ここから質問投稿すると、最大4000ポイント当たる!!!! >>

子会社化することによるメリットはその会社を親会社が支配でき、議決権を得ることだとは思うのですが、だから何?と思ってしまいます。

例えばトヨタ自動車や楽天は数多の子会社を持っています。子会社の子会社というのも存在しています。でも結局は連結決算されるのだから、親会社と子会社をわけなくて、いっしょくたんに一つの会社へしてしまっても問題ないような気がするんですが、しないのはなぜでしょうか?子会社にしてたくさん分けておくと税金面で得をするとかなんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 連結決算で会社を見るようになった現在では、財務的にはあまりメリットはないといえますが、人事的にはかなり大きなメリットがあります。



 将来儲かる可能性があるが大きなリスクを伴う事業や、将来性が危ぶまれるが今現在は儲かっている事業などを行う場合、に子会社化しておけば、事業を精算するときに、赤字は親会社が引き継がなければならなくなりますが(赤字の子会社にお金を貸すような銀行は、親会社に債務保証を求めます。赤字の子会社が外部から資金を導入した場合、子会社が返済出来なくなった場合、親会社が返済する約束をしないと、多くの場合は、お金を出してもらえません。)、そこで働いていた人まで親会社に引き取ることは、基本的には求められません。
(子会社の従業員が雇用確保を親会社に求めても、道義的責任の範囲に留まります。)

 また生産性はないが継続しなければならない事業などでは、親会社が労働組合と約束した賃金とは全く異なった安い賃金体系を適用できます。
    • good
    • 12

1.利益の絶対額を目的とする場合


2.子会社にして、上場利益で貢献する目的の場合
3.既存事業の経費を軽減する目的の場合
など、詳しくは下記で


http://www.h4.dion.ne.jp/~nova/mag2vol1.htm
    • good
    • 9

経営学から説明しようとすると複雑になりますが、目線の観点からすると割りと簡単です。



下からや、横から見ていないで、上から見てみてください。 なぜ子会社にした方がいいか、一発でわかります。
    • good
    • 44

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q企業はなぜ事業部を子会社かするのか?

三菱重工の食品包装機械事業部は三菱重工食品包装機械株式会社となりました。
歴史を見ると三菱自動車、電機ともに重工から分岐していったようです。
どうして企業は事業部を独立させたがるのでしょうか?
経営が苦しくなったらきるためでしょうか?

Aベストアンサー

大手企業の子会社に勤務しております。

子会社にするメリットは

1.子会社にすることで、経営判断が速やかにできる。
 とくに、決裁に要する時間が短縮できる。

2.子会社の社員にすることで、給与が抑えられる。
 子会社の社員の給与は、親会社の社員の6~7割程度
 ですから、給与総額を抑えられますね。

3.新規事業の場合は、事業部で行うより,子会社にした
 方が、親会社のリスクが軽減できる。子会社にした場合 は、事業に失敗した場合。出資金(資本金)と貸付金だ け負担すれば、すみますから。

今,会社の業績は、グループ全体で見ますから(連結決算)
子会社にしても、売上は減らないので、今後、子会社化、
分社化は進展するでしょう。

Q子会社のメリット デメリット

子会社のメリット デメリットを教えて下さい。

あまり良く分からないので 詳しく教えて頂けませんでしょうか?

宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

子会社で働く人からみた長所、短所ですね。

まず、長所としては、同じぐらいの大きさの会社、たぶん中小企業だとおもいますが、独立系よりも子会社の方が、仕事が安定しており、また資金面の緊急支援などが期待できるので、倒産して、路頭にさまようリスクが少ないことでしょうね。

一方の短所は、独立系の中小企業のような主体性が保てないので、親会社の方針や経営状態に左右され、また民間版”天下り構造”が有る場合は、子会社のなかで昇進、昇格する余地が限定されることでしょうか。

例外は、古河電工の子会社として出発した富士電機が大きくなり、富士電機の子会社として出発した富士通が大きくなり、富士通の子会社として出発した富士通ファナックが世界一のロボットメーカーになった例などもあります。

Q『子会社化』 と 『完全子会社化』 違いは???

よく企業買収で出てくる言葉で

『子会社化』 と 『完全子会社化』

があります。

この違いは、詳しく理解するとどんな違いがあるのですか???



ワイルドな答え待ってるぜぇ~




※カテゴリー違いかもしれないぜぇ~

Aベストアンサー

細かな定義は別にして、子会社はその会社の株式の50%以上100%未満を保有する場合、完全子会社はその会社の株式のすべての株式を保有する場合ということです。
子会社の場合は他の少数株主がいるので、あらゆる事項について親会社の意向の通りに出来ない場合があります。
これに対して完全子会社はすべての決定権は親会社が持っているのでそのような他人に意向を気にすることがなく、親会社の判断だけで子会社を経営することが出来ます。
完全子会社の実態は親会社の1事業部門と見ても良いような存在になります。

Q子会社を作る意味

現在会社を経営しておりますが
子会社を作れば、黒字赤字関係なく7万円が法人住民税にかかりますよね。

会社の中に部門を作っていけばいいのに
なぜ子会社や関連会社を作るのでしょうか?
子会社を作るメリットを教えてください。

子会社を作らないメリット
1 住民税が1つだけでいい
2 意思決定が早い。


子会社を作るメリットとは?

Aベストアンサー

なんといっても給料ですよ。
やっぱり親会社って給料いいですよー。
で、同じ部門にしちゃったら高い給料
ださないといけないじゃないですか。

安い給料で雇いたいから子会社を作る
んです。
だから不採算部門を子会社にして
給料下げる、なんて聞くじゃないですか。

給料って、会社の一方的に下げられない
んですよね。生活給ですから。
でも子会社(別会社)になれば、新しい
社内規定新しい給与体系になりますし。

2000shouさんが経営者でもそうると
と思いますよ。
だったら社員じゃ無くて給料安いパート
を雇って子会社にしなければいいじゃん、
っていうのも有りでしょうけど。

だから定年後は給料が安い子会社に
出向なんていうのも多いじゃないですか。

Q子会社化のメリット

子会社化するのはなぜですか?
例えば、ダイハツはトヨタの子会社ですよね、これによって
得られるダイハツのメリットとトヨタのメリットを教えて下さい。
お願いします。

Aベストアンサー

子会社とは50%以上の株式を親会社が持っていること、また、20%以上を関連会社といいます。
子会社であれ、関連会社であれ、企業決算が単体決算から連結決算になって、また、政府が連結納税制度を検討中なので、少し前までのように、赤字部門を切り離して親の決算を良くしようという手法は使えなくなりました。

本来の姿に近づいているのが最近の傾向で、その本来の姿とは自社の得意分野と子会社の得意分野の棲み分けがポイントになるでしょう。
ご質問のトヨタとダイハツの事例はその典型とも思えます。
トヨタは高級乗用車から大衆車までの乗用車分野が得意ですが、ダイハツは軽自動車が得意分野です。同じ「自動車」あるいは「乗用車」でも、普通自動車と軽自動車では開発に関するノウハウが異なり、トヨタはダイハツブランドを手中にするメリットがあります。また、ダイハツ側は、トヨタという資本・資金両面で豊富な会社の傘下に入ることで、安心して得意分野に取り組めます。
これと同様なのが日野自動車で、トラック分野に関して得意な日野をトヨタは傘下におさめていますね。

ダイハツも日野自動車もトヨタ系列になりましたが、安定性においてのメリットがあり、子会社としての意味は十分にあるといえるでしょう。

子会社とは50%以上の株式を親会社が持っていること、また、20%以上を関連会社といいます。
子会社であれ、関連会社であれ、企業決算が単体決算から連結決算になって、また、政府が連結納税制度を検討中なので、少し前までのように、赤字部門を切り離して親の決算を良くしようという手法は使えなくなりました。

本来の姿に近づいているのが最近の傾向で、その本来の姿とは自社の得意分野と子会社の得意分野の棲み分けがポイントになるでしょう。
ご質問のトヨタとダイハツの事例はその典型とも思えます...続きを読む

Q連結子会社と完全子会社の違いについて

連結子会社と完全子会社(簡易株式交換による)ってどこが違うの?
わかりやすく教えて下さい。

Aベストアンサー

連結子会社とは、30%超の株式を保有したり、人的な支配をしたり、実質的に支配下にあって、連結決算の対象としなければならない子会社です。
完全子会社は、その中で100%の株式を保有している子会社です。

Q子会社化するとお給料はどうなるの?

