プロが教えるわが家の防犯対策術!

異文化理解を深めるために必要なことは何ですか?また、異文化を知ることによる利点は何でしょうか?すこし抽象的すぎますがどうぞよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

■1.必要なこと



・その国の文化、慣習について勉強すること。本を読むこと。
・その国の人と直接に接すること。日本で直接に外国人と会えるところは限られていますから、英語がある程度できるのであれば、英語のウェブサイトなどに出入りすればよろしいか、と。あるいは、六本木など外国人の多い町もあります。
・できれば、A.本による理解、B.人と接しての理解などの複数の方法を同時に行うことを推奨します。異文化理解については、有名な議論では「オリエンタリズム」と呼ばれるものがあります。どういうことかというと、異文化に接して論じたり理解した気になっていても、実はそれはものすごく偏見のいりまじったものになりがちなことが多い、ということですね。簡単に言うと。ですから、異文化に対しての思いこみというのはありがちですので、一つの手段ではなくいろいろな手段を通じてだと、なるべく思いこみを排除できるか、と思います。

※もっとも読む本のチョイスによっては、逆に思いこみを強化してしまったりしてしまうので難しいですね。昔はルース・ベネディクト『菊と刀』なんかでアメリカ人が日本人を理解するための<定番の日本人論>というのができあがりましたが、今では批判の対象として見られることが多いです。

■2.異文化を知ることによる利点

・自分の国文化が世界的にみてかならずしも「常識」ではないことを知ることができる。→ それによって、世の中のいろいろなことを考えるための材料として有益。
・日本の何かしらの制度なりなんなりに呆れたりしたときに、それを批判するための参照先として持ってくるのに有効。
・また、「意外と、どこの国でも同じだな」ということも知ることができる。あるいは、先進国だとこうだけど、途上国だと違う、だとか。文化を規定している要因がなんなのか、ということを考えてたりすることができる。

 といったところでしょうか。
    • good
    • 9

異文化の本質は理解などできない との認識に立つこと



理解したつもりになっても、それは自分の思い込みで、異邦人の枠から抜け出せないことを肝に銘じて行動すること

このことを忘れて、トラブルを起こした事例には事欠きません

特に、自身の文化と似ているほど陥り易いことです
    • good
    • 1

必要なことはあたり前ですが、その文化圏の人に接すること。


利点はより現実に近く相手を理解できること。
それと日本という価値観だけでなく、世界には国の数、民族の数だけ価値観があるということが分かること。すなわち、日本は世界の中心ではないと知れること。
    • good
    • 4

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q異文化理解について

みなさんは、異文化理解とはどういうものだと想いますか?また、どのように異文化理解をとらえるべきだと想いますか?
私は、文化を形成している過程も重視し理解する事が大切だと想っています。また、宗教、人種、地域性からみた異文化理解も紛争が起こらないようにする上で理解するべきだと想っています。
他に、つけくわえたらいいと想う意見をお聞かせ下さい。

Aベストアンサー

私の個人的見解ですが、
文化というものは、国籍、人種、宗教のように大別されるものだけでなく、男女、年齢、更には個人で異なるものだと思います。
ですから、異文化理解の為に必要なことは、自分の固定観念や先入観を取っ払って、『各々に違うのだ。それが当たり前だ。』と言うことを受けとめる。(これが結構難しいけど)その上で、自分の意見を、違った文化を持つ個人や社会に対して理解してもらえるよう、表現することが必要だと考えています。そのようにして人は共生していくべきだと。
 ただ、いきなり世界中手を繋いでわかちあおうなんて、正直無理ですよね。ですから、まずは身近な人とから理解すること。特に苦手だと思っている人の考え方に耳を傾け理解しようと努めることっていうのは必要だと考えます。
 

Q多文化社会(異文化コミュニケーション)における問題点

多文化社会に(異文化コミュニケーション)における最重要だと思う3つの問題点とはなんだと思いますか?
またその解決法はあるとおもいますか?
少しでもいいので意見きかせてくだい

Aベストアンサー

1・言語能力

やはり、これは必要ですね。
もちろん、コミュニケーションとは言語のみで行われるわけではありませんが、基本は言語コミュニケーションですね。
特に、通信技術が発達した現代において、言語によるコミュニケーションの重要性は増大していると言えるでしょう。
単純にその国の言語を理解出来る位の言語能力を持つ人は大勢いますが、その言語の背景にある微妙なニュアンスをも感じ取って受け取り・発信できる人は少ないと思います。

以下は、中国人の方から聞いた話です。
例えば、日本人が中国人に謝ったとします。
日本語では「ごめんなさい」という言葉は、軽い謝罪から深い謝罪まで使える表現ですが、中国語では軽い謝罪と深い謝罪は違うらしいです。
そこで、翻訳されるときにどちらの意味で翻訳するかで相手(中国側)の受け取り方が変ってくると言えます。
で、多くは「軽い謝罪」の意で訳されることが多く、それが日本人と中国人の認識の差を生み出していると言っておられました。
つまり、言葉を表面的に訳すだけでは誤解が生じ、むしろ言語がコミュニケーションを阻害する結果ともなりかねません。
この辺りをしっかりと認識しないといけないのですが、なかなかそこまで認識出来る人は少ないようですね。


2、歴史・文化の理解

やはり、「異文化」と言うとおり、相手の事を理解しようと思うと、歴史や文化は理解しなければなりません。
例えば、表面的には世俗化し宗教的な面は裏側に隠れてしまっていますが、欧米人の言動にはキリスト教の影響が色濃く残っています。
例えば、「歴史は過去から未来へと一本道であり、未来に向かうに従い文明は進歩する」という考え方は、キリスト教の「創造から終末へ」という歴史観が世俗化したモノと言えます。
このように、相手の思考法やそれに裏付けられた行動は長い歴史の中ではぐくまれたモノであり、一見関係無いことのように見えて、実は深いところで繋がっていることも多々あります。
それを理解するには、やはり歴史と文化の理解は必要といえます。

3、思いこみや偏見の壁を取り払うこと

上記の歴史や文化の理解と通じる所があるのですが、無意識な思いこみや偏見が相手を理解するときの妨げになる事もあります。
例えば、「イスラム教は他宗教を認めない」というイメージがあります。
しかし、歴史的に見ればイスラム教は他宗教に寛大であり信仰の自由を認めてきました。 (むしろ、異教徒を認めないのはキリスト教の方がきつい)
「イスラム教は他宗教を認めない」というイメージは「イスラム原理主義のテロ」という文脈と共に広められた単純なイメージに過ぎません。
しかし、この単純なイメージが誤解や偏見を生んでいると言えます。
そして、その事に意識的な人は少ないといえます。
単純なイメージを全体に当てはめて考えてしまうと、相手とのコミュニケーションの妨げになるでしょう。

1・言語能力

やはり、これは必要ですね。
もちろん、コミュニケーションとは言語のみで行われるわけではありませんが、基本は言語コミュニケーションですね。
特に、通信技術が発達した現代において、言語によるコミュニケーションの重要性は増大していると言えるでしょう。
単純にその国の言語を理解出来る位の言語能力を持つ人は大勢いますが、その言語の背景にある微妙なニュアンスをも感じ取って受け取り・発信できる人は少ないと思います。

以下は、中国人の方から聞いた話です。
例えば、日本人...続きを読む

Q国際理解と異文化理解はどう違うの??

今、論文を書いています。
国際理解について書こうと思っているのですが、
国際理解と異文化理解はどう違うのかが分かりません。

Aベストアンサー

「国際」=「international」という言葉は、「国と国」(=国家間、または国民間)という意味ですから、国際理解という場合、

・ある国の内部での異集団間の相互理解の問題は含んでいない。
・類似文化どうしでも国が違えば、相互の理解を国際理解と呼べる。(例えばドイツとオーストリアは同じドイツ文化を共有していますが、相互の理解を高めようとする活動は、国際理解活動と呼べる理屈。)


異文化理解は、intercultural =異文化間の理解のこと。
・同じ国の中でも、多文化が存在するときには、その相互理解を図る活動は、異文化理解です。たとえば、日本国内に働きにきている○○人や○○教徒外国人と、日本人とが日本国内で共生するために、相互を理解しよう、という場合には、異文化(間)理解。
この場合、国際理解という用語は相応しくないですね。


