出産前後の痔にはご注意!

同様の質問がありましたがどうにも理解できないので再度質問します。
「執行役員」の定義は「企業で実際の事業を執行する役員。商法上の取締役と違い監督という業務がなく,法上の責任も負わない。
業務執行とそれを監督する取締役を分けることで,監督機能の強化と意思決定の迅速化を図る」となっていますが、新聞等で会社
人事の記事を見ると「代表取締役副社長執行役員何の誰兵衛」という肩書きをよく目にします。
これでは業務執行と監督が全然分離されてないと思うのですが、どうなってるのでしょうか?
執行役員としては責任を取らないが、取締役としては責任を取る・・・って、何の意味があるのでしょうか?
執行役員の定義自体が変わっているということなのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

確かに、執行役員の元々のねらいは監督と業務執行との分離分担にあったようですが、このような事実上のポジションはたいてい、元々のねらいを離れて活用されるものであり、執行役員もご他聞に漏れず様々な派生形を生み出していったのではないでしょうか。



現在では、執行役員は、本来の位置づけによる場合のほか、会社によっては人員数その他の理由で暫定的に兼務させるケースや、取締役と兼務させることで法律上の業務執行取締役(会社法2条15号)とするケースなども見られるような気がします。

このうち、疑問に思われているのは、おそらく、暫定的兼務のケース、もしくは業務執行取締役であるケースに当てはまる可能性があるように思います。

この他、名目的(代表)取締役でないことを表すために敢えて「執行役員」を付している場合、同じ(代表)取締役の中でも上下関係や役割分担のあることを体内的・対外的に明示すべく付している場合などもありましょう。
ここまでくると、部外者から「不要では?」と思われても止むを得ないかと思われます。しかし、そもそも執行役員の定義が一義的でなく一定していませんから、このような派生形が生じるのもまた止むを得ないものではないでしょうか。むしろ、一見矛盾のある肩書きなどは、その会社の内部事情を窺い知る重要な資料のひとつになるものと思います。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
再度あちこち見てみましたが、そもそも日本で最初にソニーが導入したとき既に「取締役兼任」だったそうで、やはり日本固有の事情がそうさせているようですね。
本来の主旨すら理解せず「なんか流行ってるからうちも」というテキトーな会社が結構あるような気がして・・・

お礼日時:2008/01/14 14:04

すいません。

NO.2です。執行役は会社法のものですね。執行役員は会社法にないものみたいですね。リンクをだしました。そもそも会社法の分離されたものは大きな会社しか適応できません。また欧米流の経営手法は日本でまだ未成熟か少し違う文化で完全に導入できないものだと思います。欧米は配当などに対し、成果ださないといけません。日本はまだそういう意識になったのが最近でしかも長期経営でよかったこともあり、完全に同じになると思われないので、折衷されて兼務していると思います。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9F%B7%E8%A1%8C% …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

再度の回答ありがとうございます。
何でも「欧米か!」すればいいというわけでもないですね。

お礼日時:2008/01/14 14:06

取締役は本来取締役を経営を適切にしているかを調べる人です。

かねてもかまいません。監査役が財務の表をチェックするとすれば、取締役は内容を主にします。ですから社外取締役などもいれることがあります。経営の責任を負います。執行役は実際に担当範囲を行う人です。とり
    • good
    • 6
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
が、質問は「執行役員」についてで「執行役」ではありません・・

お礼日時:2008/01/14 00:11

執行役員はあくまで会社内での便宜的な役職です。

社長や専務なんかと同じく取締役である必要はありません。
大規模な会社の事業が複雑化する中で、あまり多くの取締役を置いてしまうと会社の意思決定が遅れるなどの場合に、中間的なポジションとして設置するのが執行役員です(取締役ではないが待遇は同等)。
逆に言えばその問題が無いのであれば兼任しても構わないポジションです。(単に担当を明確化するだけの肩書きとなる)

何にしても取締役である必要は無いという以外、明確な定義が無いのであまりこだわっても仕方ないでしょう。
ちなみに、会社法で定められた責任ではないというだけで、もちろん業務の責任はありますよ。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
おっしゃるとおり明確な定義がないのでこだわってもしょうがないのですが、元々のねらいが「業務執行とそれを監督する取締役を分けることで・・・」だとすれば、その両者を兼任させるというのは、何をしたいのかよくわからないという感じなのです。他の会社が使ってるからうちもなんとなく、というお馬鹿な会社はないのでしょうかね?

お礼日時:2008/01/13 14:57

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q執行役員給料

夫が執行役員への打診を受けています。

中小企業で、現在は700万の年収です。
従業員として、執行役員になるのではと考えています。

企業によって報酬が違うのは承知していますが、
現在執行役員として、実際にもらっている報酬を教えていただきたいです。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

執行役員の報酬は会社の規模により様々ですが まあそれ以前(部長クラス)の給料の2割増しくらいでしょうか
もちろん会社によっては 肩書き(責任が重くなる)だけで報酬はほとんど変わらないことも有りますし、30%くらい上がることも有ります。
ご質問の場合は、せいぜい750~800万だと思います・・
大きな会社なら 執行役員でも2000万くらいの人はザラにいますが 昇進前の給料も1700~1800万でしょう。他社と比べても 何の意味もありません。

Q平取締役 と 業務執行取締役 の違いは??

上記2つの違いを教えて下さい。
できれば、どの法律のどの条文が根拠であるかも教えていただけると助かります。

Aベストアンサー

 比較の対象がだいぶ違うようです。

 平取締役とは,ひとつには,代表権のない取締役のことを指すことがあります。これは,商法上の分類ということができます。

 別の意味では,専務取締役や常務取締役という肩書のない取締役を指すこともあります。専務とか常務というのは,商法にはない,企業運営上,便宜的に用いられている名称ですので,根拠法令はありません。

 これに対して,業務執行取締役というのは,取締役の中での職務の分担として,業務執行権がある,すなわち,会社の全体又は一部の部門に対する指揮命令権がある取締役のことです。例えば,代表取締役は一般的には会社全体に対して指揮命令権がありますし,専務取締役も,代表取締役の命令を受けて,会社全体に対して指揮命令権を持ちます。常務取締役になると,営業担当とか,製造担当とかの分担が出てくることもあるようですが,必ずしもそう決まっているものではなく,序列が第3順位の取締役を指していることもあります。また,大きな会社では,取締役支店長とか,取締役○○部長などというのもありますが,これも業務執行取締役です。

 ですから,いわゆる平取締役でも業務執行取締役はいることになります。

 これに対して,業務執行取締役でない取締役とは,会社内部に対する指揮命令権のない取締役で,一般的には社外取締役とか非常勤取締役です。これらの取締役は,取締役会で会社の組織にかかわる重要事項や運営方針を議論して,これを決定する権限はありますが,従業員に対して指揮命令する権限はないということです。

 これも法令上の用語ではありません。

 なお,最近話題になった委員会等設置会社では,取締役は会社の業務を執行することができなくなりました。
(商法特例法21条の6)

 比較の対象がだいぶ違うようです。

 平取締役とは,ひとつには,代表権のない取締役のことを指すことがあります。これは,商法上の分類ということができます。

 別の意味では,専務取締役や常務取締役という肩書のない取締役を指すこともあります。専務とか常務というのは,商法にはない,企業運営上,便宜的に用いられている名称ですので,根拠法令はありません。

 これに対して,業務執行取締役というのは,取締役の中での職務の分担として,業務執行権がある,すなわち,会社の全体又は一部の部...続きを読む

Q代表取締役と取締役の違いは具体的にどんなところなんでしょうか?

非常に初歩的な質問ですみません。代表取締役と一般の取締役と具体的にどんなところが違うのでしょうか?(権限や責任など) また一般的に言う役員=取締役と考えていいのですか? それから役員と執行役員の違いはどこなんでしょうか?(権限や責任)今さら人に聞けないので教えてください。

Aベストアンサー

>代表取締役と一般の取締役と具体的にどんなところが違うのでしょうか?

代表取締役は、その名の通り会社を代表する事ができます。つまり対外的
に会社を代表します。(社内的には、社長が会社を代表する場合もあれば
会長が会社を代表する場合があります)
会社の代表として、自分の意思で契約などをする事ができます。
それに対して、取締役は会社の最高機関である取締役会の構成要員です。
よって会社の方向性の決定や、取締役として任された一部の仕事を行いま
すが、契約などを自分だけの意思で行う事はできません。

>一般的に言う役員=取締役と考えていいのですか?

一般的には、役員=取締役です。最近は執行役員も役員と表記する場合が
ありますので注意が必要です。

>それから役員と執行役員の違いはどこなんでしょうか?

