AIと戦って、あなたの人生のリスク診断 >>

週末に祖母の納骨式に出席します。
服装についてですが、喪服がよいとされていますが黒のパンツスーツはやめたほうがいいでしょうか?
女性ならスカートのほうが良いのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

光沢のないシンプルなシングルボタンのジャケットとパンツなら良いと思います。


下に着るブラウス等もできれば黒にした方がよいと思います。
http://bt.jmam.co.jp/koyomi/life_manners/200611m …
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ありがとうございます。
大変参考になりました!

お礼日時:2008/03/26 23:14

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q納骨時の服装について

こんばんは。
近々祖母の納骨に行きます。
納骨時には、祖母と生前親交のあったお坊さんが
儀式をされることになっています。
その時には、喪服を着るべきなのでしょうか。
それとも、黒か地味な服なら構わないのでしょうか。

Aベストアンサー

曹洞宗の僧侶です。
納骨は、いつ行なうかに関わらず法要ですから当然、礼服(喪服)です。ごく内輪で略式で行なう場合でも、男性であれば最低限、黒系または濃紺系のスーツでなければなりません。女性も、それに準ずるフォーマルな服装である必要があります。

Q納骨時の服装について

今度お寺に身内だけで父の納骨に行きますが
服装はどうすればよいのでしょうか
よろしくお願いいたしますm(__)m

Aベストアンサー

やはりフォーマルが無難ですよ。
着物じゃなくても 黒のフォーマルワンピース(男性なら黒のフォーマルスーツ)ですね。

Q納骨に行く時の服装は?と数珠等の何か持ち物は?

旦那さんのお父さんの納骨に行きます。法要とうは初めて行きますので、何がいるとかまったくわかりません。まず服装は?喪服でいいのでしょうか?喪服と書かれているのでいいのでしょうか?と数珠、何色がいいとかありますか?カバン等は?まったくの無知です。が宜しくお願いします。

Aベストアンサー

女性の服装でしたら黒のワンピースやアンサンブル、黒のストッキング、黒の靴
光り物のブレスレットやペンダントはNG
数珠の色は宗派によって違うかもしれませんが
女性なら水晶の数珠が無難だと思います
それでも心配ならお姑さんに聞くのが一番でしょうね

Q納骨の時の服装

今度の日曜に、母の百か日法要と納骨を姉とお墓でする予定です。
服装は、フォーマルを着た方がいいのでしょうか?
そして、コートですが、ウールのロングの黒はあるのですが襟元に黒いファーがついています。
ファーがついているのはだめでしょうか?
あとPコートならもっているのですが、これはカジュアルなのでだめでしょうか?
教えて下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

民間霊園に勤務しています。
>コートですが、ウールのロングの黒はあるのですが襟元に黒いファーがついています。
>Pコートならもっているのですが、これはカジュアルなのでだめでしょうか?
この時期、皆さん着られていますよ。もっとカジュアルな人もいらっしゃいます。

>百か日法要と納骨を姉とお墓でする予定です。
他の方(参列者)がいるかはともかく、お姉さんとreochan86さんが施主(分かりやすくいうと
主催者)ですよね。“納骨だけ”でしたら、うちの霊園でもフルにカジュアルな服装も珍しく
ないのですが、法要と納骨をされる方はフォーマルが多いです。
百か日法要をされるので、コートはファー付ロングやPコートでいいですが、その下の服装は
フォーマルを着られた方が良いと思います。

Q通常、亡くなってから通夜まで何日間空くのですか?普通は、亡くなった翌日

通常、亡くなってから通夜まで何日間空くのですか?普通は、亡くなった翌日か当日ですよね?教えて下さい!

Aベストアンサー

> 通常、亡くなってから通夜まで何日間空くのですか?
「通常」はないです。決まっていません。

> 普通は、亡くなった翌日か当日ですよね?
普通は、「葬儀の日の前夜」が「通夜式」です。
普通は、「通夜式」の日について、亡くなった日を基準に考えることはしません。

亡くなった日を基準に「通夜式」の日から決めてしまうと、「通夜式」の日と「葬儀」の日の間に、日にちが開いてしまうことが起こり得るからです。

私の勤務先の方のお母さまが亡くなられた時は、亡くなった日から7日後に「通夜式」があり、その翌日が「葬儀」でした。
火葬場の都合ではなく、お寺さまの都合だったので、「通夜式」の際には、既に荼毘に付されていました。


人気Q&Aランキング