エピコート871(エポキシ当量390)と硬化剤トリエチレンテトラミン(アミン当量24.3)を混合し、硬化させたいのですが、配合比はどのように計算するのでしょうか?
エポキシ当量とアミン当量の比が配合比で、重量比も配合比と等しいのでしょうか?

もう一つが、エピコート871と828(エポキシ当量190)と硬化剤を混合するとき配合比はどのように計算すればよいのでしょうか?

分かる方お願いします。

A 回答 (2件)

エポキシ当量390のエポキシ樹脂を100g硬化させるには、


(100/390)*24.3=6.2gのTETA(TTA)が必要です。

828と871をたとえば50gずつ混ぜて100gにするとき
WPEをxとすると
50/190+50/390=100/xで
x(WPE)=255.5となります。
後は上記の計算式に当てはめればTETAの量が9.5gとなります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
学校で過去の論文を見たときに、871とTETAが10対1で混合してあり、体積平均分子量がどうのとか言っていた気がしますが…

配合比をきちんと守らないと硬化しませんよね?

お礼日時:2008/07/02 13:23

#1です。


>配合比をきちんと守らないと硬化しませんよね?
どれぐらいとはいえませんが、
硬化剤は若干多めにすると未硬化のエポキシが残りません。
多すぎると、硬化速度が速くなりますが、
硬化時の形状によっては発熱が激しかったりします。
強度も落ちます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やっぱり,混合比は経験によるものが大きいようですね.

とにかく色々配合比を代えてやってみます.

お礼日時:2008/07/28 17:53

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアルミニウム当量について

 今、放射線について勉強しています。アルミニウム当量について教えてください。持っている本にはのっていないので・・・。
 また、保健学や放射線関係の大学院の事、よいサイトなどを知っていたらぜひ教えてください。

Aベストアンサー

X線の話で良いのですかね?
aluminum equivalent ってのはX線フィルターの効果をいーかげんに表すのに使う概念で、アルミ何ミリに相当する濾過効果、って意味です。例えば10mmAl eq という調子ですね。
 この数値は本来実測して決める物です。手に入るアルミってのはみんな合金ですから、99%以上アルミを含むもの(JIS H 4000のNo.1100)を使います。X線源から1000mmの所に電離箱式の照射線量計を置いて、さらにその後ろ1mに散乱体(壁とかヒトとか)が無いようにします。で、X線源から500mmの所に調べたいフィルターを置いて線量Aを計測します。それから、フィルターの代わりにいろんな厚みのアルミ板を置く。それで線量を計測します。で、アルミ板の厚み(mm)と線量をプロットしたグラフを作ります。このグラフの上で、Aを探せば、アルミ当量が出るわけですね。
 もちろん、フィルターを透過したX線と、アルミ板を透過したX線はエネルギースペクトルが違います。従って、X線管の電圧を変えればアルミ当量も変化します。だから、いーかげんですね。

 大学院、いっぱいあると思いますが、専門学会誌でまともな発表をしている所を選ぶ、というのはどうでしょうか?

X線の話で良いのですかね?
aluminum equivalent ってのはX線フィルターの効果をいーかげんに表すのに使う概念で、アルミ何ミリに相当する濾過効果、って意味です。例えば10mmAl eq という調子ですね。
 この数値は本来実測して決める物です。手に入るアルミってのはみんな合金ですから、99%以上アルミを含むもの(JIS H 4000のNo.1100)を使います。X線源から1000mmの所に電離箱式の照射線量計を置いて、さらにその後ろ1mに散乱体(壁とかヒトとか)が無いようにします。で、X線源から500mmの所に調べたいフ...続きを読む

Q硬化したコンクリートは元に戻せる?

2001年の本では、「一度硬化したコンクリートは再びもとのどろどろの状態に戻すことは出来ない」と記述されているのですが、その後、どろどろに戻す技術と言うのは発見されたのでしょうか?
また、セメント資源は枯渇する恐れがあるので将来リサイクルの必要性に迫られる可能性がある、と言う話を聞きましたが、どろどろに戻せなくてもリサイクルする方法はあるのですか?(粉砕とか?)
返答お願いします。

Aベストアンサー

御存知かと思いますが、コンクリートはセメントと水の水和反応という化学変化によって
固まります。固まった粘土を元に戻すようには行かないのです。
再利用ということでは建設会社でも「コンクリート資源循環システム」に取り組んでいます。
建物の解体時に発生するコンクリートがらを高品質の再生骨材(砂利と砂)と微粉末(主
にセメント成分)に分離し、再生骨材は再び構造用のコンクリート骨材として、また微粉
末はセメント材料や地盤改良等に再利用するのだそうです。

参考URL:http://www.shimz.co.jp/saiyou/new/topics/200401-tec.html

Q樹脂硬化剤(接着剤)について

とある電子部品の接合に、接着剤を使用する必要があります。
私は接着剤に関して全くの素人なのですが、
会議にて、「ACP」「ACPフィラーレス」「ACPフィラーあり」「導電性接着剤」といった言葉がよく出てくるのですが、正直違いがよく分かりませんし、会議中でも人によって混同して使用されている感があります。
要は、樹脂硬化剤(UV硬化とか熱硬化とか)に、金属と金属を接合させるツブツブみたいなのが入っているか、そうでないかの違いという理解でいいのでしょうか?
よろしくご教授下さい。

Aベストアンサー

私も専門外で曖昧です。 参考までに。
熱硬化や、UV硬化したことが無いので。
導電性接着剤は、エポキシ等の樹脂に銀フィラーを混ぜ込んで、
脱泡処理して使う物だと思ってました。
それを熱硬化処理で接着するのでは??
シランカップリング剤も、エポキシに硬化剤混ぜて、熱硬化、UV硬化
させていると思いますが?? 半導体によっては熱に弱い物も有る気がしてます。オリゴマ樹脂だとUV硬化するかな? 勉強不足でごめんなさいね

Q熱硬化性ポリイミド樹脂を探しています。

熱硬化性ポリイミド樹脂を探しています。

大学の実験で使用するための熱硬化性ポリイミド樹脂を探しています。
京セラケミカル以外に販売している会社がありましたら教えてください。

Aベストアンサー

京セラケミカル以外ですと、下記の2社の樹脂になりますね。

デュポン社製 ベスペルSPシリーズ
東レ製 TIポリマー

Q熱硬化性樹脂を探しています。

熱硬化性樹脂を探しています。
レーザによって熱硬化性樹脂を硬化させ、立体造形物を作成する実験をしています。
そのため以下のような熱硬化性樹脂を探しています。

1.硬化時間が短い
2.硬化時の体積収縮率が小さい
3.耐熱性に優れている(作成した造形物は高温(100~200℃)で使用するため)

3つの条件を満たしていなくても、レーザによって立体造形物を作成するのに適した熱硬化性樹脂を販売している会社の情報がありましたら教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「熱硬化性樹脂」については素人で申し訳ありませんが、素人知識で、一般的な硬化性樹脂ではダメなのでしょうか。
たとえば「フェノール樹脂」だとか「ユリア樹脂」など。

樹脂の灰皿、制御盤や分電盤などの中に入っている遮断器やヒューズを固定している部材などは硬化性樹脂です。耐熱は200度を超えていたと思います。(うろ覚えですが・・・)

ここらへんのことは周知の上での質問だろうと考えながらも、少しでしゃばらせてもらいましたが、大学の研究室での問題か、企業の開発部門での問題なのでしょうか。
であれば、質問者様の団体が普段使われている「商社」を通して、国内の大手の化成会社へ問い合わせされた方が早いと思います。
まぁ、そのための「商社」なので。

ただやはり1番の、「硬化時間が短い」と言うのがネックになると思います。
レーザで行われる、つまり「光造形」のような感じでの造形をしようとされているのだと思います。
樹脂による造形では、「圧力」と言う条件も必要となるので、やはり詳しい話は商社を通して、紹介されたメーカの技術担当の方と仕様の打ち合わせなどをされる方が可能性は高いと思います。

「熱硬化性樹脂」については素人で申し訳ありませんが、素人知識で、一般的な硬化性樹脂ではダメなのでしょうか。
たとえば「フェノール樹脂」だとか「ユリア樹脂」など。

樹脂の灰皿、制御盤や分電盤などの中に入っている遮断器やヒューズを固定している部材などは硬化性樹脂です。耐熱は200度を超えていたと思います。(うろ覚えですが・・・)

ここらへんのことは周知の上での質問だろうと考えながらも、少しでしゃばらせてもらいましたが、大学の研究室での問題か、企業の開発部門での問題なのでしょうか...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報