いろいろ調べたのですがわからないので教えてください。

20年前に新築マンションを購入し住宅ローン控除を受けました。
(その時は10年間の控除でした)
今年古いマンションに両親を呼びよせ、私たち家族は新しくローンを組み中古マンションを購入しました。

古いマンションの住宅ローンも払い続けています。
つまりダブルローンです。
新しいマンションの住宅ローン控除は受けられますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

再度住宅ローン控除は受けれます。



再度住宅ローン控除を受けれない条件としては前住宅を売却した際に「3000万円特別控除」や「買い替え特例」など受けた場合のみです。

ただ前の所にご両親が住まれているんですよね。
ちょっと調べて結局わからなかったのですが、
質問者様名義のご両親が住まれているという事はご両親に住居を提供したという事になり贈与とみなされるのではないかと思います。
また住宅ローンはご自分が住むというのが条件でご自分が住まない場合ローンの一括返済を迫られるのではないかと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご親切なアドバイスありがとうございます。
調べてくださったようで、本当に助かります。

両親を住まわせていると贈与になるんですか?
年老いた両親に親孝行したら税金がかかるとは・・・・・(^^;)
高齢者に優しくない世の中なんですね。
ちょっとショックです(^^;)

勉強になりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2007/10/29 20:00

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qこれは目の病気ですよね?Σ

これは目の病気ですよね?Σ

一年前くらいから左目まぶたらへんがぽこっとなっているのに気づきました。
親に相談したら「ばくがんなんたら」など言われていずれなおる言われたんですが、最近黒くなってきてしまいました
心配ですΣ

目の深刻な病気なんでしょうか是非教えて下さい:

Aベストアンサー

こんにちは

眼科ではなくて皮膚科で見てもらうといいですよ

Q夫婦で住宅ローン控除を受けている場合の医療費控除

H18年入居で住宅ローン控除を受けており、源泉徴収税額は夫婦共に0円です。昨年妻の私が出産し医療費を20万以上支払ったので、住民税が少しでも安くなれば・・・と医療費控除を申請しようと思っています。源泉徴収表によると夫の支払金額は500万程、私は育休中の為145万程です。この場合夫婦どちらで申請をした方が良いのでしょうか?自分で色々と調べてみたのですが、お手上げです。宜しくお願いいたします。
※医療費は半額以上夫名義のカードで支払っています。

Aベストアンサー

>この場合夫婦どちらで申請をした方が良いのでしょうか?
住民税の税率はどちらも同じです。
ただ、両方ともローン控除で所得税が0円ということは、所得税からローン控除を引ききれていないと思われます。
その場合は、住民税からも控除されます(限度額はあります)。
そうなると、所得が少ない奥さんの住民税は医療費控除を受ける前に0円なる可能性がありますね。
源泉徴収票に記載されている「住宅借入金等控除可能額」から「住宅借入金等特別控除の額」を引いた額が、引ききれていないローン控除の額です。

本来、医療費控除は払った人が控除を受けられるもので選択するものではありませんが、ローン控除の額にもよるでしょうが、半分以上ご主人のカード払いといことからも、所得が多いご主人が申告し控除を受ければいいでしょう。

Q目の病気 ここ3日ぐらい朝起きると目の下?の下のまつげのところにめっちゃ目やにがつきます 小さい時

目の病気

ここ3日ぐらい朝起きると目の下?の下のまつげのところにめっちゃ目やにがつきます
小さい時からそうゆうのがあったので気にしてなかったのですが、今ふと目を見たら左目の左下一部が赤くなってます…
こんなこと初めてで少し心配です
痛いのかな?痛みはないと思います
寝不足で目がしょぼしょぼはします。
言われると、違和感はあるかも?
でも全然気にならないです

これは何か病気なのでしょうか?
眼科に行くのも怖いです…

Aベストアンサー

眼科にいってください(^^)

