グッドデザイン賞を受賞したウォーターサーバー >>

本当今更な質問かもしれませんが・・・
私はXperiaのスマホを使ってきた時間が長いです。PCに音楽を取り込んでそれをスマホで聴くために
MEDIA GO! を使ってFLACでリッピングしていました。
しかし、CDがたくさんあり、スマホをSDカードの使えないタイプのものを購入してしまい、容量不足に陥ってしまったためFLACの音楽をAACかMP3、OGGのどれかに変換しようと思います。
CDはたくさん買ってしまう音楽好きですが肝心の音質については正直そんなにこだわりがあるわけではない方です。MP3 320kbpsで聞いてもそんなに不満はない程度のリスナーです。

音質が劣化してしまうことは仕方ないとして、上記の3つのコーデックだったらどれに変換するのがベストでしょうか?今はアンドロイドの端末を使っていますが将来はiPhoneを買うかもしれません
私の認識では
(1)MP3 320kbps →いろんな音楽プレイヤーで使えるのでとりあえず一番無難
(2)AAC 320kbps → MP3と大して変わらない・・・気がする
(3)OGG 500kbps(最高音質)→MPよりちょっとだけ音がいい(気がする) でもiPhoneでは再生できないので先のこと考えるとやめたほうがいいかも

こんな感じです。ほかにもAPE,WMAなど色々ありますが、比較してたらきりがなさそうなので上記3つに絞ってみました。上記の3つでどれに変換するのが良いかアドバイスをお願いします。

また、変換ソフトはプレイヤーのAIMPかFoober2000が簡単そうですが他にWindows用AUDIO変換ソフトでオススメがあったら教えて下さい!
よろしくお願いします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

音質は音を間引き(圧縮)形式なので、団栗の背比べです。



既出の回答に有りますように、汎用性を考えるとMP3です。
音質とファイル容量を考えると、MP3-192Kbpsがバランス的に
宜しいかと・・・
320Kbps以上はファイル容量が大きくなるだけで、音質的な
メリットは僅かなものです、取り込む曲数が減り一番肝心な
携帯性が損なわれます。
モバイル(移動)機器は音質より利便性だと思いますが、
それと、付属のイヤーホンは高音質再生では、無い物が多いですから・・・
    • good
    • 1
この回答へのお礼

320kbpsで変換しなくても良いのですね・・・ちょっと聴き比べてみましたが確かに私の使っているスマホ+シャオミのPiston2の環境ではそんなに違いはありませんでしたね・・MP3で運用を考えたいと思います。

お礼日時:2016/06/06 20:47

とりあえず何処でも応してそうなMP3 320kbps でいいんじゃないでしょうか。


元のFLACファイルをPCにでも残しておけば、あとで気が変わっても対応できます。
変換ソフトは fre:ac を使っています。
http://www.freac.org/
http://forest.watch.impress.co.jp/library/softwa …
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。正直聴き比べても差がわからないような私にはMP3でよいのでしょうね。

お礼日時:2016/06/06 20:48

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QOgg Vorbis の音質について

自分は今まで、wmaの160kbps~192kbpsで音楽を楽しんでいました。
上の値以上であれば、特に耳障りな感じもなく聴けています。
そして今回新しくメモリオーディオを購入したのですが、容量があまり多くないもので何かよい圧縮形式はないかと調べていたところ、このOgg Vorbisを見つけました。
偶然にも購入したプレイヤーがOggに対応していたため、これしかない!と早速リッピングして聴いてみました。
そのときは128kbpsで保存したのですが、なんだか音がよくありません。
ネットで双方の音域のデータも見ていたので、まさかと思いつつも同じ曲をwmaの128kbpsで保存し聞き比べてみたのですが、明らかにwmaの方が高音も低音も豊かに聞こえました。(Oggは音が軽く、高音がかすれている。)
さらによくないことに、Oggで保存したときに、レコードが劣化したときのような「ザッザッ」というような音がところどこと混じっていました。

これは一体なぜなのでしょうか?
WindowsのOSはXP。サウンドカードはSigmaTelAudio。
変換ソフトはFocussoftのFocusCDRipper(FreeCDRipper)を日本語化して使用しました。
ちなみに、PCで聴いたときも、メモリオーディオで聴いたときも同じような症状でした。
これはソフトがいけないのでしょうか?
そして皆さんはどのソフトを使用していますか?
長くなりましたが、ご教授お願いします。