取締役会の構成メンバーが取締役です。取締役会は会社の経営・執行を
統括する機関ですから、会社の全てを掌握します。よって構成メンバー
である取締役は”経営者”という事になります。
それに対し執行役員は、与えられた業務を執行する責任者です。
また執行役員は従業員であり経営者ではありません。

社長・副社長・専務・常務(+会長)が取締役で、その下が執行役員で
ある場合が多いと思います。
しかし、社長が執行役員であっても問題はありませんので、別途取締役
会があり社長と代表取締役が別であっても問題はありません。

>代表取締役と一般の取締役と具体的にどんなところが違うのでしょうか?

代表取締役は、その名の通り会社を代表する事ができます。つまり対外的
に会社を代表します。(社内的には、社長が会社を代表する場合もあれば
会長が会社を代表する場合があります)
会社の代表として、自分の意思で契約などをする事ができます。
それに対して、取締役は会社の最高機関である取締役会の構成要員です。
よって会社の方向性の決定や、取締役として任された一部の仕事を行いま
すが、契約などを自分だけの意思で行う...続きを読む

Q執行役員社長と代表取締役

ライブドアのように執行役員社長と代表取締役の2種類の役職がある会社もあるみたいですが、そもそも、執行役員社長と代表取締役ってどっちの方が偉いのでしょうか?
また、実質の経営者はどちらの方でしょうか?

Aベストアンサー

そもそも「社長」とか「常務」とは、法律用語ではなくいわゆる通称名です。
法律上の経営者とは、代表取締役と取締役の2種類しかなく、会社を代表する権限は代表取締役にしか
ありません。
従って、社長という肩書きがついていたとしても、それだけでは代表権限があるかどうかは判りません。
ただ、一般的に社長とは会社の代表者を指しますので、代表者でない社長が為した行為だから会社に責任
はない、というのは通らず、その責任は会社に帰属します。
ですので、通常の会社は無用の混乱を避けるため、代表取締役に社長という肩書きをつけているのが殆どです。
LD社のケースは緊急避難的に執行役員社長となっているわけですので、めったにないケースですね。

執行役員社長と代表取締役のどちらが偉いか、ということですが、法律的には代表取締役が偉い、ということに
なるでしょう。
ただ、先の通り、その責任の重さは変わらないといえると思います。
また、法律上の経営者といえば、代表取締役となりますが、一般的には双方とも経営者、と言えると思います。

なお、先のご回答で「社員を動かすのは社長で、取締役は動かせない」とありますが、通常の会社の取締役は
経営判断のみを行っているわけではなく、会社の部門長を管掌しているのが一般的ですので、取締役も社員を
動かしているといえます。

また、「日々の経営の執行をするのは社長、何かあったときの大きな経営判断をするのは取締役」
とありますが、経営の意思決定は「取締役会」の多数決で決するものです。ただそれだけでは、
種々の意思決定が遅れますので、一定の範囲において代表取締役の権限でこれを行っています。
また、実際には各取締役や執行役員が一部権限を移譲されて、そこで意思決定を行っています。

そもそも「社長」とか「常務」とは、法律用語ではなくいわゆる通称名です。
法律上の経営者とは、代表取締役と取締役の2種類しかなく、会社を代表する権限は代表取締役にしか
ありません。
従って、社長という肩書きがついていたとしても、それだけでは代表権限があるかどうかは判りません。
ただ、一般的に社長とは会社の代表者を指しますので、代表者でない社長が為した行為だから会社に責任
はない、というのは通らず、その責任は会社に帰属します。
ですので、通常の会社は無用の混乱を避けるため、代...続きを読む

Q本部長と執行役員

本部長と執行役員では、どちらが偉いのでしょうか?

Aベストアンサー

執行役員とは会社の業務執行を行う役員に準じる者を指すケースが多いです。

取締役>(会社法上の役員と使用人の壁)>執行役員です。

本部長というのも使用人の呼称であるケースが大半ですから
執行役員の方が偉いケースが多いですね。

取締役本部長、執行役員本部長等重複して用いられることの多い呼び方ですが
この場合だと取締役本部長>執行役員本部長>本部長です。

会社によって使い方が異なりますので、個社ごとによるのですが
一般論だとこのような感じです。

明確に言えるのは、会社法上の役員はあくまでも取締役です。
総会等の対応も基本的には取締役であって執行役員は使用人扱いです。

Q代表取締役と取締役社長の違いは?

