【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

Ohshima製の鍵のない錠にレバーがついています。これを外して取り替えようと思っています。レバーの基部には何も穴等がなく、左方に強く回してみてもはずれません。丸座をドライバーで浮かせてみると丸座裏金がでてきました。裏金の形状は外周の4カ所にくぼみがあるだけでビス等はありませんでした。説明がわかりにくいとおもいますが、レバーを外す方法について是非教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

挟む 金具」に関するQ&A: 板を挟み込む金具

A 回答 (5件)

 最近はOhshima製のレバーハンドル錠を詳しく見る機会が減っていますので、正直なところ取り付け手順の記憶もやや不確かになっています。

そこで、ここでは一般的なレバーハンドル錠のレバーハンドル周りの構造についてご説明します。

 まず丸座ですが、今日のほとんどの製品で次のような構造になっています。室外側の丸座には「取付け脚」と呼ばれる2本の丸棒が付いていて取付け脚はドアや錠ケースを貫通しています。この「取付け脚」の先端には雌ネジが切ってあります。
 一方、室内側の丸座には取付けネジ(ビス)が入る「ビス穴(多くは皿穴)」が2つ開けられています。
 つまり、丸座の取り付け手順は、まず「取付け脚」が付いた室外側の丸座をドアに嵌め込み、錠ケースを貫通させたのち、室内側の丸座をドアに当てて、ビス穴を通して取付けネジを取付け脚にねじ込み、室外側の丸座を呼び寄せて互いにドアをしっかり挟むかたちで固定するということになります。

 ただし、肝心なことは、近年のほとんどの製品では、丸座は2つの部品の組み合わせになっているということです。つまり「取付け脚」が取り付けられたり「ビス穴」が開けられているのは、実は下座(隠し座)で、下座同士でドアに固定したのちに、その上から化粧座をかぶせる構造になっているのです。これはネジの頭を隠すために考えられた方法で、化粧座は下座にパチンとはめ込むタイプのものとネジ式になったものの2通りがあります。ただし、製品によっては室外側の化粧座に限っては、外したりはめ込んだりする必要がないので最初から下座に固定されているものも少なくありません。

 さて、次ぎはレバーハンドルですが、ほとんど全部の製品に見られる構造として、室外側のレバーハンドルには角軸が取り付けられており、一方、室内側のレバーハンドルにはその角軸を受け入れる軸穴と、さらにレバーハンドルの首部の横から角軸を締め付けて固定するネジがあります。

 つまり、レバーハンドルというものは、室外側から角軸を、室外側の丸座と、ドアと、錠ケースと、室内側の丸座とをすべて貫通させるようにしながら嵌め込み、ついで室内側のレバーハンドルをドアを貫通して来た角軸にしっかり差し込んでから、固定ネジで締め付けるという手順で取り付けられます。

 分り難い表現ですが、結論から言いますと、レバーハンドルを分解するには、まず室内側のレバーハンドルだけの首の部分にあるはずの固定ネジをしっかり緩めたのち、内外のレバーハンドルを互いに逆の軸方向に強く引いて抜き取ります。
 次ぎは丸座です。室内側の丸座の化粧座を外すと、下座と2本の取付けビスの頭が見えるはずです。この取付けビスを抜き取ると、室内外ともに丸座はすべて取外せます。

 ただし、レバーハンドルがまだ取外せていない場合には、丸座は分解できてもひと足先に取外してしまうことは出来ません。つまり、室内側から2本の取付けビスを抜き取ったとしても、室内側の化粧座も下座もただクルクル回るだけですし、室外側の丸座はドアとの密着度が大きく緩むものの、取付け脚が入ったままですからクルクルとは回りません。

 どうも、ご質問の内容や補足の状況から推測してこの段階にあるように思えます。まず、どうしてもレバーハンドルを抜き取ることを考えてください。室内側のレバーハンドルにだけ、かなり陰のほうにある固定ネジ、まずこのネジを見つけてください。このネジが緩めば、もうあとは簡単に分解と取外しが出来るはずです。

