最新閲覧日:

「身を捨ててこそ 浮かぶ瀬もあれ」・・・の上の句って

「山川の 末に流るる 栃殻も」

でよかったですか??

あと、これの作者って誰ですか?お坊さんだったような。

誰かご存知でしたら教えて下さい。

A 回答 (2件)

山川の瀬々に流れる栃殻も実をすててこそ浮かぶ瀬もあれ


は空也上人だったと思います.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!!
やっとわかりました。
空也上人だったんですね。

お礼日時:2001/02/03 01:24

山川の瀬々に流れる栃殻も実をすててこそ浮かぶ瀬もあれ


ですよね。ちょっと作者が分からないのですが。

また、

ふりおろす太刀のもとこそ地獄なれ身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ
宮本武蔵ではなかったですか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

うわー かなり間違えて覚えていたんですね。
一人伝言ゲームです。
恥ずかしい限りです。

宮本武蔵も同じようなのを作ってたんですね。
まったく知りませんでした。
でも「こそ」が2回も入ってて、下手な歌ですよね。
2回係り結びしてる。(これが味わい??)

ありがとうございました。

お礼日時:2001/02/02 22:18

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報