今だけ人気マンガ100円レンタル特集♪

はじめまして。monkitijrと申します。

今回ここにご相談掲載させて頂きたいのは、
生命保険と、B型肝炎ウイルスキャリアの告知についてです。
小生、10年ほど前に、知人の勧めで、生命保険に加入致しました。その際、それ以前に(学生の時に)献血センターから通知はがきを受けた、HBVウイルス陽性(キャリア)という事を、告知しておりませんでした。
告知しなかった理由は、そういう直接的な質問がない告知書であったことや、小生自身、キャリアを病気であったり、それを告知する必要性を知りませんでした。

昨年、B型肝炎を発症し、慢性化し、現在治療に至っておりますが、今後、B型肝炎に関わる病気で入院した際、この保険は支払い等されるのでしょうか。
大変図々しい質問・相談申し訳ございません。
もし、お時間許すとき、ございましたら、
アドバイスお願い申し上げます。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

私の取り扱い保険会社では献血センターは、医療機関に属します。


保険加入時に告知書で該当する箇所があったならば、まずはご加入保険会社のmonkitijrさんの担当者に相談なさることをお奨めします。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ご意見・アドバイス 本当にありがとうございました。告知書を取り交わしたのが、10年前であり、詳細の告知書の内容も覚えていないというのが実情です。しかしながら、B型肝炎のウイルスに関わる質問や、肝臓病に特化した質問は無かったと思われます。したがって該当箇所はないと、感じてしまいますが。。
加入している保険会社に直接相談が、得策なのか少し不安です。結果的には、後でも先でも同じ結果が待っているからでしょうか?

お礼日時:2008/03/03 12:45

加入時に医療機関を受診していなければ告知事項として考えられる部分は「過去2年以内の健康診断や人間ドックで異常を指摘された事があるか」と言うもので、これは各社問いかけしていると思います。


ここで言う健康診断というのは会社や役所で実施しているような本格的で多数の項目を同時に検査するものなので、献血の結果は当りません。文言に血液検査で・・・と入っていると告知すべきところなので、保険会社によっても聞かれる内容は微妙に異なりますし、実際のところ加入時の告知書によります。
直接的な質問がない、と言うところを見ると告知事項に当らなかったのではないかと思います。
この前提であれば何ら問題なく、今後あまり考えたくないとしても肝硬変や肝がんに移行すればもちろん保障対象になるのでその保険は大事にした方が良いかと思います。
余談ですが、肝炎ウイルスの有効な治療は確立されていない印象を受けるのですが、主にペインクリニックで行っている星状神経節ブロック療法を根気良く受けてみると治る事もあるようです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

まずは、早速ご回答頂けました事、また、ご丁寧に適切なご意見頂けた事に、感謝しております。本当にありがとうございました。

正直小生、10年程度前の事で、告知書の内容を明確に思い出すことができませんが、一般的な内容(過去**年以内に、入院・通院したかとか。癌、大きな病症等にかかったことがあるか。現在通院・薬をつかっているか。家族で癌・高血圧の方がいるか等であったと思います。また、生命保険会社さまの事務所でお医者様の問診等があった点を覚えております。)

やはり、一番心配なのは、生命保険会社さまに、相談すると、保険会社さまの言い分として、キャリアであったら、あなたは高リスクな分類であり、本保険には加入する事はできなかった。と言われるのが、何より心配です。

でも、本ご意見頂き、ずいぶん安心させて頂きました。本当にありがとうございました。

お礼日時:2008/03/01 13:03

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QB型肝炎キャリア 保険解約後 保険料返還される?