 
 なお、これまでのご回答や補足を読ませていただいてのことですが・・・・。

1.「裏金の形状は外周の4カ所にくぼみがあるだけで・・・・・」
 これは「室外側の下座」の形状を表したものではありませんか。もしそうであるなら、このレバーハンドル錠を完全に取外すに際しては室外側の丸座、下座、化粧座、こうしたものは一切関係ありません。丸座に関して分解に関係するのはただ室内側の丸座、つまり化粧座を取り去ったあとに残る下座と2本の取り付けネジだけです。

2.「バックセットが引っかかってると思われます・・・・」
 たしかにそういった構造の錠があることも事実です。ただ、この場合、施錠装置のないレバーハンドル空錠ですから、この方がお書きのバックセット、正しくは錠ケースに「ひっかかる」ようなものは一切ないと思われます。また、オオシマという錠前メーカーはひと頃船舶用などの錠前を製造したりして、その方面ではよく知られていました。その方向から見てもさほど複雑な構造をとった製品であるはずはないと思われます。と言うことは、内外のレバーハンドルは固定ネジで固定されているはずです。とにかくまず、室内側のレバーハンドルをよく観察して、固定ネジを見つけてください。

この回答への補足

実に、詳しくわかりやすいご回答ありがとうございます。感激です。
早速、「固定ねじ」をよく探してみたのですが、やはり見つかりません。
レバーハンドルの首を鳥の首に、レバーをくちばしに例えると、口先の先端部分にキャップ状にネジが付いていて、これをはずすと直経5ミリほどの内くうが現れます。まさかこの中に固定ネジが仕込まれてるとも思えず、お手上げ状態です。また子細に見てみようと思います。まず、現状報告させていただきました。

補足日時:2008/03/09 20:33
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「固定ネジ」を丹念に探しましたが見つかりませんでした。
ひょっとしてと思い、ハンドルを引っ張ったらそのままあっけなくも引き抜くことが出来ました。ハンドルと座が一体になっていて、双方の座をビス止めすることで、レバーの固定を兼ねているようです。
レバーハンドルの構造についてわかりやすく書いていただき、理解が進みました。
ありがとうございました。

お礼日時:2008/03/11 22:39

裏表両方とも、座のカバーをはずしてみました?


オーシマの座は勘合式ではなく、ビスで反対側の座を呼び込んでますので、それをはずせば取れます。カギナシ(空錠)であれば、室内外どちらにそのビス側が来てるかわかりません。カギ付であれば、室内側がビスというのがセオリーですが。

で、ハンドル自体をはずすには、首の外側にある小さな穴の中に、六角レンチ対応の押しねじが埋まっているはずです。よって、まずはレンチが無いとはずせません。レバーははずさないと、遊びが少ないので、座のビスは回しにくいでしょう。

おそらく、お使いの商品は、素遊子(そゆうし)というシリーズだと思いますが、設置法についてはオーシマ製品はすべて同じ仕様です。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。ご指摘の通り、素遊子の古いタイプのもののようです。
改めて、子細に穴を探しましたが、見つからず。
えーい ままよ!と思ってそのまま両方のレバーを引っ張ったら、なんと脱けました!!!!
ハンドル同士の固定は座についていたビスが担っていたのでしょうか?
狐につままれたような気分です。
しかし、皆様のおかげで解決しました。
本当に貴重なご意見と親切心ありがとうございました。

お礼日時:2008/03/11 22:30

メーカに直接問い合わせをされてはどうでしょうか.


 防犯グッズのオーシマ
 http://www.ohshima-bouhan.com/?act=order_lists
043-207-5151
    • good
    • 1
この回答へのお礼

そのホームページ、私も見ましたが、オーシマとOhshimaは異なるようです
ありがとうございました。

お礼日時:2008/03/11 22:32

ドアの側面の金具は外しましたか? バックセットが引っかかってると思われます。

    • good
    • 1

丸座裏金がでてきました、裏金の形状は外周の4カ所にくぼみがあるだけで・・・・・・


くぼみにマイナスドライバーを引っ掛けて丸座裏金を左側に回転させて見てください、3回点くらい。

この回答への補足

早速ご回答いただきありがとうございます。
その後、反対側の丸座を外すと2カ所ビス止めされていたのではずしてみました。その裏金は抵抗なくクルクル回るのみ(泣)。はじめに外した裏金はアドバイスに従ってかなり力を掛けてみましたが、残念ながら回りません!!
やはり、先にレバーを外さないと無理なのでしょうか??

さらにアイデアがありましたらよろしくお願いします。

補足日時:2008/03/09 12:34
    • good
    • 3

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qドアノブを交換したいのですが外れません。

画像のドアノブの外し方を教えてください。
小さい穴にキリをつっこんで押しながら引っ張っても外れませんでした。
宜しくお願いたします。
レバーノブに交換をしようと思ってます。

Aベストアンサー

補足
空錠ですから、回しながら押す必要はない。
ただ、先がとがりすぎてると、逆に隙間にはまるので、本来押さなければならないところにうまく当たらず、結果押されてないのです。

押して、バネの押す感覚があるところでやらなきゃダメ。
もしバネが錆びてるようなら、CRCなどの油差して、ノブをガタガタ押しり回したりすると、押しやすくなるかもしれません。

Qトイレのドアノブががたつき修理しようとしたが台座がはずれないで困っています

トイレのドアノブのがたつきがだんだんひどくなりました。中のねじがゆるんでいるのだと思い、自分で直そうと試みました。レバー式ハンドルです。内側のハンドルのねじをはずしハンドルは取れたのですが、台座がはずれません。台座のよこに高さ1ミリ幅3ミリほどの隙間が2箇所あります。ネットで調べた所「ここにつめがでているのでここにマイナスドライバーをさして台座をねじるとはずれる」とあったのですが、見たところつめらしいものはありません。とりあえす、2箇所同時にマイナスドライバーをさして台座を左右にねじってみたけれど台座ははずれません。(がたついているのでドライバーをささなくてもある程度左右にゆれています)ドアノブのがたつきは相当ひどくなってきており、困っています。

Aベストアンサー

通常のレバーの台座は、室内側から閉めてあるので、室内(個室内)側の台座カバーを細めのマイナスドライバーなどでこじてはずせば、その下からビスが止めてある樹脂などの台座が現れるはずです。もなかの皮みたいなもの。
ただし、表示タイプは、非常時の開放の必要などから、外部側からビスが止めてあることもあります。
http://www.kawaguchigiken.co.jp/lever_handle/pdf/mainte.pdf

なお、KODAIブランドのものの一部、KAWAJUNの一部などは、かん合式のものがあり、押し込むだけなので、そうやってみてもいいかも。

Qドアノブが外れません。

ドアの内側からドアノブの根元の小さい穴に千枚通しを刺し、ノブを回したりしましたがカチャンとはまるところがありません。
調べてみますと、千枚通しがはまるところがあるそうなんですがありません。
ノブを引いたりしてみましたが駄目でした。
ノブはこんな形です。
古いので同じじゃありませんが。
http://item.rakuten.co.jp/bridge-b/tlh55-2/
どうしたら外れますでしょうか。
教えてください。

Aベストアンサー

提示されたものと同じようなもので、同一ではないのですね。
では、質問文からだけでは判断できません。

パターンとしては幾つかありますので以下を参考にしてみてください。
(1)細いピンを穴に突き刺し(これによってバネ仕掛けのノブ抜け止めのロックを押し込み固定がはずれます)ノブを引く抜く(廻して緩めるのではありません)
これは握り玉のくびれた軸部についていいるものがほとんどです。
(2)上記のロック押し込み型でななく、握り玉もしくは玉座(ドアに接した径の大きな座の部分)の外周に小さな穴がある場合はこの穴にフックレンチを掛け、左回しに回転させます。
これはピッタリしたゴム手袋などを履いて、玉座部分だけを廻すようにしてやれば緩めることができる場合もあります。

握り玉を普通に動かした時、握り玉の動きに連動する穴ならノブ引き抜き型で、連動しない、もしくは玉座外周部の穴ならフックレンチで外す型になります(必ずそうというわけでもないかもしれませんが、少なくとも私の扱ったものではそうでした)。

上記の二つは質問者様も試されたようですが、質問文から想像するに、ドアノブの構造を良く理解されていないようなので、方法が少し間違っているのではないかと思います。
また、(1)のようにノブの握る部分だけ引き抜くタイプでは、ノブの握り玉だけ引き抜き、その後玉座をはずす。ということになります。
安価なものには、玉座部分がねじ込みではなくはめ込みになっているものもあります。これはドアと玉座の当たり面のどこかにマイナスドライバーの先が入るような切り込みがありますから、ちょっとこじってやれば外せます。

