中小企業の働き方改革をサポート>>

タイトル通りの質問なのですが…
女子は足を高く上げたスピンやスパイラルを多くの選手がしていると思うんですが
(技のちゃんとした名前は詳しく知らないですが、例えばビールマンスピンとか)
男子選手ではほとんどそういう技が見られないですよね。
やっている選手がいない訳ではないということは知っているのですが、ほとんどの選手はやっていないように思います。
それはどうしてなのでしょうか?

いろいろな試合の映像など見ていると、解説の人とかが「素晴らしい柔軟性ですね~」などと言っていて
体の柔軟性も技の美しさやアピールポイントになってるんじゃないかと思うんですが
男子ではあまりこういう要素は求められていないのでしょうか?
それとも、女性に比べて男性ではそのような技をすることは難しいものなんでしょうか。

ちなみに高橋大輔選手はレイバックスピンをよく(?)やっているようですが(それ程詳しい訳ではないので、違っていたらスミマセン)
実況か解説の人が「男子のレイバックは珍しいですね」と言っていました。
本当に失礼ながら、ビールマンとかならまだしも、レイバックだったらめちゃくちゃ体が柔らかくなくても出来そうな気もするんです^^;

男子の場合は柔軟性をアピールするような技よりも、もっと男子ならではのダイナミックな技でアピールする方が良いから(得点が高い?)
…とか、何か理由があるのでしょうか。ご存知の方いらっしゃったら教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

フィギュア観戦歴約30年のオバサンです。


理由として考えられるのは、
1.骨格の問題
2.アピール度の問題
この2点ではないかと思います。

まず、男子・女子ショートプログラムの要素を見ますと、
男子は「異なる2種類のステップシークエンス」が必須で、
ストレートライン、サーキュラー、サーペンタイン、スパイラルの4種類のうち、任意の2種類を選ぶということになっています。
それに対し、女子は、「スパイラルシークエンス」「ステップシークエンス」、つまり、
スパイラルは必須、他は任意ということになっています。
このことからもわかるように、女子にはスパイラルのような、
柔軟性をアピールする技が必須であり、美しさの点からも認められているのだと、
私は判断してきました。
また、ビールマンスピンは、1980年前後に活躍したスイスのデニス・ビールマンという選手の技だと知られていますが、
結構背中の筋肉に負担がかかり、この技のせいで逆にジャンプが飛べなくなるなど、
相当リスクの大きい技です。
現在のジャンプ重視のルールの中で、背中の筋肉や股関節の固い男子選手には、
わざわざこのスピンやスパイラルに挑戦して点数を稼ぐより、
ジャンプを磨いたほうが、おそらく現実的なのだと思います。

余談ですが「スパイラルシークエンス」という要素も比較的新しいものです。
この要素がペアや女子で必須になってから、プログラム全体がまったりしたような気がします。
これは好みの問題ですが、私のようなオバサンがフィギュアに夢中になった80年前後は、
ディスコ・ダンスのようなはっきりしたビートを刻むような音楽が主流でした。
ちなみに、その昔ながらのテンポで新採点方式のプログラムを組んでいたのは、
私の感覚では、イリーナ・スルツカヤ選手が最後だったように思います。
現在のようなクラシック路線は、やはり技の要素も大きく関係していると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても詳しい回答ありがとうございます。
回答ありがとうございました。
確かに、男子は4回転などのジャンプの方が今は重要になっている感じがしますよね。
ビールマンスピンは美しいですが、体には負担のかかる技なのですね。

私がなんとなくスケートを見始めたのは伊藤みどりさんが活躍していた頃で、
新採点方式になってからは全体的に技術的な要素が強くなったように感じていましたが
プログラム全体の変化までは気付きませんでした。
長年見てこられた方には「まったりした」と感じられるのですね。

お礼日時:2008/06/23 23:14

こんばんは



過去質問ですが
http://aol.okwave.jp/qa2871026.html

http://aol.okwave.jp/qa2511401.html

もしかするとポイントが少ないから?か
骨格の問題かもしれません
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
ポイントもあまり多くなさそう?だし、男子は4回転などの大技の方が今は重要になっている感じがしますよね。
男子のビールマンスピンも…すごいとは思いますが、同じ技でも女子の方が美しさがありそうだし
見る方もそれ程見たいと思わないし、やる方も『男子がそんなのやってもな…』って感じなのでしょうか?
…と、自分なりに勝手に解釈してみましたw

お礼日時:2008/06/23 23:05

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qパーセンテージの出し方

パーセンテージの出し方をおしえてください

Aベストアンサー

主人公÷母体×100

Q浅田真央選手のステップのレベルについて

浅田真央選手のフリーの仮面舞踏会のステップは、他の選手と比べて凄く難しいことをしているように素人目には見えます。

しかし、他の選手と同じレベル3に留まっているのはどうしてなのでしょうか?

色んな種類のステップを踏んでいるように素人には思えるのですが、実はレベル4には何かのステップが足りていないのでしょうか。

具体的に何のステップが足りてないのか、判別の付く方、教えてください。

Aベストアンサー

2008年のGPファイナルでの浅田選手のFSのステップ・シークエンスに関して、ネット・ネーム「tagmats」氏が、動画サイト上で詳細な分析を試みておられますが、このステップ・シークエンスは全45秒の間に実に72もの要素を実行しており、内容的にレベル4の要件のうち(1)項から(3)項までの条件をほぼ満たしているが、最後の、「(4)項目の回転方向の素早い転換、すなわち、ロッカー、カウンター、ツイズルのうち、回転方向の異なる2つ(同じ種類でもよい)を素早く続けて行う。」に関して、浅田選手は半時計方向と時計方向のツイズルを用いて達成しようとしているようであるが、その間にスリー・ターンを入れているため、レベル4を認定されない恐れがあるのではないかな?と指摘しておられます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報