全然怖くないですよ

多分ですが病気ではないです
目にトラブルがあると思います

目薬で治る程度だと思いますよ

だけど放置すると
瞼全体が腫れることも

先日私は放置してお岩さんになりました(笑)
だけど目薬と塗り薬だけで治りましたよ

目は大切な部分なので
絶対に放置しないで
月曜日に眼科に行って目薬もらってくださいね

デキモノが出来ている時は
ドラッグストアの目薬ではダメですよ

眼科行くと
安心しますよ

お大事に

Q住宅ローン控除を受けるために、不要でも多額のローンを組んだほうが得にな

住宅ローン控除を受けるために、不要でも多額のローンを組んだほうが得になることはありますか?
新築マンションを契約しました。頭金はこれまである程度貯蓄してきたので、引越し費用や当座の現金を除いて残りを全て頭金にすれば、ローンは300万円程度で済みそうなのですが、これだと住宅ローン控除もさほど受けることができないと思います。
いっそのこと、例えばローンを4000万円程度組んでおいて多額の住宅ローン控除を受けることにより、ローン増額による金利の増分を節税効果が上回るなんてことはないのでしょうか。
もう少し具体的に言うと、例えばできるだけ長い返済期間(例えば30年とか)でローンを組んで10年目以降に一気に繰り上げ返済してしまうことにより、場合によっては「沢山ローンを組んだほうが得」ということが起こりうるのでしょうか?
現在検討しているローン金利は1.4%(5年固定、以後5年ごとに見直しの変動金利なので、今後金利が上がるとそれだけ不利になりますが、当面10年間変わらないと仮定して)で、税込み年収は(単純化して)1000万円、扶養家族は3人、マンション引渡し(=ローンの払い始め)は来年3月です。

住宅ローン控除を受けるために、不要でも多額のローンを組んだほうが得になることはありますか?
新築マンションを契約しました。頭金はこれまである程度貯蓄してきたので、引越し費用や当座の現金を除いて残りを全て頭金にすれば、ローンは300万円程度で済みそうなのですが、これだと住宅ローン控除もさほど受けることができないと思います。
いっそのこと、例えばローンを4000万円程度組んでおいて多額の住宅ローン控除を受けることにより、ローン増額による金利の増分を節税効果が上回るなんてことはないのでし...続きを読む

Aベストアンサー

現金資産が多いのであれば、どこぞの銀行にある『預金連動型住宅ローン』も検討されてはいかがでしょうか。

ローン控除対象の融資ですし、預金額に応じて金利対象部分が減りますので、
結構な部分が金利ゼロ(実質は0.3%以上かかるようですが…)になる可能性があります。

後にいざお金が必要になって預金を引き出してしまい、
金利がかかる部分が増えたならば、
金利の安い銀行に借り換えをしてもいいでしょうから、
どうしても金利が嵩む『返済初期の段階』では金利ゼロも悪くないと思います。

金利での側面でお考えのようですが、ローンを組むこと自体のメリットもあります。
ローンに団体信用生命保険をつければ、万が一の時も『家』は確保されますし、
貯金を減らすとまた貯めるのに時間も必要です。

年収から見て返済能力の高さはあるのですから、
闇雲に現金を支払って、蓄えを削るよりかはある程度借りられる方をお勧めします。

Q母が網膜中心静脈分岐閉塞症という目の病気にかかってしまいました

母が網膜中心静脈分岐閉塞症という目の病気にかかってしまいました。

他にも母はうつ病、C型肝炎、過去にはくもまっか出血などいろいろな病気があります。最近暗くなってしまって見ているだけで張り裂けそうです。

網膜中心静脈分岐閉塞症は左目だけです。病気じゃない目も視力は0,04くらいです。両目とも多分、今は0,03~0,04くらいです。

母はテレビを見るのが唯一の楽しみでしたので、今はテレビもぼやけてしまっている状態です。

何か、良い方法(食事、生活面など)はないでしょうか?

