出産前後の痔にはご注意!

テレビの天気予報で、通常「○○県の天気は…」と言っているのに対し、「東京地方」「大阪地方」といった言葉が使われています。
「東京地方」については、小笠原諸島など、東京都に含まれるが天気がまったく異なる地域があるため、東京都の中でも東京23区やその周辺の市をさして「東京地方の天気は…」と言っていることは理解できます。
しかし、「大阪地方の天気は…」と表現されているのは、同じような理由では説明がつかず、単に「大阪府の天気は…」と言ってもよさそうなのに、なぜなのでしょうか。詳しい方、ぜひ教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

都道府県の天気予報は「府県予報区」ごとに、その予報区名で発表されます。


「府県予報区」は必要に応じて「一次細分区」と、さらに細かい「二次細分区」に分けられています。

大阪府の場合、府県予報区と一次細分区域が1対1で、名称も同じです。
http://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/saibun/osak …
・府県予報区:大阪府
・一次細分区域:大阪府
・二次細分区域:大阪市、北大阪、東部大阪、南河内、泉州

ということで、正式には(気象庁では)「大阪府の天気…」と言うはずです。
その範囲は府県予報区の「大阪府」か、一次細分区域の「大阪府」、どちらも同じです。
大雨などの警報は二次細分区域の単位で発表されますが、その場合は「大阪市」と明記されるはずです。
もし、テレビやラジオで「大阪地方の天気…」と言っているとすれば、独自ルールによるものでしょう。

なお、東京都の場合は以下のようなります。
・府県予報区:東京都
・一次細分区域:東京地方、伊豆諸島北部、伊豆諸島南部

一次細分区域の「東京地方」には、以下の二次細分区域があります。
・二次細分区域:23区東部、23区西部、多摩北部、多摩南部、多摩西部

「小笠原諸島」は特定の府県予報区には含まれません。
気象庁本庁の担当する「関東甲信地方予報区」の一部になっています。

全国の府県予報区の詳細は、下記を参照してください。
http://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/saibun/inde …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たいへん詳しい回答をありがとうございます。
「大阪地方の天気…」というのは、独自ルールですか…。
NHKの土曜日朝の週刊ニュースの中の天気予報で「大阪地方」と言っていたものですから(全国版だろうと考えられるニュース番組で言っていたので)、それが正しい言い方のように思ってしまいました。
東京地方・大阪地方の両方について、とても分かりやすく書いてくださり、本当に感謝いたします。ありがとうございました。

お礼日時:2007/10/24 23:17

考えられていることと逆です。




元々気象は、行政区画とは合わないものです。

その意味で、「地方の」と言う方がより適切です。
(その意味で、全国の気象台は、(東京、大阪など特別な所を除き)「**地方気象台」の名称です。)


ただ、「地方の」ではあいまいさなどの問題があり、
「大阪府の」などが使わる訳です。
(逆に、あいまいでないので、少し変になる。)


いずれにしても、そのようなことを理解していればよい訳。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なんだか「目からウロコ」です。たしかに、気象は行政区画ごとに変わるものではなく、その地方の天気というほうが、ごく自然なのかもしれないですね…。ありがとうございました。

お礼日時:2007/10/24 23:20

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング