ここから質問投稿すると、最大10000ポイント当たる!!!! >>

私営の水道とはどういうシステムなんでしょう?

公営とどうちがうのでしょうか?

水道料は公営に比べたら多くかかるのでしょうか。。?

契約したマンションが

契約書では公営になったたのに

実際は私営だったので

心配です。。。


至急回答よろしくお願いします!!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

過去に同様の質問がありましたので・・ご参照ください。


http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3772317.html

なお、料金については
その水道を利用する規模の大きさ(戸数の数など)によって

1,公営水道に準じた使用量に応じた使用料金とする場合
2,地下水等を汲み上げる際の揚水ポンプの電気代のみとする場合

3,ポンプや配管設備の保守管理費用の積立金など含めて
  使用量に係わらず毎月一定額を支払う場合など

・・その形態や事業主によって様々な方法があります。
詳細は売主さんや仲介した不動産業者に確認されてはどうでしょうか?
質問者様の場合は、契約後に「私営水道」であることを聞かされていますので
公営水道に比べて明らかなデメリットがある場合、契約を取り止めに
することも可能かもしれません。
それら点もふまえて決済前に必ずご確認されますことをお勧めします。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q私営水道

広告を見ていたら新築物件で私営水道って書いてあるのですが、
自分なりに検索してみましたが良くわかりません。

私営水道の料金はどこに支払うのですか?
デメリットってありますか。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

先の回答者様もおっしゃっているとおりに
様々なケースが考えられますが・・

公設の水道管がない地域(別荘地などに多い)で井戸を掘り
数軒~分譲地内全体で地下水を利用している例などがあります。

水道料金の支払いについても様々なケースがあると思いますが
維持管理料も含めて毎月一定額を支払う場合や戸別メーターによるもの
または、揚水ポンプの電気料金を皆で負担する等々あります。
料金の支払先については管理組合や自治会のようなもの、または
土地の売主業者等に支払う場合があるようです。

なお、デメリットについては、万が一ポンプ等の機器や配管破裂など
問題が生じた際に水道が使えなくなることがあります。

公営水道であればすぐに直してくれるのですが、管理組合がしっかり
機能していないところでは修理までに数日を要すこともあります。

また余談ですが、私営水道ということは公営の下水道も
敷設されていない可能性も高いかもしれません。

Q次に住む家が公営上水道と公共下水道とあったんですがどうゆう意味ですか?

次に住む家が公営上水道と公共下水道とあったんですがどうゆう意味ですか?水道料金支払いはこの2つからくるんですか?

Aベストアンサー

 公営上水道→水道設備。主に県や市等が運営しています。
 公共下水道→トイレや台所等の排水設備。厳密には「主として市街地における下水を排除し、又は処理するために地方公共団体が管理する下水道」です。他にも流域下水道とか都市下水路とかあります。
 よって公共下水道は水道料ではなく、下水道使用料になります。

 >この2つからくるんですか?
 お住まいの自治体で上水道・下水道を運営していれば、料金は一枚の請求書で(両方一緒に)来ます。
 稀に水道は県営で下水は市とか、水道は市で下水は行政組合とか、水道・下水のどちらか一方だけ隣町から供給を受けている等のケースがあります。この場合はそれぞれ別の請求書(水道請求書と下水請求書)が来る事になります。必ずしも一緒とは限らないと言うことです。なので自治体に直接確認されるのが確実です。

Q私設管って何ですか?

売買の重要事項説明に記載してある飲用水や下水のところに「敷地内配管の有無」と「私設管の有無」とあるのですが・・・

・私設管の定義とは?(説明がされているサイト教えてもらいたいです)
・敷地内配管と私設管の違いってなんでしょうか?

誰か教えてください・・・

Aベストアンサー

詳しくはその不動産屋さんに確認してほしいのですが・・・。

上水道、下水道の本管は道路の下を通っているのですが、実際にその上下水道を利用する為には敷地内への引き込み工事が必要です。これが「敷地内配管の有無」で、これが「無」だと、前面道路を割って敷地内への配管引き込み工事が必要になります。

敷地内への配管といっても、引き込み管は道路から1mくらいしかつかないので、後の配管(そこからキッチンなどの水回りまでの配管)は個人で付けなければなりません。これが「私設管の有無」です。

結論として、どちらも「有り」となっていれば、即それらを利用出来ます。

どういう現状で、今後どんな工事が必要なのか不動産屋さんに確認してください。

Q浄化槽保守点検料金と清掃料金の妥当性

2年半前に新築した際、町からの補助金をもらい割と高額な浄化槽を設置しました。何でも淡水魚が飼えるほど綺麗な水になるということを聞いたのですが・・・。それは5人槽で4人家族使用しています。その後2,3カ月おきに郵便受けに放り込まれている請求書は税込みで¥3675です。その金額が正当性あるものなのかその点検が確実に行われているのか常に私たち家族は留守なのでわかりません。今回、汚泥が溜まっている為清掃してくださいと言われました。料金表は嫌気式濾床方式で税込み¥24097です。これらの料金は住んでいるところによっても違うのだろうと思いますが近所の人に聞いたところで地元の人ばかり・・・・・・それが当然と思っている人だと思います。できればいろいろなところの方や詳しい方にお話を伺えたらと思います。また清掃とはどれくらいのサイクルで行わなければならないのでしょうか? 私たちは家にいるのは夕方以降、早朝までです。週末もあまりいません。

Aベストアンサー

こんばんは、状況にもよりますが町からの補助をもらった場合には1年に一度の水質協会の浄化槽の点検が必要になります。それに伴ない浄化槽の性能を最大限に生かせるように10人以下の合併浄化槽であれば(年間4回)、浄化槽管理者による管理が必要になります。この場合管理業者との年間契約を結ばなくてはいけなくなります。おおよそ2万円前後ではないでしょうか。その費用に保守点検をした際に消毒が足りなければ補充しますし、洗剤等を使いすぎていて泡が出すぎているようであれば泡を消す薬品を使用します。それは年間契約料とは別に請求されると思います。
清掃ですが基本的には年に一度の清掃が決められていますが、使用頻度によって変わりますので、管理者の判断になってきます。中には悪徳な管理者もいると思いますので
一度管理業者に連絡をして立ち会って見ても良いのではないのでしょうか?ところで契約はどのようにしたのでしょうか?

Q平米数の求め方

タイトルの通り平米数の出し方を教えてください。

Aベストアンサー

rt02060825さん、こんにちは。

>縦が129cmで横が345cmです。
単純に縦と横をかければ平米数は出るのですか?

出ます。
面積ですから、縦×横ですね。

ただし、平米というのは、平方メートルですから、
それぞれ、センチをメートル単位に直さないといけません。

縦129センチ→1.29m
横345センチ→3.45m
なので、

面積は1.29×3.45=4.4505平方メートル=平米

ということになります。

Q私道の埋設管も公営水道?

私道の上水道の埋設管が市のものでなく、その私道の共有者のものの場合、
もちろん水の供給は公営なので、これは公営水道ということになるのでしょうか?

売買における公営水道とは埋設管は誰のものか?ということを表しているのでしょうか?
そうするとこの場合は私営となりますね。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

売買における上水道の「公営・私設・井戸等」の区分は、供給される水を表記しますので、配管が私設管であっても、上水道=公営の表現となります。
重要事項の説明では、水道局から「供水配管図とか通称マイクロ」を売主から委任状をもらい取得し、その引き込み菅の権利や図面など説明します。これは公共・私設によらず原則保管されています。
但し、都市部以外だとその図面が局に全く無い場合もあり、その場合は近隣の聞き込みなどして、誰が所有者で何時ごろ引き込みしたか?など調査する程度が限界で、敷地内への引き込み径などの表記以外、良くは調査できない場合もあります。
私たち業者など開発行為などで多区画分譲する場合は、最終的にはすべて市町村へ移管(寄付)しますが、3区画程度の私道の引き込み供用管などは、売買後購入者3名の共有と局へ届出をしています。
もし購入を検討され、現在13mmメータしか敷設されていない物件であれば、その私設の引き込み共有管から、20mmの径で新たに引き込みできるかの確認は重要です。現在の一般的な戸建ては20mmのメーターでなければ、規約により蛇口数が不足します。水圧の関係で引き込み出来ない場合や、他の権利者の承諾印を必要とする場合もありますので、良く調査してもらい説明を受けてください。

売買における上水道の「公営・私設・井戸等」の区分は、供給される水を表記しますので、配管が私設管であっても、上水道=公営の表現となります。
重要事項の説明では、水道局から「供水配管図とか通称マイクロ」を売主から委任状をもらい取得し、その引き込み菅の権利や図面など説明します。これは公共・私設によらず原則保管されています。
但し、都市部以外だとその図面が局に全く無い場合もあり、その場合は近隣の聞き込みなどして、誰が所有者で何時ごろ引き込みしたか?など調査する程度が限界で、敷地内へ...続きを読む

Q重要事項説明の「私設管の有無」について

重要事項説明における「私設管の有無」について質問です。

購入予定の土地の重要事項説明書の「私設管の有無」の項にチェックが入っていませんでしたが、最近になって、面している道路に埋設している水道管が私設管だということが分かりました。
現状分かっていることは以下の通りです。
・購入予定の土地に引き込んでいる本管(口径100mm、近隣数名で使用)が私設管だった(公道に埋設している公設管から分岐)。
・本管(私設管)からすでに購入予定の土地には配管(水道メーター13mm)が分岐されている。
・重要事項説明時に私設管に関する説明は無かった(重要事項説明書に記載無し)。
・私設管の所有者は現状不明(使用している人たち共同で持っている可能性が高い)。
・本管が埋設している道路(購入予定の土地の接道)は私道で、共有持ち分として売買契約の一部に含まれている。
・二世帯住宅建築予定なので、水道の口径を20mmに変更する予定。
そこで質問なのですが、
1.購入予定の土地に引き込んでいる本管(近隣数名で使用)が私設管だったことを、不動産は重要事項接目路に説明する必要があったのでしょうか。
2.説明する必要があったとして、重要事項説明不足による過失が不動産にあるとまで言えるのでしょうか。
3.分岐している配管が私設管の場合に発生しうるデメリットはどんなことがあるのでしょうか。(個人所有の場合、口径変更の許可が下りなかったり、使用料等を請求される場合があったりすることは別の質問で読みました)

よろしくお願いします。

重要事項説明における「私設管の有無」について質問です。

購入予定の土地の重要事項説明書の「私設管の有無」の項にチェックが入っていませんでしたが、最近になって、面している道路に埋設している水道管が私設管だということが分かりました。
現状分かっていることは以下の通りです。
・購入予定の土地に引き込んでいる本管(口径100mm、近隣数名で使用)が私設管だった(公道に埋設している公設管から分岐)。
・本管(私設管)からすでに購入予定の土地には配管(水道メーター13mm)が分岐されている。
・重要事...続きを読む

Aベストアンサー

不動産業者です。
(1)(2)については、調査不足で誤りですね。水道局へ出向いて調査したなら間違えることはありませんので、過失があります。契約時に給水配管図やマイクロなど受領しているなら、ただの重要事項の記載ミスですが、図面など受領していないのであれば、誤った説明となります。

但し、当初の配管時には私有管であったものが、帰属して公営化している配管も多いので、調査してみなければ正確には判断付きません。

また、その私有管の口径が100mmあるならば、今後の引きこみし直しなど、弊害となることはありません。現在その管を利用していない状態で引き込みをする場合、管の所有権が無ければ金銭を要求されることはありますが、既に利用している状態の場合は既得権がありますので、請求されることはないでしょう。デメリットは無いと思いますよ。大規模な地震等で損傷した場合は、それを使用する方々負担での復旧となるでしょう。

但し、引きこみの際に、私道の所有者から掘削と埋設の承諾を貰う必要があります。これは管の私有、公営問わず、道路の持分所有者との民法上の問題です。

その管の所有者がわからないのでしょうか?局で調査してもわかりませんか?100mmを引き込んでいるならそう古い管ではないはずです。局には申請時の書類や図面など保管されており(田舎だと無い場合も)わかるはずです。

重要事項に過失はありますが、それにより買主が不利益や損出があるかどうかが?問題となります。
売買契約済みで、まだ決済していない状態であれば、仲介業者に正しい情報と詳細な調査資料等要求して、リスクがあるかどうか判断してください。不安であれば、私有管から20mmを新たに引き込める旨の水道局の見解を確認し、所有者の承諾等必要な場合は、業者に用意させましょう。
ご自分で水道局へ行かれる際は、現在の所有者の委任状が無ければ、詳細な情報の閲覧は出来ません。

不動産業者です。
(1)(2)については、調査不足で誤りですね。水道局へ出向いて調査したなら間違えることはありませんので、過失があります。契約時に給水配管図やマイクロなど受領しているなら、ただの重要事項の記載ミスですが、図面など受領していないのであれば、誤った説明となります。

但し、当初の配管時には私有管であったものが、帰属して公営化している配管も多いので、調査してみなければ正確には判断付きません。

また、その私有管の口径が100mmあるならば、今後の引きこみし直しなど、弊害と...続きを読む

Q分譲とは?

分譲と賃貸の違いは分かるのですが、分譲というのは、土地だけ?建物だけ?それとも両方なのでしょうか?

Aベストアンサー

分譲と賃貸といってもいろいろな場合がありますので
ご説明いたします。
後で説明いたしますが、
今話題になっているのは、定期借地権というものです。
【分譲住宅】
ごく一般的に言われる建売住宅です。
土地と建物がセットになっていて、販売されています。
所有権は自分のものになります。
【分譲マンション】
マンションの建物の一室を購入するもので、
土地建物は区分所有となり、管理は管理会社か、
住民の自主管理が行われ、管理代、修繕積立金が
毎月必要となります。
【分譲地】
土地だけが販売されるケースですね。
購入した人は好きなように設計して家を建てることが
出来ますし、
建てずに後に空き地のまま売却も出来ます。
【建築条件付分譲地】
売り出すときに建築条件付き宅地となっています。
この場合は土地売買契約締結後3~6カ月以内に
指定された建築会社と建物の建築請負契約をすることになります。
この期間内に建築請負契約が成立しなかった場合は、
この契約は白紙となり、
支払った金銭の返金を受けることになります。
自治体が売り出す建築条件付き宅地は自分で建築会社を選ぶことができます。
【定期借地権付住宅】
土地は地主の物で地代を毎月支払う必要があります。
期限がきたら空き地にして返す必要があります。
勿論、建物の代金は必要です。
不動産会社、住宅会社が売り出すのは建物だけですね。
【賃貸住宅】
家を借りて毎月、家賃を支払ういわゆる借家です。
家の改造は原則として出来ませんし、
家賃の滞納があると強制的に立ち退きが求められます。
【賃貸地】
土地を借りて、建物を自分で建てる土地のことですね。
月額賃貸料をはらう必要がありますし、建物、賃貸期間の条件が厳しいようです。
【一時賃貸土地】
建築資材を置くために一時的に借りる土地のことです。

参考URL:http://www.teishaku.com/,http://www.fuji-jutaku.co.jp/bunjyo/teisyaku/top.html

分譲と賃貸といってもいろいろな場合がありますので
ご説明いたします。
後で説明いたしますが、
今話題になっているのは、定期借地権というものです。
【分譲住宅】
ごく一般的に言われる建売住宅です。
土地と建物がセットになっていて、販売されています。
所有権は自分のものになります。
【分譲マンション】
マンションの建物の一室を購入するもので、
土地建物は区分所有となり、管理は管理会社か、
住民の自主管理が行われ、管理代、修繕積立金が
毎月必要となります。
【分譲地】
土地だけ...続きを読む

Q木造スレート葺とは・・・

謄本に「木造スレート葺2階建」とありますが意味が良く分からないので教えて下さい。出来れば、小学生でも分かる様な説明だとありがたいです。

Aベストアンサー

木で作った、屋根がスレートでできている、2階建ての家ですよ。 みたいな…

Q賃貸住宅の『CATV有り』って?

今月中にも引越し予定でマンション・アパートを色々探しているのですが、スポーツや映画などを見たいのでケーブルテレビが見れる環境の家を探しています。
そこで『CATV有り』物件とは無しの場合と何が違うのでしょうか?
具体的に知りたいことを書くと『有り』が示していることが
サービス提供地域に物件があって自分で契約すれば見ることができるのか、
チューナーが備え付けてあるのか、
マンション単位で既に加入してあり月額料がかからないで使える状態になっているのか、
(ケーブルテレビ自体に工事が必要かなど知らないんですが)必要な工事があってそれが済んでいるのか、
上のどれのこと(それ以外に示しているものがあれば何かを)知りたいです。

また逆に対応地域内でも『有り』以外の物件では見ることができないのかも知りたいです。

Aベストアンサー

CATVありとは・・・

物件がCATVの引きこみ工事完了すみで、契約すれば受信可能であるということでしょう。

物件のアンテナ端子には、CATVによる再送信と呼ばれる地上波アナログの信号がきているはずです。
これをみるだけなら契約は要りませんし、専用チューナーも不要です。
ようは普通のTVアンテナの役目をしてくれます。

それ以外のチャンネルを見たい場合は、契約の上専用チューナーの貸し出しを受ける必要があります。
以前はTVに有線受信可能(C13~C62)チューナー内蔵というものがありました。
現在はCATVもデジタル化されたところが多く専用チューナーがないと受信できません。

契約すると毎月の基本料(この中に専用チューナー貸出料も含まれる)で局にもよりますが、
40~60チャンネルが見られるようになります。
地上アナログ、地上デジタル、BSデジタル、CSデジタルなど・・・

映画専門チャンネルは、別料金が多いでしょうか?

>対応地域内で・・・
ケーブルテレビと契約しなくても、個人でパラボラアンテナを設置の上スカパーなど衛星放送会社と契約すれば見られます。
ケーブルテレビ局もその放送を受信してケーブルに流しています。
その意味で、『有り』以外の物件で見ることができないものは、ケーブルテレビ局の自社製作チャンネル(番組案内、チャンネル案内など)くらいです。

CATVありとは・・・

物件がCATVの引きこみ工事完了すみで、契約すれば受信可能であるということでしょう。

物件のアンテナ端子には、CATVによる再送信と呼ばれる地上波アナログの信号がきているはずです。
これをみるだけなら契約は要りませんし、専用チューナーも不要です。
ようは普通のTVアンテナの役目をしてくれます。

それ以外のチャンネルを見たい場合は、契約の上専用チューナーの貸し出しを受ける必要があります。
以前はTVに有線受信可能(C13~C62)チューナー内蔵というものがありました...続きを読む


人気Q&Aランキング