社長として手形を切る時や、名刺に肩書きを書く時に、代表取締役とする会社と取締役社長とする会社とに別れるように思いますが、両者にはどういう違いがあるのでしょうか?
1、専務などが代表権がある場合に代表取締役専務とわざわざ代表を名乗るのはよく理解できるのですが、社長で代表権がない場合が有るのでしょうか?代表権があるのは当たり前で大げさ(長すぎる)なので取締役とだけしか書かないのでしょうか?
2、稀に代表取締役社長とまで名乗っている場合も見かけるのですが、取締役社長とだけ名乗るのと効果にどういう違いがあるのでしょうか?
3、定款とか会社を規定する法律とかの違いで、どちらを名乗るか予め決められているような事があるのでしょうか?或いは、極端に言って最初は社長の気分でどちらにしても良いのでしょうか?(銀行の届を出した後などでそれを爾後使わなければ行けないのは判るのですが)
4、どちらでも良いならば、普通の会社はどう言う基準で決めているのでしょうか?又、どちらのほうが一般的なのでしょうか?

Aベストアンサー

まず、法律上の地位と呼称としての地位とに分けて考える必要があります。
法律上の地位は、商業登記された人が名のることができる地位です。定款により取締役の人数が定められ、その取締役の互選により、代表取締役が決まります。これは定款の定めで何人でも選出できます。ここで選出された人が「代表取締役」を名のることができます。

呼称としては、社内外に対して「社長」「専務」「常務」という職責上の地位が用いられます。
従って、社長が必ずしも代表権があるわけではなく、また代表権があるからと言って社長というわけでもありません。

通常は、「代表取締役」とだけ言えば、単に商法上の地位のみを表していると考えて、社長かどうかは問題ではありません。

「代表取締役社長」と名のるのは、法律上代表権があり、しかも社内外的に社長ですよ、という二つの意味があるということです。「代表」を省くのは、対外的には「社長」ではあるけれど、代表権がないか、ありは、あえて仰々しくなるのを避けて書かない場合もあります。

Q社長、専務、常務、取締役って何?

はずかしくていまさら聞けない内容ですが、そもそも会社における役員、重役とはなんなんですか。また会長、社長、専務、常務などの違いも分かりません。私はよく名刺交換するのですが、代表取締役会長とか、取締役社長、専務取締役、取締役本部長など、肩書きの意味が全く分かりません。だれか教えてください。

Aベストアンサー

>そもそも会社における役員、重役とはなんなんですか
これに答えるには、そもそも会社自体がなにかを知る必要があります。

会社、特に株式会社は、株券という形で資金を集めて、その資金を元手に事業を行う仕組みのことです。このような人たちを出資者といいます。
ですので、会社そのものはお金を出した人たちの物と言う事が出来ます。しかし大きな会社になると、集まるお金も膨大ですし、お金を出す人もたくさんいることになります。これらの人が全員が経営に口を出すと、とてもじゃないですが利益をだすことなどできません。
そこで出資者は、経営のプロを連れてきて会社の運営を任せます。これが役員です。出資者は年に1回、株主総会で役員の会社運営について意見をいう機会があり、投票で同じ役員に任せるかどうかを決めるのです。
ただしこの投票は、1株1票ですので、株を持っている人の意見が通りやすくなります。ですので株を一生懸命集めて、多数を取れるようになれば、会社を乗っ取ることもできます。堀エモンや村上ファンドがやったのは、外資の資金を借りて株を集めて、会社を乗っ取ることでした。
(乗っ取りというと聞こえは悪いですが、お金が基本なので資本主義である以上、悪いことばかりではありません)

このように役員は任命されて、会社の経営を担うのですが、会社の組織である以上、序列が必要です。
代表取締役は会社をどのように運営するか最終的に決定し責任をとる立場です。その下の役員は、執行役員として会計・営業・製造などの各部門の責任を持って会社の運営にあたります。
このときは肩書きの序列はあまり関係なく、むしろ社長の次に有能な人や、出資者の意向で序列が決まります。
序列の順番は、会長・社長・専務・常務・取締役です。取締役本部長は取締役としてはヒラ、従業員としては部長(つまり最高ランク)ということで、役員の経営方針を部下の従業員に伝え、具体的にどのように行動するかに責任を持つ、一番つらい中間管理職といえます。
逆に会長は、代表取締役が通常社長のため、前社長が隠居しつつアドバイスを与えるなどの、名誉職的な側面が強いです。
もっとも、代表取締役会長とか代表取締役専務などもいます。これは家族経営のような会社で、創業社長(たぶんお父さん)が、「社長」の肩書きを手放したくないけど、実質経営を息子に任せるなどの場合に使うようです。

