新株引き受け権の野放しとはどういうことをいうのでしょうか?
またこの権利がついた株を買うと、新株が発行される毎にいくらでも買うことができるのですか?

それと、関係がないのですが、物的会社と人的会社という言葉をきくのですが、どういう意味なのでしょうか?分かる方、教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

”新株引き受け権”のついた株?


と質問されていますが”社債の間違いではないでしょうか?
社債には”新株引受権付社債”と言うものが有りまして別名”ワラント債”と言うことのほうが多いと思います。

ワラントと言うのはクーポン券のことで企業が社債を発行する時におまけに添付する権利のことです。

社債を購入した投資家が、その企業の株式を購入したいときに社債の発行時に決められた価格(権利行使価格)で株式が発行され購入できる権利付き、と言う意味です。

株の時価がワラントに指定された購入価格より上昇している時、差額分安く買うことが出来ると言う権利(権利行使)です。
これはそのまま投資家に利益につながります。

しかしその逆になったとき、この権利を使用すると損をすることになります。
従って投資家は権利行使をしないことになります。

ワラント債には権利行使期間と購入出来る株式数量が決められていることと,
権利付きであることから社債の金利も市場金利より安く設定されています。

現在、株式相場は下降線をたどっています。
権利を行使できることに期待して購入した投資家は行使する機会を得られないまま期間終了しています。
ワラント債の根底であるワラント部分の無能化です。

「新株引受け権の野放し」とは投資家の期待を裏切る発行のあり方に警鐘を送っている言葉です。

ワラント債には上記の権利部分と社債本来の部分が一体のものと分離できるものと2種あります。

とりあえず最初の質問のみお答えします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうです、株ではなく社債でした~・・・
覚えたばかりなもんで。恥ずかしいっ(T_T)

でも「新株引き受け権の野放し」は分かった気がします。
つまり購入価格より株価が下がっているため、投資家は権利を行使できない、
それなのに会社はワラント債を発行する、その行動に対して言っている言葉ということですよね?
御丁寧に回答してくださってありごとうございました。

お礼日時:2001/02/08 02:54

最後の質問の物的会社と人的会社についてです。



人的会社とは、合名会社・合資会社を云い、物的会社とは株式会社・有限会社をいいます。

人的会社とは、出資者同士が同族的結合といった強い人的結合関係の上に成立している会社であり、出資者が経営を行うという特徴があります。一方、物的会社とは、出社同志の結合関係が弱く、資本の拠出者という共通関係の上に成立しているている会社であり、通常出資者と経営者とが分離している事が特徴があります。

参考URL:http://133.91.153.22/semi/ebihara/sotu-1.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほどー!
よく分かりました。ありがとうございます。(^.^)
また上のページも参考になりましたっ。。

お礼日時:2001/02/08 02:23

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q新株予約権付社債と募集新株予約権と募集社債

の意味を教えて下さい。

いいのがないです。

会社法です。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「募集新株予約権」
新株予約権=株式会社に対して行使することにより当該株式会社の株式の交付を受けることができる権利をいう(会社法2条21号)。
このうち,会社法238条により新株予約権の引受人を募集をするもの。新株予約権の発行形態として,他に株主に対する新株予約権無償割当て(会社法277条)や組織再編に伴って発行される新株予約権(会社法753条1項10号)等があるので,それらと区別するために頭に「募集」と付けているのでしょう。

「新株予約権付社債」
新株予約権を付した社債をいう(会社法2条22号)。

「募集社債」
社債=この法律の規定により会社が行う割当てにより発生する当該会社を債務者とする金銭債権であって、第六百七十六条各号に掲げる事項についての定めに従い償還されるものをいう(会社法2条23号)。
募集社債については会社法676条以降に規定がありますが,社債についても組織再編に伴って発行されるものがありますので(会社法753条1項8号)等があるので,それらと区別するために頭に「募集」と付けているのでしょう。

Qニッポン放送の新株予約権発行について

株にうとくて恐縮なんですがニッポン放送の新株予約権の発行は他の一般株主にどのような影響を与えるのでしょうか。これが日本経済の活性化の妨げになる理由を教えてください。あと知りたいのですが外資の企業に買収されやすくなってしまうと騒がれていますが外資に買収されることはそんなに悪いことなんですか?もし利点があれば教えて欲しいです

Aベストアンサー

仮に自分が株主だったとしたら?と考えてみました。

新株予約権をフジテレビだけに発行された場合、それも元の株数と同じぐらいの数を発行された場合・・・

今持っている株で車を2台買える分の価値があったとしても、会社自体の業績が変わらないまま株数が倍になれば価値は半減して車1台しか買えない状態になると思います。

そんな行動を一般株主が許せるでしょうか?

その上で仮に差し止め請求が却下になれば、今後、企業買収は取締役会の決定ですぐに覆せる(筆頭株主になっても、取締役会の一言で一株主に逆戻りする)という実績を作ることになり、日本の株は信頼できないという事になりかねないと思います。

つまり、対抗買収は意味を成さない行動になり株式市場はただのマネーゲームの場と化すのではないでしょうか?
株式市場の目的は、企業にとっては
・資金を集める事
投資家にとっては
・売買で差益を得ること(マネーゲーム)
・配当を得ること
・自分で事業をコントロールする事(買収)
等があります。
仮に買収が出来ないのであれば、株式市場の魅力は半減します。

確かに放送局を外資が買収する事は色々問題があるとは思いますが、ルールの範囲内でやった事は禁止するにしても、遡っての禁止は非現実的ではないでしょうか?

財産権に関わる事なので、下手な対応をすれば円に対する不信にも繋がりかねません。

裁判所には慎重な対応を期待します。

もっとも、私はホリエモンを好きではないですが・・・。

仮に自分が株主だったとしたら?と考えてみました。

新株予約権をフジテレビだけに発行された場合、それも元の株数と同じぐらいの数を発行された場合・・・

今持っている株で車を2台買える分の価値があったとしても、会社自体の業績が変わらないまま株数が倍になれば価値は半減して車1台しか買えない状態になると思います。

そんな行動を一般株主が許せるでしょうか?

その上で仮に差し止め請求が却下になれば、今後、企業買収は取締役会の決定ですぐに覆せる(筆頭株主になっても、取締役会の一言で...続きを読む

Q会社法 「株式」と「新株予約権」の違い

「株式」と「新株予約権」の違いを問う問題で、
(1)会社が、株主Aの有する取得条項付「株式」を取得するのと引き換えに他の種類の株式を新たに発行する場合、資本金の額は増加しない (会社計算規則15条1項2号)
(2)会社が、株主Bの有する取得条項付「新株予約権」を取得するのと引き換えに株式を新たに発行する場合、資本金の額は増加する (会社計算規則18条)
との解説がありました。

(1)の場合は、会社が新たに発行した株式に対して、株主Aは金銭等を支払うわけではないので、資本金の額は増加しないということで良いと思うのですが…
それに対して
(2)の場合が良く分かりません。
新株予約権は潜在的な株式(株式の卵みたいなもの)です。
その権利を行使するときに、会社が募集の際に決定していた金額(現物出資もできる)を払込むことで、決められた株式を取得して株主となることができるというものです。
この権利を行使すとるきには、普通の募集株式の場合と同様に金銭等の払込みがあるから、資本金の額は増加します。
拙い知識ですが…ここまで問題ありませんか?
ここで取得条項付の新株予約権の場合です。
ある一定の事由が生じたときに、会社がその新株予約権を取得できると定め、その引き換えにある株式Xを対価としてB株主に渡す場合、B株主はいくらかの額を支払うから?資本金の額は増加することになるのだと思いますが、その額はどのようにして求められるのですか?
新株予約権の価格より株式Xのほうが高価だろうから、その差額を支払うのでしょうか?
ここまでの詳細な会社計算規則の知識は必要ないのかもしれませんが…

ご回答・ご教授よろしくお願いいたします。

「株式」と「新株予約権」の違いを問う問題で、
(1)会社が、株主Aの有する取得条項付「株式」を取得するのと引き換えに他の種類の株式を新たに発行する場合、資本金の額は増加しない (会社計算規則15条1項2号)
(2)会社が、株主Bの有する取得条項付「新株予約権」を取得するのと引き換えに株式を新たに発行する場合、資本金の額は増加する (会社計算規則18条)
との解説がありました。

(1)の場合は、会社が新たに発行した株式に対して、株主Aは金銭等を支払うわけではないので、資本金の額は増加しないということ...続きを読む

Aベストアンサー

>この権利を行使すとるきには、普通の募集株式の場合と同様に金銭等の払込みがあるから、資本金の額は増加します。

 そのとおりです。

>ある一定の事由が生じたときに、会社がその新株予約権を取得できると定め、その引き換えにある株式Xを対価としてB株主に渡す場合、B株主はいくらかの額を支払うから?資本金の額は増加することになるのだと思いますが、その額はどのようにして求められるのですか?

 B株主は会社に払いません。会社が価額何万円の新株予約権を取得するので、その価額分、資本金が増加します。(説明を単純化するため、自己株式処分等は考慮しないものとします。)

>新株予約権の価格より株式Xのほうが高価だろうから、その差額を支払うのでしょうか?

 予約権1個を行使すると株式Yが5株割り当てられる内容の新株予約権を、会社が株主Bから予約権1個を取得して、対価として株式Xを1株発行するというのであれば、必ずしも高価とは限らないでしょう。
 もっとも、実際問題として、取得条項をつけるのは新株予約権付社債の場合が多いのではないでしょうか。社債の分も含む新株予約権の価額ですから、それ相応の額になります。

>この権利を行使すとるきには、普通の募集株式の場合と同様に金銭等の払込みがあるから、資本金の額は増加します。

 そのとおりです。

>ある一定の事由が生じたときに、会社がその新株予約権を取得できると定め、その引き換えにある株式Xを対価としてB株主に渡す場合、B株主はいくらかの額を支払うから?資本金の額は増加することになるのだと思いますが、その額はどのようにして求められるのですか?

 B株主は会社に払いません。会社が価額何万円の新株予約権を取得するので、その価額分、資本金が増加しま...続きを読む

Q新株発行で株式価値が稀釈化される仕組みって?

良く「新株発行によって、既存の株式の価値が稀釈化される」という話を聞きます。議決権等の権利が稀釈化されるのは理解できるのですが、
・単純に「株価が下がる」という意味での稀釈化は一般的に起こるのでしょうか?
・上がYESだとして、どういう仕組みで稀釈化(株価が下がる)されてしまうのでしょうか?
上場株という前提でお願いします。
ど素人な自分でも理解できるようにお教えいただけるとありがたいです。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

企業の価値の計り方は様々ですが、上場株の場合、現在の資産、ブランド、成長性、将来入ってくる利益等、様々な要件を考えて、投資家が売り買いします。その結果ついた値段が「株価」ですよね。
株価×発行済株式数=「時価総額」となります。時価総額は、上で述べたとおり、市場における企業の価値を表すものの一つです。
 
新株発行による株式価値の希釈化とは、上のような数式を考えればわかり易いですね。時価総額が企業価値で、これが一定だとすれば、新株を発行する=株式数が増えるということは、1株あたりの価格が下がるということです。
仮に株数が2倍になれば、理論的な株価は半分になります。

投資家は、新株を発行されると自分の持っている株の価値が下がるため、基本的には売ってしまいます。
企業にとっては資金調達の手段ですが、こういったことを考えて新株発行は慎重に行います。むしろ借入れで済ませたほうが株価に影響が少ないからです。

Q創立時は株主の募集はしないのでしょうか?

新株発行時(増資)は株主の募集をして、払込期日に資本準備金に振り替えていますが
創立時は株主の募集はしないのでしょうか?
いきなり創立と同時に払込金額を資本準備金に組み入れるのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

1000万の資本金ということですよね
どこかの子会社や 信頼がある方なら募集はするかもしれませんが
一般的にはオーナー=社長が多いですから 募集はしないです
借入金の形をとるかと思います
資本金は会社設立時の見せ金にちかいです
資本金の口座証明を取ったらすぐ運転資金 準備金に使用すると思います

Q中国長江電力、新株発行について

中国長江電力が人民元建てのA株を新規発行し約100億元(約1400億円)を調達する・・・という記事を読みました。そこには、「元建ての株式発行では過去4番目の大規模な資金調達となる。低迷が続く株式相場への悪影響も懸念される。」とあったのですが、どうして悪影響なのでしょうか??

Aベストアンサー

中国本土のA株は下げが続いていて、中国人民の
株離れも進んでいるようです。
http://news.searchina.ne.jp/2003/1103/business_1103_003.shtml
こんな中で新規上場があったら、その株を買うために
他の株を売ってしまうことが考えられるからです。

Q新株予約権について

新株予約権について詳しい方詳細を教えて下さい。「新株予約権とは、新株予約権者がその権利を行使したときに会社が新株予約権者に対して、新株の発行又は新株発行に代えて会社が所有する自己株式を移転する義務を負うものとする」となってますが意味が理解できません。具体的にわかりやすく説明できる方、よろしくお願いします。
(*王子製紙の敵対的買収で、北越製紙が新株予約権を発行するのは、TOB成立の妨げになるみたいですが・・・)

Aベストアンサー

A社がB社の新株予約権を持っているとします。
それをA社が使うと、B社はその予約権分の株を「新株の発行」もしくは「自分の持っている株」でまかなう必要があるというものです。

北越製紙が新株予約権を王子製紙以外の企業(友好的企業)に発行したとします。

発行済み株が仮に100株、新株予約権が100株分あったと仮定すれば、新株予約権発動で発行済み株が200株、しかも味方陣営に100株が確実に行くので買収阻止ということになるのです。

Q日銀はいくらでも現金を作れるのでしょうか?

日銀は必要なときに必要な分だけお金を作ってるんでしょうか?
たとえば、銀行から国債を買うときには、自分でお金を作ってそれで代金を払っているのか???だったら絶対に赤字になったりしないですよね。

Aベストアンサー

>為替に介入するときには~どうなのでしょう?

通貨介入は日銀が行いますが、勘定は財務省(政府)で行います。従って、為替差損が発生した場合は、税金により補填されます(現在の制度です)


>国債の発行がゼロとなった場合、通貨供給量のコントロールはできなくなる

今のような通貨供給体制となったのは、ここ20年位の間です。それ以前は、日銀貸し出しによる日銀の信用創造が主な通貨供給方法でした。但し、この方法においては、市中銀行の信用リスクを負ってしまうことになってしまいますから、担保(例えば社債など)を取り、その見合いで通貨供給を行うこととなるでしょう。

>インフレになって欲しい

日銀がじゃぶじゃぶに通貨供給すればインフレになるという論がありますが、これは間違いだと考えています。物の価格は市場の需給関係で決定されるものであり、そこに政府・日銀が介入したとしてもコントロールできるものではありません。かつて政府が株価をコントロールしようとしてPKOで年金資金を利用した買いを行いましたが、結局、コントロールできず、現在の低水準を招き、年金の利回りも悪化させました。市場に無理な介入を行った場合には必ず、しっぺ返しを食らうと思った方が良いと考えてます。

>日銀ってどこで利益~
その他に、日銀は預金準備率を設定して、各市中銀行からその預金残高に応じて準備預金という名の借入を行っています。この借り入れた資金を、国債や手形などを購入することで利鞘を稼いでいます。現在はゼロ金利なので殆ど利鞘を産むことはありませんが、水準が変われば大きな利益となるでしょう。

>為替に介入するときには~どうなのでしょう?