パイプレンチのような強力な工具を持ち出さないと外れないなんてめったにありません。多分方法が間違っているのでしょう。
これでも外せないようなら業者さんに依頼したほうが良いと思いますよ。

提示されたものと同じようなもので、同一ではないのですね。
では、質問文からだけでは判断できません。

パターンとしては幾つかありますので以下を参考にしてみてください。
(1)細いピンを穴に突き刺し(これによってバネ仕掛けのノブ抜け止めのロックを押し込み固定がはずれます)ノブを引く抜く(廻して緩めるのではありません)
これは握り玉のくびれた軸部についていいるものがほとんどです。
(2)上記のロック押し込み型でななく、握り玉もしくは玉座(ドアに接した径の大きな座の部分)の外周に小さな穴が...続きを読む

Qドアノブの外し方(鍵付、レバーハンドル) 

ドアノブ(レバーハンドル)の化粧プレートが外れません。レバーハンドルの上に90°回転の直径15mmつまみ 鍵がついています。これが邪魔で、ハンドルは外せたのに、プレートが外せません。いろいろホームページを見ましたがノブ本体の外し方ばかりで、鍵とノブが別になっているタイプについての説明が見つかりません。どなたかおしえてもらえませんか。

Aベストアンサー

 いまひとつ詳しいことが分らないご質問ですが、ちょっと気になったのは「レバーハンドルの上に90°回転の直径15mmつまみ鍵がついています」と書かれているところです。

「つまみ鍵」とはおそらく指で回して施錠や開錠をする「サムターン」のことではないかと思いますが、それが「直径15mm」ということからして、この錠前、ひょっとして玄関などに使われるシリンダー錠ではなくて、トイレや浴室に使われる錠前(非常開装置付き表示錠など)ではないでしょうか。

 もしそうだとしたら、大半の市販品では、サムターンは内側の化粧プレートにEリングなどを使って組み付けられているもので、サムターンからは一本の軸が出ていて錠のケース(本体)に入っているだけのものです。
 この場合なら、内外の化粧プレートを固定している2本のビス(ネジ)が内側の化粧座に見えるはずですから、それを緩めて抜き取れば、サムターンは内側の化粧プレートとともに外れるはずです。
 ただ、ごくたまにサムターンから錠ケースに差し込まれている軸が固くなっていて、それがために化粧座が外れないような気がするといったことはあります。

 ただ、一部の製品では内側の化粧座に下座があり、まず下座で外側の化粧座をビスで固定したのち、内側の化粧座を下座の上からパチンとかぶせるといった構造のものもありますが、この場合は化粧座を止めるビスの頭が内外ともに見えません。そこで、#1様や#4様のような回答も出てくるのですが、この種の化粧座の場合は、サムターンは内側の化粧座とは関係がなく、化粧座は間違いなくサムターンに干渉されることなく外れるはずです。

 次に、ここまでがピント外れのご回答で、いや、そうじゃない、化粧座が外れないのは玄関などに使われるシリンダー錠だ.....という場合です。
 シリンダー錠の場合のサムターンは大半が板のような形状になっていますが、たしかに一部のデザインシリーズとして市販されている錠前では円筒状のサムターンを持ったものもあります(20mmか25mmですが)。
 このシリーズのシリンダー錠の場合は上に書いたトイレ錠などとまったく同じで、サムターンは内側の化粧座に組み付けられていますから、化粧座を取外す際の干渉は起きません。

 となると、残るは、内側化粧座の上のサムターンの基部の部分に38mmほどのリングがありはしないか.....ということになります。このようなリングがある場合は、サムターンは実は化粧座ではなく錠ケースに固定されているものですから、まず錠ケース側からサムターンを外す工程を経ないと化粧座は外れません。
 こちらについては、もうすでに#2様がご説明になっていますが、扉の先端面にある錠ケースの最先端の長四角なプレート(フロントプレート)を外し、その中の取り付けプレートの部分にあるピンを引き抜いてからサムターンのリングを回して外すか、ネジ式ならネジを緩めてからサムターンのリングを回して外すという工程になります。 