帽子の女性社長で有名なア○ホテルですが、彼女は社長では在りますがしばらく間、特にCMやテレビに良く出ていた頃はまだ代表取締役ではありませんでした。
社長といっても、代表権があるとは限らないのです。

>そもそも会社における役員、重役とはなんなんですか
これに答えるには、そもそも会社自体がなにかを知る必要があります。

会社、特に株式会社は、株券という形で資金を集めて、その資金を元手に事業を行う仕組みのことです。このような人たちを出資者といいます。
ですので、会社そのものはお金を出した人たちの物と言う事が出来ます。しかし大きな会社になると、集まるお金も膨大ですし、お金を出す人もたくさんいることになります。これらの人が全員が経営に口を出すと、とてもじゃないですが利益をだす...続きを読む

Q代表取締役専務取締役という表記は妥当か?

株式会社の代表権を持つ取締役の肩書の表記について教えてください。
たとえば、専務取締役が代表権を持っている場合、以前は「代表取締役専務」と表記していたと思いますが、最近では「代表取締役専務取締役」とい表記するケースを大手上場企業の役員の場合などで結構見掛けます。
この代表取締役専務取締役という表現は、くどい言い方に感じます。こういう表記は妥当なんでしょうか?

Aベストアンサー

間違いではありません。そういう意味では「妥当」です。
スマートかどうかは見る人によって違うでしょうね。

おっしゃるように「代表取締役専務」というのが一般的でしょうが、その会社では敢えて「専務取締役」の肩書きを表記したい理由があるのかも知れません。
大手企業とのことなので、ひょっとすると「取締役」以外に「執行役員」を置いており、執行役員の中に「専務執行役員」や「常務執行役員」がいるのかも知れません。
会社によっては「代表取締役専務執行役員」という肩書きもありますから。

Q本部長と言う肩書きが、ありますが、

本部長と言う肩書きが、ありますが、
本部長の前に、営業本部長とか、何々本部長って、所属部署の本部長と言う肩書きが多いのですが、会社の中で、前に所属名が無い、''本部長"だけの肩書きってあるのでしょうか?もし、あるとすれば、どのような役割でしょうか?一度だけ、以前、名刺で見たことがあります。

Aベストアンサー

本部長という肩書きは、一人でも付けられます
対外的意思表示の手段の一つですから
個人会社から大企業までその人の立場を表しています

ただし、本部長とだけ肩書きにしたのでは何の役割か解りませんね
おそらく、組織単独の名刺でしょう、いわば個人名刺ですね

本部長と付ける場合は複数の部長を擁する組織で代表権を与えるとき
また組織が出来てなく一人の場合でも用います

普通は名刺の肩書きでその人の立場を推測しますからその方の属する
会社の規模によって判断基準が変わってきますね・・・

個人企業で複数の本部長を名乗っている人もいますから
本部長=偉い人、という判断は如何なものでしょう?

Q「以降」ってその日も含めますか

10以上だったら10も含める。10未満だったら10は含めない。では10以降は10を含めるのでしょうか?含めないのでしょうか?例えば10日以降にお越しくださいという文があるとします。これは10日も含めるのか、もしくは11日目からのどちらをさしているんでしょうか?自分は10日も含めると思い、今までずっとそのような意味で使ってきましたが実際はどうなんでしょうか?辞書を引いてものってないので疑問に思ってしまいました。

Aベストアンサー

「以」がつけば、以上でも以降でもその時も含みます。

しかし!間違えている人もいるので、きちんと確認したほうがいいです。これって小学校の時に習い以後の教育で多々使われているんすが、小学校以後の勉強をちゃんとしていない人がそのまま勘違いしている場合があります。あ、今の「以後」も当然小学校の時のことも含まれています。

私もにた様な経験があります。美容師さんに「木曜以降でしたらいつでも」といわれたので、じゃあ木曜に。といったら「だから、木曜以降って!聞いてました?木曜は駄目なんですよぉ(怒)。と言われたことがあります。しつこく言いますが、念のため、確認したほうがいいですよ。

「以上以下」と「以外」の説明について他の方が質問していたので、ご覧ください。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?qid=643134


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング