ガソリンの携行缶に、半分だけガソリンを入れておくことに問題はないでしょうか。
車のガソリンタンクの場合、タンクがさびやすくなるからやめた方がいいという話も聞きます。携行缶の場合での問題の有無を教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

農繁期を除き農機具用のガソリンが必用でない場合は、半年近く携行缶も空状態で保管しています。


キャップをした状態で湿度の高くない場所であれば、今までにさびが発生したことはありません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

経験に基づいた回答をありがとうございました。

お礼日時:2008/03/05 22:48

>携行缶の場合での問題の有無を教えてください。



基本的に、JIS規格に合格している製品だと問題ありません。
ご存知の様に、以前は「サビが発生する云々」との話がありましたが、現行品では問題ないです。
屋内で保管すれば、心配無用です。
#2の回答同様、農機具・オートバイ・原付用にガソリンを保管していますが、半年以上でも何ら問題ありません。

自動車のガソリンタンクでも、実際にサビた!という話を聞いた事がありません。
中古車販売店の車は、全て錆びている事になりますよ。
現在では、省エネ等で「長距離を走らない場合は燃料は半分に」という運動もあります。

それよりも、ガソリンは「地域・外気温」によって成分が異なります。
極端な話、北海道と沖縄ではガソリンの成分が異なります。
賞味期限ではありませんが、なるべく早く消費して下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
長距離を走るので携行缶にガソリンは欲しいのですが、とはいえ20Lもいらない(なのに20Lの缶が手元にある)ので、どうしたモノかと思っていたのです。
助かりました。

お礼日時:2008/03/05 22:51

携行缶が錆びやすくなる、ガソリンが酸化しやすくなる、などですねぇ

    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q携行缶にガソリン

セルフのガススタでは携行缶にはガソリンは入れないでくださいと掲示されていますが 携行缶とバイクにガソリン入れる事は同じと思いますが 何故携行缶(ガソリン用に認可された容器)はイケないのか法的な禁止だけですか

Aベストアンサー

セルフガソリンスタンドが登場した際に、従来の消防法とのすりあわせに、
あくまでガソリンの取扱は危険物取扱教育を受けた店の店員のみであって、客がガソリンをいれるのは禁止で、
車の給油口に機器をセットするのと会計がセルフサービスであって、ガソリンの注入停止操作は目の届く場所でスタンド店員が行っている。という建前があるのです。
実際そういう手順にセルフ機械はできているし、控室でも操作できるシステムになっていないとセルフ形式では営業許可が降りません。

で、携行缶の取扱については、消防法で店員が携行缶容器の安全性を目視で確認し、客に口頭で取扱説明する安全義務が定められていて、
運用上セルフスタンドでは不可能なので、消防法の条文だけでなく、消防署からの通達で具体的に禁止されています。
通達を守らないと行政指導で営業停止処分や危険物取扱免許取り消し処分を受けます。

Qガソリン携行缶は臭うものですか?

ガソリンの供給されていない地域への長距離ドライブに備えて、ガソリン携行缶を車載していきました。
しかし、これが車内を大変な状態になるほどに臭わせました。
気分が悪くなりながら、また、窓を開閉しながら運転することに。
携行缶は上下から圧着したような作りになっており、圧着部分からガスが漏れているのでは無いかと疑ってしまいました。
ワゴン車なので、部屋を分けることも出来ず苦しみました。
どうすれば、良かったのでしょう。
今後のこともあり、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ガソリン携行缶を2個所有してますが、ガソリン臭の原因はノズルだと思います。
缶のキャップをシッカリ閉めてれば臭うことはありませんが、携行缶に付ける「蛇腹状のノズル」を使った後は、蛇腹部分に残ったガソリンが暫く臭います。
臭い対策としてノズルをポリ袋に入れると良いです。
その他、キャップのゴムパッキンが劣化して来ると、キャップ部分からガソリンが滲み出して臭うことになりますから、パッキンの傷みを確認してください。

Qガソリンの携行缶

20Lの携行缶にガソリンを保管しようと考えてます。
長期の入れっぱなしはしないつもりです。(長くて1ヶ月)
しかし、問題は保管場所です。

家は狭く、玄関を含め家の中には置けません。
物置もなく・・・・
小さな庭があるのでそこしかないのですが・・・

心配は夏場です。
太陽の熱で火事になるということはあるのでしょうか?

どのように日よけをすればいいのでしょうか?

よきアドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは。

きちんとしたガソリン用の携行缶でしたら、発火の心配は無いです。庭先での保管で一番心配なのはいたずらでしょう。

保管方法は地面に直に置かない(ブロックなどに乗せる)、人の目に触れず近くに火の気が無い事(屋外ボイラー、排気用吹き出し等)、密閉した箱物には入れない(万が一ベーパーが漏れても拡散させる様)、直射日光や風雨を当てない(ベニヤ板などで囲う)等すれば良いでしょう。

定期的に確認すればなお良いと思います。神経質になる必要はありませんが、管理は大事です。尚、保管そのものが危ないとしたらバイクなど真夏に発火して大騒ぎしてますよ。

Qガソリンの携行缶を車内に

農機具や発電機などに使うガソリンを、車内に置いておいても大丈夫でしょうか。夏場の車内は、温度が60℃以上になったりして怖いのですが。ちょっと作業している間に爆発なんてしないでしょうか。

Aベストアンサー

できるだけ夏場は車内におかないほうが無難です。

ガソリン自体は、発火点は300度ですが
気化してしまうと、発火点は-20度と大幅に下がります。
(静電気などで火花が出ただけで簡単に爆発する)

-40度くらいから気化してしまうために、ガソリンは常温においておくだけで簡単に気化します。

専用の携行缶にいれて、キャップをしっかり閉めていたとしても危険は高いのでできるだけ持ち歩かないほうが良いです。

Qセルフスタンドでのガソリン携行缶への給油

はじめて質問致します。

私は趣味で自分の車でサーキット走行をします。
その際ガソリン携行缶を持って行くのですが近所のセルフスタンドでは、
「法令により携行缶への給油を禁止しています」と言う看板がありどうしたものかと悩んでおります。
サーキット走行では結構燃費が悪いのと、サーキット付近のGSはガソリン単価が高めなので、
なるべく少しでも安いセルフで給油したいのです。
ちなみにガソリン携行缶はちゃんと耐圧試験をクリアした金属製で、
「火気厳禁」・「第4類第1石油類危険等級(2)ガソリン」・「容量20L」の表示がしてあります。

前置きが長くなりましたが、
セルフスタンドでガソリン携行缶に給油する場合、どんな法令に違反するので給油を禁止しているのか教えて頂けないでしょうか?

また、乙種4類または丙種危険物取扱者免許を持っていれば給油しても問題無い(合法)のでしょうか?
ガソリン40L未満でしたら、指定数量の1/5未満なので規制は受けない様にも思うのですが・・・

諸先輩方、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

参考になれば。

参考URL:http://www.city.takahashi.okayama.jp/ka/syoubou/2/gasorin/gasorinn.htm


人気Q&Aランキング

おすすめ情報