私は、9年前に上の子を妊娠出産した際、B型肝炎キャリアと判明しました。
妊婦検診の血液検査では「キャリアだね~でも大丈夫!感染力弱いし」位の説明、また産後に子供にワクチンを打つ必要があるなどの説明を受けました。
ただ恥ずかしながら、産後の疲れで意識が朦朧とした状態で聞いていた事もあり、その時点でキャリアについて全く理解しておらず、その時点では感染したりするけど、水ぼうそうみたいに徐々に治ってしまうと思っていました。
今になって思えば、先生の話を聞き違えて、肝炎を発症してじきに完治する事と誤解していたのではないかと思います。

そのため、キャリアの事をすっかり忘れており、5年前に医療保険(アヒルの…)に告知せずに加入してしまいました。
そして、昨年暮れに二人目を妊娠した際に、改めてキャリアと告げられ詳細な説明を受けました。
(ちなみに一人目と二人目は違う病院です。一人目の時の病院は産婦人科がなくなってしまいました。病院はまだあります)
キャリアは簡単に治ったりするものではなく、一生付き合っていかなくてはならないこと、私の場合感染力は極めて弱く、発症リスクも低い事、だが今後定期的に経過観察を薦める等です。

そして、先日夫の保険加入を考えていて、ふと自分の保険の事を思い出しました。
ここの同様の質問を拝見しまして、キャリアを理解していなかったという意見は通じず、告知義務違反で契約解除だろうな、と推測されます。
ならば、いつ病気になるか、バレるかとビクビクしているよりも解約してしまおうとも思いましたが、出来れば今まで払った保険料がいくらかでも戻ったら…と思います。
ちなみに、加入してから今までその医療保険を使った事(給付を受けた事)は一度もありません。

以前保険会社に勤めた経験のある知人は、「妊娠は全額実費で健康保険を使ってないんだしバレないかもよ。キャリアだって知らなかったでいいんじゃない?」などとアドバイスしてくれましたが、妊娠出産の経験があるのは、ちょっと調べれば簡単に分かりそうなものですよね。
それに、日本では現在、妊婦は全員B型肝炎の検査を受ける事になっているそうですし、すぐバレませんか?
ずっとビクビクしているのは絶対に嫌なので、やっぱり解約したいとも思います。でも今までの保険料もったいなかったな~とも後悔しています。
正直にキャリアだと追加告知?(5年経っているので無理ですか?)すれば、条件付で継続できたり、または契約解除だけれども保険料が返還されるなどの措置がとられる事はありませんか?
教えて下さい。よろしくお願いします。

また、現状ではキャリアで加入できる医療保険は条件付以外はほぼ皆無のようですね。
ただ、条件付医療保険は掛金が高いですし、そして保障が手薄…これなら貯金してたほうがマシかな、とも思っています。
医療保険はあきらめて、働けない状態の時の所得保障にしようにも、こちらもキャリアと告知したら拒否されそうですね…どうでしょう?
キャリアの方で、もし通常の医療保険、または手厚い保障で「この保険、入れたよ!」という実例がございましたら、こちらもぜひ教えて下さい。

私は、9年前に上の子を妊娠出産した際、B型肝炎キャリアと判明しました。
妊婦検診の血液検査では「キャリアだね~でも大丈夫!感染力弱いし」位の説明、また産後に子供にワクチンを打つ必要があるなどの説明を受けました。
ただ恥ずかしながら、産後の疲れで意識が朦朧とした状態で聞いていた事もあり、その時点でキャリアについて全く理解しておらず、その時点では感染したりするけど、水ぼうそうみたいに徐々に治ってしまうと思っていました。
今になって思えば、先生の話を聞き違えて、肝炎を発症してじきに...続きを読む

