プロが教えるわが家の防犯対策術!

私は肢体障害(身障手帳1級)を持つ児童の親で、特別児童扶養手当を受給できると思い、3年前に役場にて尋ねてみたところ、「所得制限にかかり申請しても支給はされませんよ」と口頭で返答され、申請もしませんでした。当時の担当者の方が間違えて計算されていたため、間違えていなければ、受給資格をクリアしていたことが最近判明しました。役場の担当者の方のミスで3年間分の手当を貰えないのは納得できないのですが、このような場合、制度上、遡って支給してもらうこと等は不可能なのでしょうか?
私なりに多少調べてみましたが、よくわかりませんでした。
詳しくご存知の方、いらしたら教えてください。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

療育手帳Aの子どもの母です。


過去に「遡及支給」を受けたことがあります。
申請・決定後の更新手続きがおろそかになっていた為でした。
おそらく「決定」していない限り、難しいように思います。
「無理でしょう」と言われても、「とりあえず申請してみる」という方は大勢いますから、「申請しなかった」という時点で「意思なし」という判断となるかと思います。

申請後、所得制限で引っ掛かり受給できなかった友人は、その後所得制限額が変更になったことを知らずに、ずいぶん遅れて申請をしたそうですが、結果的には、再申請・決定通知後…しか、支給されませんでした。(情報が足りないとぼやいていました。それがきっかけで情報提供をしてくれる会に入会したそうで…)
あくまで、申請・決定の手続き以降のことと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご返答ありがとうございました。
そうですか。。悔しいですが、無理なんですね。

お礼日時:2008/06/05 08:37

詳しくないので参考程度に。



『特別児童扶養手当は申請して所得制限にかからなければ必ず受給出来る』訳ではありません。

申請して所得・障害要件の審査をしてから初めて受給可否が決まります。


間違った説明を受けられた当時、もし申請して
『所得制限の為に受給不可』
の結果が残されていれば訴求請求の可能性もあったかも知れませんが、
(相手の間違いの為に)申請されていなかった、との事。


書類上は、
『(特児の制度を知っていてもいなくても)制度を利用する意思がなかった』
となるのではないでしょうか。
手帳を所持していても特児を受けない方も多いので。(逆も然り)

となると、訴求請求は難しいと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご返答ありがとうございます。
障害要件の審査に関しては下肢機能全廃の身障手帳1級ですので問題ないと思います。
書類上は、なるほどそうなってしまうわけですね。

ただ、申請の意思があったのにも関わらず、担当者の方の一言を信用し、申請できなかったわけですので、法律的にやむを得ず申請できなかかった場合等の保護はされないものなんですかね。。

お礼日時:2008/06/04 16:58

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q児童手当をさかのぼって受給するにはどこに相談すればいいでしょうか?

市の職員のミスによりもらえたはずの児童手当22万5千円がもらえません。なんとかなりませんか?
昨年の申請時期に役所に出向き、該当になるのか確認をしてもらったところ、ほんのわずかだが所得オーバーのため受給できないといわれ、却下通知が必要なら申請をするよういわれ、申請せずに帰りました。
ところが、確定申告前の所得での計算だったため、申告後だと受給対象だったのです。さかのぼっての受給は出来ず、申請の翌月からの支給だと今日言われました。
すべて口頭での出来事ですが、明らかに職員のミスです。なんとかなりませんか?どこに相談すればいいでしょう。

Aベストアンサー

No.4です。

平成18年4月の法律改正のポイントは、対象児童の年齢が小3→小6になった事と、所得制限の緩和の2つです。
そしてさらに重要となるのが(そして非常に分かりづらい部分でもありますが)この法律改正によって新たに貰えるようになる人については、9月末までに手続きをすれば4月分から遡って貰える、という事です。

質問者様の状況は、お子様は小1・小3・小5or小6の3人で、結果的に申請したのが今年8月、という事でしょうか。
その結果、小6の子については「法律改正によって貰えるようになり、かつ9月末までに手続きをした」に当てはまるので、4月分から遡って貰えるようになったということになります。そして下の2人については当てはまらない(法改正前でも申請していれば貰えた)為に、申請の翌月=9月分から、ということになったという事です。手当月額は、4月~8月が5000円、9月からが2万円。

昨年問い合わせた際の職員の対応について、その場で確認出来たもの(源泉徴収票などをお持ちになったのでしょうか)だけで判断し、確定申告の可能性を考慮せずに受給不可、と断言したのは問題ですね。「却下通知が必要なら~」ではなく「これだけを見ると所得オーバーですが、確定申告の状況やその他控除等で変わってくる可能性もあるので、一応申請しておいた方が~」というような案内をすべきだったと思います。実際に判定する際にはもちろん申告状況等全て確認しますので。

残念ながら遡っての受給は認められないと思いますが、何故昨年の時点で申請していなかったかという理由=その時の職員の対応についての文句はきっちり役所に伝えるべきだと思います。

No.4です。

平成18年4月の法律改正のポイントは、対象児童の年齢が小3→小6になった事と、所得制限の緩和の2つです。
そしてさらに重要となるのが(そして非常に分かりづらい部分でもありますが)この法律改正によって新たに貰えるようになる人については、9月末までに手続きをすれば4月分から遡って貰える、という事です。

質問者様の状況は、お子様は小1・小3・小5or小6の3人で、結果的に申請したのが今年8月、という事でしょうか。
その結果、小6の子については「法律改正によって貰えるようになり、か...続きを読む

Q特別児童扶養手当と療育手帳の有無

5歳の発達障害児(公立保育園通園中)を持つ親です。現状は知的障害(2~3歳程度)、言語障害(有意な言葉は3語程度)、軽度な自閉症の可能性もあり、と複数の医療、福祉施設から診断を受けています。
このような状況は特別児童扶養手当の受給資格対象になるのでしょうか?また療育手帳の取得の有無は関係ないということですが、取得しておいた方がよいのでしょうか?(身体障害は無いので、たぶんB1級になると思います)
受給資格のボーダーラインの場合、役所担当者の裁量、医師の診断書の書き方で結果が違うという噂を聞き、心配しています。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

元・障害児者福祉行政の関係者です。
まず、療育手帳(知的障害児・者)から触れますね。
療育手帳は、実は、法律(知的障害者福祉法や児童福祉法等)で定められたものではありません(したがって、何ら法律上には定めがありません。)。厚生労働省通知「療育手帳制度の実施について」に基づいて、都道府県の裁量によって交付されるものです。
そのため、障害等級区分や呼称、判定基準等が都道府県によってかなり異なります。
たとえば、私の県(埼玉県)では、重いほうから順に、マルA、A、B、Cと呼びます。順に、最重度、重度、中度、軽度に相当します。

知的障害児に対する特別児童扶養手当(以下、「特児」とします。)は、上記の再重度、重度、中度に相当する場合に支給されます。
法律上、療育手帳が交付されているか否かは無関係です。
もっとも、原則として知的障害者更生相談所(いわゆる都道府県立の障害者リハビリテーションセンターのことです。)での判定に基づいて特児の支給の是非を判断しますし、判定方法が療育手帳と共通している(但し、特児のほうが判定基準がかなり厳しい!)ので、このとき療育手帳が取得できるなら取得しておいたほうが良いと思います。
ちなみに、療育手帳は比較的簡単に交付されます。
一方、特児については、標準化された所定の発達検査(一般に、WISC-3や田中・鈴木ビネー知能検査等)によって判定されたIQ(知能指数)が45未満(注:50未満ではなく、45未満です。シビアになりました。)でなければ、まず該当しません。
なお、成人(20歳以上)では、特児に相当するものとして特別障害者手当というものがありますが、知的障害者の場合、最重度でかつ常時特別な介助・介護を要する者(強度行動障害等)にしか支給されません。

特児には1級と2級があります。
手元にある行政資料によると、1級が月5万2千円強、2級が月3万5千円強(金額が変わっているかもしれませんので、念のため。)。
8月(4・5・6・7月分)、11月(8・9・10・11月分)、4月(12・1・2・3月分)に、郵便局(記憶違いかもしれませんが、確か銀行はダメだったと思います。ご存知の方、補足をお願いいたします。)に振り込まれます。

気をつけなければならないのは、特児は障害児本人に大して支給されるものではない、ということです。「20歳未満の重度障害児(注:特児支給法で定める障害児)を養育している父・母又は保護者」に対して支給されるのです(これに対して、特別障害者手当は障害者本人に対して支給されます。)。
そのため、父・母又は保護者のある年(1~12月)の所得が一定額を上回る場合には、その翌年度分(注:特児では年度が8月分からスタートします。)の特児が支給停止になります。

後段、ボーダーライン云々の部分についてですが、これは全くそのとおりです(--;)。
特に、医師による診断書によって大きく左右されます。
たとえば、東京都内ですと、都立梅ヶ丘病院(児童精神科専門病院)や国立精神神経センター武蔵病院(発達障害専門外来があります。)の児童精神科専門医にかかるとガラリと違ってくる、とよく耳にします。

療育手帳さえあれば、所得税・住民税の障害者控除(但し、最重度・重度では特別障害者控除と言い、控除額<税額の軽減度>が大きくなります。)の対象になります。
そのほか、最重度・重度の場合に限って、自動車税・自動車取得税・軽自動車税が減免されますし、JR旅客運賃が半額(介助者も)になります。有料道路通行料も半額です。
なお、JR旅客運賃については、12歳未満で中度・軽度の人が介助者付添で利用する場合には、介助者の定期券代が半額になります(意外と知られていません。)。
言い替えると、中度・軽度の場合には、障害者控除以外のメリットはあまりないのが実情です。

場合によっては、@niftyの障害児教育フォーラムも参考になります。

元・障害児者福祉行政の関係者です。
まず、療育手帳(知的障害児・者)から触れますね。
療育手帳は、実は、法律(知的障害者福祉法や児童福祉法等)で定められたものではありません(したがって、何ら法律上には定めがありません。)。厚生労働省通知「療育手帳制度の実施について」に基づいて、都道府県の裁量によって交付されるものです。
そのため、障害等級区分や呼称、判定基準等が都道府県によってかなり異なります。
たとえば、私の県(埼玉県)では、重いほうから順に、マルA、A、B、Cと呼びま...続きを読む

Q特別障害者手当というものについて、教えてください。

家族で、精神障害で年金・手帳ともに1級、身体障害者手帳3級、療育手帳は持っていませんが、中等度の知的障害を持っている者がいます。
診断名としては、
神経症/不安神経症/うつ病/摂食障害/統合失調症/幻聴/幻覚/妄想/自傷/自己不確実/解離性障害/離人症/適応障害/ヒステリー球/嘔吐恐怖症/精神発達遅滞(中等度)/不安性(回避性)パーソナリティー障害/広汎性発達障害/気分変調性障害/身体表現性障害/ナルコレプシー/チック症/自己愛性人格障害/PTSD/自殺企図(リスカ・OD)/線維筋痛症/ドライアイなど言われており、
家族として困っているのは、
・猛スピードで走ってくる車に向かって突進する。(裸足で家を飛び出す)
・自宅の2階や階段から飛び降りる。(先日も骨折で入院)
・ODしたくなると、薬局から盗んででも持ってきてしまう。
・フォークで体中を突き刺す。
・拒食でほとんど食べない。
・机の下などに潜り込んだまま出てこない。
・生理の後始末ができない。
・漢字やカタカナやひらがなが突然読めなくなることがある。
 (そのときは、ほとんど会話不能)
・自分の部屋やトイレを探している。
・文房具のノリなどを一気飲みする。
・夜中にわめいたりウロウロする。
・人の足跡が怖いといって、ほとんど外出不能。
・病院に連れて行こうとすると、痙攣しだし、そのまま倒れる。
・体が痛いと言い、仰向けで寝られず、家族が交代交代で抱きかかえて寝る。
・食事はドライアイでほとんど目が開けていられないので、家族が食べさせる。
・・・・・・・・・
もう書ききれません。
地元の病院のほとんどの病院を巡りましたが、うちでは対応しきれないとのことで、入院を拒絶されています。
表記のタイトルの制度を利用したいのですが、この程度の症状では受給できませんでしょうか?
この制度について、詳しく教えてください。
本当に切羽詰っています。
部屋から出て来れないように、鍵などをかけたり、カミソリを取り上げたり、薬を取り上げたり、一生懸命がんばっているのですが、逆に発狂され、うまく行きません。
家族にもう一人障害者がいるため、本当にお金がかかります。
生活保護も、持ち家があるためという理由で支給してもらえませんでした。
何とか娘を大学病院に入院させてあげたいと思っています。
ご回答をよろしくお願い致します。

家族で、精神障害で年金・手帳ともに1級、身体障害者手帳3級、療育手帳は持っていませんが、中等度の知的障害を持っている者がいます。
診断名としては、
神経症/不安神経症/うつ病/摂食障害/統合失調症/幻聴/幻覚/妄想/自傷/自己不確実/解離性障害/離人症/適応障害/ヒステリー球/嘔吐恐怖症/精神発達遅滞(中等度)/不安性(回避性)パーソナリティー障害/広汎性発達障害/気分変調性障害/身体表現性障害/ナルコレプシー/チック症/自己愛性人格障害/PTSD/自殺企図(リスカ・OD...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。
まず、制度の概要を箇条書きにしておきます。以下のとおりです。

---------------------------------------------------------------

特別障害者手当

根拠法
 特別児童扶養手当等の支給に関する法律

どのような人に支給されるのか?
 きわめて重い身体の障害や精神の障害を重複して持ち、常時特別な介護を要する、20歳以上の重度障害者本人

支給され得る具体的な障害内容
● 身体障害者手帳1級・2級の障害と、精神障害者保健福祉手帳1級または療育手帳最重度を重複しているような場合
● 日常的に臥床していることがほとんど、というような場合

支給額など
● 月額で約2万6千円余
● 2月、5月、8月、11月に、直近月までの3か月分ずつをまとめて支給
● 障害者本人および扶養義務者(両親や同居親族)の前年1~12月の所得が一定額以上であると、その年の8月分から翌年の7月分までが支給されない
(← かなり厳しく見られる)
● 施設に入所すると、受給できない
● 続けて4か月以上入院すると、受給できない
(→ たとえば「入院費の足しにしよう」などという考えであれば向いていない、ということ)

問い合わせと申請の窓口
● 最寄りの市区町村の福祉事務所(障害福祉担当課)
(申請後、障害状況だけではなく所得状況等の調査も経て、最終的に受給の可否が決まる)

障害認定基準(群馬県藤岡市の例):PDFファイル
http://www.city.fujioka.gunma.jp/f_hukushi/img/teate-ninnteikijun.pdf

障害認定基準の根拠
● 原通知
 昭和60年12月28日付け 厚生省社会局長通知 社更第162号
「障害児福祉手当及び特別障害者手当の障害程度認定基準について」
 ★ 上記のPDFファイルの内容と同じ
● 改正後
 平成13年7月31日付け 厚生労働省社会・援護局障害保健福祉部長通知 障発第325号
「障害児福祉手当及び特別障害者手当の障害程度処理基準について」
 ★ 改正後は「処理基準」と呼ぶ。「認定基準」の具体的な設定は各市区町村に任された
 ★ 国の「処理基準」を土台にして、各市区町村が「認定基準」を定めている
 ★ 国の「処理基準」は、おおむね上記のPDFファイルの内容と同じ

---------------------------------------------------------------

実際に受給でき得るのかどうか、ということについては、即答いたしかねます。
ただ、どんなに精神・知的の障害が重くとも、一般に、身体の重い障害が重複していない場合には、受給はむずかしいようです。
詳しくは、最寄りの市区町村の障害福祉担当課にお尋ねになって下さい。

なお、障害者本人が3か月を超えて継続入院する場合、4か月目からは受給できません。
したがって、たとえば、「本人が入院できるようなら、その入院費の足しにしたい」と思ったとしても無理、ということになってしまいます。
そのあたりは踏まえておくべきかと思います。
また、絶対に受給できる(あるいは受給し続けられる)、と言い切れる性質のものでもなく、受給できたとしても、ご家族の所得状況に左右される性質のものです。

自傷行動がひどいようですが、施設入所は考えなかったのですか?
また、療育手帳は取られたほうが良いかもしれませんよ。
あくまでも私見ですが、知的障害の1つのタイプである「強度行動障害」なのではないか、と思いました。
とすれば、専門の知的障害者施設もありますから、のような施設への入所がかなわないかどうか、そういう方向性を持って市区町村の障害福祉担当課に働きかけてみるべきではないか、と感じます。

こんにちは。
まず、制度の概要を箇条書きにしておきます。以下のとおりです。

---------------------------------------------------------------

特別障害者手当

根拠法
 特別児童扶養手当等の支給に関する法律

どのような人に支給されるのか?
 きわめて重い身体の障害や精神の障害を重複して持ち、常時特別な介護を要する、20歳以上の重度障害者本人

支給され得る具体的な障害内容
● 身体障害者手帳1級・2級の障害と、精神障害者保健福祉手帳1級または療育手帳最重度を重複してい...続きを読む

Q特別児童扶養手当の所得制限についてお伺いします

今日、我が家に特別児童扶養手当の支給停止通知書が届きました。
所得制限に引っ掛かっているそうです。
子供のことを考えると私が働くのは無理なので、
主人の収入と特児で今までなんとかやりくりしてきました。
これで年間60万円の収入が一気に無くなれば、かなり苦しくなるのは目に見えています。

どうしてこんなに所得制限が低く設定されているのでしょう?
そもそも所得制限があること自体、おかしいと思いませんか?

Aベストアンサー

下記の施行令の第1条~第3条をまずごらんになって下さい。
所得制限に関する額の定めが書かれています。

児童手当法施行令
 http://www.houko.com/00/02/S46/281.HTM

そうしましたら、引き続いて下記の施行令の第2条~第5条を
ごらんになってみて下さい。
同じく、所得制限に関する額の定めが書かれています。

特別児童扶養手当等の支給に関する法律施行令
 http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S50/S50SE207.html

いいですか。
見比べてみていただけますか?
回答#2で示したように、その額にほとんど差が見られない、というのが
おわかりいただけたはずです。
(つまり、#1のお礼で書かれている「もっと高いはず」は誤りなのです。)

お言葉を返すようでたいへん恐縮なのですが、
障害者自身はもちろんのこと、障害児・者を抱える家族は、
こういう知識を持った上で、福祉政策を批判・論評したほうがよいのでは
と思います。
怖いもので、福祉政策に関する誤解等は一人歩きしてしまいますから。
例えば、障害者自立支援法等も激しく批判されているところですが、
じっくり調べてみると、結構良く考えられた法律ではありますよ。

下記の施行令の第1条~第3条をまずごらんになって下さい。
所得制限に関する額の定めが書かれています。

児童手当法施行令
 http://www.houko.com/00/02/S46/281.HTM

そうしましたら、引き続いて下記の施行令の第2条~第5条を
ごらんになってみて下さい。
同じく、所得制限に関する額の定めが書かれています。

特別児童扶養手当等の支給に関する法律施行令
 http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S50/S50SE207.html

いいですか。
見比べてみていただけますか?
回答#2で示したように、その...続きを読む

Q特別児童扶養手当が途中でストップ?

現在、3歳になる息子の精神遅滞により特別児童扶養手当を受給しております。
申請をしたのはちょうど1年ほど前で、その時は確かにほかの子に比べて著しく言語に遅れがあり、行動も含めてすべてが遅いなと自分も思ってましたので、夫婦で励ましながら受け入れて何とかやっていきました。

2か月に1回、「中等度の精神遅滞」と認定し診断書を書いてもらった医師に診てもらっていたのですが、いつになっても「まぁ様子を見ましょう」と言われ続けていました。

その間、保育園に入り、市からの援助により専属の加配の先生を付けてもらい、療育センターも週に1日訪問し、毎日を過ごす中で息子の成長が加速度的に速くなっていきました。

そうした中で、療育センターに時々来られるお爺さん先生(何千人と知能検査をやってこられた方で、知的検査のプロだそうです。)は「私にとって、知的障害のお子さんには見えない。この1年間を通してみてきたが、私の中ではもう判断を下している。息子さんは障害ではない」と言ってくださいました。
2歳児検診の時には「再検査」を言われていたのですが、3歳児検診の時には「うん、健康的に育ってるね」と言われました。
通っている保育園の先生からも最近、「他のお子さんと比べて著しく発達が遅れているようには見えないからもう一度診察してもらってみては?」と言われてます。
つまり、当初の医師以外からは「健常児」と判断されているのです。

それはそれでとても喜ばしいことなのですが、うちら夫婦には別の問題を抱えています。
妻は精神障害を患っており、ショックな出来事に耐えうる状況にありません。(1年前に子どもが精神遅滞と診断されたときは自分が有給を使い切ってそばにいて支えました)
万が一、妻が健常児だと期待を持ってしまった後に、再度医師に「やっぱり障害がある」と言われた時に同様のショックが起きます。
そのため、安易に「どうですか?」と聞きづらい状況にあります。
この1年間もほかの方々から、健常児では?と言われた時も自分は妻に「お前は余計な期待を持たなくていい」と冷たい言葉を言い続けてきました。

何より、診断当初から医者に対してのさまざまな不信感を持っていたこともあるので、今回もし「やっぱり健常児でした」といわれたとすると、腹立たしくて仕方がありません。
そのうえ、健常児であればあと1年間継続してもらえる特別児童扶養手当がもらえなくなる気がするのです。
医者のその診断一つに振り回されたら自分は怒りを抑える自信がありません。
慰謝料などもらえないのなら、もらえるものだけでも貰ってやりたいと悪い考えも浮かんでしまうのです。

仮に、5月に「健常児」診断が出た場合、即座に受給はストップするのでしょうか?
また、医者に対して何か不満を言うことはできないのでしょうか?

自分勝手なことで申し訳ないのですが、子供も妻も十分苦しんできました。それを傍で見てきて、一番苦しんでない自分が支えようと必死になってきました。
それがこんな状況になってきて、本来ならうれしいことなのに、今は怒りがこみ上げてしまうのです。

現在、3歳になる息子の精神遅滞により特別児童扶養手当を受給しております。
申請をしたのはちょうど1年ほど前で、その時は確かにほかの子に比べて著しく言語に遅れがあり、行動も含めてすべてが遅いなと自分も思ってましたので、夫婦で励ましながら受け入れて何とかやっていきました。

2か月に1回、「中等度の精神遅滞」と認定し診断書を書いてもらった医師に診てもらっていたのですが、いつになっても「まぁ様子を見ましょう」と言われ続けていました。

その間、保育園に入り、市からの援助により専属の加...続きを読む

Aベストアンサー

回答2でも書かれてますけど、特別児童扶養手当は有期認定です。期限があるのがあたり前です。
ただし、身体障害者手帳で再認定年月日の記載がある場合は、再認定年月日までが期限です。
また、療育手帳のときは、再判定年月日までが期限です。

なので、再認定の時期の特別児童扶養手当専用の診断書のほかに、身体障害者手帳や療育手帳専用の診断書を出したときにも、結果として、特別児童扶養手当がストップする場合があります。
通常、診断書の診断日(身体障害者手帳の再認定日、又は療育手帳の再判定日)の翌月分から、減額改定又は資格喪失(要は支給がストップ)になります。
回答2は、ちょっと説明不足ですね。

たとえば、有期認定で平成23年7月までの期限だったとします。
で、診断書の診断日が5月27日だったとしましょう。
特別児童扶養手当の再認定の審査の結果、1級から2級に下がったときは、7月を待たずに、6月分から減額です。
また、1級・2級から非該当になっちゃったときは、7月を待たずに、6月分からストップです。

ということは、もし、5月の日付で再認定・再判定の診断書が書かれたとすると、特別児童扶養手当の審査の結果でストップするとすると、翌6月分から止まります。
参考URLに細かく出てますよ。栃木県のものですけど、特別児童扶養手当は国の制度なので、ほかの県でも同様です。

ところで。
奥さんのことは、正直、手当のこととか診断のこととかとは、別問題ではないですかね?
あなたがちゃんと奥さんと向かい合って冷静・的確に伝えてないだけだと思うんですよ。感情的になっちゃったりしてませんか?(わざと冷たく言っちゃったり)
それに、まだ起こってもないショックをあれこれと悪いほうに想像しちゃってても、しょうがない気がするんですけど。

あと、医者に対する不信感はわからないでもないんですけど、でも、ほかの方も書いてると思うんですけど、やっぱり、子どもの成長や発達はポジティブにとらえて喜んだほうがいいと思いますよ。
医者に振り回されてわけでもなくって、むしろ、親御さんの心に迷いがあったり、手当をもらえることに甘えたい気持ち(たとえば、親御さんが仕事がうまくいかなくなって失業したりしたときなんかも)とかがあったりする、っていう場合もありますし。あなただけがそうだ、というわけじゃなくって、誰もそういう可能性があるもんです。
なので、もうちょっと親御さんがしっかりしないでどうします? 奥さんのせいとか医者のせいにしちゃいかんと思うんですけど。

参考URL:http://www.pref.tochigi.lg.jp/shogai/ssgr/100512/all.pdf

回答2でも書かれてますけど、特別児童扶養手当は有期認定です。期限があるのがあたり前です。
ただし、身体障害者手帳で再認定年月日の記載がある場合は、再認定年月日までが期限です。
また、療育手帳のときは、再判定年月日までが期限です。

なので、再認定の時期の特別児童扶養手当専用の診断書のほかに、身体障害者手帳や療育手帳専用の診断書を出したときにも、結果として、特別児童扶養手当がストップする場合があります。
通常、診断書の診断日(身体障害者手帳の再認定日、又は療育手帳の再判定日)の翌...続きを読む

Q児童扶養手当と障害年金

先日市役所で障害年金申請の書類をもらいました、(障害2級)その前に国保ですが申請条件クリア出来るか調べてもらいました「、該当します」と返事がありそして「年金障害か児童扶養手当とどちらで申請されますか」と言われました。意味がよく判らなかったので「今度診断書を持参した時に選んで申請してください」と言われて帰りました。そこでどちらが良いか判らずご回答よろしくお願いします。ちなみに現在子供6人居ます。  補足ですが今生活保護を貰ってますが生活保護を辞めたいので申請しようと思ったのです。金額等判れば教えてください!あと自立したいのでパートから探して仕事をしたいと思います。ちなみにうつ病で入院して一年八カ月なりました。今は退院して通院のみです、このまま自宅に居るのが苦痛ですので、この前診察の時主治医の先生は短期のパートで仕事はOKが出ました。

Aベストアンサー

障害基礎年金1級・2級を受けられる人に18歳未満の子がいるときは、
障害基礎年金に子の加算額が付きます。
平成23年度の場合、1人目・2人目は、1か月あたり18,916円。
3人目以降は、1か月あたり6,300円です。

一方、両親のどちらかが障害基礎年金1級に相当する障害をもつときは、
その配偶者は、子に対する児童扶養手当を受けられます。
例えば、夫が障害基礎年金1級を受けられるような障害をもっていれば、
妻は児童扶養手当を受けられます。
平成23年度の場合、1人目が1か月あたり41,550円から9,810円。
所得によって、この範囲内で金額が変わってきます。
2人目は1か月あたり5,000円。
3人目以降は1か月あたり3,000円です。

障害基礎年金に子の加算額が付くときには、
その配偶者は児童扶養手当を受けることができない、という決まりがあります。
つまり、子の加算額を付けてしまうと児童扶養手当が受けられなくなります。

しかし、上で書いた金額を見ると、
児童扶養手当を受けたほうが、有利になるときがあります。

そこで、昨年(平成23年)4月以降、
子に付く「子の加算額」と「児童扶養手当」の月額を、子1人ごとに比べて、
もし「児童扶養手当」の月額のほうが高くなるときには、
その子は「児童扶養手当」を選ぶ(その子の分の「子の加算額」は付けない)
ということができるようになりました。
(何人も子がいるときは、ひとりひとり比べて、どちらを選ぶかを決めます)

市役所の方が言っていることは、こういう意味です。

実際に障害基礎年金1級を受けられる、ということはまだわからないので、
とりあえず、児童扶養手当を受ける手続きを優先させます。
そして、その後で、障害基礎年金の請求手続きをするようにします。

(注1)
  障害基礎年金を受けられるための保険料納付状況の要件は、
  国保(国民健康保険)で見るのではなく、国年(国民年金)で見ます。
  似たような単語ですが、ごっちゃにしないで下さいね。
(注2)
  精神の障害による障害年金の基準を踏まえると、
  障害基礎年金1級になることは、非常に厳しいと思います。
  よくて2級、といったところかもしれません。
  (就労すると、1級と認めてもらうことがたいへんむずかしくなります)

そうすると、障害基礎年金のほうは、
とりあえず「子の加算額は付けないことにします」と処理を進めてくれます。

障害基礎年金の支給が決まって、子の加算額が付いたとき、
もしも、障害基礎年金の等級が1級になったときは、上で書いたように、
子の加算額を選び直して付けてもらったほうが、有利になることもあります。

子の加算額に変えてもらいたければ、
児童扶養手当をやめる手続きをすると同時に、
あらためて障害年金のほうで、
子の加算額を付けてもらう手続きをして下さい。
逆に、「子の加算額から児童扶養手当のほうに変える」こともできます。

なお、上で書いた変更(子の加算額 ←→ 児童扶養手当)は、
ひとり親家庭(親が児童扶養手当を受け、障害基礎年金も受けられるとき)では
できませんので、十分に注意して下さい。
(原則、障害基礎年金の子の加算額を優先。児童扶養手当は止まります。)

自動的に加算や変更をしてくれる、ということはないので、
ひとつひとつ確実に手続きをして下さい。

かなりわかりにくく、細かい決まりです。
子が何人もいるときにはひとりひとり見るため、ほんとうに煩雑になります。
自分の思い込みなどで事を進めてしまわず、
もう1度詳しく役所に聞いてから、慎重に手続きを進めて下さい。
 

障害基礎年金1級・2級を受けられる人に18歳未満の子がいるときは、
障害基礎年金に子の加算額が付きます。
平成23年度の場合、1人目・2人目は、1か月あたり18,916円。
3人目以降は、1か月あたり6,300円です。

一方、両親のどちらかが障害基礎年金1級に相当する障害をもつときは、
その配偶者は、子に対する児童扶養手当を受けられます。
例えば、夫が障害基礎年金1級を受けられるような障害をもっていれば、
妻は児童扶養手当を受けられます。
平成23年度の場合、1人目が1か月あたり...続きを読む

Q母子家庭、児童扶養手当と障害年金についてです。

はじめまして。
現在、乳幼児1人がいる母子家庭です。
産休等で無職だった事もあり、児童扶養手当を満額受給中です。
産後、体調を崩し疾患が見つかったりで、先般、障害年金を申請したところ受給が決定し、遡及して
昨年の後半分から受給される事になりました。

そこで、児童扶養手当と障害年金の併給についてお伺いいたします。
ネットなどで見ると、児童扶養手当と障害年金の併給は出来ないような記載ですが、これは、母子家庭
だとできないと言うことなのでしょうか。
配偶者がいると、選択的に受給可能なようなのですが、よく理解できておりません。

ちなみに、年金は障害2級で(厚生年金)、国民年金に子の加算が付いております。

併給は絶対的に無理なのでしょうか?
立法趣旨等あるでしょうけれど、回復の見通しもなく、しばらく年金をあてにした子どもをかかえた生活がはじまるのに、障害年金が支給されることで、児童扶養手当が1円もでなくなるのもきついものです・・・。
配偶者がいれば、選択的に受給もできるのに、ひとり親だと支給が打ち切りと言うのもなんだか残酷な気がします。

また、遡及して支給される事によって、既に受給済の児童扶養手当を返還しなくてはならないようですが(ネットで調べた内容によると)、これはどのように返還するのでしょうか。
利子なども発生するのでしょうか。
役所には、すぐに年金が支給されるようになった事を報告に行くべきなのでしょうか。
年金事務所の方はその必要はないとの事でしたが・・・。

どのような事でも良いので、何かと教えて頂けましたら幸いです。
よろしくお願い致します。

はじめまして。
現在、乳幼児1人がいる母子家庭です。
産休等で無職だった事もあり、児童扶養手当を満額受給中です。
産後、体調を崩し疾患が見つかったりで、先般、障害年金を申請したところ受給が決定し、遡及して
昨年の後半分から受給される事になりました。

そこで、児童扶養手当と障害年金の併給についてお伺いいたします。
ネットなどで見ると、児童扶養手当と障害年金の併給は出来ないような記載ですが、これは、母子家庭
だとできないと言うことなのでしょうか。
配偶者がいると、選択的に受給可能なよ...続きを読む

Aベストアンサー

障害年金の遡及支給がされることとなったときの、子の加算額と児童扶養手当の関係についてです。
正確な情報が判明しましたので、お伝えしますね。
(児童扶養手当法の運用に関する通達や事務連絡[残念ながら、一般の方が見るのはむずかしいものです]などに明記されていました。)

結論から言いますと、既に受給済である児童扶養手当を返還しなければなりません。
そのため、子の加算額が付いた障害年金の遡及支給が決まったときには、直ちに、市区町村の児童扶養手当の担当課に届け出なければなりません。
つまり、年金事務所の説明は誤りです。
具体的には、児童扶養手当の過誤払を精算する(児童扶養手当過誤払返還金)という手続きがとられます。
但し、細かな精算手順は市区町村毎に条例や要綱で定めているので、たいへんまちまちです。
そのため、ご面倒でも、市区町村の児童扶養手当の担当課にお問い合わせ下さい(年金事務所のほうでの手続きなどはありません)。

児童扶養手当は、公的年金給付の受給権を取得した年月日に遡って、資格がなくなります(児童扶養手当法、同施行令、同施行規則など)。
公的年金給付を受けられるとき(子の加算額が付くときも含みます)は、児童扶養手当を受けられないのです。
したがって、障害年金の遡及支給が決まったときには、年金と手当とがダブった期間については、遡って手当の返還が必要になってきます。

ちなみに、以下の参考URLの末尾にも、たいへんわかりやすく記されていました。
神奈川県伊勢原市のものですが、他の市区町村でも考え方は全く同じです(但し、既に記したとおり、細かな手順に市区町村毎の違いがあるので、市区町村に直接お尋ね下さい。)。
 

参考URL:http://www.city.isehara.kanagawa.jp/guide/kodomo/kosodate/zido-fuyouteate.htm

障害年金の遡及支給がされることとなったときの、子の加算額と児童扶養手当の関係についてです。
正確な情報が判明しましたので、お伝えしますね。
(児童扶養手当法の運用に関する通達や事務連絡[残念ながら、一般の方が見るのはむずかしいものです]などに明記されていました。)

結論から言いますと、既に受給済である児童扶養手当を返還しなければなりません。
そのため、子の加算額が付いた障害年金の遡及支給が決まったときには、直ちに、市区町村の児童扶養手当の担当課に届け出なければなりません。
つ...続きを読む

Q障害児福祉手当について

前回質問させて頂きました 特別障害児扶養手当は申請しています

1の常に介護が必要との診断で

病名は ADHD と自閉でした

それで別の方から 障害児福祉手当が申請出来るのでは?と教えて頂き役所の

障害福祉課に問い合わせしたところ返答が

まず 障害児福祉手当は 身体か知的障害の方に給付される制度という事で申請できないと

それと 精神の手帳をまず持ってないので(自閉とADHD)では手帳は持てないはずと

手帳を持ってない方はまず申請も出来ないと言われました

脳障害と自閉では(ADHDは自閉の中の一種らしいので)

それだけでは障害児福祉手当は受けられないとの事でした

私として何故?と思ったのが 特別児童扶養手当はとても受けるのが難しいと聞いていたので

1級と2級しかない為 それを普通に児童福祉かが受理して頂けたのに

障害児福祉手当は3種まであるそうですが 精神じゃとれないっというのがわからないのです

手帳ない人用の3種も書いてあるのに 何故なんだろう?

他の方からそこまで状態が悪く1なので 児童福祉手当を知らないはずがない!との事で

問い合わせたのですが・・

知ってはいたのですが 養育手帳か身体障害者手帳を持ってる方用

精神手帳の等級によってもあるが 自閉は精神障害手帳に当てはまらないといわれ

まったくわかりません

課が違うのでそこしかないのですが 手帳を持たないと申請すら出来ないのですか?

また身体やIQが低くないと申請も出来ないのでしょうか?

すいません 教えてください

前回質問させて頂きました 特別障害児扶養手当は申請しています

1の常に介護が必要との診断で

病名は ADHD と自閉でした

それで別の方から 障害児福祉手当が申請出来るのでは?と教えて頂き役所の

障害福祉課に問い合わせしたところ返答が

まず 障害児福祉手当は 身体か知的障害の方に給付される制度という事で申請できないと

それと 精神の手帳をまず持ってないので(自閉とADHD)では手帳は持てないはずと

手帳を持ってない方はまず申請も出来ないと言われました

脳障害と自閉では(ADHDは自閉...続きを読む

Aベストアンサー

障害児福祉手当の障害程度認定基準で、精神の障害としての発達障害に該当する可能性が高いのですが。
必ずしも、精神障害者保健福祉手帳の所持は前提ではないんですよ?役所の説明はおかしいと思います。

◯ 障害児福祉手当および特別障害者手当の障害程度認定基準(PDF)
http://goo.gl/WbabD6

発達障害は、自閉症、アスペルガー症候群、その他の広汎性発達障害、学習障害(LD)、注意欠陥多動障害(ADHD)などをいいます。
その上で、「たとえ知能指数(IQ)が高くても、社会生活やコミュニケーションの障害のために対人関係や意思疎通に重大な影響を伴い、日常生活に著しい制限があるかどうか」を見ます。
そして、日常生活で常に介護や援助の必要があるときに、初めて認定されます。

要は、精神の障害で障害児福祉手当を受けられる可能性があるのです。
言い替えると、障害児福祉手当の基準にさえあてはまれば良いということ。手帳を持っている・持っていないとは無関係ですし、身体障害児に限られた手当でもありません。

なお、ADHDや自閉でも、その重さによっては、精神障害者保健福祉手帳を取れます。
知的障害を伴っていれば、療育手帳も取れます。

どう考えても、児童福祉課の説明のほうが間違っていると思います。
都道府県の児童相談所(児童福祉課ではありません)や、市区町村の福祉事務所(社会福祉課)にも相談してみて下さい。
また、あなたも、過去の質問を拝見する限り、障害(精神障害、または知的障害か発達障害だと思われるのですが‥‥)を持っておられるので、できるだけ、1人で役所の窓口に出かけるのではなく、お世話になっている支援者(例:ケースワーカーの方や障害者支援センターの方など)と一緒に出かけ、説明をきちっと紙に残してもらって下さい(そうしないと、勘違いや誤解の元になってしまいます!)。
上のPDF(ちゃんと読み、印刷して下さいね!)にある基準をきちっと示して、役所を説得しても良いと思います。
 

障害児福祉手当の障害程度認定基準で、精神の障害としての発達障害に該当する可能性が高いのですが。
必ずしも、精神障害者保健福祉手帳の所持は前提ではないんですよ?役所の説明はおかしいと思います。

◯ 障害児福祉手当および特別障害者手当の障害程度認定基準(PDF)
http://goo.gl/WbabD6

発達障害は、自閉症、アスペルガー症候群、その他の広汎性発達障害、学習障害(LD)、注意欠陥多動障害(ADHD)などをいいます。
その上で、「たとえ知能指数(IQ)が高くても、社会生活やコミュニケーショ...続きを読む

Q特別障害者手当の診断書について

主治医は15条指定医ではありません。
身体障害者手帳は指定医でなければ書けないのは知っていますが、特別障害者手当の診断書はどうなのでしょうか。

なお、診断書は、書いたことがないと仰いながらも記入していただけました。

Aベストアンサー

身体障害者福祉法指定医(身体障害者福祉法第15条)である必要はありません。
特別障害者手当のための医師診断書は、身体障害者手帳の根拠法である「身体障害者福祉法」に基づいたものではないからです。

◯ 身体障害者福祉法
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S24/S24HO283.html

特別障害者手当の根拠法は「特別児童扶養手当等の支給に関する法律」。
この法律の中で、特別児童扶養手当・障害児福祉手当・特別障害者手当が定められています(法第1条)。
認定に関しては、法第26条の2のほか、特別児童扶養手当における決まりが準用されます。
ただし、実際の認定は、厚生労働省通達の「障害児福祉手当及び特別障害者手当の障害程度認定基準について」に基づいて行なわれ、非常に複雑です(障害基礎年金での障害認定のしくみと酷似しています)。

◯ 特別児童扶養手当等の支給に関する法律
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S39/S39HO134.html

◯ 障害児福祉手当及び特別障害者手当の障害程度認定基準について(PDF)
http://goo.gl/WbabD6

◯ 特別障害者手当の障害認定基準について簡潔にまとめた図表(PDF)
http://goo.gl/WNtE5y

医師に書いていただいた診断書の内容が、上記「障害程度認定基準」に則したものとなっていない場合には、残念ながら、認定に至らないこともあり得ます。
根拠法がそれぞれ別個であるため、身体障害者手帳の障害等級や障害基礎年金の障害等級とも、それぞれ全く無関係です。
言い替えれば、手帳を持っている・年金を受けている、ということとは直接の関係がありませんから、手続き方法にしても指定医の件にしても、全く異なっています。
 

参考URL:http://oshiete.goo.ne.jp/qa/8519434.html

身体障害者福祉法指定医(身体障害者福祉法第15条)である必要はありません。
特別障害者手当のための医師診断書は、身体障害者手帳の根拠法である「身体障害者福祉法」に基づいたものではないからです。

◯ 身体障害者福祉法
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S24/S24HO283.html

特別障害者手当の根拠法は「特別児童扶養手当等の支給に関する法律」。
この法律の中で、特別児童扶養手当・障害児福祉手当・特別障害者手当が定められています(法第1条)。
認定に関しては、法第26条の2のほか、特別児童扶養...続きを読む

Q手当の違い

 障害児福祉手当と特別児童扶養手当との違いを教えてください。(もしかすると呼称が2つなだけで同じものでしょうか?)手続きや金額的な差も説明して頂けると嬉しいです。また2つ合わせて受給できるものなのでしょうか。

Aベストアンサー

下記のように、別のものです。

特別児童扶養手当
対 象 者
次のいずれかに該当する20歳未満の障害児を養育している保護者

日常生活において常時介護を必要とする程度の知的障害のあること(おおむね療育手帳A1・A2・B1程度)。
身体に重・中度の障害又は長期にわたる安静を必要とすること(おおむね身体障害者手帳1級から3級までと4級の1部)。
手当額は、次のとおりです。
重度障害 月額 51,550円
中度障害 月額 34,330円



障害児福祉手当
対象者
原則として次の条件のすべてに該当している人

日常生活において常時の介護を必要とする状態にあること
(身体障害児の場合は1級と2級の一部、知的障害児の場合は知能指数20以下程度)
20歳未満であること。
施設に入所していないこと。
所得が定められた限度額以下であること。
手当の額 月額 14,610円

詳細は、参考urlをご覧ください。

参考URL:http://www.pure.ne.jp/~tanppo/teate.htm

下記のように、別のものです。

特別児童扶養手当
対 象 者
次のいずれかに該当する20歳未満の障害児を養育している保護者

日常生活において常時介護を必要とする程度の知的障害のあること(おおむね療育手帳A1・A2・B1程度)。
身体に重・中度の障害又は長期にわたる安静を必要とすること(おおむね身体障害者手帳1級から3級までと4級の1部)。
手当額は、次のとおりです。
重度障害 月額 51,550円
中度障害 月額 34,330円



障害児福祉手当
対象者
原則として次の条件のす...続きを読む


人気Q&Aランキング