グッドデザイン賞を受賞したウォーターサーバー >>

以前にも同じような質問をしたのですが、
Dリモネン(C10H16)による消臭能力を測定しているのですが、
もしメチルメルカプタン(CH3SH)が中和されて消臭能力があると仮定すると、化学反応式で表すとどのようなメカニズムで中和・消臭されるのでしょうか??

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

「悪臭」を「芳香」で隠しているだけで、化学反応ではないでしょう。

    • good
    • 0

素直に考えて反応しないでしょうから,仮定に無理があります.

    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

表 化学」に関するQ&A: デンプンの化学式

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qリモネンによる消臭の化学式・・・?

Dリモネン(C10H16)による消臭能力を測定しているのですが、
もし消臭対象物質が中和されて消臭能力があると仮定すると、
化学反応式で表すとどのようなメカニズムで中和・消臭されるのでしょうか??

消臭対象物質はアンモニア(CH3)とメチルメルカプタン(CH3SH)、トリメチルアミン(C3H9N)で、気体中(デシケータ内)での測定です。

Aベストアンサー

> 消臭対象物質が中和されて消臭能力があると仮定する

その仮定の下で機構を考えるのであれば、リモネンには不飽和結合(二重結合)が
2箇所ありますので、強いて挙げるならそこへのアンモニア等の付加でしょうか:
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%A2%E3%83%8D%E3%83%B3

二重結合への付加は、

\    /
  C=C
/    \

   ↓ + NH3

   | |
H-C-C-NH2
   | |

といった感じです。

*「中和」の定義については、wikiで「相殺」と同義とされているものを前提としました:
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E5%92%8C


ただ、リモネンによる実際の消臭効果は、化学反応というよりは「より強い香気による
マスキング(=弱い臭気をわかりにくくさせる)」によるものだと思います。
従って、ガス検知管などでの定量では必ずしも効果が確認できないため、官能試験
(=実際に鼻で臭気を確認する)が必要なように感じます(汗)
(例えば、無作為抽出で選んだ複数人に、濃度の違うサンプル数種を嗅いでもらい、
 アンモニア臭がわからなくなったときの、リモネンや比較物質の濃度で優劣を
 判定する、など)

> 消臭対象物質が中和されて消臭能力があると仮定する

その仮定の下で機構を考えるのであれば、リモネンには不飽和結合(二重結合)が
2箇所ありますので、強いて挙げるならそこへのアンモニア等の付加でしょうか:
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%A2%E3%83%8D%E3%83%B3

二重結合への付加は、

\    /
  C=C
/    \

   ↓ + NH3

   | |
H-C-C-NH2
   | |

といった感じです。

*「中和」の定義については、wikiで「相殺」と同義とさ...続きを読む


人気Q&Aランキング