問者の方はわかるタイプではないな…と、回答見ただけで悟れますが、まぁ若い頃の私なら、そんな知りもしないのにわかったように「メジャーじゃないとチャンスがないから、どうせならメジャーにすればいいのに」みたいなセリフ吐く奴は、即絶交してましたね。

すいません(笑 でもこんなにご丁寧な説明で相当わかりました。
特に、
>むしろ、インディーズできっちりと結果を出していれば、メジャーでプチデビューしていまいちでも、活動基盤はインディーズにしっかり残ってますから(よっぽど見苦しい移籍の仕方でもしない限りは…)、また地力を蓄えて再挑戦のチャンスもありますが、活動基盤無く一発屋で消えたら、その後も音楽で食っていくのは難しいです。

ここは目からウロコでした。そうですよね。きっちりインディーズからのし上がっていくのもいいと思いました。
大手だとまず売り出したりして、私たちに「へえ、この人よく名前聞くけど売れてるんだあ」と思わせて人気を取っていく方向ですよね?
メジャーorインディーズ、、、
おっしゃるように「運」や「巡り合わせ」がなければどうにもならない。
しかしその「運」が来ても「実力」「才能」がないと意味がない。
しかもそれまでの「努力」がないと。。って至難の業ですね(笑
神がかってます。。
そこへ挑戦しようとしている友人を応援したいと思います。
kenta58e2さんも挑戦されたんですよね?
無茶苦茶かっこいいです。
kenta58e2さんに教えてもらった音楽業界の常識を少しでも友人に教えてあげようと思います。
本当にありがとうございました。^^
無知でごめんなさい!

お礼日時:2007/10/10 03:38

ここですかね?


http://www.arenamusic.co.jp/

私はもう、遙か昔の若い時に、こっちの方向では才能無いので「堅気」のサラリーマンしつつアマチュア音楽やってる口なので、別にここの事務所に縁もゆかりもないですが、アマチュアながらも音楽物の世界の近所に居てる分には、レーベル名としては以前からちょくちょく聞く名ではあります。
むしろ、もっとわけわからん、社長一人?で事務所の住所も?正体不明のレーベルも、なんぼでもありますけどね(それでもCDくらいは出している)。

むしろ、質問者の方、そういう意識は無いのだと思いますが、質問文読んでましたら
・メジャーレーベル=大企業=将来安泰
・インディーズ=中小零細企業=将来不安
と思っておられる…としか読めないです。申し訳ないけど。

ミュージシャンとして契約し、支配下に入るのは、会社に就職するのとは根本的に意味が違うので、就職先として大企業と中小企業を選択するのとはかなり意味が違うんですが。

何より、中小のインディーズレーベルにも注目して貰えないようなミュージシャンが、メジャーに引っ張って貰えるわけがありません。
メジャーが一から育てようと思うほど将来有望なミュージシャンでも、最初はメジャーと密接な関係にあるインディーズの支配下に入れて、いわば「鍛えて貰う」というケースもよくあります。この場合、インディーズ時代に芽が出なかったら、それっきりということも。
とにかく、社員じゃありませんので、この世界そんなモンです。
メジャーに入っても売れなかったら契約期間過ぎたら関係は終わりです。

何より、デモテープ審査というのは、向こうから「審査させて欲しいのでテープ下さい」というもんではありません。レーベルの発掘キャラバンに応募してか、オーディションに応募してか、あるいは飛び込みでテープ送りつけてか、とにかくそのご友人側からアリーナミュージックに飛び込んで行って、一応は寄るライバルを蹴落として、テープ審査通過まで行ったわけです。とりあえず大したモンです。

私なら、祝福こそすれ、くだらん水は差しませんけどね。
もっとも、ご本人がデビュー目指して食うや食わずの生活で、借金も抱え家族や周りに自分の夢のために過大な負担をかけ、心身共にポロポロで、それでも最低限まともな生活をしようともせず、ただひたすらあちこちのレーベルにテープを送りつけるだけの生活をしている…なんていう、漫画や小説も真っ青な状態だったら、その時は話は別ですが。