通貨介入は日銀が行いますが、勘定は財務省(政府)で行います。従って、為替差損が発生した場合は、税金により補填されます(現在の制度です)


>国債の発行がゼロとなった場合、通貨供給量のコントロールはできなくなる

今のような通貨供給体制となったのは、ここ20年位の間です。それ以前は、日銀貸し出しによる日銀の信用創造が主な通貨供給方法でした。但し、この方法においては、市中銀行の信用リスクを負ってしまうことになってしまいますから、担...続きを読む

Q新株予約権の存在意義がよくわかりません

1.新株予約権は、取締役のインセンティブ報酬になると説かれます。
最初、過去の労務に対する報酬として新株予約権を無償で割り当てるものかと思っていましたが、過去の労務に対する報酬とは別に新株予約権を無償で割り当て、むしろ、将来の労務に対する追加報酬になるということですか?

2.新株予約権が買収防衛策になると説かれますが、買収者が現れてから既存の株主に株式を発行するのと比較して何が優れているのですか?

3.新株予約権が資金調達の手段になるとはどういうことですか?
新株予約権付社債ならまだしも、ただの新株予約権を発行するくらいなら普通に株式発行した方がてっとりばやいように思え、そのメリットがわかりません。

Aベストアンサー

1.新株予約権1個を行使して、5万円を払い込むと株式1株の割当を受けることができる新株予約権が発行されたとします。その後、会社の業績が伸びて、株式の1株あたりの市場価格が10万円になったとします。このときに、新株予約権1個を行使して、5万円を払い込んだけで、10万円の価値のある株式1株を取得することができます。ですから、新株予約権の割当を受けた従業員や取締役が、一所懸命、働く動機付けになりますよね?

2.敵対的買収者が現れた段階で、募集株式を発行しようとする場合、それは資金調達を目的ではなく、単に経営陣の支配権の維持を目的とする不公正な発行であることを理由に、買収者が募集株式の発行の差し止めを請求するおそれがあります。
 しかし、敵対的買収者が現れる前に、あらかじめ新株予約権を発行しておけば、そのおそれがありません。

3.確かに普通に募集株式を発行すれば資金調達としては手っ取り早いですが、株式の価値の希薄化により、急激に株価が下がるおそれがあります。しかし、新株予約権の場合、新株予約権者全員が一度に新株予約権を行使するというよりは、断続的に行使することが多いので、急激な株式の価値の希薄化を避けることができます。

1.新株予約権1個を行使して、5万円を払い込むと株式1株の割当を受けることができる新株予約権が発行されたとします。その後、会社の業績が伸びて、株式の1株あたりの市場価格が10万円になったとします。このときに、新株予約権1個を行使して、5万円を払い込んだけで、10万円の価値のある株式1株を取得することができます。ですから、新株予約権の割当を受けた従業員や取締役が、一所懸命、働く動機付けになりますよね?

2.敵対的買収者が現れた段階で、募集株式を発行しようとする場合、それは資金調達を目...続きを読む

Q優待権利獲得月が12月の場合、今年は、いつまでに買って、いつから売れるのですか?

優待権利獲得月が12月の場合、今年(平成19年)は、いつまでに買って、、いつから売れるのですか?具体的な日にちが教えていただけませんか?

Aベストアンサー

あのう、株のこと、株主優待権のことですか?

権利確定日の4営業日前までに株主であれば、権利は保障されます。
当日一日のみの取得でもOK、
翌日売却可能です。

権利確定カレンダーをご参照ください。
http://kabukiso.com/siryou/calender.html

今月は、12月25日までに取得すれば、よく26日には売却可能です。
権利落ちで、株価が下がる前に、ですね。

株では無かったら、失礼いたしました。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報