Aベストアンサー

解約時に返還があるかは、その保険の契約しだいじゃないですか、
返金のあるもの、ないものあるでしょうし、契約書を確認されたらどうでしょう

リスクの高い人が高い保険料を払うのはある意味当然でしょう、
告知をきちんとしないで、いざというときに保険金がでないのでは意味がないと思いますが、

ばれなければいいという、考え方もあるかもしれませんが、
はたから見たら、詐欺ですよね、人によって考え方は違うでしょうけど

ちなみに私は喘息持ちできちんと告知しましたが、
死亡保険は加入できず、医療保険は条件付きで入れました

入れるか気になるなら、とりあえず申し込んでみたらいいんじゃないですかね

QB型肝炎ウイルスキャリアのガン保険加入

B型肝炎ウイルスの無症候性キャリアです。

20歳頃に母子感染していることに気がついて、それ以降、毎年、ウイルスマーカー検査を受けていますが、その時から、20年以上経過した現在にいたるまで、ずっと検査結果は同じです。HBs抗原+, HBs抗体-, HBe抗原-, HBe抗体+です。

ガン保険の加入申込は何度かしましたが、告知書に上記の内容を記入して申し込むと必ず断られます。そもそもウイルスキャリアであることは告知義務の対象なのかどうか、明確に文書などで示されていないように見受けられます(社団法人生命保険協会の告知に関するガイドライン http://www.seiho.or.jp/data/news/h17/PDF/kokuti-16.pdf を見ても、何が告知義務対象かは明示していないですし…)。とはいえ、告知書に記入せずに加入した後で告知義務違反を理由に支払拒否や契約解除をされるのも困るので、詳細に記入しています。告知義務対象となる傷病を明示しないのは、加入申込者にこのような不安を抱かせて必要以上に個人の身体情報を提供させようという意図が保険会社側にあるのではないかという印象すら持ったりします。最近は上記ガイドラインにもとづく指導によるものか、入院しない花粉症や水虫、市販のビタミン剤服用、市販の風邪薬などの服用は告知を必要としない旨を説明する文書がついてきていますが、一般には、告知する必要があるかどうか悩ましいのは、ウイルスキャリアのように傷病ではないはずだが…といった境界線がはっきりつけにくい症例であって、そういうところまで踏み込んで明示されていないのではあまり意味がないと感じています。

とはいえ、保険業務においてハイリスクグループを避けるのは当然なので、慢性肝炎の発症リスクを持つ個体をハイリスクとみなすことは理解できます。私の疑問は、ウイルスマーカー検査の結果ごとにリスクは異なるはずなのに、HBVキャリアは一まとめにハイリスクとみなされているのではないか、という点です。HBe抗原-/HBe抗体+のキャリアが慢性肝炎を発症するリスクはHBe抗原+/HBe抗体-のキャリアに比べれば相対的に低いはずですが、これを考慮しているリスク細分型のガン保険はないものでしょうか。あるいは、部位不担保特約ができるガン保険はないものでしょうか。

B型肝炎ウイルスの無症候性キャリアです。

20歳頃に母子感染していることに気がついて、それ以降、毎年、ウイルスマーカー検査を受けていますが、その時から、20年以上経過した現在にいたるまで、ずっと検査結果は同じです。HBs抗原+, HBs抗体-, HBe抗原-, HBe抗体+です。

ガン保険の加入申込は何度かしましたが、告知書に上記の内容を記入して申し込むと必ず断られます。そもそもウイルスキャリアであることは告知義務の対象なのかどうか、明確に文書などで示されていないように見受けられます(社団法人生...続きを読む

Aベストアンサー

リスク細分型というガン保険は現在ありません。
技術的には検診数値の統計に基づいての保険料設定は可能なはずですが、おそらく商品としての採算性、市場性からそのような保険リスク統計も行われていないと思われます。

>ウイルスマーカー検査の結果ごとにリスクは異なるはずなのに、HBVキャリアは一まとめにハイリスクとみなされているのではないか

おそらくその通りでしょう。
保険のリスクとは臨床医学的なものではなくて、あくまで統計確率上のものですので、HBVキャリアが慢性肝炎に結びついた時点で保険会社には「リスク高い」となります。HBVが慢性肝炎になる統計データはあっても、その発症前のマーカー数値がいくらであったか、までの詳細な差異のわかるデータが保険会社にはないのです。残念ですが、これが実情です。
しかしながら、ガン保険、というのはガンに備える方法のひとつに過ぎません。所得保障保険や医療の実費補填保険など代替商品などでもある程度の対応は十分可能かと思います。

