以前より気になっているのですが
北朝鮮からミサイルが飛んできたら
どのくらいの精度で目標に当たるのでしょうか。
もし仮に目標が都庁だとしたら誤差の範囲は
どのくらいなのでしょうか?
教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

意味 核」に関するQ&A: 核のある意味について

A 回答 (4件)

以前数百メートルという話を聞いたことがありますが、1kmは無かったと思います。

もっとも実際のところは分かりません。軍事上の秘密もあるでしょうが、ある程度実射してみないと分からないでしょうから、北朝鮮も本当のところは分からないのかもしれません。
弾道ミサイルの精度は加速度計の質量誤差やジャイロのベアリングの精度、燃料の燃焼時間の正確性などいくつもの要素によって影響を受けますので、そう簡単に精度が向上するものではありません。ちなみに慣性誘導において影響を与えるのは飛翔距離ではなく、飛翔時間です。時間の積分を行うので時間に比例して誤差が大きくなります。
前の回答に核弾頭の場合は意味がないとの記述がありますが、これは地上に暴露した状態の人馬あるいは木造建築などに対する効果であって、地下の堅牢な目標にはやはり重要なファクターといえます。
ノドンやテポドンは液体燃料を使用している関係で、長期間の燃料充填は難しい(とはいっても液体水素や液体酸素よりはずっと長い)こともあり、先制攻撃用に用途を限られますから、本来精度は重要であるはずです。なぜならカウンターフォース、つまり相手の攻撃手段を先につぶす必要があるからです。
報復用なら都市を攻撃すればよいのですから精度はあまり必要ではありません。もっともこれは米ソに当てはまったことですので北朝鮮に当てはまるかという問題もありますけどね。
    • good
    • 0

最近北朝鮮問題が気になり大学教授やジャ-ナリストの記事を中心に読んでいます。

質問の件ですが、今まで知らべた内容でお知らせしますと80年後半より開発している中距離弾道ミサイル「ノドン1号」の開発航続距離1000~1600キロ、誤差100~200m。ノドン1号といえば93年に日本海に向けて実験したもので、最低このクラスは1個開発済みで持っているようです。しかし、現在開発済みのミサイルの精度はどの位かは未確認です。
    • good
    • 0

皇居を狙って山手線内に落ちるぐらいの精度です(半径数キロ)、


大気圏再投入時の摩擦熱で細菌兵器なら死滅するでしょうが、
プルトニウムなどの(完全に反応た核爆弾より質が悪いですね)放射性物質を詰められた場合は厄介ですね、
拡散した放射性物質は何百年に渡って汚染し続けます(半減期を数世代繰り返して安定した元素に変わるまで)。
    • good
    • 0

核弾頭を積んできたら、数Kmの誤差なんて、なんの問題にもなりません。

    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q相続時精算課税精度で贈与された遺産の遺留分減殺請求

相続人が2人(AとB)いる場合で、被相続人が生前に相続時精算課税精度を利用して家屋と土地を相続人Aに名義変更し、被相続人はすべての資産を相続人Aに譲るという遺言書を書きました。
被相続人の死亡後、相続人BはAがもらい受けた家屋と土地の遺留分減殺請求をAに請求できますか?

Aベストアンサー

>相続人BはAがもらい受けた家屋と土地の遺留分減殺請求をAに…

その贈与が 5年以内であれば可能です。
5年以上前だと、贈与が完結していますので無理です。

Q北朝鮮はミサイルの実験をしてますが、思いも寄らぬ方向に飛んで行ってしまった場合どうするのですか。

北朝鮮はミサイルの実験をしてますが、思いも寄らぬ方向に飛んで行ってしまった場合どうするのでしょうか。
遠隔で操作できる自爆装置は付いていると思いますが、それも作動しない場合、やはり思いも寄らぬ方向に飛んで行ってしまうと思います。
過去にも、打ち上げ失敗などの記憶は数回以上あったと記憶してます。

北朝鮮~~ミサイル発射~~飛んで行く軌道がおかしいぞ~~自爆信号で自爆させよう~~はたらかない~~どうしよう~~あらぬ軌道を進行中~~なんとかになくちゃ~~策尽きた~~どうしようもできない~~甚大被害~~他国への説明責任

Aベストアンサー

北朝鮮のミサイルが思いもよらぬ方向に飛んで行って日本の領海・領土に落ちた場合にどうするのでしょうか、・・・・・
現在の日本は専守防衛を国是としており、憲法9条の縛りがあるので飛んでくるミサイルをSM3やPAC3で迎撃するしかできません。
(強盗が拳銃を撃ってくるのに、警官が防弾チョッキと鉄兜で対応しているようなものです)しかし、(韓国や日本の米軍基地に1発でも落ちれば日本と異なり即反撃をされ北は蜂の巣のようになります)

だから、反撃のできない日本の領海の方向に対して、何の心配もなくミサイル発射の実験をしているのです。
今後は、日本も北朝鮮の発射(移動)基地反撃能力・策源地攻撃能力を持たないと北に対しての何ら抑止能力とはならないのではないか、と与党の1部からの声が出ております。
たとえ、北朝鮮ミサイルの自爆装置が働いても、また迎撃に成功しても、弾頭に核や生物・化学物質が装着されていると、放射能や細菌、毒ガスなどが拡散されて多大な被害が生じることになります。

Q寸法公差に対する必要な測定精度って?

例えば、機械加工部品(材質:鋼材)で10mm四方の立方体のワークがあるとして図中に10±0.1とある場合
ノギスを使うのが一般的だと思うのですが、そもそも最低必要な測定精度は一般的にどんなもんなんでしょうか?
例えば、10分の1の寸法公差だから100分の1単位で測定可能なデジタルノギスを使う(1つ下の桁の精度で測定する)とか…
もしJISの定義のようなものがあればご存知の方ぜひ教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 回答(1)に回答例が出ているように、2つ考え方があります。

(1)常識的には指定された寸法公差(10±0.1なら0.1)より1桁正確な測定器を使います。この例では0.01まで正確に測れる測定器です。デジタルノギスになりましょうかね。

(2)もうひとつの手は、使用する測定器の誤差分だけ指定された寸法公差より狭めた自社基準を設けることです。0.05まで正確に測定できるノギスを使うのなら、10±0.05をOKとするわけです。工程能力が高ければ、これで歩留まりが悪くなる心配は少ないはずです。

Q弾道弾ミサイルの精度について

潜水艦から発射される弾道弾ミサイルって狙った地点から数百メートルから一・二キロずれが生じるらしいですね、
したがって使われる弾頭には核が搭載されるとか。核ミサイルならある程度着弾地点がずれても与えるダメージは相当なものだからと聞きました。
しかしアメリカぐらいになると潜水艦から発射された弾道弾ミサイルでも衛星を利用して誘導させればピンポイントで命中させれそうなのに、無理なんでしょうか?

Aベストアンサー

戦術核攻撃と戦略核攻撃がごっちゃになっているような・・・。

ピンポイントで目標(建物など)を攻撃する時は
巡航ミサイルを衛星で誘導しながら狙ったり
爆撃機でバンカーバスター(地下用)などを使うと思います。

ICBM(大陸間弾道弾)やSLBM(潜水艦発射弾道ミサイル)は
その「地域」に甚大な被害を与えるものなので。

ちなみに弾道弾系はピストルの弾のようなものが
1発飛んで行くのではなく
先端のカプセルの中に薬の錠剤のような形をした
核弾頭が3~8発入っていて時間差で同じところを
狙ったり、少しずつ位置を変えながら広範囲を
攻撃したりと言った使い方も出来ます。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%BD%9C%E6%B0%B4%E8%89%A6%E7%99%BA%E5%B0%84%E5%BC%BE%E9%81%93%E3%83%9F%E3%82%B5%E3%82%A4%

Q分点座標が±0.5のGauss-Legendre積分公式を知りませんか。

高精度化が必要な数値計算をやっています。
特に、数値積分の高精度化が必要なため、Gauss-Legendre積分公式の使用を考えています。
ただし、解く方程式が積分方程式であるなどの理由からそのままでは使用できません。
使用するためには、Gauss-Legendre積分公式の分点座標が区間の中心である必要があります。
例えば、分点数が2の場合、通常は座標x=±0.57735...重みw=1ですが、これを座標x=±0.5とできるような積分公式はないでしょうか?

Aベストアンサー

ううむ。これだけじゃ回答しようがないと思うなあ。

 ガウス・ルジャンドルの数値積分というのは、f(x)を-1~1の区間で積分するときに、n次ルジャンドル関数の零点にあたるxでf(x)をサンプリングして重み付きの和を取るんでした。無論、積分区間内に特異点があったりしたら使えません。一般に積分範囲が x=a~b である場合には
x=((b-a)t+a+b)/2
と変数変換すれば、t=-1~1のtに関する積分になる。そしてdx/dt = (b-a)/2という因子を掛け算しておけば良いですね。n次のガウス・ルジャンドル法は、高々n次の多項式で近似できるf(x)を扱う場合に旨く行きます。

 さて、ご質問は、おそらく積分範囲 x=-1~1に対してガウス・ルジャンドルの数値積分を使いたいけれど、次数を2にして、分点、すなわちサンプリングする点を±0.5だけにしたい、という注文です。たぶん、±0.5における被積分関数f(x)の値なら簡単に求められる、というのでしょう。
 もちろん、適当な一次式ではない関数g(たとえば3次関数)を用いて
x=g(t)
という変数変換でx=±0.5をt=±0.57.... に移し同時にx=±1をt=±1に移す、ということ自体は簡単です。するとf(g(t))と
dx/dt = g'(t)
の積を被積分関数としてt=-1~1について積分することになります。この場合、被積分関数 f(g(t)) g'(t) がtの2次多項式で近似できるんでないと、2次のガウス・ルジャンドル法を使って精度が出るという保証はありません。
 高精度の数値積分をやりたいと仰っている割に、f(x)が高々低次の多項式で近似してしまえるんだったら、何もガウス・ルジャンドル法に拘る必要はないんで、例えばニュートン・コーツ型の数値積分、すなわち分点を等間隔に取る方法でも十分じゃないの?と思うんですが、どうなんでしょうね。

 或いは分点の数をもっと増やして良い、というのだったら、代わりに例えば-1~-0.5, -0.5~0.5, 0.5~1の3つの区間に分けてそれぞれ積分するのでも良い。被積分関数の傾きが急な部分でサンプリングを細かくしてやるというのも精度が出ますし、その代わりに適当な変数変換をして等間隔サンプリングしたり、ガウス・ルジャンドル法を使ったり…いろんな処方が考えられます。

 ですから、「±0.5」と限定なさる理由をもう少し明確に補足して戴くか、具体的に被積分関数をupして戴かないと、ろくな回答にならないと思います。

ううむ。これだけじゃ回答しようがないと思うなあ。

 ガウス・ルジャンドルの数値積分というのは、f(x)を-1~1の区間で積分するときに、n次ルジャンドル関数の零点にあたるxでf(x)をサンプリングして重み付きの和を取るんでした。無論、積分区間内に特異点があったりしたら使えません。一般に積分範囲が x=a~b である場合には
x=((b-a)t+a+b)/2
と変数変換すれば、t=-1~1のtに関する積分になる。そしてdx/dt = (b-a)/2という因子を掛け算しておけば良いですね。n次のガウス・ルジャンドル法は、高々n次の...続きを読む

Q北朝鮮がミサイル打ち込んできたら日本はどうでますか

何年か前に北朝鮮の放ったミサイルが日本を飛び越えて太平洋に着弾したことがあります。かりに今北朝鮮がミサイルを発射して日本のある街に着弾して死者がでたとします。アメリカならまず報復攻撃するでしょうが、日本だったらどんな事を北朝鮮にやるだろうと予測されるでしょうか?

Aベストアンサー

基本的にNo.2様と同意見です。
日本は何にもしないけど、アメリカに、やられたままにしちゃいかん!
「あーしろ、こーしろ」と言われて、アメリカのシナリオ通りに動くことになる。

最重要点は、アメリカは無料で日本を救ってくれないことです。

北朝鮮はクゥエートやイラクのような石油資源の豊かな国ではありません。
北朝鮮は、日本と同じように資源の乏しい国。
しかも、超ビンボー国。

財布の薄い相手とアメリカはケンカをしません。

しかし、もし、ご質問のような事態が発生たら、アメリカは大喜び。
日本と言う、幾らでも金を出してくれる大スポンサーがいる。

古くなった兵器の大処分市を開催し、新型兵器をテストし、ついでに、中国やロシアに「どーだぁ。すごいだろ~。」と兵器の性能差を見せ付ける最高のチャンスにするでしょうね。
軍需産業の活性化は、アメリカの経済に大きなプラスをもたらします。

日本の在日基地から、お得意のテレビゲーム戦争の始まりです。
http://www.technobahn.com/cgi-bin/news/read2?f=200808131847

で、一番困るのが、韓国。
北朝鮮が崩壊すれば、韓国と併合されることになる。
東西ドイツが併合された際に、西ドイツの経済は破綻寸前に追い込まれ、復活するまでに10年も掛かってしまった。
韓国は表向き、南北統一は願いとか言いながら、本音は、ビンボー人とは一緒になるのはイヤイヤなのですから。

基本的にNo.2様と同意見です。
日本は何にもしないけど、アメリカに、やられたままにしちゃいかん!
「あーしろ、こーしろ」と言われて、アメリカのシナリオ通りに動くことになる。

最重要点は、アメリカは無料で日本を救ってくれないことです。

北朝鮮はクゥエートやイラクのような石油資源の豊かな国ではありません。
北朝鮮は、日本と同じように資源の乏しい国。
しかも、超ビンボー国。

財布の薄い相手とアメリカはケンカをしません。

しかし、もし、ご質問のような事態が発生たら、アメ...続きを読む

Q気象予報の精度上げる方法

世間では、挨拶がわりに「天気予報当たらないねー」と言われるほどですが、
最近では、的中率も何十年前と比べ飛躍的に上がったと思います。
しかし、現在の予報技術では1週間後の中期的予報、
市町村&分単位のミクロ的予報に対しては無力です。
(と私が思っているだけなので、気を悪くしないでください)

バタフライ効果と例えられるほど、微小の要素が
多大な変化をもたらす事や、不確定要素の多い大気状態を考えれば
精度を上げるのが難しいのは十分わかります。

そこで質問ですが、
今後気象予報の精度が上がるためにやるべき事や
気象庁、気象会社、研究所等が取り組んでいる事などを
知っていたら教えてください。

例えば、
先日打ち上げに成功したMTSATは30分に一回高画質の衛星画像が送られてくる事や、将来量子コンピューターが開発されたら、膨大な計算が一瞬で行えるため、精度が上がるなど…。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 コンピュータの性能がどんなに上がって、細かなメッシュで計算できるようになっても、その初期値を与える観測が細かくならないと精度は上がりません。衛星では雲がどこに有るかと、その表面温度くらいしか分かりませんから、大気の内部の温度、湿度、風向・風速などを知るためには、今よりももっと細かな高層気象観測を行うことが必要です。

 その一つとして、気象庁では最近ウィンドプロファイラーと呼ばれる高層の風向・風速を観測できる機器を導入していますが、残念ながら日本国内だけです。さらに精度を上げるためには、日本周辺の海域(特に日本海や東シナ海)に高層気象観測点を作ることが必要ですが、予算の関係で無理でしょう。韓国や中国の高層気象観測が充実するとかなり良いと思いますが、こちらもあまり期待できません。

 もう一つ、細かな水蒸気量のデータを得るためにGPSの誤差データを使う方法が考えられています。これは近い将来に実用化されるのではないでしょうか。

 週間予報の精度を上げるためには、観測とともに、数値予報(コンピュータシミュレーション)の精度を上げることが必要です。そのためには、陸面や海面からの熱や水蒸気の補給の効果や、雲が太陽光を遮る効果、地上の赤外放射を遮る効果などさまざまな要素を計算しなければなりません。これは、現在のところある仮定に基づいてやっていますので、この精度を上げる必要があります。

 ただ、どうしても観測にも計算にも限界がありますので、週間予報を実用レベルの精度で市町村単位で発表できるほどに上げるのはかなり困難だと思います。

 コンピュータの性能がどんなに上がって、細かなメッシュで計算できるようになっても、その初期値を与える観測が細かくならないと精度は上がりません。衛星では雲がどこに有るかと、その表面温度くらいしか分かりませんから、大気の内部の温度、湿度、風向・風速などを知るためには、今よりももっと細かな高層気象観測を行うことが必要です。

 その一つとして、気象庁では最近ウィンドプロファイラーと呼ばれる高層の風向・風速を観測できる機器を導入していますが、残念ながら日本国内だけです。さらに精度...続きを読む

Q北朝鮮からのミサイル

前のニュースで北朝鮮からミサイルが発射されたことがありましたが、あれは日本を飛び越えたんですか?
私は飛び越えていないと記憶しているんですが、友人は飛び越えたと言っていました。
事実を知っている方はいませんか?お願いします。

Aベストアンサー

飛び越えた事があります。

テポドン
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%86%E3%83%9D%E3%83%89%E3%83%B3

>テポドンは1998年(平成10)8月31日に発射され、日本本土を越え三陸沖に着弾した。

QFFTの単精度と倍精度の計算時間

FFTのプログラミングで計算時間を短縮するため、三角関数の計算にチェビシェフの三項漸化式を用いたところ、計算時間はかなり短縮されました。ただ精度が心配なので、組み込み関数の三角関数の倍精度結果と、漸化式の単精度および倍精度の結果を比較したところ、2000点を越えるあたりから単精度ではかなりの誤差が生じましたが、倍精度では問題ありませんでした。そこで質問ですが、単精度と倍精度の違いとして、「精度とメモリが倍」は分かるのですが、計算時間はどうなるのでしょうか。
参考:チェビシェフの三項漸化式
cos{(j+1)*h} = 2*cos(h) * cos(j*h) - cos{(j-1)*h}
sin {(j+1)*h} = 2*cos(h) * sin(j*h) - sin{(j-1)*h}

Aベストアンサー

パソコンのプログラムで良いかな。
組み込み関数ならFPU命令を使ってそうだからほとんど変わらないかも。

一般にFPU命令(x87)を使うならほとんど変わらないでしょう。
SSE系の命令を使って並列演算するなら倍精度は倍かかるかも。
参考URLに情報がありました。

参考URL:http://ml.tietew.jp/cppll/cppll/thread_articles/11792

Q北朝鮮のミサイル

北朝鮮がミサイル発射の準備をしているそうですが、もし発射するとしたらどこへ発射するのでしょうか。

Aベストアンサー

予想到達空域は、太平洋西部と推測されています。

北朝鮮のノドン及びテポドンは、慣性航法の姿勢制御システムが、かなり粗悪品な為にあくまでも推測でしかありません。

現在、テルサット衛星では発射の前段階は確認されています。


人気Q&Aランキング