【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

脱着ってのは「付けたり、外したり」ですよね?
装着の対義語を教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

 脱離


 これは辞書にもありますが、宗教的な用語ではあります。
 でも最初宗教的な用語が、日常の他の意味に使われてきている事例はあります。
 同一の発音、字でもって、別のことばとなっているものも多いので、許容されるかもしてません。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

皆様ご回答頂きありがとうございました。

お礼日時:2008/01/07 08:39

> う~ん‥響きがあまり良くない(笑)



だろうと思いました ( ^^;
すっきりした表現としては、よく「分離」が対義語「的」に使われますね。
    • good
    • 4

「脱装」


---
「装着」の対義語はないのでこの際、新造語を作るべし。
コピーならなおさら。新鮮なことこの上ない。拘束を解き
放たれて逃げていくような語感も誘う。まことによい。
来年の流行語大賞候補間違いなし(うん
    • good
    • 1

「着脱」は「着たり脱いだり」ですが、


「脱着(科学用語)」はちがいますよ→吸着していた分子が、加熱・減圧などによって、固体表面からの引力を振り切って離れてゆくこと。

「装着」→「解除」「取り外し」

「ヨロイを装着」だと「ヨロイを脱ぐ」なんですよね。
    • good
    • 5

「取り外し」です ( ^^

    • good
    • 2
この回答へのお礼

わざわざありがとうございます。
「取り外し」ですか!? なるほど、漢字二文字とは限らないんですねぇ。 
キャッチコピーに使うんですが、う~ん‥響きがあまり良くない(笑)

お礼日時:2007/12/19 16:54

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「装着」の反対語は?

「装着」の反対語は「外す」
だと思うんですが、その「外す」を難しい言葉でいうとなんですか??
教えてください!

Aベストアンサー

難しい言葉って何?

私、ほんと毎日「ことばって難しいな」って思います。
外すって難しい言葉だよなぁ・・・。
・・・


というのはともかく「装着」の同義語は
・つける
・接着
・くっつける
・ひっつける
・取り付け
・マウント
ですね。
これらの反対の意味を一言で表せればそれが「反義語」ということになります。

ということで、これを一言で言うと「はずす」ということになりそうですが、それはあなたのいう「難しい言葉」にはなりそうもないので、いいかえると

・剥離
・撤廃
・除去
・除外
・削除
・排除
・撤収

ってのもありですね。感覚的には?ですが。

参考URL:http://www.gengokk.co.jp/thesaurus/

Q装着の反対語って?

装着の反対語はなんですか?
着脱じゃないし…
調べたんですがわかりませんでした。
お分かりになる方おしえてください!

Aベストアンサー

はじめまして!
装着=部品などを取り付けること
反対の言葉としては、「取り外す」「脱着」←国語辞典には無いですね。
意味合いとしては、「取り外す」「取り外し」が良いかと思います。
ご参考まで

Q着脱、脱着の違い

着脱、脱着の違いを教えてください。
着脱は衣服や物を付けたり外したりで、脱着は物が剥がれたり、くっついたり(吸着、離脱)と思っています。
広辞苑では着脱も脱着も同じような意味に書いてあります。
他の辞書では脱着はありません。
以上よろしくお願いします。

Aベストアンサー

前者は普通の言葉ですが、
脱着は工業の機械分野の準専門用語(製造現場用語jargon)です。
脱着可能とか自在mountable,removable
といった複合語としての使用頻度が高い。

Q『衣装を着用する』の『着用』の反対語は?

『衣装を着用する』の『着用』の反対語は?
『脱衣』なんか、意味としては近いと思いますが、『衣装を脱衣する』
とは、あまり言わないと思います。
 どうぞ、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

 通常は、『衣装を脱ぐ』、『衣装を着る』であって、仰せのように『衣装を脱衣する』も、『衣装を着衣する』もいう筈がないのではありませんか。
 『衣装を脱ぐ』、『衣装を着る』から、『衣装の着脱』や、『衣装を着脱する』という表現がでてきているのではありませんか。

 確かに着用ということばがあり、『着用の衣装』という言い方は自然でもあり、『『衣装を着用する』という表現がないわけでもないが、『一張羅を着こんで、』というような、『一張羅を着用に及び、』という表現では使うかもしれませんね。
 そういうことに対応した、『脱ぐ』という場合がどうも、想定が出来ませんね。
 知識欲か単なる疑問ではなく、『困った』マークですので、そのご事情も付加していただくと、お尋ねの言葉を探せるかと存じます。

 私たちは『解脱』という言葉を持っています。これを『げだつ』とよめば、いうまでもなく、『liberation』、『emancipation』、或いは『deliveration』でしょう。
 そういう宗教性や思想性の中からの用語としてではない、ことばとしてつかうのであれば、同じ『解脱』ということばを『かいだつ』と読み、仰せの意味のことばとすることもかんがえられないでしょうか。
 ちなみに私たちは、雨月でも、山月記でも、聊斎志異などで、それぞれの動物の服を着脱する、話があります。そして征服などのことばもあります。
 一定の仏教思想でも、人間の服を脱ぐことを、呉音でしょうか、『げだつ』といってその字が『解脱』なのです。
 なれば仏教の呉音でない、『かいだつ』と読む『解脱』があっても悪いことでもありますまい。
 しかし、一般の馴染がないから、当面はルビを振るか、括弧で読みをつけるか、頭註か脚註、或いは文末註やなどでご理解をお願いするより仕方ありますまい。
 なにせ、宗教用語の『解脱:げだつ』が先行している経緯ですから。
 『着脱』の着用に対応した『脱ぐ』という意味の言葉をどうしても必要だという場面が思い浮かべば、また皆様のご回答もあるのではないでしょうか。
 単に疑問とか知識欲、或いは議論ではなく。(或いは、余計なことでしょうが)

 通常は、『衣装を脱ぐ』、『衣装を着る』であって、仰せのように『衣装を脱衣する』も、『衣装を着衣する』もいう筈がないのではありませんか。
 『衣装を脱ぐ』、『衣装を着る』から、『衣装の着脱』や、『衣装を着脱する』という表現がでてきているのではありませんか。

 確かに着用ということばがあり、『着用の衣装』という言い方は自然でもあり、『『衣装を着用する』という表現がないわけでもないが、『一張羅を着こんで、』というような、『一張羅を着用に及び、』という表現では使うかもしれませ...続きを読む

QNをkgに換算するには?

ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?一応断面積は40mm^2です。
1N=9.8kgfなので、「40kg=N×0.98」でいいのでしょうか?
ただ、式の意味がイマイチ理解できないので解説付きでご回答頂けると幸いです。
どなたか、わかる方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

kgfはSI単位ではないですが、質量の数値をそのまま重さとして考えることができるのがメリットですね。


>>>
ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?

なんか、日本語が変ですね。
「ある試験片に40kgの重りをつけた時の引っ張りの力は何Nの力で引っ張るのと同じですか?」
ということですか?

・・・であるとして、回答します。

40kgのおもりなので、「おもりにかかる重力」は40kgfです。

重力は万有引力の一種ですから、おもりにも試験片にも、地球からの重力はかかります。
しかし、試験片の片方が固定されているため、見かけ、無重力で、試験片だけに40kgfの力だけがかかっているのと同じ状況になります。

試験片にかかる引っ張り力は、

40kgf = 40kg×重力加速度
 = 40kg×9.8m/s^2
 = だいたい400N

あるいは、
102グラム(0.102kg)の物体にかかる重力が1Nなので、
40kg ÷ 0.102kg/N = だいたい400N


>>>1N=9.8kgfなので、「40kg=N×0.98」でいいのでしょうか?

いえ。
1kgf = 9.8N
ですね。


>>>一応断面積は40mm^2です。

力だけでなく、引っ張り応力を求めたいのでしょうか。
そうであれば、400Nを断面積で割るだけです。
400N/40mm^2 = 10N/mm^2 = 10^7 N/m^2
1N/m^2 の応力、圧力を1Pa(パスカル)と言いますから、
10^7 Pa (1千万パスカル) ですね。

こんにちは。

kgfはSI単位ではないですが、質量の数値をそのまま重さとして考えることができるのがメリットですね。


>>>
ある試験片に40kgの重りをつけた時の荷重は何Nをかけてあげると、重り40kgをつけたときの荷重と同等になるのでしょうか?