 いまひとつ詳しいことが分らないご質問ですが、ちょっと気になったのは「レバーハンドルの上に90°回転の直径15mmつまみ鍵がついています」と書かれているところです。

「つまみ鍵」とはおそらく指で回して施錠や開錠をする「サムターン」のことではないかと思いますが、それが「直径15mm」ということからして、この錠前、ひょっとして玄関などに使われるシリンダー錠ではなくて、トイレや浴室に使われる錠前(非常開装置付き表示錠など)ではないでしょうか。

 もしそうだとしたら、大半の市販品では、...続きを読む

Q室内のドアが開かない

納戸の(木製の)扉がレバーハンドル式のドアになっており
ドアノブを回してもラッチボルトが動かず(ドア側に収納されず)
ドアが開かなくなってしまいました。

とりあえず、レバーハンドルを外し、ドアについている金具を外して
みたのですが、軸棒が飛び出しているだけで、ドライバーが差し込める
ネジ穴などもなく困っています。

なお、その扉には鍵はついていません。
また、ドアは閉まっている状態なので、プレート(ドア厚みの方向から
見てラッチボルトをカバーしている金属板)を覗くことは出来ません。

専門業者に頼むべきか、自分でまだ治せる余地があるのか
自分で治せる場合はどのような方法があるのかを
ご存知の方がいらっしゃいましたら教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

レバーとラッチの連動が外れてます。いわゆる、壊れてるって状態。交換するしかないでしょう。
軸棒ってのがレバーの軸芯なら、取れないはずはない。取れないと、ドアからはずず事もできない。また、直接ドライバーであおったからって、状況はかわらない。

外開きなら、定規かテレフォンカードか何かで、ラッチを直接押し込めば、開けます。内開きだと、隙間からラッチが見えないので厄介ですが、方法論的には同様で可能です。その場合は、テレカのほうがやりやすい。業者に頼んでも、同じようなことするだけですから。あとは技術論。

Qドアノブのラッチが壊れました

家の中の部屋の間にあるドアが急に開かなくなりました。
ノブは左には回りますが右には回りません。
よくよく見ているとドアノブのラッチと言われる部分にスプリングが見えラッチが入る側の穴に完全に入って戻る気配!?は無い様に思います。
こんな時どうすればいいのか?どこに修理を頼むのか?
どなたか教えてください。

Aベストアンサー

ラッチとハンドルの連携が切れてます。
定規などの薄くて硬いもので、ラッチを押し込みながら、ドアを引いてください。
で、ラッチは新品に交換しましょう。ノブは流用可能です。はずして持ち込めば、適合部品が見つかります。ホームセンターか建築系金物店で。メーカーがわかれば、問い合わせて販売店を紹介してもらえると思います。せいぜい数百~2000円程度でしょう。まあ、セットで買っても2000円程度である可能性もありますが。

ただし、ナショナルとか積水とかのハウスメーカー系、ウッドワンやアイカなどの建材系ドアの場合、部品取り寄せをその系列店にする必要があり、ホームセンター等では取り寄せ不可な場合があります。その場合は、近いものでも使用可能な場合が多いので、必ずしもメーカーが同一でないといけないわけではありません。

Q玄関のレバーハンドルが戻らない

MIWA社製のLSPという物を
玄関に使っております。 
このような感じのものです
http://www.ne.jp/asahi/homare/lock/sirinndakesu.htm
レバーハンドルを下げドアを開けると、
今まではちゃんと水平に戻ったのですが、
下がったままです。
鍵が閉まるデッドボルトは問題はなさそうで、
いまのとこ防犯上問題が出ているわけではありま
せんが、下がったまままだと見栄えが悪いので
直したいと考えいます。
ラッチボルトがダメになって戻らない気がしますが
そうでしょうか。
どこをどう交換すればよいのか、また
ケースごと交換の場合素人がドアから引っ張り
だして簡単に交換できるものなのか。
シリンダーやドアハンドル程度はホームセンター
にもあると思いますが、ラッチやケースごとは
やはり取り寄せですかね。
御助力をお願いします。
シリンダー程度は以前交換しまし、
多少の日曜大工はできます

