来週、主人とある有名な画家の個展とレセプションに招待されました。会場は都内にある某百貨店です。
普段は子育て中の私にとって未知の場所。やはりスーツですかね…。
そもそもレセプションとは何なのかすら想像もつきません。何かアドバイスがありましたら宜しくお願いします。

A 回答 (2件)

デパートの美術品の売り場で行われるレセプションであれば、それほど気にすることはないと思います。

日本橋にあるデパートでは絵画用と彫刻などに対応できる大小いくつかの部屋が美術品販売のフロアにあり、おおきな作品を展示するウィンドーがあったり、入り口に小さめの受付デスクを置いたりできるようになっています。
作家さんがご自分の個展の初日の夜などに、お世話になった方々を招きカナッペや立食でつまめる簡単なものと飲み物を提供するのが一般的です。見に来ていただきたい方、会いたい方がたくさんいらしても、一日中個展会場に張り付いてはいられないので、そういうレセプションがあります。
それなりにすっきりした服装で、ちょっと華やいだアクセサリーで飾れば十分と思いますよ。到着したら招待状があれば見せるなり、来展者名簿に名前を書いて、ご本人を見つけたらお招きありがとうの挨拶をする。あとは気楽に絵をみて楽しめば大丈夫です。
満腹!ということにはまずならないので、帰りのご飯場所を別途探されたほうがよいと思います。デパートということですが、もし店内にある別のレストランなどを借り切ってやるものだったら、別のアドバイスを待ってみて下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
まるで見たことのない夢の世界に行くような気持ちでしたが、なんとなくイメージできました。
招待して下さった方に感謝しつつ、楽しい一時を過ごしてきたいと思います。
詳しいアドバイスありがとうございました。

お礼日時:2008/03/06 16:08

百貨店なら内覧会です.スーツで出かけてください。

祝儀も忘れずに・・・・1万円くらいでよいでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。私も主人も祝儀の事は知らなかったので回答いただいて良かったです。
いよいよ明日となり、少しずつ緊張してきました。こんなチャンスはめったにないので楽しんできたいとおもいます。

お礼日時:2008/03/06 15:53

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q個展の案内をいただいたのですが

知人から個展の案内をいただきました。せっかくなので、行こうと思っているのですが、個展というものに今まで一度も足を運んだことがないので、どんなものなのか全く見当がつきません。個展では絵を売るのが目的ですか?また、演奏会のように花束をもっていったり、なにか差し入れなどはするのが常識なのでしょうか?ほんとに無知でお恥ずかしいのですが、失礼のないようにしたいのでどうか教えて下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私は以前私立美術館に勤務していて、個展のお世話も色々対応した者です。
美術館の中のギャラリーの場合、他の展示品に影響があるので、花束の持込をお断りしている所があります。(作品に花粉が飛ぶため)
また、現金のお祝いは、本人や関係者の方が食事等で会場にいない場合、美術館では預かってもらえない場合もあります。
作品は、ほとんどの作家さんは見てもらえるだけで喜ばれますので、買わなくてもプレッシャーはないはずです。ちなみに会場が公立の美術館だと、作品の販売はできない所がほとんどなので、その場合は最初から買わなくてもいいので安心して行けますね(笑)

一方、会場が街のギャラリーのような場所でしたら、お祝いの持ち込みにも融通がききます。
他の方のご意見にもあるとおり、お花は作品と合わなかったり、手入れが大変なので案外難しいのですが、受付などにお花がいっぱい届いていると華やかで賑わっている雰囲気になるので喜ばれる事もあります。お花を選ぶ場合は、花瓶が足りなかったりするので、水を差すだけでいい小ぶりなカゴなどのアレンジメントがいいと思います。花束はNGです。鉢植えや大きすぎるアレンジメントも、後で始末に困るので(最終日は、作品を引き揚げるだけでも大仕事ですから)やめた方が無難です。
ケーキなどのなまものは、冷蔵庫が使えないことがあるので、常温で日持ちするものにした方がいいです。
あと、案外お昼時にお客様がたくさん来られたりして、結局食事をするタイミングが取れなくなってしまう方が多いので、時間帯の配慮もあるといいですね。
会期も後半になると皆さん接客でとてもお疲れになっているので、栄養ドリンクの差し入れを持って来られた方もありました(笑)
お付き合いの度合いにもよりますが、手ぶらでも全然構いません。

ご覧になる時は、暇そうだったら一緒に回って説明をしてもらったり、感想などを話すといいです。
もしも混雑していて忙しそうだったら、勝手に見て回っても全然構いません。タイミングを見計らって軽く挨拶をして、最初か帰り際に芳名帳を必ず書いてあげてください。話ができなかった場合も、あとで「来てくれたんだ」と分かるので喜んでくれますよ。

何よりも、作品を見てもらうのが一番の目的ですので、ご本人は、閑散としているのが一番辛いです。できればご家族やご友人を誘ったりして、大勢で行ってあげるといいですよ。(^^♪
ただし、小さなお子さんは、他の方の鑑賞の妨げになったり、作品に触れてしまう事があるので、一緒じゃない方がいいと思います。

私は以前私立美術館に勤務していて、個展のお世話も色々対応した者です。
美術館の中のギャラリーの場合、他の展示品に影響があるので、花束の持込をお断りしている所があります。(作品に花粉が飛ぶため)
また、現金のお祝いは、本人や関係者の方が食事等で会場にいない場合、美術館では預かってもらえない場合もあります。
作品は、ほとんどの作家さんは見てもらえるだけで喜ばれますので、買わなくてもプレッシャーはないはずです。ちなみに会場が公立の美術館だと、作品の販売はできない所がほとんどなので...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報