国単位で語っているか、文化の違いを語っているか、の差です。

Q日本で感じた異文化について

日本ではあまり異文化について感じる機会って少ないと思うんですが。。
みなさんは日本で「異文化だな~」と感じたことって何かありますか??レストラン行ったときに、電車乗ってて・・日常で感じたことがあれば教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 こんにちは。
 ご質問の趣旨と、少し違うかもしれませんが。
 私は、学生時代の最後の年に、学校を一年休学して、中国の北京へ語学留学へいってきました。授業は午前中だけ、あとは町へ出て普通の中国の人と話したり、留学先の大学の学生と話したり、休暇は大陸中旅行したり。とにかく1年間、どっぷり中国に浸かってきました。
 で、1年後、成田に降りたって、東京を経て自分の家に戻って。
 信じてもらえるかなあ。生まれ育った街や、歩きなれた町並みが、異文化みたいに感じるんですよ。へえ、ここじゃ。ジュースも機械で買えるんだ(そのころ、中国には自動販売機はなかった)便利じゃん、なんて。人はおとなしいけど、仮面被ってるみたいだな、とか。
 こうして具体的に指摘できること以上に大きかったのは、中国にいくまでは、なんの疑いもなしに持っていた、周りの空気との等質感が、感じられなくなってしまっていたことでした。中国で異文化人だった私は、自国でも、疑似異文化人になったわけです。そして、本当に自分はこの国の人間かどうか、問い直さなくてはならなくなっていました。頭でなくて、直感でです。
 その結果、面白いことに、これは確かに自分の中にもあるな、という「自分の日本」と、これは日本の文化といわれているけど、自分とは明かに異質なものだ、という「自分じゃない日本」がみえてきたんです。「日本」だけど、自分には「異文化」。そして、「自分の中にある文化」も「自分の中にない文化」もひとつじゃありません。無数にあります。それが、繋がりながら、でもいろいろなパーツとしてたくさん浮遊してるんですね。で、その一部は、いわゆる外国の文化とも繋がってる。それらが、歴史的、地理的、政治的などの要因で、なんとなくあつまってる、それがみんなが言っている「日本」だと気がついたんです。
 さらに、「自分の日本」の中にも、「異文化」はありました。もっと言えば、「自分」も、いろいろな「異文化」の集合体じゃないか、どうもそう思った方がしっくり来る、とそこまで感じるようになりました。もう「日本」という言葉は、意味をなさなくなりました。
 つまり、世の中の何もかもが、「文化」というパーツを組み立てたものであり、編集したものであり、それは一個の人間も例外じゃない。「国家」とか「時代」とか「地域」は、組みたてるための重要なツールだけど、でも所詮ツールのひとつにすぎない。もしかしたら、自分と共有する文化のパーツが、同時代、東京に生きる「日本人」よりも多い人が、例えばブルキナファソあたりにいるかもしれない。
 私は、自分が、ばらばらになるのを感じました。で、子どもの遊ぶブロックみたいに、これからどんなパーツが私にはまるんだろう、と思うと、楽しくてたまらなくなりました。
 「異文化」は、なにも国どうしのことじゃない。一人の人間の中にも、「異文化」はせめぎあっている。
 もちろん、実際には、ある傾向があって、日本に住む人の多くは、その傾向を持っている。それがまあ「国民性」とか言われるものなんでしょう。
 そして、その「傾向」に過剰反応すると、「外国人」にアパートを世話しない、とか、逆に、英語学習ブームになったりするんでしょうね。これは、どんな国の人でも持ってると思います。まあ日本人は強いそうですが。
 でも、冷静に考えて、これだけ東西南北に広がっていて、自然現象や、歴史的現象に富んでいる国もない。本当は、ありのままの日本人は、「異文化」をその体の中にたくさん持っているんじゃないか。昔に中国文化、近年に欧米文化を採り込めたのは、そんな日本人の幅の広さがあったからじゃないか、と思います。あとは、明治以来刷りこまれた、「国民」とか「単一民族」とか、いわゆる日本人に等質性を強要するような「傾向」さえ客観化してしまえば、とても素敵な「地域」になるんじゃないかと思います。だいたい「等質性」なんてこれほど日本に暮らす人にとって似合わないお仕着せもない。そう思うんです。
 「日本で感じた異文化」というご質問でしたので、ちょっと答えとしては変化球ながら、私の経験と、それから感じたことを書きました。長くなっちゃいましたね。すいません。ご参考になれば嬉しいです。