曲がりなりにもそれなりに真っ当な生活をしつつ音楽活動をされ、このたびインディーズながらもテープ審査まで通ったってんなら、友人としては応援してあげればいいのでは?
繰り返しですが、インディーズで頭角表せないようでは(もちろんそこには本人の才能+努力+運が必要ですが)、メジャーは鼻も引っかけてくれませんから、インディーズでもデビューまで持って行ければ、とりあえず確実に階段は一歩上ったって事です。

いきなりメジャーに行けるようなエレベータは、少なくともこの世にはありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!
本当にご丁寧な返事を頂きまして心強いです。
あと少しだけ教えていただければ幸いです。

>ここですかね?
http://www.arenamusic.co.jp/

はいそこのレーベルのようです!

>メジャーが一から育てようと思うほど将来有望なミュージシャンでも、最初はメジャーと密接な関係にあるインディーズの支配下に入れて、いわば「鍛えて貰う」というケースもよくあります。この場合、インディーズ時代に芽が出なかったら、それっきりということも。

このケースに該当している友人もいます。
まず大手から入って、今現在大手の下請けみたいなインディーズで活動しています。
その場合は認められる体制が出来ているんじゃないかなと考えています。
ただアリーナ~~というところは下請けじゃない(?)ようなので、
認められる体制が出来ているのか。。
大手の子会社みたいな位置づけなら頑張れ!といいたいのですが
独立したインディーズでも道は開けていくもんなのでしょうか?
少なくともそういう子会社みたいなとこより難しいですよね??

お礼日時:2007/10/09 09:04

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアリーナレコーズってご存知ですか?デモテープの一次審査通過について…(専門家の方へ)

私は音楽をやっていて、今年からライブ活動を始め、デモテープをいろいろな所に送りました。

それで、今のところ反応が返ってきたのが、

●ニシオカナヲト音楽事務所…上手くいけばi wishの事務所に紹介すると言われました。またボイトレ中心の事務所らしく、(私はUAやbirdや鬼束ちひろや中島美嘉が師事する先生について習っていますのでそこの事務所でボイトレは考えていません)そこのボイトレを受けなければといったような感じの反応でした。
●Million-Loverレーベル…第一次審査通過とのことで、第二次審査があり、今度主催のライブに出演します。
●Melody island…第一次審査通過とのことで、第二次審査があります。
●アリーナレコーズ…第一次審査通過とのことで、第二次審査があります。

とこのような状況なのですが、メジャーデビューを目指すとしたら、どこが一番有力か教えて頂きたいと思います。

また、それぞれの第二次審査の時もし希望でない所に受かってしまった場合どうすればいいと思われますか?
あらかじめ言った方がいいのでしょうか?言ったら、落とされる気がして怖い様な気がしていますが、如何でしょう…レーベルなどに詳しい方や経験者、また専門家の方、どうぞアドバイスよろしくお願い致します!

私は音楽をやっていて、今年からライブ活動を始め、デモテープをいろいろな所に送りました。

それで、今のところ反応が返ってきたのが、

●ニシオカナヲト音楽事務所…上手くいけばi wishの事務所に紹介すると言われました。またボイトレ中心の事務所らしく、(私はUAやbirdや鬼束ちひろや中島美嘉が師事する先生について習っていますのでそこの事務所でボイトレは考えていません)そこのボイトレを受けなければといったような感じの反応でした。
●Million-Loverレーベル…第一次審査通過とのことで、第二次審...続きを読む

Aベストアンサー

各社の規模や所属アーティストについては各社のHPで御覧になり、
ご自分のカラーにあったところを選べばよいでしょう。

但し、「メジャーデビューできるかどうか」と、
「その世界で食っていけるかどうか(売れるかどうか)」は、
全く別の問題です。
変な言い方ですが、メジャーデビューは才能さえあれば誰でもできます。
しかし、その後それで生活が成り立つかどうかは、才能(実は最低条件)
の他に、運や、会社の力など色々な要素が必要になってきます。

ですから、窓口の広いところから入って後で苦労するか、
敷居が高いところから入って大きなバックアップを期待するかと言う事になるでしょう。

ただこうも言います。
「才能は必ずあるべき処に収まる。」

あなたの人生です。必死で頑張って下さい。


人気Q&Aランキング