QB型肝炎キャリアの保険

私は、B型肝炎キャリア(HBs抗原+、HBe抗体+、現在肝機能正常、入院暦なし)です。
保険のことで質問ですが、自分がキャリアだと知る前に入った保険は、今後もちゃんと保障してくれるのでしょうか?キャリアだと言うことは告知していないのですが、言ったほうがよいのでしょうか?
また、結婚したこともあり、より保障の厚いものに見直したいと思っているのですが、無理なのでしょうか?
また、今の保険で保障される場合、満期後に更新したいと思っていますが、無理でしょうか?
やはり、新規で保険に加入するのは難しいのでしょうか?
アドバイスをください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#2です。
 
 文面を読み直して見ましたが、「満期後」でしたね。満了と読み違えてしまいました。失礼しました。

 養老保険は、一般的に更新はできません。一部保険会社で更新できる養老保険がありましたが、割と最近の話です。

 契約内容は契約時に全て決まりますので、今保険会社に伝えても現契約には影響がありませんので安心してください。

 小さい頃からの契約ということでしたら、予定利率良い時代のものでしょうから、それは大切にされると良いと思います。お子様ができた時の、学資保険くらいにお考えになってはどうでしょうか?

 不足分のみで新しい契約を考える事をお勧めします。

Q告知義務違反が怖いです

二年半前に、医療保険に加入しました。
その際、子宮筋腫を指摘されていたんですが(経過観察と医師に言われてました)、友人に相談したところ、『絶対、告知しないほうがいい』と言われて、何も言わずに加入してしまい、今も保険料を払い続けています。
そして、このたび、筋腫摘出術のオペを受けることになって、保険金を請求するか悩んでます。
やはり、そういうのは、調べるとすぐにわかってしまうんですよね…。
詐欺罪とか起訴されるくらいなら、保険請求は見送りたいのですが、この際、解約したほうがいいのでょうか?
その保険会社で、がん保険なども加入していて、全部、解約したほうがいいのかなども、教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

加入後二年経過していますので、まず、保険会社が契約の解除をすることはできないと思います。
が、解除はできなくても、今回の入院・手術で給付金をもらう手続きをして、
診断書の初診日等から、告知義務違反と診断されれば、
当然、給付金はおりません。

お医者様が、診断書にどう書くか、が一番のポイントです。
今回受診する際に、「二年半以上前から子宮筋腫があると指摘されていた」と、医師に伝えていますか?
それとも、同じ病院でのことでしょうか。そしたら、恐らくカルテ見て書きますので、初診日は告知日以前に遡るでしょうね。
すると、告知義務違反しましたよ、と保険会社に告白するようなものですね。

悪質でなければ詐欺罪などで起訴されることはないと思いますが、
お友達の言うことを真に受けて告知義務違反をしたことは事実です。
とりあえず診断書を書いてもらって、初診日が告知日よりも後であれば、
保険の給付金は下りるでしょうが、
果たして、それを受け取って、うれしいと思えるでしょうか。
文章から判断するところのあなたの性格からは、
きっと、もらってもうれしいどころか、
いつ訴えられるかヒヤヒヤして過ごすことになると思います。

私が以前保険営業をしていたときの話ですが、
子宮筋腫摘出をした後に、保険には入れますが、
子宮に関しては二年間保障しない、という条件が付きました。
保険会社によっても違うでしょうが、もし、そういう条件であれば、
とりあえず、術後に正直に告知して保険に入れば、
2年後には、その条件も終わり、晴れて子宮も保障される保険になるわけです。

