CH3CHOとCH3CH2CHOから何種類のアルコールができるのでしょうか?
自分がやったところ、
2CH3CHOでブタノール、2CH3CH2CHOで2-エチルヘキサノール、CH3CHO+CH3CH2HOで2メチルブタノール、CH3CH2CHO+CH3CHOでペンタノール
以上4種でした。当たっていますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

2CH3CH2CHOは2-メチルペンタノールです。


それと、単にブタノール、ペンタノールとしたものは、1-ブタノール、1-ペンタノールであり、2メチルブタノールは2-メチルブタノールです。
多分、わかっているのだろうと思いますが、減点対象になります。
    • good
    • 0

はい。

No.3のご回答の通りです。ご指摘ありがとうございます。


・・・・油断してしまった(恥)
    • good
    • 0

2メチルブタノールは「メチル基」と「ヒドロキシ基」の両方の位置番号が必要ですね. 2-メチル-1-ブタノール (or 2-メチルブ

タン-1-オール)?
    • good
    • 0

何をいってるんだかわかりませんね。

アルドール縮合をした後に還元するということですか?
CH3CHOとCH3CH2CHOとの反応だけでそれらのアルコールが出来ることはあり得ませんし。現実問題としてはかなり反応性の高いアルデヒドですので、ポリマーのようなものが出来るのは避けられないでしょうね。

この回答への補足

先生からの問題でしたので、現実的ではな反応でも気にしない感じです。
手順はアルドール縮合→脱水→還元です。
2CH3CHO→CH3CH(CH3)CH2CHO→CH3CH=CHCHO→CH3CH2CH2CHO→CH3CH2CH2CH2OH
質問中の答えは正解ですか?

補足日時:2007/11/12 01:00
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QKI+AgNO3→AgI(黄)↓+K(+)+NO3(-)やNa2SO4+BaCl2→BaSO4(白)↓+2Na(+)+2Cl(-)は正しい?

高校化学についての質問です。

KI(ヨウ化カリウム)にAgNO3(硝酸銀)水溶液を注いだらその水溶液にはAgl分子とK(+)、NO3(-)が存在するのでしょうか?
つまり、
KI+AgNO3→AgI(黄)↓+K(+)+NO3(-)
となると言っていいのでしょうか?

また、Na2SO4(硫酸ナトリウム)にBaCl2(塩化アンモニウム)水溶液を注ぐとその水溶液にはBaSO4分子とNa(+)、Cl(-)が存在するのでしょうか?
つまり、
Na2SO4+BaCl2→BaSO4(白)↓+2Na(+)+2Cl(-)
となると言っていいのでしょうか?

Aベストアンサー

考え方は合っていますが、反応式は以下のように表現されます。

KI+AgNO3→AgI+KNO3

Na2SO3+BaCl2→BaSO4+2NaCl

なお、BaCl2は塩化アンモニウムではありません。

塩化アンモニウムは NH4Cl
BaCl2は塩化バリウム です。

Q2ブタノン→3メチル3ペンタノール

2ブタノンにエチルマグネシウムブロミドそして
酸処理をすると3メチル3ペンタノール
が生成すると書いてあったのですが 反応機構が省略されていて
理解に困っています
どなたか教えてくださいませんか

Aベストアンサー

エチルマグネシウムブロミドにおいて、Mgに結合している炭素は負電荷を持っています(つまり「求核剤」になります)。Mgの方が炭素よりも電気陰性度が小さいからです。
したがって、その炭素は正電荷を持っている部分を攻撃します。
ここでは、2-ブタノンのカルボニル炭素が正電荷を持っており、それに該当します。なぜなら、酸素の電気陰性度が大きい為に、電子が酸素の方に引き寄せられるからです。
結果的に、(C2H5)2C(OMgBr)CH3がはじめに生じます。
これを酸で加水分解すると、3-メチル-3-ペンタノールとMgBr(OH)になります。ただし、用いる酸の種類や量によってMgBr(OH)は別のものになるでしょうが、このことはあまり問題とされません。

質問内容とは関係ありませんが、化合物名に「-」が欠落しています。

Q半電池 NAD+ CH3CHO

ある教科書に
「NAD+/NADH系は生体内における酸化還元反応に深くかかわっている。
その系がかかわるつぎの2つの反応について考える。
CH3CHO+2H++2e-→CH3CH2OH・・・(1)
NAD++H++2e-→NADH…(2)
教科書の表に示した生物学的標準電位よりE(CH3CHO/CH3CH2OH)=-0.197VおよびE(NAD+/NADH)=-0.320Vである。その起電力が正の値を取るように化学電池を構成する。その結果、NAD+/NADHおよびCH3CHO/CH3CH2OHから成る半電池がそれぞれ陽極(負極)および陰極(正極)となる。
この化学電池の生物学的標準起電力E=-0.197ー(-0.320)=0.123V」
とあるのですが、ここで一つ疑問があります。
陽極(負極)はe-を出す極、陰極(正極)はe-を受け取る極であるから、
CH3CHO+2H++2e-→CH3CH2OH・・・(1)
NAD++H++2e-→NADH…(2)     の反応では、どちらもe-を受け取っているので、どちらの反応も陰極(正極)での反応に思えるのですが
なぜ教科書の記述では(1)は陰極(正極)での反応で、(2)は陽極(負極)の反応なのでしょうか?
返答よろしくお願いします。

ある教科書に
「NAD+/NADH系は生体内における酸化還元反応に深くかかわっている。
その系がかかわるつぎの2つの反応について考える。
CH3CHO+2H++2e-→CH3CH2OH・・・(1)
NAD++H++2e-→NADH…(2)
教科書の表に示した生物学的標準電位よりE(CH3CHO/CH3CH2OH)=-0.197VおよびE(NAD+/NADH)=-0.320Vである。その起電力が正の値を取るように化学電池を構成する。その結果、NAD+/NADHおよびCH3CHO/CH3CH2OHから成る半電池がそれぞれ陽極(負極)および陰極(正極)となる。
この化学電池の生物学的標準起...続きを読む

Aベストアンサー

困ったな.
酸化電位とか還元電位とかいうと方向がどうのとか符号がどうのってのが混乱するようになるので,これらの言葉をやめて「酸化還元電位」に統一したんですよ.
符号は,単に電極の電位を+の方向にすればするほど,酸化がおこりやすくなるはず,という,いわば直感的な方向に合わせた結果,かつての還元電位と同じ取り方になった,ということなんですけどね.
電流の方向も,基本はそういう考え方.

んで,質問については,半反応式が矢印で書いてあるからひっかかるので,=で書くべきだ,と思うと.
で,半反応式の両辺にある酸化体と還元体の活量が等しい条件での半電池電位が標準酸化還元電位ということ.
電池を組んだ場合,標準電位同士で比較したとき,より+(貴) にある方の電極は,相手方によって-方向に引っ張られるように反応がおこるべきであり,これはつまり還元体を増やして酸化体を減らす方向を意味する.つまりこちらでは還元がおころうとする.これが陰極,カソード,正極の意味.反対の極ではもちろんこの逆.

Qs-2-ブタノールにCH3SO2Clとピリジンを加えてできる化合物(1

s-2-ブタノールにCH3SO2Clとピリジンを加えてできる化合物(1),
さらに(1)にCH3ONaを加えた化合物(2)
を教えてください.

可能であればどのような過程で反応が進むのかも教えてくださるとありがたいですが,答えだけでも大歓迎です.
どうかお早目にお願いいたします.m(__)m

Aベストアンサー

(1) s-2-メタンスルホキシブタン、もしくは、s-2-ブタノールメシラート、で通じると思います.

で、(2)ですが置換反応よりは脱離が起きるような気がしますねー.ナトリウムメトキシドなので、2-ブテンになるんじゃないでしょうか.
メシラートの置換って、Push-Pullでやらないとうまくいかないことが多かった気がします.

Q2-メチル-2-ブタノールの構造式を

2-メチル-2-ブタノールの構造式を
教えてください!!!至急お願いします!!!

Aベストアンサー

(1)ブタンはわかりますね。C4H10です。
構造式:CH3CH2CH2CH3
(2)2-ブタノールはブタンの2番目の炭素にOHがついた
  アルコールです。
構造式:CH3CH(OH)CH2CH3
(3)2-メチル-2-ブタノールは2ブタノールの
 2番目の炭素にメチル基がついたものです。
 CH3C(CH3)OHCH2CH3

<問題>以下の[ ]にあてはまる言葉を書きなさい。
(ヒント)お礼です。
第[   ]アルコールであり、酸化されにくい。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報