出産前後の痔にはご注意!

家の近くにフィットネスクラブが3つ出来て、
どれかに入会しようと案内を見比べているところです。

その中に酸素バーが付いているところがありますが、
この酸素バーというのはどういう効き目があるのでしょうか。

運動して疲れたときに、吸入するのかなあなどと思っていますが、
いまひとつピンときません。

クラブを選ぶ際の参考にしますので、
酸素バーの効能について具体的に教えていただけると嬉しいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

酸素を作っている者です。

私自身酸素バーには行ったことがないのですが、酸素吸入の効果としては気分転換、リラックス効果、呼吸乱れを整えるなどがあります。ただ普通の人が酸素吸入しても正直効果は感じられないと思います。私の会社には酸素がいつでもありますが社員が吸っているところは見たことがありません。ただ、私は何回かお世話になりました。その時の状況は二日酔いです。2~3分酸素を吸って深呼吸したら不思議と頭痛がおさまり、頭のもやもや感も薄れスッキリしました。酸素バーは医療用酸素ではありませんのではっきりと効能を掲げることはできません。酸素は病人が吸ったりして良いイメージがありますが、健康な人が吸うと逆に身体に悪い影響を及ぼすこともあるのです。高濃度の酸素を長時間吸っていると視聴覚障害を起こしたりすることは酸素業界では常識です。また酸素は細胞を活性化させますので老化を促進すると言われています。(活性酸素は悪玉として有名です)なので酸素を必要とする人が医師の指導の下使用するのが私はベストだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

酸素を作っていらっしゃる方にお目にかかるのは(?)初めてです。
ふだん酸素について意識することなどなく、ましてや悪影響があることなどほとんど知りませんでした。
ちょっとおもしろくなって、あちこち検索しながら久しぶりに勉強している~というところです。
ありがとうございました。

お礼日時:2007/11/10 00:19

我が家ではrily05さんが回答のお礼で書かれているマシンと同じか分かりませんが、NOZOMI GO-101というマシンを使用しております。


使用感は、眠気をなくしたい時、ちょっと身体がだるいなぁと思う時、
リラックスしたい時などには、家族みんな効果があるように感じています。
30%の濃度なら、害はないということだったし
高流量で吸ってる~という気分になっています。
身体を休めるいい時間を作れているのですが
参考になればと思い書かせて頂きました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ちょっと留守にしておりまして、お返事おそくなりました~。
体験したのと同じマシンかもですね。家庭でも使用できるんですね。
確かにコンパクトで持ち運びができそうな酸素バーでした。
家族で使えるっていいかも。二日酔いとか、疲れて動けない~とか、気分転換したいとか…。
情報ありがとうございました。

お礼日時:2007/11/16 12:40

殆ど無意味ですし、どちらかというと害があると思ったほうがいい。



人の呼吸は酸素濃度で惹起されるものではなくて、
二酸化炭素の血中の分圧によって引き起こされるものなのです。
だから、二酸化炭素濃度が濃くなると、息をしたくなるという
ことで呼吸が維持される。

効果があるとすると、過激な運動で、急激に血中の酸素が失われ、
二酸化炭素分圧があがって、酸素を取り入れるというときに
普通の空気よりより、酸素濃度が濃い「空気」なら
酸素を取り入れるための【「時間」を短縮できる】ということです。

だから激しい運動などで消耗した選手が、
口にあてて、戦線に復帰するような姿をtvなどで見ることがあると思いますが、効果としては、あのぐらいの時間で取り戻すという
ただの時間の短縮ということで、より、濃度の濃い状態の
血液とするわけではないのです。

さらに、普通の「空気」より酸素濃度の濃いものは毒です。

未熟児網膜症というのをご存知ですか?

あれは、酸素の毒によって引き起こされる障害で、
普通にある酸素も毒ですが、この程度の空気の酸素には
なじむように、人の体は進化しています。
ただし、これ以上に濃い酸素と共存することの弊害は当然にあるのです。
ただし、スポーツなどでの酸素吸入というのはトータルとして短時間であることで
目をつぶっているだけのこと(復活の時間短縮をえられることとの引き換えです)

実際に、必要もないのに、コレをすると、ただの酸素の毒にさらされる
愚を冒すことになります。

後、実際の酸素の取り込みは酸素を運ぶヘモグロビンの働きによって左右されるほうが普通に健康なら、こちらのほうがより影響力がおおきい。

若い赤血球の多いほうがより、酸素を運ぶ能力に優れます。
(確か60日周期で壊されますが、有酸素運動を頻繁に行う人は、酸素を運ぶ能力の落ちた赤血球は比較的早く破壊されて、
古い赤血球が少なくなり、酸素の運搬のスピードが速くなります。
長距離ランナーに貧血の多いことの一つの理由です。)

結果的に、体に酸素を取り入れるということは
入るところで「濃度が濃い」ということには殆ど普通は
意味がないばかりか、
実際には、本当に酸素濃度が濃いなら、害のほうがあるということ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんばんは。
「酸素は毒」ということにショックを受けましたが、回答の内容はわかりやすく、理解できたと思います。ありがとうございました。
関連Q&Aなども読ませていただいて、酸素について全くの無知からは脱却できたかなという状況です。

無知のままでしたら、入会したクラブ会費の元をとろうとせっせと長時間酸素を吸うことになっていたかもしれません。
スポーツクラブや家庭で使用する器械は酸素の濃度が30%前後、空気と混ぜて吸うのでほとんど害にはならないようですが、
使用する場合には毒にも薬にもなるということを心しておこうと思います。

お礼日時:2007/11/10 01:51

No.3の方の補足です。


血中酸素濃度(動脈血酸素飽和度だと思いますが)は健康な人だったら
98~99%は当たり前の値ですよ。 酸素を外部からどんなに供給しても
肺でのガス交換効率が通常で上記の通りですから、100%になったとしてどれだけ身体に影響あるのやら・・・
ただ病気の時や激しい運動の直後・酸素の薄い場所等では
血中酸素濃度は低下しますので有効かもしれません。 


私は酸素バーに行ったことが無いので他の効果に関しては
良くわかりません。

参考URL:http://www.jomon.ne.jp/~takeuchi/qq/9komoku/spo2 …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
みなさんの回答を読んで、酸素についての知識がかなり高まりました。
酸素飽和度という言葉(ERというテレビ番組で飛び交っていますが)ですが、今回の回答を読むまで「酸素ホワード」という医学用語なんだろうと思っていました。
いい大人が恥ずかしいです。

時々調子に乗って動きすぎガックリくることがありますが、
そんな時酸素をちょっと吸うのはいいのかも~と思ったりしています。

お礼日時:2007/11/10 01:15

オキシバーは昔使ったことありますが??がたくさんつきそうなとこでしたね・・・


#1の方の貼られているリンク先の酸素の吸引マシンそのものでしたが・・・
あれは正直酸素に効果があるというよりアロマの方が効果が高いのではないでしょうか?!
気分的なものだけですよ・・・
しかも一番最初に行った時酸素を吸い終わった後指を出して血中酸素濃度を測ってくれます。 99%となっていましたが吸う前に測ってないのに何と比較しろと?!と思いましたね・・・
よくよく見たら最初に来たお客さんにはみんなそれでした。
怪しいというか・・・ 詐欺じゃない?!と思いましたよ(笑)
自発呼吸でも普通その程度は保ってるみたいでしたからね・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんばんは。回答ありがとうございました。
恐る恐るスポーツクラブの体験行ってきましたが、結構混んでいる時間帯だったせいか、酸素バーについては簡単な使い方の説明があっただけでした~。
リラックスできましたが、環境がそのように整えられているし、気分的なものも大きいかもしれないですよね。

お礼日時:2007/11/10 00:45

 高濃度の酸素を、鼻からチューブで吸引します。


私は、通ってる岩盤浴施設にて利用していて、アロマタイプの酸素バーを利用してます。
私は、美肌目的で利用してますが、効能はいろいろあるようですよ?
どちらかと言うと、疲れてから利用ではなく、運動前に利用するものなのではないかな?と思います。

参考URL:http://www.zero-style.net/oxy/index.asp
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
クラブの体験へ行って、酸素バーとゲルマ岩盤浴など試してきました。
教えていただいたカラフルな酸素バーではなくて、
真っ黒な表面にNOZOMIと書いてあるパーソナルテレビみたいなマシンでした。
ヘッドホンで音楽聞きながらシューッと出てくる酸素を吸うのでリラックスできましたが、
ゲルマ岩盤浴のほうが驚くほど汗が出てインパクトありましたね。

お礼日時:2007/11/09 23:54

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング