大腸菌JCM1649の特性を知りたいのですが。 どの程度で死ぬのか、温度に対する繁殖の経時変化など。 参考となる文献や論文があれば教えてください。

A 回答 (3件)

 rei00 です。

MiJun さんのご指摘がありましたので,追加情報です。なお,MiJun さんがご記入の「http://www.jcm.riken.go.jp/cgi-bin/jcm/jcm_ref?R …」は私が紹介したものの一部です。

 私の紹介したペ-ジで JCM ナンバ- 1649 で検索すると,
http://www.jcm.riken.go.jp/cgi-bin/jcm/jcm_numbe …
になります。
 学名は「Escherichia coli (Migula) Castellani & Chalmers」のようですね。この名前で Medline などを検索すれば,ご希望の情報も得られると思います。また,関連する他の株に関する情報も参考になるかも知れません(これらの株の寄託機関へは JCM Home Page からリンクされていると思います)。

 なお,JCM 1649 株に関する文献は「1649T」の部分からリンクされている「Strain data」のペ-ジ(参考 URL)から行く事ができます。

参考URL:http://www.jcm.riken.go.jp/cgi-bin/jcm/jcm_kojin …
    • good
    • 1

直接的な回答ではありませんが、以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「JCM 微生物株カタログ第7版 (1999年) 」
rei00さんが紹介されたのは、
http://www.jcm.riken.go.jp/cgi-bin/jcm/jcm_ref?R …
でしょうか?

ご参考まで。

参考URL:http://www.jcm.riken.go.jp/JCM/announce_J.html
    • good
    • 0

 これは理化学研究所微生物系統保存施設 (Japan Collection of Microorganisms, JCM) の株ですね。



 JCM のペ-ジ(http://www.jcm.riken.go.jp/JCM/JCM_Home_J.html)のオンラインカタログで JCM ナンバ-で検索すれば Strain Data を見る事ができます。ここの文献の中に必要なものはありませんか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。MiJunもありがとうございました。
文献を取り寄せて調べてみたいと思います。
初めてこの「教えて!goo」を使ったのですが、このシステムってすごいですね。感動です。これからもよろしくお願いします。

お礼日時:2001/02/14 13:27

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大腸菌?の繁殖力は24~48時間で地球と同じ質量になる?

何かの教科書に載っていた気がするのですが、大腸菌?の繁殖力はすさまじいもので、24か48時間で地球の質量とほぼ同じぐらいの重さに増える?と書いてあったと思うのですが本当でしょうか?(増殖や分裂?には限界があるので実際には不可能だそうですが…) これが本当なら菌の増殖力のスピードを重さに例えたものだったのでしょうか??分かる方教えて下さい。

Aベストアンサー

 やつらは、条件が良いと20~30分に一度分裂します。
 培養液が無尽蔵にあり、温度、気圧が好条件で、彼らの増殖が、培養液中の環境を劣化させない魔法の巨大フラスコを仮定する。
 1時間で2から3回、一日で50から70回分裂するから、直径10ミクロンとして、一個が一日で最低でも2の50乗個くらいに増える。球状に並べると10×2の17乗ミクロンくらいの直径。1300000ミクロン=13m。
 あと60回分裂すれば、直径は2の20乗倍の13600km。
地球を越えますね。

Q大腸菌の培養温度

大腸菌でタンパクを発現させるのに、いつもは37℃で培養していたのですが、インキュベータの設定を誤って50℃にしてしまっていました。開始から2.5hで気づいてすぐに冷やして37℃に戻したのですが、
大腸菌は死んでいるでしょうか。

Aベストアンサー

大腸菌は、50℃では死滅しません。

水棲低温菌では厳しいですが、大腸菌なら大丈夫ですね。

でも、タンパクを発現に影響があるかは不明ですね。

Qビフィズス菌や大腸菌は生きているの?

整腸剤などに入っているビフィズス菌は薬の状態でも生きているのですか?薬の中にいるときと、腸の中にいるときではそれぞれどんな状態なんですか?

Aベストアンサー

乳酸菌などは膜の構造がしっかりしているので結構丈夫です。
上手に乾燥させてあげると、そのままの状態でかなりの間保存可能です。
復活させるには、栄養と水と温度だけで大丈夫です。

薬の中のビフィズス菌も同じようなイメージでよいと思います。
仮死状態からおなかの中で復活するという感じでとらえてはいかがですか?

個人的には大腸菌のなにを気にしているのかがよくわかりませんが

Qグラム陽性菌がグラム陰性菌に変化することってありますか?

馬鹿な質問かもしれませんが、ちょっとした疑問があります。
グラム陽性菌をシャーレの寒天培地で培養し続けているとグラム陰性菌に変化することってありますかね?

単なる染色方法の不備かもしれませんが、陽性菌から陰性菌に変化する菌ってあるのですかね?
知識のある方、どうぞお暇なときに教えて頂ければ幸いです。

Aベストアンサー

この問題には二つの、全く関係がない要素が混在しています。ひとつは定義というか実際の細菌の細胞壁の構造の違いです。外膜の有無と細胞壁そのものの構造の違いです。グラム染色性の違いはペプチドグリカンの構造の違いと関係があるようですが、グラム陽性菌のペプチドグリカン層が厚いことで水に不溶性の色素ヨウド複合体がより多く沈着するという説があると思います。この複合体はアルコールにはよく溶けるので、アルコールで脱色しすぎると、グラム陽性菌も陰性菌と同じように見えます。また培養が古くなって死んだ菌はペプチドグリカンも断裂していて不溶性複合体を保持できないのでグラム陰性に染まることがあると思います。いずれにしても遺伝学的な意味でグラム陽性菌が陰性菌ンに変化することはありません。しかしLフォームという細胞壁が消失して様な特殊な状態はあるようです。Lフォームはグラム陰性に染まるそうです。

Qミニウサギの繁殖情報と大小の遺伝的特性

ミニウサギは「小さいものは1.5kgですが、先祖還りで3kgになっちゃうコもいます」と説明されます。

中学生物によると、エンドウマメの大小の遺伝確率は、大小×大小→大3:小1、小小×大小→大1:小1。大大×大大→大、大大×大小→大、小小×小小→小。
ヒトの身長も確か同様です。

ミニウサギの繁殖業界では、小小×小小の繁殖なら確実に1.5kgなので売りやすいと思いますが、あえてそういう繁殖方法によらないのは、小小はオトナになる前に死んでしまうか、体が弱く親になれないのだと想像できます。また、単価の安さから言って、恐らく、親の大小を管理せずテキトーに繁殖させているのだと想像できます。

すると、売られているミニウサギがめでたく1.5kgのオトナになる確率はゼロですね。

ところで、スーパーミニウサギというものが売られていました。ミニウサギとネザーランドドワーフのかけあわせだと説明されました。ネザーランドドワーフは小小、もう片方の親は大小か大大ですね(上記のように、ミニウサギで小小は親になれなさそうなので)。すると、売られていたスーパーミニウサギは、大小で3kgになるか、小小でオトナになる前に死ぬかのどちらか半々ということですよね。

なんだか腑に落ちないので、誰か教えてください。当方、生物学わかりますので専門用語の羅列でもOKです。

また、ミニウサギの体の大きさの遺伝的特性を説明してくれるサイト、本、専門誌、学会等はありますでしょうか。外国語でも構いません。

ミニウサギは「小さいものは1.5kgですが、先祖還りで3kgになっちゃうコもいます」と説明されます。

中学生物によると、エンドウマメの大小の遺伝確率は、大小×大小→大3:小1、小小×大小→大1:小1。大大×大大→大、大大×大小→大、小小×小小→小。
ヒトの身長も確か同様です。

ミニウサギの繁殖業界では、小小×小小の繁殖なら確実に1.5kgなので売りやすいと思いますが、あえてそういう繁殖方法によらないのは、小小はオトナになる前に死んでしまうか、体が弱く親になれないのだと想像できます。また、単価の安さ...続きを読む

Aベストアンサー

>体の大きさのみに絞っているので、遺伝子の場所はかなり限られる、もしくは1つと想像しています。

そうでしょうか?体の大きさはそんなに単純なものでしょうか?例えば成長ホルモンが関与しているとして(おそらくしているでしょうが)、その生成量、生成する時期、ホルモンのレセプターの発現の大小、発現時期などちょっと考えればいろいろあると思います。

>あくまで稀に起きる」ということですが、それが確かな情報でしたら、うれしいのですが、確かな情報でしょうか

これは不確かな情報です。商売にしている以上ある程度の管理はしているはずとの、私の思いから書きました。ですから、最初に推測で書く、と書いていたのです。
今、少し検索してみたら以下のような文がありました。
「ミニウサギは、ネザーランド・ドワーフなどの小型種と、そのほかの品種を交配させて作られたウサギで、いわゆる雑種です。」
もしかすると管理は比較的甘いのかもしれません。ただ、小さくなる確率はそれなりにあるものと思います。また、小型種とその他の種を掛け合わせてミニウサギができるのであればウサギにおいては体が小さいという因子は優勢であるのかもしれません。

>小の基準が厳しすぎますかね?2kgで考えたほうが良いでしょうか
小の基準は飼う人によりけりだと思います。たとえ2kgでも大きいと思う人はいるかもしれません。しかし、普通のウサギが3kg位のようなので2kg以下でミニというのはいい線だと思います。

最後に、私は高校レベルの遺伝はわかっていますが、決して高校レベルのことしかわからないというわけではありません。私の過去ログをよく見ればわかります。

>体の大きさのみに絞っているので、遺伝子の場所はかなり限られる、もしくは1つと想像しています。

そうでしょうか?体の大きさはそんなに単純なものでしょうか?例えば成長ホルモンが関与しているとして(おそらくしているでしょうが)、その生成量、生成する時期、ホルモンのレセプターの発現の大小、発現時期などちょっと考えればいろいろあると思います。

>あくまで稀に起きる」ということですが、それが確かな情報でしたら、うれしいのですが、確かな情報でしょうか

これは不確かな情報です。商...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報