なので、私だったら、今回のこの保険の請求は見送ります。
そして、そのまま続けておきます。
子宮以外の病気だったらちゃんと保障されますからね。
そして、退院して落ち着いたら、別の保険に、
きちんと告知して入ってください。
子宮不担保の条件が付いても、入れたら、それから、
前の保険を解約してください。
そして、新しい保険を大事にして、二年待てば、もう安心です。
子宮でも何でも、きちんと保障されますから。

ちなみに、私も子宮筋腫の手術を受けたことがあります。
子宮筋腫は悪質なものではないですから、きちんと治ります。
女性にはきわめてポピュラーな病気です。
筋腫の手術のあと、3人子供を産みました。
今も健康そのものです。保険にはとてもお世話になりました。

お体、大事にしてくださいね。

加入後二年経過していますので、まず、保険会社が契約の解除をすることはできないと思います。
が、解除はできなくても、今回の入院・手術で給付金をもらう手続きをして、
診断書の初診日等から、告知義務違反と診断されれば、
当然、給付金はおりません。

お医者様が、診断書にどう書くか、が一番のポイントです。
今回受診する際に、「二年半以上前から子宮筋腫があると指摘されていた」と、医師に伝えていますか?
それとも、同じ病院でのことでしょうか。そしたら、恐らくカルテ見て書きますので、初...続きを読む

Q住宅ローンの団体信用保険とB型肝炎

住宅ローン(フラット35ではない)を借りようと考えているところなのですが、
調べてみると銀行で借りるのであれば団体信用生命保険に加入が条件と
ありました。
しかし、私はB型肝炎ウイルス保持者です。が、血液検査で数値が少し
飛び出すくらいで、医者からは慢性だけど肝臓の状態はいいと判断され
なにも薬や治療をしてはいません。
医者からはこの先ウイルスがいなくなって治るかもしれないが
治らないかもしれないとのことです。
いま30代半ばです。

この肝炎が原因で団体信用保険は加入できないのでしょうか?
妻を連帯債務者としても加入できないのでしょうか?

Aベストアンサー

https://www.google.co.jp/search?q=%E4%BD%8F%E5%AE%85%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%B3%E5%9B%A3%E4%BD%93%E4%BF%A1%E7%94%A8%E4%BF%9D%E9%99%BA%E3%80%80B%E5%9E%8B%E8%82%9D%E7%82%8E%E9%99%BD%E6%80%A7&ie=utf-8&oe=utf-8&aq=t&rls=org.mozilla:ja:official&hl=ja&client=firefox-a

過去に同じ悩みの方がおられます。

QHBs抗体が+なんですが・・・・

人間ドックでの検査結果が『HBs抗体が+』となっていました。
『HBs抗原は-』なのです。
これって、肝炎の保菌者って事なのでしょうか?
また治療方法などはありますか?
8年前の元彼が肝炎の保菌者で、何度かエッチはしたのですがそれが原因なのでしょうか?

Aベストアンサー

過去に感染して、抗体を獲得したと思われます。元彼とのHの時に感染した可能性がありますが、他の感染経路もありますので断定はできません。
抗原が-で、抗体が+の場合は保菌者ではないので心配ありません。詳しくは医師に聞いてください。

「参考」
B型肝炎ウイルス検査でわかること
血中に出現するB型肝炎の抗原や抗体を検出することでB型肝炎ウイルスの感染の有無やその病期をみることができる。

HBs抗原 : HBV感染状態
HBs抗体 : 過去のHBV感染(防御抗体)、ワクチン接種後の抗体獲得
HBc抗体 : 低抗体価-過去のHBV感染(多くの場合HBs抗体陽性)
         高抗体価-HBV感染状態(ほとんどの場合HBs抗原陽性)
HBe抗原 : 血中HBV多い(感染性強い)
HBe抗体 : 血中HBV少ない(感染性弱い)

治療を必要としないケース
一般に、HBe抗体が陽性で、肝機能が正常な場合は、ウイルスに感染していても特別な治療行う必要はありません。
ただし、ごくまれにHBe抗体が陽性であっても、GOT、GPTの値が高く、肝機能が異常である場合には、肝炎を発症することがあります。
したがって、HBe抗体が陽性だからといって安心せず、定期的な検査を受け、肝臓が悪くならないように自己管理する心がまえが大切です。