なんか、日本語が変ですね。
「ある試験片に40kgの重りをつけた時の引っ張りの力は何Nの力で引っ張るのと同じですか?」
ということですか?

・・・であるとして、回答します。

40kgのおもりなので、「おもりにかかる重力」は40kg...続きを読む

Q「基」と「元」の使い方

経験を"もと"に話す。
上記の場合の”もと”は元、基のどちらが正しいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして。

ご質問1:
<上記の場合の”もと”は元、基のどちらが正しいのでしょうか?>

「基」になります。

1.「経験を"もと"に話す」とは言い換えれば「経験にもとづいて話す」ことと同じです。

2.「もとづい(て)」は「もとづく」の連用形です。

3.「もとづく」は「基づく」という漢字しか存在しません。

4.従って、ここでは元、本、素などの漢字は適切ではありません。


ご質問2:
<経験を"もと"に話す。>

1.「~をもとに」という語感が「~を元に戻す」といった語感になるため、「元」の漢字を想定されたのだと思われます。

2.しかし、ここで使われる「もと」とは「土台」の意味になります。

3.他の漢字「元」「本」などには「土台」「ベース」といった意味はありません。

4.従って、ここでは基が適切な漢字となります。

以上ご参考までに。

Qエクセル STDEVとSTDEVPの違い

エクセルの統計関数で標準偏差を求める時、STDEVとSTDEVPがあります。両者の違いが良くわかりません。
宜しかったら、恐縮ですが、以下の具体例で、『噛み砕いて』教えて下さい。
(例)
セルA1~A13に1~13の数字を入力、平均値=7、STDEVでは3.89444、STDEVPでは3.741657となります。
また、平均値7と各数字の差を取り、それを2乗し、総和を取る(182)、これをデータの個数13で割る(14)、この平方根を取ると3.741657となります。
では、STDEVとSTDEVPの違いは何なのでしょうか?統計のことは疎く、お手数ですが、サルにもわかるようご教授頂きたく、お願い致します。

Aベストアンサー

データが母集団そのものからとったか、標本データかで違います。また母集団そのものだったとしても(例えばクラス全員というような)、その背景にさらならる母集団(例えば学年全体)を想定して比較するような時もありますので、その場合は標本となります。
で標本データの時はSTDEVを使って、母集団の時はSTDEVPをつかうことになります。
公式の違いは分母がn-1(STDEV)かn(STDEVP)かの違いしかありません。まぁ感覚的に理解するなら、分母がn-1になるということはそれだけ結果が大きくなるわけで、つまりそれだけのりしろを多くもって推測に当たるというようなことになります。
AとBの違いがあるかないかという推測をする時、通常は標本同士の検証になるわけですので、偏差を余裕をもってわざとちょっと大きめに見るということで、それだけ確証の度合いを上げるというわけです。

Qエクセルで打ち込んだ数字を自動で別シートに表示したい

エクセルでセルに打ち込んだ数字を自動で別シートに表示できる方法があれば、教えてください。

例えば、シート1のC1に5を打ち込んだら、シート2のD2にシート1で打ち込んだ5が自動で表示される。

また1列すべてを自動で表示させる場合、一つのセルの時と違いがありましたら教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは。
入力したセルの値を合計とかでなくて、
純粋に別のシートに自動的に表示したいのであれば、
以下の方法があります。

1.1つのセルだけの場合
例)シート1のC1に5を打ち込んだら、
  シート2のD2にシート1で打ち込んだ5が自動で表示される

⇒シート2のD2のセルをアクティブにして「=」を入力
 した後、シート1のC1をクリックする。
 そうするとD2のセルに「=Sheet1!C1」と表示され、値が自動的に
 表示されるようになります。