Aベストアンサー

 レバーハンドルが常時は、あるいは手で戻せば、水平位置にあるという風に理解できますが、もしそうであれば、この場合は錠ケースの中にあってレバーハンドルを支え複座させるスプリングの折損とは考えらません。 
 おそらくレバーハンドルの軸の中心が錠ケースの軸穴のセンターとほんの少しだけズレているだけだと思います。もしスプリングが折損しているならレバーハンドルは下がった位置でガタガタブラブラと軽く手ごたえのない動きをしますが。

 美和ロックのLSPはじめ、ほとんどのレバーハンドル錠では屋内側のエスカチオンと呼ばれる台座か、あるいは丸座の側から、屋外側のエスカチオンや丸座をネジ(ビス)で呼び込んで取り付けているものです。この呼び込みネジが緩んだり、扉自体(ことに厚み)が太ったり痩せてきたりしますと、軸心が狂い、その結果レバーハンドルやノブの回転が不調になります。このような現象は大変多いものです。

 こうしたトラブルを調整するには、まず最初に、レバーハンドルが下がったままの状態でもいいですから、レバーハンドルを手の平を使って上下左右に叩いてみてください。手だけなら、必要ならかなり力を込めても大丈夫です。多くはただこれだけで中心が整い、レバーハンドルは正常に元の位置に戻るようになります。できれば軽いミシン油などを差しておいて下さい。

 それでもダメな場合、あるいはエスカチオンや丸座が緩んでいたり締め過ぎに見えるといった場合には、屋内側のエスカチオンや丸座の側からねじ込んだネジ(ビス)を一旦緩め、ふたたび締めなおします。この際にも、ネジを軽く締めこんだ状態の時にレバーハンドルが最もスムーズに動く位置を手の平で叩いて調整して下さい。中心が整ったと思えましたら最後にしっかりと増し締めをして完了となります。

 エスカチオンや、ことに丸座の場合、こうした呼び込みネジが隠されていて見えないものも少なくありません。しかし、呼び込みネジは間違いなく屋内側にありますからよく観察してみて下さい。
 ことにレバーハンドルの場合には、見えている丸座は実は化粧座(飾り座)で、呼び込みネジがあるのは化粧座の中にある下座の部分であることが多いものです。この場合は化粧座を外して下座にあるネジを締め付けなくてはなりませんから、まずは一旦レバーハンドルも抜き取らなくてはなりません。

 レバーハンドルもまた、屋外側レバーハンドルから突き抜けた四角な軸を屋内側のレバーハンドルが受ける構造になっていて、固定ネジも屋内側のレバーハンドルの首の部分にあるはずです。この固定ネジを緩めると屋内外のレバーハンドルは互いに抜けます。
 レバーハンドルを外したら、次いで化粧座を外します。化粧座は左回りで緩むネジ式のものと、マイナスドライバーなどでコジ起して外すタイプのものがありますからよく観察して確かめてください。
 化粧座が外れたら、下座に頭がのぞいている呼び込みネジを調整します。この調整方法は前述の通りです。
 すべて調整が終わったらまた化粧座とレバーハンドルを組み付け直します。この際によく失敗するのが、レバーハンドルの軸部に嵌められている樹脂リングを紛失したり嵌め忘れたりすることですのでご注意下さい。

 以上はこうして書きますと大変ややこしく感じられますが、実際にはとても簡単なことで、日曜大工がご趣味の方ならちょっと観察して頂いた程度ですべてをご理解頂けるものと思います。

 なお、レバーハンドルの動きが不調であることと、錠ケースの中のラッチの機構の故障とは多くの場合直接の関係はありませんし、近年では錠ケース内部の部品の故障というものはきわめて少ないものですが、もしさうであるなら、錠ケースを交換するのも、日曜大工をなさる方には大変簡単なものですし、部品価格だけでしたらたいして高価なものではありません。

 また、お書きのようにレバーハンドルからラッチボルトに至る「空締り機構」と、シリンダーやサムターンからデッドボルトに至る「本締り機構」の2つの締り機構には、一部の自動施錠タイプの錠やホテルロックを除いては、まったく関連はありませんし、レバーハンドルの動きの不調がそのままデッドボルトによる戸締りの不確かさに関係するものでもありませんのでご安心下さい。