自分は今まで、wmaの160kbps~192kbpsで音楽を楽しんでいました。
上の値以上であれば、特に耳障りな感じもなく聴けています。
そして今回新しくメモリオーディオを購入したのですが、容量があまり多くないもので何かよい圧縮形式はないかと調べていたところ、このOgg Vorbisを見つけました。
偶然にも購入したプレイヤーがOggに対応していたため、これしかない!と早速リッピングして聴いてみました。
そのときは128kbpsで保存したのですが、なんだか音がよくありません。
ネットで双方の音域のデータも見て...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちわ
私もOGGフリークで、OGGを使用してます。OGGとWMAの同レートにおける違いは難しいですね。MP3とは歴然ですが。OGG128kbpsで音質が劣化したのならば、なにか原因があるのだと思います。プラグインがおかしいのかもしれません。
 FreeCDRipperはあまり聞いたことありませんね(汗)私はWINAMP PROを使用してます。
参考URLにOGG勉強サイトを載せておきました。

参考URL:http://www3.to/oggv

QMP3、WMA、AAC、OGG、M4A、WAVE

多分すっごく基本的なこととは思いますが、MP3、WMA、AAC、OGG、M4A、WAVEがよくわかりません。初心者でもわかりやすく説明してもらえませんか?

Aベストアンサー

>any sudio converterというソフト
このソフトは各種ある音声ファイル形式間の変換はできても、普通の音楽CDへの書き込みは出来ないようです。
ですので、このソフトを使って、先ずはMP3形式に変換すればいいでしょう。
変換できたMP3形式のファイルをWindowsに付属のWindows Media Playerに取り込みます。
Windows Media Playerでは取り込んだMP3形式の音声ファイルを音楽CDとして書き込む機能があります。
使っているWindowsのバージョンとWindows Media Playerのバージョンが不明ですが、Windows7で、Windows Media Player12ということなら、下記URLを開き、下のほうにある、「オーディオCDへの書き込み」というところを参照してください。
http://windows.microsoft.com/ja-JP/windows7/Burn-a-CD-or-DVD-in-Windows-Media-Player

Windows Media Player10なら下記が参考になるでしょう。
http://121ware.com/qasearch/1007/app/servlet/qadoc?QID=007319

>any sudio converterというソフト
このソフトは各種ある音声ファイル形式間の変換はできても、普通の音楽CDへの書き込みは出来ないようです。
ですので、このソフトを使って、先ずはMP3形式に変換すればいいでしょう。
変換できたMP3形式のファイルをWindowsに付属のWindows Media Playerに取り込みます。
Windows Media Playerでは取り込んだMP3形式の音声ファイルを音楽CDとして書き込む機能があります。
使っているWindowsのバージョンとWindows Media Playerのバージョンが不明ですが、Windows7で、Windows M...続きを読む

Qアップコンバートについて

再生ソフトやUSBDACなどにアップコンバートの機能があるものがあるようですが、それらの機能を使うと音質の向上を見込めるのでしょうか?
例えば、PCM(44.1kHz,16bit)をPCM(192kHz,24bit)にアップコンバートして再生したとします。
(1)どちらがいい音でしょうか?
(2)オリジナルを忠実に再生したい場合は、PCM(44.1kHz,16bit)のままのほうがいいのでしょうか?
(3)PCM(44,1kHz,16bit)の音源のまま保持しておき、再生するときにアップコンバートするだけと、PCM(192kHz,24bit)にアップコンバートしたファイルを保持しておくのとで温室は変わるのでしょうか?
(4)ダウンロード販売されているハイレゾ音源の中にも単にアップコンバートしただけのものが多いという書き込みを見たことがあります。自分でアップコンバートして聞ける環境が整っている場合そういう音源は買っても意味ないのでしょうか?

Aベストアンサー

はじめまして♪

(1)どちらがいい音でしょうか?
 実際に聴いて、自分が気に入った方が良いのです。

(2)オリジナルを忠実に再生したい場合は、PCM(44.1kHz,16bit)のままのほうがいいのでしょうか?
 私個人の考えでは、これが正解と信じていますよ。

(3)PCM(44,1kHz,16bit)の音源のまま保持しておき、再生するときにアップコンバートするだけと、PCM(192kHz,24bit)にアップコンバートしたファイルを保持しておくのとで温室は変わるのでしょうか?
 アップコンバートするアルゴリズムによる変化も在るので、全く同じアルゴリズムであれば、音質差は無いと考えて良いでしょう。
(コンピューター内で変換、ハード機器で変換では、おそらくアルゴリズムも違いますからね。)

(4)ダウンロード販売されているハイレゾ音源の中にも単にアップコンバートしただけのものが多いという書き込みを見たことがあります。自分でアップコンバートして聞ける環境が整っている場合そういう音源は買っても意味ないのでしょうか?
 公式販売されているのであれば、アプコンバートした結果の音も公式として認めた音、と考えて良いでしょう。われわれユーザー側でアップコンバートしたときは、公式で確認されたハイレゾ音源と同じかどうかは全く不明だと思って良いと思います。

さて、サンプリング周波数とサンプリングビット数は、音声信号のカーブを方眼紙に書き込んで数値を読み取るようなもの、アップコンバートはより細かい方眼紙に書き写す、という感覚です。
元の階段状信号から、それなりに中間部分を補完していく、これにより、より元のアナログ信号に近付けるのでは、という事。
単純に、前後値の中間値で、という手法も在りますが、近年はシグナルプイロセッシングという考えが多く、単純な前後だけではなく、広範囲な変化を元にして、アナログ信号の具体例等と比較しながらより可能性が高い方向に補完データを造る、という手法が在ります。

(2)に対して、将来、デジタル環境は進歩して行くので、補完精度をどんどん高める事が出来てくると想像します、このため、オリジナル保管を重視していますよ。

追伸:最近のレコーディング環境で、CD規格のフォーマットで録音する事はほぼあり得ません、いわゆるハイレゾという上位規格でレコーディングし、最終マスタリング等でCD規格のフォーマットに収めます。(この時の音調組み立てが、エンジニアやレーベル等で、調整バランス、音味が微妙に違ったりします)
まぁ、作り手側の部分まで踏み込んで良いのかどうか、再生オーディオの楽しみ方としては微妙な所かもしれませんが、、、

まぁ、こんな感じで、いかがでしょうか(^o^♪

はじめまして♪

(1)どちらがいい音でしょうか?
 実際に聴いて、自分が気に入った方が良いのです。

(2)オリジナルを忠実に再生したい場合は、PCM(44.1kHz,16bit)のままのほうがいいのでしょうか?
 私個人の考えでは、これが正解と信じていますよ。

(3)PCM(44,1kHz,16bit)の音源のまま保持しておき、再生するときにアップコンバートするだけと、PCM(192kHz,24bit)にアップコンバートしたファイルを保持しておくのとで温室は変わるのでしょうか?
 アップコンバートするアルゴリズムによる変化も在るので、全く同...続きを読む

Qヘッドフォンとインピーダンスの関係

インピーダンスの数値が大きいと出力の音量が小さくなるようですが、そもそもこのインピーダンスってどんな意味があるのですか?
そしてインピーダンスと音の善し悪しは何らかの関連性があるのですか?
その他、インピーダンスと音の関連性について何か特筆すべき事があれば教えて下さい。

Aベストアンサー

> インピーダンスの数値が大きいと出力の音量が小さくなるようですが・・・

負荷がヘッドホンにしろスピーカーにしろ、パワーアンプの出力は通常、これらを「定電圧駆動」するようになっています。
(オーディオの電力伝送でインピーダンスマッチングを取ることは、まずあり得ません。ローインピーダンス出し・ハイインピーダンス受けのアンマッチングが当たり前です)

具体的に言うと、8ΩのSPを繋いでいる時にアンプの出力電圧が8V(=出力8W)だったとすると、4ΩのSPに繋ぎ替えても出力は8V(=出力16W)、SPを外しても出力は8V(=出力0W)ということです。

したがって、SPのインピーダンスが低いほど、同じボリューム位置でも出力が増えるので、(SPの能率の差がなければ)インピーダンスが低いほど音量が大きくなります。

> そもそもこのインピーダンスってどんな意味があるのですか?

同じ電力を伝送する時に

ローインピーダンス:電圧低め・電流多め
ハイインピーダンス:電圧高め・電流少なめ

となります。

> インピーダンスと音の善し悪しは何らかの関連性があるのですか?

「音の善し悪し」というよりは、むしろ経済性の問題です。
例えば仮に(実際とは異なりますよ)、
「インピーダンスを2倍にすると、コストも2倍になる」
としたら
「同じコストで製品を作るなら、インピーダンスを半分にした方が2倍良い物が作れる」
ということです。

現在、SPのインピーダンスは6Ωの物が多いですが、これは
「6Ωだと理想的なSPが設計出来る」からではなくて
「6Ωだともっとも割安にパワーアンプが設計出来る」からなのです。

これが25年くらい昔だと、8Ωが当たり前でした。パワーアンプ(の出力トランジスタ)が今ほどは大電流対応でなかったためです。

更に昔の真空管時代になると16Ωが標準でした。これは、真空管アンプ自体が高いインピーダンス(=高電圧・小電流)で動いていたため、SPのインピーダンスも高ければ高いほど、アンプ(の出力トランス)の設計が楽になったからです。

では、真空管時代に何でもっと高いインピーダンスのSPを使わなかったのか?というと、今度は余りインピーダンスを上げすぎるとSP自体の設計の方が難しくなるからです。
要するに、当たり前のことですが、トータルで低コスト・高性能となるように、各装置間の入出力インピーダンスが定められているわけです。

> その他、インピーダンスと音の関連性について何か特筆すべき事があれば教えて下さい。

インピーダンスが下がるほど、ケーブルの導体抵抗の影響を無視出来なくなります。
ラインケーブル(出力側のインピーダンスで1kΩ前後)よりSPケーブルの方が、音質に対する影響が大きい(・・・と言われている)のはこのためです。

インピーダンスが上がるほど、線間の静電容量によって高域が減衰します。したがって負荷(10~500kΩ)に電流を流す必要のないライン出力でも、出力インピーダンスは1kΩ位まで下げておいて、高域減衰を防いでいます。

とはいえ、インピーダンス1kΩと8Ωでは大差が生じますが、6Ωと8Ωではどうという程の差はありません。
(パワーアンプの見かけ上のスペックが向上するだけです)
通常使用では気にする必要もないと思います。

> インピーダンスの数値が大きいと出力の音量が小さくなるようですが・・・

負荷がヘッドホンにしろスピーカーにしろ、パワーアンプの出力は通常、これらを「定電圧駆動」するようになっています。
(オーディオの電力伝送でインピーダンスマッチングを取ることは、まずあり得ません。ローインピーダンス出し・ハイインピーダンス受けのアンマッチングが当たり前です)

具体的に言うと、8ΩのSPを繋いでいる時にアンプの出力電圧が8V(=出力8W)だったとすると、4ΩのSPに繋ぎ替えても出力は8V(=出力16W)...続きを読む

QAACとm4aの違い

AACとm4aの違いについて調べたのですが、以下で合ってるでしょうか。

AACは純粋な音声ファイル。
m4aは、AAC音声ファイルなど、いくつかの種類のデータを入れることの出来るコンテナである。

m4aに入れることができるのは、AACかAppleロスレス形式の音声ファイルと、Appleの仕様に基づいたタグ(楽曲情報)である。
m4aには、AACだけ入っていることもあるし、AACと楽曲情報が入っていることもあれば、Appleロスレス形式の音声ファイルと楽曲情報が入っていることもある。

Aベストアンサー

いいえ。

AACとは音声圧縮方式の名前で、m4aはその拡張子のひとつです。
コンテナ(ファイルフォーマット)という意味ではMP4がそれにあたります。

Qfoobar2000のリサンプルについて

foobar初心者です。教えてください。
foobar2000のリサンプルに、私の知っている範囲では、
Resampler(PPHS)とResampler(Sox)がありますが、
この2つのリサンプルは、何が違うのでしょうか?

CD音源を96KにUPサンプリングして聴いてみた結果、私的には、PPHSでは音がおとなしく
なり過ぎ、SoXを調整して聴いた方が、音の輪郭、臨場感などがUPして好きな音です。

もう一つ、
リサンプルに関するコンポーネントは他にもあるのでしょうか?

Aベストアンサー

一応、最後にオマケ情報を(多分ご存知かもしれませんが)。

高域を推測補完する機能があるフリーソフト
SoundEngineFree
http://soundengine.jp/software/soundengine/
Upconv
http://hp.vector.co.jp/authors/VA018963/upconv_0xx.htm
http://www.yung.jp/bony/?p=657
FrieveAudio(再生機能のみ、保存機能はなし)
http://www.frieve.com/frieveaudio/index.html

あくまで推測補完、あまり信頼を置くべきものではありませんが、オモチャとして弄くり回すには面白いかと。


人気Q&Aランキング