2.1列全てコピーしたい場合。
  コピー&リンク貼り付けを使うと便利です。

例)例)シート1のC1~C5に何かを入力したら、
  シート2のD2~D7にシート1で打ち込んだものが自動で表示される

  シート1にあるコピー元のセルを範囲選択して、
  シート2のD2の上で「右クリック」⇒「形式を選択して貼り付け」
  をクリックします。

  そして出てきた小さな画面の左下にある「リンク貼り付け」という
  ボタンをクリックすると完成です。
  試してみてください。。

  念のためにリンク貼り付けを図解しているURLを載せておきます。
  参考にしてみてくださいね。。
  http://www.geocities.jp/office_inoue/excel/eq21.htm

こんばんは。
入力したセルの値を合計とかでなくて、
純粋に別のシートに自動的に表示したいのであれば、
以下の方法があります。

1.1つのセルだけの場合
例)シート1のC1に5を打ち込んだら、
  シート2のD2にシート1で打ち込んだ5が自動で表示される

⇒シート2のD2のセルをアクティブにして「=」を入力
 した後、シート1のC1をクリックする。
 そうするとD2のセルに「=Sheet1!C1」と表示され、値が自動的に
 表示されるようになります。

2.1列全てコピーしたい場合。
  コ...続きを読む

Qアンプルとバイアルの違い

お医者さんの使う薬はアンプルとかバイアルという容器に入っていますが、これらの違いはどこにあるのでしょうか?
容量でしょうか、それとも形が異なるのですか?
それと元々何語由来かも教えていただけたら幸いです。
また他の名称の容器についても教えてください。

Aベストアンサー

注射剤を入れる容器の話と言うことで、これまでの回答と重複する部分もありますが、まとめさせていただきます。
ちなみに注射剤の容器は、医薬品の公定書(日本薬局方やアメリカのUSPなど)では、アンプル、バイアル、その他を問わず、全て密封容器とされています。

アンプルは、薄手のガラス管(ホウ珪酸-硬質ガラス)を成型したもので、薬液を充填した後、末端を熱(通常はガスバーナー)で溶融して閉じてあります。

特徴ですが、硬質ガラスは医薬品成分が吸着したり、逆にガラスの成分が溶出したりすることがほとんど無く(わずかにアルカリ分が溶出しますが)、内容液との反応性がとても低いと言えますし、もちろん酸素などのガス透過性もありません。
また、バイアルに比べると低コストで作れます(バイアルに必須なゴム栓や、これを止めるアルミキャップも不要です。)ので、単価の安い医薬品にも使いやすいと言えます。
欠点としては、薄手のガラスを使っているため比較的壊れやすく、大容量にするには適さない(ふつうは20ml程度まで)点と、以下厳密な話になりますが(実用上はほとんど問題ありませんが)使用時に首の部分を折る時に、微量のガラス片が内容物に混入する可能性がある(加熱して溶閉しますので、内部が陰圧になっており、破片を吸い込んでしまいます。)ことがあげられます。

語源はフランス語で(歴史的に始めに使われたのはフランスです。)、ampouleというのは、ふくらんだといった意味で、ガラス管をふくらませた物(当初は管状ではなく、丸っこいものでした。)に薬液を入れて封入したので、このような名前になったのだろうと思います。

バイアルは、ガラス瓶(最近では、プラスチック製のものもあります。)にゴムでできた栓をするものです。
製法から大別すると2種類あり、一つは管瓶といわれるもので、これは硬質ガラスの管をガスバーナーで成型して作られたもので、アンプルに比べると厚手のガラス管を使うことから、加工温度を高くしなければならず、このためアルカリ溶出が多少多くなる傾向があります。また、この製法ではあまり大容量のものはつくれません。(200ml程度まで。)

もう一つの製法は、溶融したガラスを型に入れ、内部に空気を吹き込んで成型する方法で、大量生産の場合かなり低コストですし、大容量のものも作れますが、こちらは軟質(ソーダライム)ガラスを用いますので、管瓶に比べアルカリ分が多めになり、内部の薬液がアルカリ性の場合、長期間の保存では、ガラス内壁の腐食も配慮する必要があります。それから、管瓶に比べて、どうしてもガラス厚が大きくなりますので、その分重くなります。(たいした問題ではありませんが、流通性では、多少の欠点といえます。)