何とか、テレビだけでも見れるようにしてあげたいです。

ご面倒ですがよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

音楽関係の趣味を薦めてみては?
うちのお爺ちゃんも似たような病気で視力がガタガタになってしまいましたが、その頃からラジオや音楽を楽しむようになりました。
また、叔母のお母さんは全盲ですが、カラオケ教室の先生をやってます。

Q2回目の住宅ローン控除を年末調整で受けたのですが

控除額は毎年変わるものなのですか?
年末調整と一緒に振り込まれているらしいのですが、調整分込で表示されていて、いくらかはっきりはしないのですが、去年よりすくないです。
ローンは3000万以内
なのですが...

Aベストアンサー

2回目ということは平成19年入居ですので、12月末の住宅ローンの年末残高の1%(控除期間10年間)か0.6%(控除期間15年間)が所得税から控除されることになります(去年行った確定申告で、どちらかを選んでいるはずです)。通常、毎月の返済により毎年残高は減っていくので(繰上返済すれば、その分そのまま減ります)、控除額は減ることになります。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1213.htm
これは所得税の範囲内でしか適用されないので、それを超えた分は返ってきません。例えば不況の煽りで収入が減って所得税が減り、住宅借入金等特別控除の方が多くなった場合は更に減ることになります。
なお、控除可能額は源泉徴収票にも記載されていますし、銀行から貰った年末残高証明書(年末調整時に提出気味)からも分かります。実際に幾ら控除されたかは源泉徴収票を見れば分かります(源泉徴収税額と住宅借入金等特別控除の額欄)。

なお、所得税額より住宅借入金等特別控除額の方が多くても、“国から地方への税源移譲で所得税が減り住民税が増えたことによる所得税減額で住宅借入金等特別控除額が減った分を住民税からも控除出来る制度”は、平成11~18年入居の方が限定ですので受けられませんので、一応念のため。
http://www.soumu.go.jp/czaisei/czaisei_seido/zeigenijou2.html

2回目ということは平成19年入居ですので、12月末の住宅ローンの年末残高の1%(控除期間10年間)か0.6%(控除期間15年間)が所得税から控除されることになります(去年行った確定申告で、どちらかを選んでいるはずです)。通常、毎月の返済により毎年残高は減っていくので(繰上返済すれば、その分そのまま減ります)、控除額は減ることになります。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1213.htm
これは所得税の範囲内でしか適用されないので、それを超えた分は返ってきません。例えば不況の煽りで収入...続きを読む

Q緑内障(目の病気)について

緑内障(目の病気)について、具体的にどのような病気なのでしょうか。
市町村の健康診断で緑内障について行っているところはあるのでしょうか。

Aベストアンサー

岐阜県多治見市の市民病院が市民に限り無料検査を行っているようです。
(参考URLのお問い合わせ欄参照)
他の自治体は有料での検査を行っているところが多いようですね。
(予算の関係上仕方ないのでしょうね)
また医師から指示があった場合無料で検査するという様なところを見かけましたが、意味がない様な・・・。(^_^;
緑内障のことを良く知らないまま発病・進行そして失明してしまう方が大勢いますので、できたら無料で、腰の重い市民が少しでも多く検査に訪れてくれる様になったら良いですね。

参考URL:http://www.tbs.co.jp/hanamaru/medama/001025.html

Q住宅ローンを組んだのに控除が受けられない。。。

去年、新築の一軒家に
夫・私それぞれで住宅ローンを組みました
2人で住宅ローン控除を受けようと
確定申告をしてみたところ
私に関しては、持ち分が1/3なので
できないとのことでした。。。

夫は自分の母から総額の3/1を援助してもらったので
夫3/2・私3/1としたのですが。。。

ローン金額が半分づつだったのが原因でしょうか?
住宅の営業さんには、2人で申告できます!
と言われたのを、鵜呑みにし無知だったのがいけなかったのですが

今さらですがこれはどうにもならないのでしょうか?