 こんにちは。
 ご質問の趣旨と、少し違うかもしれませんが。
 私は、学生時代の最後の年に、学校を一年休学して、中国の北京へ語学留学へいってきました。授業は午前中だけ、あとは町へ出て普通の中国の人と話したり、留学先の大学の学生と話したり、休暇は大陸中旅行したり。とにかく1年間、どっぷり中国に浸かってきました。
 で、1年後、成田に降りたって、東京を経て自分の家に戻って。
 信じてもらえるかなあ。生まれ育った街や、歩きなれた町並みが、異文化みたいに感じるんですよ。へえ、ここじ...続きを読む

Q接客業をしているorしていた方、接客を通して学んだ事ってなんですか?

以前、アパレル業界で接客業を3年ほどしていました。
理由があって今は事務職をしています。

今の職に就いて1年ほどになるのですが、転職を考えています。やってみたい事がたくさんあり、絞りきれていないのですが・・・最近、改めて接客業というのを考えた時に、つくづく難しいなぁと思ったりします。

現在、接客業に就いている方でも以前就いていた方アパレルでなくても結構ですので、皆さんの意見を聞かせて下さい。

Aベストアンサー

学んだこと

世の中には、想像もつかないいろんな人がいるんだな~っていうこと(違う価値観との出会い→視野が広がる→創造力が鍛えられる→たくさんのお客様に喜んでもらえるサービスができる)

常に相手(お客様)の気持ちを考えて仕事をすること(喜んでもらえるとやりがいにもつながる。いつでもまず相手にどうしてほしいかを聞いてから動くことで、独りよがりの仕事にならない。コミュニケーション能力も身に付くし、チームワークがスムーズにいく)

チームワークの大切さと責任感(自分がミスをしたり、時間に遅れたりするとみんなやお客様に迷惑がかかる)

会社にお金を払ってくれる人(お客様)に対し、いつでも感謝の気持ちを持っていること(お客様をいつでも大切にできる→会社のためになる)

事務だって、利益を追求する会社の一員です。
お客様あっての会社であり、自分なので、会社のためにお客様に喜んでもらえるように努力をすることで、喜んでもらえたときに、自分の喜びにもなります。
接客で身につけられることというのは、その「お客様を一番に考えること」で、職業的な専門知識などは別ですが、仕事をする上での人との接し方などの基本的なことで、どの職場に行っても活かせますね。

接客経験者は、機転が利くし、仕事も早い人が多いです。
逆の場合はカタブツが多いです。

接客は、ヘンなお客様が多い分、やりがいも大きいですが、事務の場合は、楽だけどやりがいもそこそこですね。
どちらを取るかというのもあると思います。

学んだこと

世の中には、想像もつかないいろんな人がいるんだな~っていうこと(違う価値観との出会い→視野が広がる→創造力が鍛えられる→たくさんのお客様に喜んでもらえるサービスができる)

常に相手(お客様)の気持ちを考えて仕事をすること(喜んでもらえるとやりがいにもつながる。いつでもまず相手にどうしてほしいかを聞いてから動くことで、独りよがりの仕事にならない。コミュニケーション能力も身に付くし、チームワークがスムーズにいく)

チームワークの大切さと責任感(自分がミスをしたり...続きを読む

QWord 文字を打つと直後の文字が消えていく

いつもお世話になっています。
Word2000を使っているものです。
ある文書を修正しているのですが,文章中に字を打ち込むと後ろの字が消えてしまいます。
分かりにくいですが,
「これを修正します。」
という文章の「これを」と「修正します。」の間に「これから」という単語を入れたときに,その場所にカーソルを合わせて「これから」と打つと,
「これをこれからす。」
となってしまいます。
他の文書では平気です。
何か解決する方法があれば教えて下さい。

Aベストアンサー

入力モードが「挿入」(普通の入力)から、「上書き」になってしまっているのだと思われます。
キーボードに[Insert]というキーがあると思いますので、1度押してみてください。

Q言語と文化のかかわり

言語が文化に与える影響、文化が言語に与える影響、ようするに相互に関わりあっていると思うのですが、どのような現象が前者にあたり、どのような現象が後者にあたるのか具体的な例が思い浮かびません。みなさんのお知恵を拝借したいと思います。
また、文化とは何かということについてもお考えをお聞かせいただければと思います。
もう一つ、サピア・ウルフの仮説とはどういうものなのでしょうか。漠然としょたことはわかるのですが、くわしいところまではわかりません。説明していただけるか、書いてある書物などをおしえてください。

Aベストアンサー

食べ物!

例えば、米文化を持つ日本には「米」「稲」「飯」…など様々な呼び名がありますが、比較的米文化が確立されていない欧米では「rice」のみです。

で、ビールは日本では「ビール」。欧州では「エール」「ラーガ」「ビター」など呼び名がいっぱいです。パブに行って「ビールください!」なんて言おうもんなら変人扱いです(笑)

Q異文化理解について

作文が苦手な中3です。

「異文化理解する際、重要なことは」というタイトルについての小論文(500~600字)を書かなければならないのですが、どのようなことを書いていいのか分かりませんので、アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

早速の補足をありがとうございました。とても立派なお考えをお持ちですね。

さて、作文と小論文との違いとは何か。作文なら自分の思いや感想だけを並べていても構いません。でも、小論文ですから、例えば「世の中にはこれこれこういう具体的な事実や事例がある。そのことから、これこれこういう具体的な問題が見えてくる。それを処理するには、これこれこういうふうに具体的な策を講じるといい」みたいに“論じる”必要があります。

質問者さんは「異文化を理解するためには、まず先入観を取り払うことが大事だ」と思っていらっしゃるのですね。では、なぜその考えに至ったのか。例えば、誰かに変な先入観があるゆえに生じた問題を目の当たりにしたのか。だとすれば、それはどういう問題だったのか。「これこれこういう人が、こんな問題を起こした。それは、こういう先入観があったからだと思われる」みたいに論じればいいのです。これだけで200字はイケますね。

また、「自分の意見を違う文化をもつ人に理解してもらうために、自分を表現することが大切だ」とも思っておられる。これも具体的に論じてみましょう。例えば、逆に、理解してもらえないとどんな問題が生じるのか。過去にどんな問題が生じたのかを書いてもいいのです。あなた自身のことでもいいし、テレビで見た誰かのことでもいい。これで更に200字。

そして、「自分を表現する」にはどうしたらいいか。たぶん、ここが中学生としては一番悩むところではないかと思うのですが、大それた主張をする必要はありません。「こんなふうに表現してみたい」あるいは「あんなふうに表現したら失敗したことがあるから、今後の課題だ」でもいいのです。

3つの主張もうまくつながりそうですね。「異文化を理解するためには~」という相手を理解するというお話→「自分の意見を違う文化をもつ人に理解してもらうために~」という自分を理解してもらうというお話→「自分を表現する」というふうに流れていけそうです。上手に接続詞を選んで、この3つを「でも」とか「ところで」とかでつなげていくと、いい文章になるはずです。

ただし、600時以内ですよね。そんなにたくさんの“物語”を盛り込むとうっとうしいです。小論文を書くときのコツとして、こんなことをするといいです。一番最初にちょっと面白い話をもってきて読者をひきつける。「散歩に出たときに、こんな不思議な光景を見かけた」みたいな。そこから学びとったことを次に書く。学びとったことを、どう生かしたか、また、生かすかを書いてまとめる。そんなふうにすると面白い文章が書けたりします。

図書館や書店に行くと小論文の書き方を解説した本もあります。大人になっても役に立ちますので、一度、読んでみてください。ほかにわかりにくいことがあったら、また補足してくださいね。

早速の補足をありがとうございました。とても立派なお考えをお持ちですね。

さて、作文と小論文との違いとは何か。作文なら自分の思いや感想だけを並べていても構いません。でも、小論文ですから、例えば「世の中にはこれこれこういう具体的な事実や事例がある。そのことから、これこれこういう具体的な問題が見えてくる。それを処理するには、これこれこういうふうに具体的な策を講じるといい」みたいに“論じる”必要があります。

質問者さんは「異文化を理解するためには、まず先入観を取り払うことが大事...続きを読む

Q「採用担当御中」か「採用担当様」、どちらが正しいか。

会社にエントリーシートを郵送する時、宛先が「~株式会社 採用担当宛」となっていたら、「採用担当御中」ではなくて、「採用担当様」と書いて送った方がいいのでしょうか?

Aベストアンサー

「御中」は 担当部署宛 担当者不明の場合。
今回の場合は担当者がわかっているので「○○様」とします。

Qネット社会になってからのメリットデメリット

皆さん日本や諸外国がネット社会になって、メリットデメリットがでた部分ってどこらへんだとおもいますか?


メリットの部分は確かに多いですが、デメリットもその分デカいと思いませんか?ない方が日本は幸せに回ってたような感じがします。

Aベストアンサー

ネット社会になってからのメリットデメリット
皆さん日本や諸外国がネット社会になって、メリットデメリットがでた部分ってどこらへんだとおもいますか?


データーや系統だった分析ではありませんが、思い付く点をランダムに挙げると・・・
◇メリット
・瞬時に大量に多くの人と交信したり、多量のデーターや情報から検索できる。
・作成時に、容易に素早く書き換え、置き換え、コピーしたり添付したり、参照し引用が可能であり、保存や整理も容易に。
・匿名、非対面、同時に多くの人との受発信が可能な為に主導的に発信したりPRや連絡伝達が可能に成った。
・多くの場合は交信が無料であり、主目的以外の挨拶とか儀礼的な受け応えとか相づちが不要でズバリ本題が可能。
・文章や情報や画像等の記録・保存が大量に少スペース簡便に行え、取り出しや再利用も迅速に容易。

◇デメリット
・不特定多数、匿名、非対面と言うメリットは同時に無責任、虚偽、ナリスマシや憑依や荒らしや釣りのリスクを含んでいる。
・大量情報の中には虚偽、だまし、誇大、偏見な物も多く混在、利用者に取捨選択や読解力と言う見識とレベルも必要。
・犯罪&宣伝と同じで、一旦、謝りや被害が出ると広範囲に多くの人に影響し、対策とか救済が難しい。
・ウイルスや悪用する意図には、同時に瞬時に多くの人へ、人から人へ&メールからメールへ感染蔓延する。
・バーチャルなだけに無責任、過激、残酷にも、相手の気持ちやダメージを感じず、良心の呵責や倫理観を軽視放擲する。
・パクリ、無断転載が容易に行えるので、意図的or無意識にプライバシーや秘密情報を盗用したり流出の危険性がある。


>メリットの部分は確かに多いですが、デメリットもその分デカいと思いませんか?ない方が日本は幸せに回ってたような感じがします。

確かに、文明や技術の発展はメリットが大きく付加価値が高まり発展と普及をするのであろうし、多くの場合は便利に快適に効率アップに資するものが評価され発展していくのだと思う。
同時に、利害や感慨として、実社会やハード面ではデジタルが万能でアナログが捨てるべき、自然よりも高度機械化が優れているとは限らないし、視野視点と価値観で観方や受け止め方も異なる。
そのプライオリティや好悪や評価はシチュエーション&人それぞれ、物事の内容と程度で、変化し分かれると思います。
つまり、森羅万象すべてに於いて万人が一致した感性や価値観や歴史観を持っている訳でもないし、他から制約束縛を受けてコントロールされたくはないと思うので、幸せは人それぞれであり、最終的にはその人の心が決めるのだと思います。

ネット社会になってからのメリットデメリット
皆さん日本や諸外国がネット社会になって、メリットデメリットがでた部分ってどこらへんだとおもいますか?


データーや系統だった分析ではありませんが、思い付く点をランダムに挙げると・・・
◇メリット
・瞬時に大量に多くの人と交信したり、多量のデーターや情報から検索できる。
・作成時に、容易に素早く書き換え、置き換え、コピーしたり添付したり、参照し引用が可能であり、保存や整理も容易に。
・匿名、非対面、同時に多くの人との受発信が可能な為に主...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング