最新閲覧日:

MD1枚は確か190MB位でCD-R74分の約1/4と聞きました。MP3でBit Rate=128なら大体Waveファイルの1/10位になりますね。ということは、この比較ではまだMDの方が音質が良いということに理論的には思えますが、どうなのでしょうか?
勿論、音質を聴き分けられるという訳ではなくて、「理論的に」ですが。
最近出てきたMDLPのMP3との音質比較についても知りたいのでよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する人気のQ&A

A 回答 (3件)

まず、結論から。


音質ではMDの方がMP3より勝っています。ただ、これはあくまでデータ上の分析結果であって、聴感上ではあまり感じられないかもしれません。
MDはCDの60~80%、MP3はCDの100~120%の圧縮率です。
MDはATRAC3、MP3はMPEGという圧縮方式をとっており、両者の中間のクオリティを持つ松下が開発したAAC(アドヴァンスドゥ・オーディオ・コーディング)というのもあります。MP3はもちろん、このAAC、ソニーが開発したATRAC3も今後シェアを伸ばしてくる可能性があります。
    • good
    • 0

MP3については、圧縮展開に使用するプログラム(コーデック)による


差がかなりありますから、単純ではないですね。
ただ、私の感じとして思うことは、MP3は、音楽ソースを選ぶということです。
ピアノ、バイオリン、女性ボーカルでは辛いと思ってます。
一部のメディアで、CDと比較するような書き方をされていますが、ちゃんとしたオーディオ装置で比較すれば、音質の変化は歴然としています。
特に、通常のMP3が再生されている環境は音質の差をうんぬん言えるような物かどうか考える必要があると思います。
多くのパソコンのサウンドカードはひどいものです。

MDも圧縮展開にかかわって音質の変化がありますが、変化のしかたが違います。
このへんは、やはり好みと用途の問題でしよう。
ちなみに、音質の変化については、録音再生機器の影響もありますので、デジタル部分の問題なのか、装置込みなのか切り分けが必要だと思います。
    • good
    • 0

ATRACとMPEG1-レイヤ3では


方式が違うので、「理論的に」は回答できないです。
統計的なら可能ですが。

映像情報メディア学会あたりでも、
専門家による比較試聴実験をしたぐらいですから。

なお、誤り訂正やヘッダを除いた実容量はほとんど同じです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございます。
理論的には比較が難かしいのですね。
統計的にではどちらに軍配が上がるのでしょうか?
専門家による比較試聴実験をするということは最終的に
各人の好みということなんでしょうね。

お礼日時:2001/02/12 15:21

このQ&Aに関連する最新のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