dポイントプレゼントキャンペーン実施中!

お世話になります。

会社である試薬を溶かすのに無水エタノールを使用しているのですが、
試薬を溶かす頻度が多く、またエタノールの使用量も多いので金額が高くついて困っています。

現在使用している無水エタノールは研究や実験等に使用される3L入りの瓶を使っています。
これを業務用や工業用といった量が多く割安な無水エタノールに変更したいのですが、
どなたか大容量で安価な無水エタノールをご存じの方いらしたら教えて頂けないでしょうか。

できれば一斗缶単位で購入できると助かります。

よろしくお願いします。

A 回答 (2件)

日本では、工業用エタノールは、「アルコール事業法」という法律で、製造・輸入・販売・使用が規制されています。


当法では「エタノール」のことを「アルコール」と称しており、法的には「特定アルコール」と「一般アルコール」に分類されます。
「特定アルコール」は酒税相当加算額を含む高い物で、事業法上の許可なしに、自由に販売・購入・使用ができます。一方、「一般アルコール」は免税の安い物ですが、販売、使用に際し事前に事業法上の許可を取得しなければなりません。

質問者が使用されている無水エタノールは、特定無水アルコールを原料とする「試薬」あるいは貴社が特定アルコールとして購入された物だと思います。
貴社で、今後無水エタノールの使用目的、使用方法(使用原単位他)が一つに限定できるのであれば、所定の手続きをして「一般アルコール」の使用許可を取得されることをおすすめします。
許可は一用途につき一件取得する必要があります。
そうすれば、1L当たり約1000円の酒税相当加算額を免除された割安な無水エタノールが入手可能となります。荷姿は1斗缶、ドラム、ローリー等が可能です。

但し、使用事業許可の登録免許税が一件につき¥15000必要で、許可取得後は毎年5月に前会計年度の受入、使用、在庫実績等を所管の経済産業局に報告する義務が生じます。

詳細は、経済産業省のホームページで、「アルコール事業法の手引き」をご参照下さい。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2013/04/09 22:18

無水エタノールが高価なのは酒税がかかるからです。


 工業用のエタノールは、他のアルコール(メタノールやイソプロピルアルコール)が加えて飲用に適さないようにしてあるため安価なのです。--変性アルコール
 工業用エタノールを購入して分別蒸留や共沸を使用してエタノールを分離するのが良いでしょう。必要なら金属ナトリウムなどを使用して完全に脱水します。

 なお、最近は変性アルコールでない工業用アルコールも経済産業省から認可された専門業者で販売されていますが、やはり変性アルコールよりは高価です。

 詳しくは
エタノール - Wikipedia ( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%82%BF% … )
 をご覧ください。

 私はでっかいフラスコと蒸留塔を組み合わせて精製して、その後ベンゼンとの共沸を利用して使用していました。手間さえ惜しまなければ電気代はペイします。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2013/04/09 22:18

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!