また、バイアルはゴム栓を用いますので、内容物によってはゴム栓への吸着による力価の低下(代表的なものとして、インシュリンやニトログリセリンなどがあります。)の恐れがあり、このような場合には、表面をテフロンでコートしたゴム栓が用いられたりします。
アンプルが一度開けたらその場で使い切らなければならないのに対し、バイアルは注射器でゴム栓のところから薬液を取れますので(ふたを開けなくてもよい)、残りを保存して繰り返し使用ができます。(ただし、無菌性の面から、一度使ったものはあまり長く保存すべきではありません。)
細かい話になりますが、ゴム栓に繰り返し注射針を刺すと、ゴムの一部が剥離して(コアリングと言います)、薬液に混入する危険性もあります。

なお、凍結乾燥製剤の場合、使用性だけでなく製造工程の面からも、(全てではありませんが)アンプルよりもバイアルが好んで使われる傾向があります。

大容量のバイアルをボトルと呼ぶことがありますが、これは慣用的な呼び名で、厳密にどの大きさからと決まっているわけではありません。
どちらも名前の由来は、多分英語だと思います。

ガラス以外では、プラスチック(ビニール)製の容器もあり、これらのほとんどは、点滴用の輸液などに用いる、大容量の物です。(ポリエチ製の小容量アンプルもありますが。)

こちらは、ポリエチレンなどの比較的硬質な材料でできたボトルと、厚手のビニール袋のようなバッグに大別されます。
これらは、ガラスボトルに比べ軽くて壊れにくい点と、使用後の廃棄が楽な点で優れています(流通や使用時の利点と言えます。)が、材質によっては、内容物の吸着や酸素などのガス透過性を配慮する必要があります。(内容物に合わせて、適した材質が使われますので、実用上は問題ありませんが。)

余談ですが、点滴をしている際、ボトルでは薬液が減った分の空気を入れるために、通気針と呼ばれる注射針を刺しておかなければなりません。(空気が入らないと、内部がだんだん陰圧になって、薬液が出てこなくなります。)
一方、バッグでは薬液が減るとペシャンコにつぶれてきますので、通気針が不要で、その分使いやすいといえます。(外気が内部に入りませんので、無菌性の面でも有利です。)

その他の注射剤容器として、ガラスやプラスチックの注射筒にはじめから医薬品が封入してあり、注射針をつけてそのまま使用できる、プレフィルドシリンジといったものもあります。

注射剤を入れる容器の話と言うことで、これまでの回答と重複する部分もありますが、まとめさせていただきます。
ちなみに注射剤の容器は、医薬品の公定書(日本薬局方やアメリカのUSPなど)では、アンプル、バイアル、その他を問わず、全て密封容器とされています。

アンプルは、薄手のガラス管(ホウ珪酸-硬質ガラス)を成型したもので、薬液を充填した後、末端を熱(通常はガスバーナー)で溶融して閉じてあります。

特徴ですが、硬質ガラスは医薬品成分が吸着したり、逆にガラスの成分が溶出したりす...続きを読む

QWord 文字を打つと直後の文字が消えていく

いつもお世話になっています。
Word2000を使っているものです。
ある文書を修正しているのですが,文章中に字を打ち込むと後ろの字が消えてしまいます。
分かりにくいですが,
「これを修正します。」
という文章の「これを」と「修正します。」の間に「これから」という単語を入れたときに,その場所にカーソルを合わせて「これから」と打つと,
「これをこれからす。」
となってしまいます。
他の文書では平気です。
何か解決する方法があれば教えて下さい。

Aベストアンサー

入力モードが「挿入」(普通の入力)から、「上書き」になってしまっているのだと思われます。
キーボードに[Insert]というキーがあると思いますので、1度押してみてください。


人気Q&Aランキング