初めまして。この度離婚し、再就職活動をしていますが、面接した会社が、一部上場の大手企業に買収され、子会社化するらしいのですが、今後お給料・福利厚生等はどうなるものなのですか?教えてください。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

子会社化なら合併とは違うので(株主が変わるだけ)特に待遇面は
変更無いのではないですか。
まあ面接した方に質問するのが確実です。

Q親会社と子会社の給料の違い

私は某大手食品メーカーの子会社に内定を頂きました。
そこで、質問なんですが、やはり子会社だと親より給料やボーナスは少ないのでしょうか?

また、昇進などもなかなか出来ないのでしょうか?
これからのことに不安なためどうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

その会社次第ですね^^

私は大手企業の子会社に就職しましたが、
親会社より格段に多かったですよ。

でも、会社の平均月収、ボーナス比べてもあまり意味はありません。
勤続年数が増すたびに、同期でも給与にかなりの開きがでてきます。
要は実力次第ですね。

その子会社で通用する実力ではなく、
どこに行っても通用する実力を身につけるしかないんです。

そうなれば、その子会社でも必然的に給与は上がります。
もし、上がらなければ転職すれば良いわけです。
なんといっても、「どこに行っても通用する実力」をもっているわけですから。

ちなみに私は、6年勤めて初任給の、ちょうど倍額まで上がりましたよ^^

Q100%子会社から親会社への配当金は合法?

詳しい事すら知らずに質問してしまい、すみませんが、色々なところで探しても見つからなかったため、質問させて頂きます。

1.100%出資した子会社を設立した場合、
その子会社から親会社に対し、
配当金を支給することは合法ですか?

2.配当金としてしまうと、
税対策にならないかと思いますが、
通常、大企業の場合、
どうやって自分の子会社から利益を吸収しているのでしょうか?

以上2点、教えてくださいm(_ _)m

Aベストアンサー

100%子会社から親会社は配当を取れるか、というご質問でよかったですか?

子会社に配当可能利益があれば、その範囲内であれば配当は可能です。
100%子会社であろうと、1%であろうと、株主の配当請求権は変わりません。

>配当金にしてしまうと税対策にならない‥‥。

受取配当の益金不算入制度は使えませんか?
親会社(内国法人)が、子会社(内国法人)の発行済株式総数の25%以上を
6ヶ月以上継続して保有している場合には、その受取配当は税務上益金から控除
できると思いますが。


あ、ちなみに6ヶ月以上とは、配当支払義務(決議した日)が確定する日から
遡って、ということです。

Q社員を子会社へ出向させるのは何故ですか

大企業は社員を子会社へ出向させます。そして子会社の社員として働きます。なぜそんなことをするんでしょうか?子会社へ出向させるということは、親会社の社員ではなくなるので、その社員分の給料や経費かからなくなる、だから税金が安くなるということで出向させるのでしょうか?ただ連結決算されるので、いくら社員を子会社へやったところで会社全体の収支はかわらないと思うのですがどうなんでしょうか?

私の知っている上場企業はその企業から子会社へ出向させます。といっても職場は同じです。島が隣にうつったくらいで、距離にしたら2mくらいの場所へ移動しただけです。意味がないと思うんですが、なぜこんなことをするのか不思議です。

Aベストアンサー

子会社への出向は色々な意味合いがあります。
懲罰的な異動もあれば、その逆でキャリアを積むための場合もあります。
一般的な理由としては、親会社の社員数を見かけ上減らすことが出来るため、親会社の社員一人あたりの売上高を高く見せる効果があります。
連結決算なので良く調べればすぐ解ることですが、一見少ない人数で、高い売上、利益がある会社ほど高く評価され、株価にも影響しますので、大企業ほど積極的に部門単位で子会社化して、社員を出向させることが日常的に行われております。
よって不採算部門やパーヘッド(一人あたりの売上)の低い、手間のかかる業務(メーカーで言えばCSやアフターサービス部門など)は積極的に子会社化することで、本社の経営数値を良くすることができます。


人気Q&Aランキング