そして、どうにもならないのならみなさんにも気を付けてもらおうと、ご質問させていただきます。

Aベストアンサー

登記された持分からローン金額を逆算すると、

夫: 2912 - 1380 = 1532万
妻: 1456 - 110 = 1346万

なので、残高証明書の金額は少し返済して減っていることを考慮すれば特におかしいということはないですね。
贈与が絡んだ場合には、住宅取得の特例該当分は建物費用でなければならないことから土地・建物の持分比率に影響は出ると思いますけど、この場合には相続時清算課税制度を使えば建築条件付の場合には土地代金分も特例が適用されるので問題になりませんし。

初めのご質問を見て一見問題がなさそうだったので補足いただいたのですが、補足頂いた内容を見ても問題があるようには見えません。

もしかして別の勘違いをされているということはないでしょうか?
つまり夫の確定申告では当然ながらローン減税は夫分だけしか受けられません。
妻の減税分は妻が自分の確定申告をして妻の分を得ます。

夫の確定申告で夫と妻の両方というのは無理です。
これは各人が受けるローン控除なのですから。

もちろん夫も妻も取得した住宅に居住しているのですよね?(取得後半年以内に居住し引き続き12/31で居住している)

登記された持分からローン金額を逆算すると、

夫: 2912 - 1380 = 1532万
妻: 1456 - 110 = 1346万

なので、残高証明書の金額は少し返済して減っていることを考慮すれば特におかしいということはないですね。
贈与が絡んだ場合には、住宅取得の特例該当分は建物費用でなければならないことから土地・建物の持分比率に影響は出ると思いますけど、この場合には相続時清算課税制度を使えば建築条件付の場合には土地代金分も特例が適用されるので問題になりませんし。

初めのご質問を見て一見問題がなさそ...続きを読む

Q右目が痛く、胸?が気持ち悪く、頭も痛いです。病気ですか?風ですか?

右目が痛く、胸?が気持ち悪く、頭も痛いです。病気ですか?風ですか?

Aベストアンサー

とりあえず
目が重要なので眼科で見てもらってください

異常がなければ頭痛外来のある病院で見てもらうといいですよ
頭蓋骨の中なのでどこが原因か一つ一つ探していくしかないです

Q医療費控除と住宅ローン控除

昨年夫婦でずいぶん病院にかかったので、医療費控除を受けるつもりでしたが、病院のレシートがなかなか見付からず、やっと揃って、遅れ馳せながら控除の申請を出そうとしていた矢先、夫が去年住宅ローン控除の申告を会社でし忘れていたことが発覚しました。
過去問を検索したところ、昨年分のローン控除も、自分で直接役所に申請すれば今からでも間に合うと聞き一安心していますが、医療費控除は医療費控除、ローン控除はローン控除で、独立して別々に申告して問題無いでしょうか?
それとも何か相関関係があるのでしょうか?
また、住宅ローン控除だけで所得税が0円になる場合、医療費控除はできない(またはしても意味が無い)のでしょうか。

Aベストアンサー

所得税の確定申告は、基本的には(分離課税のもの以外の)全ての所得・全ての控除は1枚の申告書で行うことになります。
つまり、医療費控除であろうと、住宅ローン控除であろうと、すべて同じ申告書で同時に行います。

また、住宅ローン控除のみで所得税が0円になるのならば、医療費控除は余り意味がありません。

ここで「余り」と書いたのは、住民税に影響するからです。
医療費控除は、支払った医療費が10万円または所得の5%を超えた場合に、その超えた金額を「所得」から差し引きます。つまり、住民税を計算する上でも、医療費控除分だけ少ない所得で計算されます。
これに対して住宅ローン控除は、「税額」から控除されます。所得は医療費控除を引く前で計算し、出てきた税額から、ローン残高の一定割合を引きます。つまり、住民税の計算基礎は医療費控除を引く前になります。

ですから、まず医療費控除を行った上で算出された税額から、住宅ローン控除を行った方が得になると思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報