HBe抗原が陽性で、肝機能が正常の場合は、あるとき、GOTとGPTの値が一時的に急上昇し、それをきっかけにHBe抗原が自然消滅して、HBe抗体が陽性になる
ケースが普通です。
こうなればもう安心ですが、HBe抗体が陽性になるまでは3ヶ月に1回ぐらいは定期検査を受けたほうがよいでしょう。

治療を必要とするケース
HBs抗原が陽性で、しかも慢性肝炎の人は、病状はさらに進行する危険性が高く、他人に感染させるおそれもありますから、ウイルスに対する治療を行わなねばなりません。

過去に感染して、抗体を獲得したと思われます。元彼とのHの時に感染した可能性がありますが、他の感染経路もありますので断定はできません。
抗原が-で、抗体が+の場合は保菌者ではないので心配ありません。詳しくは医師に聞いてください。

「参考」
B型肝炎ウイルス検査でわかること
血中に出現するB型肝炎の抗原や抗体を検出することでB型肝炎ウイルスの感染の有無やその病期をみることができる。

HBs抗原 : HBV感染状態
HBs抗体 : 過去のHBV感染(防御抗体)、ワクチン...続きを読む

Q県民共済の健康告知に関して

県民共済の健康告知に関して

こんにちは、
県民共済に加入しようかと考えています。 申込用紙が思いのほか、簡単なもので
驚いていますが、健康告知とはいざ病気になり保険金の請求が起こる場合 県の方ではどのように
調べるのでしょうか?

個人の通院記録が見れるというわけですか?
企業に勤めておらず健康診断も受けれない人などは どのように見なされるのでしょうか?
人によってはずっと病気だと気づかず 加入の際なんの告知もしていない人もいるのではないでしょうか?
今加入しようとしている県民共済の健康告知が以下のものです。
1 現在 病気や怪我の治療中または検査・治療が必要もしくは検査中
→ 病気やけがなど 表現が大まかな気がします。怪我でも小さいものと大きいものの判別が個人でつくのでしょうか?
2慢性疾患のため 医師から治療をすすめられた
→ 慢性疾患と気づく症状がなかったら?
3 薬の常用 鎮痛剤も含むと書かれていますが 偏頭痛持ちでも 薬常用者になるうるんじゃないでしょうか?常用なんて 告知しなければ 誰もわからないことでは?
4 過去一年以内に14日以上の入院もしくは20回以上の通院治療
→ 極端なところ歯医者も? 虫歯がたくさんあれば20回はこえる可能性も・・

など つっこみどころがたくさんあります。どこまで厳しく審査されるのでしょうか?
長文 失礼いたしました。

県民共済の健康告知に関して

こんにちは、
県民共済に加入しようかと考えています。 申込用紙が思いのほか、簡単なもので
驚いていますが、健康告知とはいざ病気になり保険金の請求が起こる場合 県の方ではどのように
調べるのでしょうか?

個人の通院記録が見れるというわけですか?
企業に勤めておらず健康診断も受けれない人などは どのように見なされるのでしょうか?
人によってはずっと病気だと気づかず 加入の際なんの告知もしていない人もいるのではないでしょうか?
今加入しようとしている県民共...続きを読む

Aベストアンサー

(Q)とはいざ病気になり保険金の請求が起こる場合 県の方ではどのように
調べるのでしょうか?
(A)まず、大きな誤解をしておられるようなので……
県民共済と「県」とは、何の関係もありません。
単に名前がそうなっているだけです。
全労済の「こくみん共済」が国とは何の関係がないのと同じです。
県民共済は、全国生協連が行っている共済事業であり、
万一、県民共済が破綻しても、県は何の援助もしてくれません。

さて、調査をするときには、被保険者の個人情報開示の承諾書でもって、
病院のカルテなどを調べます。
共済金の申請をするなら、個人情報開示に同意しなければなりません。

(Q)健康診断も受けれない人などはどのように見なされるのでしょうか?
(A)国民健康保険に加入しているならば、自治体が実施する健康診断を
受けているということが前提になっています。
受けていなくても、不問です。

(Q)人によってはずっと病気だと気づかず 加入の際なんの告知もしていない人もいるのではないでしょうか?
(A)います。そういうリスクは織り込み済みです。

(Q)現在 病気や怪我の治療中または検査・治療が必要もしくは検査中
(A)申込者の判断ではなく、医師の判断です。
大小に関係なく、医師が治療・検査が必要といえば、必要なのです。
従って、医師の診察を受けていなければ、告知不要です。

(Q)慢性疾患のため 医師から治療をすすめられた
(A)上記と同様に、医師の判断を質問しているのです。
申込者が慢性疾患に気がついていようが、いまいが、関係ありません。
医師の診察を受けていなければ、告知不要です。

(Q)薬の常用 鎮痛剤も含むと書かれていますが 偏頭痛持ちでも 薬常用者になるうるんじゃないでしょうか?常用なんて 告知しなければ 誰もわからないことでは?
(A)告知しなければ誰にも分らなくても、告知しなければならないなら、
告知が必要です。
常用とは、ほとんど毎日飲むことです。
頭が痛くなったとき飲むのは、常用とは言いません。
誰にもわからない……ということはありません。
それなりに、必要な事は調べる方法があるのです。
極端に言えば、薬を常用していても、毎回、買う薬局を変える、
薬を飲んでいるところを誰にも見られたことがない、
誰にも話したことがない……ならば、調べるのは困難でしょう。

(Q)過去一年以内に14日以上の入院もしくは20回以上の通院治療
(A)虫歯は対象外と書いてあると思うのですが……

ご参考になれば、幸いです。

(Q)とはいざ病気になり保険金の請求が起こる場合 県の方ではどのように
調べるのでしょうか?
(A)まず、大きな誤解をしておられるようなので……
県民共済と「県」とは、何の関係もありません。
単に名前がそうなっているだけです。
全労済の「こくみん共済」が国とは何の関係がないのと同じです。
県民共済は、全国生協連が行っている共済事業であり、
万一、県民共済が破綻しても、県は何の援助もしてくれません。

さて、調査をするときには、被保険者の個人情報開示の承諾書でもって、
病院のカルテなど...続きを読む

Q生命保険 告知義務違反かも 保険金は出る?

友達が告知義務違反で生保に加入しています。
◆友達は肝臓の病気以外なら、保険金がおりるものと思っています。
◆C型肝炎の疑いがあると医師に告知された後、生保に加入。加入時にその事を言わなかった。
◆保険の内容は死亡保障の他に、成人病特約、重度慢性疾患特約、介護保障特約等が付加されています。

保険に詳しい方の専門的なアドバイスと意見をお聞かせください。

彼女は体が強いほうではありません。もし何かあった時に出る保険でないと意味がないのです。告知義務違反でこの保険自体を失効していまうと非常に困った事になります。
彼女には健康診断を受けてきて、今自分の体がどういった状態かを把握するようにだけアドバイスはしましたが、例えば胃潰瘍などで入院しても過去の病歴等がわかるのでしょうか?さかのぼって何年前までのデータがとれるのでしょうか?入院してなければ病歴は判らないのでしょうか?病歴を調べる上でのキーはなんなのでしょうか?(健康保険とか?)
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

皆様の書き込みによって、誤解を生まないように、簡潔に書き込みます。

・保険金は、支払われません。
・給付請求の時の、診断書の既往症および初診日などの欄、健康保険追跡調査、被保険者、受取人などの調査で、発覚します。
・#3様おっしゃるように、C型肝炎は、高確率で、→肝硬変→肝臓ガンと移行しますので、各社ほぼ謝絶体です。
・2年間経ったら・・・・というのは、詳細は省きますが、そんなの無い、と考えてください。(お知り合いの場合、ほぼ詐欺無効です。私は、申し込んだら、確実に謝絶になる病気→詐欺無効が適用できる、と考えます。さもないと、無選択型保険・・割高だが2年間経ったら、ほぼ条件無しに保障される・・・と整合性が取れません。2年間経ったらOKでしたら、無選択型の存在意義がありません。)

・追加告知の受付期間は、各社、契約から2年以内です。2年経ったら追加告知、なんて技が通用したら、みんなそうします。

なお、故意に告知義務違反をなさっている方へのアドバイスは、あまりしたくないので、失礼ながらこの辺にさせていただきます。

QB型肝炎ウィルスキャリア=慢性B型肝炎?

家族がB型肝炎ウィルスキャリアです。
定期的に血液検査に通っていますが、ウィルス量も少なく肝臓の数値も異常がなく安定しているので治療の必要はない、悪化の心配もないといわれております。

医師から慢性B型肝炎との診断は受けていませんが、キャリアであれば、症状がなくても慢性B型肝炎と判断されるのでしょうか?

Aベストアンサー

私の場合、質問者のご家族と同じ状況です。数値が安定しており特別に治療の必要はないわけですが、ただそうでない人よりは、肝炎や肝硬変などの病気に掛かる確率が多いと、専門医から聞いております。
よって、定期的に血液検査や、エコー検査を受けていますが、
基本的に普通の生活をしています。 大丈夫です!。

質問の回答とすると、慢性B型肝炎とは判断されないと思います。

あとご家族への注意ですが、血液感染という可能性も考えられるので、血液の付着したもの(しそうなもの・・髭剃りなど生活用品含む)の
取り扱いをきちんと処理する と聞いたことがありますので参考まで。

QB型肝炎キャリアのHBS抗体・抗原について教えてください。

こんばんは。
私は母からB型肝炎のキャリアと聞いています。

先日、違う件で血液検査をしたのですが、HBS抗原とHBS抗体が両方とも陰性でした。
その時は、膠原病の疑いで検査をしたため、抗核抗体の数値のことで頭がいっぱいで、医者にB型のことを聞くのをわすれてしまったんです。

キャリアだと思っていたので、産婦人科に通ったときも前もって「私はキャリアです」と話していたのですが、その後すぐ流産してしまい、B型の検査はしませんでした。

そこで質問なのですが。
ネットで調べたところ、マイナスだと陰性(正常値)とありました。
これは、私は既にキャリアではないと言うことでしょうか?
母子感染をしたが、知らない間にウィルスが消えていた…なんて事があるのでしょうか?
それとも、キャリアであることを調べるには、もっと他の検査が必要で、キャリアだけど発症をしていないだけなのでしょうか?
7月に、血液検査に行く予定があるのですが、必要ならば夫と共に近いうちに検査をしたいと思っています。
まずはアドバイスを頂ければと思い、投稿しました。

Aベストアンサー

HBs抗原・抗体共に陰性ということですから貴方はB型肝炎のキャリアーではありません。どうしてお母さんがキャリアーだと言ったのでしょうか?お母さんはキャリアーですか?

もし母子感染によりB型肝炎ウイルスに感染しているとすればHBs抗原が陽性になります。母子感染による感染後にウイルスが消えることもあります。しかしその場合でもHBs抗体が陽性になります。

HBs抗原とは現在B型肝炎ウイルスが体内に存在しているかどうかを診る検査です。これが陽性ということは肝炎ウイルスに感染しているということなのです。HBs抗体はウイルス感染後に肝炎が起こり、その肝炎が治癒した場合に出てきます(キャリアーの場合は若干違いますが)。抗体が陽性ということはウイルスが体内に存在していない状態です。


人気Q&Aランキング