 ご説明は以上です。わたくしがご質問の内容から想像した範囲ではドライバー一本と、できれば潤滑油さえあればすぐに元通りになる程度のトラブルだと思いますが、美和ロックでは全国にサービス代行店をネットしておりますので、なにかお問合せなどありましたら下のURLをご参照下さい。
 

参考URL:http://www.miwa-lock.co.jp/

 レバーハンドルが常時は、あるいは手で戻せば、水平位置にあるという風に理解できますが、もしそうであれば、この場合は錠ケースの中にあってレバーハンドルを支え複座させるスプリングの折損とは考えらません。 
 おそらくレバーハンドルの軸の中心が錠ケースの軸穴のセンターとほんの少しだけズレているだけだと思います。もしスプリングが折損しているならレバーハンドルは下がった位置でガタガタブラブラと軽く手ごたえのない動きをしますが。

 美和ロックのLSPはじめ、ほとんどのレバーハンドル...続きを読む

Q浴室のドアノブの外し方を教えてください。

浴室のドアノブの外し方を教えてください。

浴室側のレバーの根元の円形プレート部から錆がいっぱい落ちてきたので、円形プレートを外しみたら、中の金具が錆でぼろぼろに崩れていました。

25年も経っているので、即交換だなと、先ず、錆びた2本の固定ビスをやっと取り外したのですが、外側(脱衣場)のノブの外し方がわからないので、教えていただきたくお願い致します。

形状は、多分インテグラル錠だと思います。

外側の丸座やドアノブに外すための切り欠きや小穴がないので、円筒部分を大き目のプライヤーで銜えて、回しましたが固くて動かず、立ち往生しています。

ラッチプレートを外したり、外側ノブのセンター部のマイナスネジ状をいくら回しても変化はありません。

外し方を教えていただきたくお願い致します。

尚、ラッチプレートには、GOAL G:F と刻まれています。

Aベストアンサー

GOALでフロントにG/Fの刻印があるのはインテグラル錠のGシリーズだと思います。
フロントのサイズは130mm×25mm、ビスピッチ80mmでラッチはコの字形のデッドボルトが△形のラッチの外側を囲むようについているはずです。

まちがいありませんか?

ではあなたが今までやった分解をおさらいします。
浴室内側の玉座を左に回して外した(これで室内側ノブもいっしょにはずれてますね)
ドア側には固定用座板が残り、2本のビス(多分ビスはM5でピッチは42~45程度だったはず)が座板を固定していたこととと思います。
そして中央の2cm位の穴の中を四角い駆動ロッドと三日月型のベロが見えているはずです。
で、あなたは座板を留めていた2本のビスを取り外した(円形の取り付け座板は外れましたね?)

・・・ここまでいいですね。

で、そこまでできてなぜ外せないんでしょうねえ?
あとは外側のノブをもって揺す振れば玉座・ノブ・駆動ロッドが一体になった状態で外れます。
ノブを持って揺す振ればガタガタと動くのじゃないですか?
おそらく、内側玉座から腐食カスが溢れる位にさび付いているので、駆動ロットとベロが腐食で膨らみ、ケースを貫通する部分で競り合っているのでしょう。

まず、ラッチ側のフロントのビスをしっかり留めなおしてください。ラッチ(要するに中に入っているケース)がガタついてはノブをうまく揺することができません。
次にピックか細いタガネ(先の尖ったケレンハンマーが一番いいですが)で腐食部分をハツリ落としてください。
おそらく層状になって膨らんでいるはずですから、そんなに力はいりません。コツコツと叩く、と言うかつつけば落ちるはずです。
で、あとはおもむろにノブを持って揺す振りながら引っ張れば(当然ですが、脱衣室側にですよ)抜けると思います。なんとしてもひっかる、と言う感じなら、浴室側から奥さんにでも手伝ってもらい、出っ張った駆動ラッチをコツコツと叩いてもらいながらやってみてください。
あまり力を入れすぎないように。ドアの枠を変形させてしまったり、急に抜けて後ろに転ぶと怪我をしかねません。

これでも外れなければドアを壊してしまいかねないので、業者さんを呼ぶことにした方がいいです。私なら、ケースとノブの固着または引っ掛かった部分をこじり広げてやるか削り落として(聞こえはいいですが、要は破壊しながら)外すことにします。
ちなみに、「外側ノブのセンター部のマイナスネジ状」というのは非常解錠装置で、室内側で何かあった時、外からドライバー、コイン等で施錠状態を解除するための仕掛けです。これはトイレや浴室に使われることが多いです。
さらに付け加えれば、浴室のドアは水切りのことを考えれば室内側に開くのがいいのですが、中で入浴者が倒れてドアにもたれかかられると救助者がドアを開けるのにてこずることになるので、特に理由がなければ脱衣所側に開くのが主流になりましたね。

GOALでフロントにG/Fの刻印があるのはインテグラル錠のGシリーズだと思います。
フロントのサイズは130mm×25mm、ビスピッチ80mmでラッチはコの字形のデッドボルトが△形のラッチの外側を囲むようについているはずです。

まちがいありませんか?

ではあなたが今までやった分解をおさらいします。
浴室内側の玉座を左に回して外した(これで室内側ノブもいっしょにはずれてますね)
ドア側には固定用座板が残り、2本のビス(多分ビスはM5でピッチは42~45程度だったはず)が座板を固定していたこととと思います。
...続きを読む

Q家の室内ドアの取り外し方を教えてください。家具を入れるためにドアを取り

家の室内ドアの取り外し方を教えてください。家具を入れるためにドアを取り外す必要があるのですがはずし方が判らず・・・そもそも通常のドアは素人が簡単に付け外しできるものなのでしょうか?YKKの製品についてはHPに取り外し方が図解してありましたが、我が家のドアはダイケンのものですがホームページを調べてみても良くわかりませんでした。

Aベストアンサー

丁番は左右の板がそれぞれドア枠とドアに木ネジでとめられていますね。
で丁番の心棒の部分を見てください。

心棒の中央部分に一箇所だけ切れ目があるのは「旗丁番」です。
これはドアを開けた状態で上に持ち上げれば丁番の中芯が枠側に残った状態で外れます。
ドアを上に持ち上げた時、ドア内角が枠にぶつからない状態までドアを開け、ドア下にベニヤか何かで床に傷が入らないようにして養生してから始めましょう。
重くて持ち上がらない時は木片を置いてバールをテコにして外します。
普通室内ドアなら丁番は100~150mmなので6~8cmも上げれば外れます。

切れ目が2箇所、4箇所なら3管、5管丁番といいこれは持ち上げても外れませんので、木ネジを緩めて外します。
木ねじを緩める前にやはり床に養生し、ドア根元と先端の下(床との隙間)に木のくさびのようなものを入れておきましょう。
枠側の木ねじを外した方がやりやすいと思いますが、元に戻す時はドアに残った丁番の羽根で枠を傷つけやすいので気をつけましょう。

二人で作業した方が無難ですよ。

Q鍵付きのドアノブに交換したい

鍵のかからないドアのドアノブを、鍵付のものに交換したいと思っています。が、まったくの素人なので自分でできるものなのかどうかと思い迷っています。
取り付けたいのは「ドアノブとシリンダーの一体型」というものだということをネット上で調べて初めて知ったくらいの初心者です。
ドアノブを購入したら取り付けの説明書は付いていますか?(それを見て自分でできるでしょうか?)
今付いているドアノブのメーカーと同じでなければ交換できませんか?
(相当昔に建てた家なので同じメーカーのものがないかも。)

業者さんに頼んだほうが確かとは思うのですが、なるべく費用を抑えたいと思っています。
詳しい方教えてください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

どんな錠かによります。どっかにメーカーなど名書いてないでしょうか。
室内錠ですから、チュ-ブラ錠か、インテグラル錠か、円筒錠だと思います。
円筒錠だったら、キー式もまったく同じ寸法ですから、交換は可能です。
他メーカーでも、バックセット寸法と、ラッチ部分の大きさが同じであれば(ほぼ同じことが多い)加工は無用ですが、物によっては同一メーカーのほうがしっくり行くことがあります。

インテグラル錠は、本体まで交換しないと鍵付きにできない可能性が高いでしょう。

チューブラ錠http://www.mazroc.co.jp/products_2/doorlock/doorlock_1_2.pdf は、ごく簡易な施錠ができるものは、簡単に交換できます。ただし、定規などで簡単に開く程度のものですが。

交換せずとも、別途に簡単な錠をつけるというてもあるかとおもいます。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング