【映画クライマーズ・ハイ】堺雅人さんのセリフ教えてください。

来週、映画クライマーズ・ハイを見に行きます。
劇場で予告を見てからずっと楽しみにしていたのですが、途中の堺雅人さんのセリフがどうしても聞き取れません。
公式サイトの予告を何度も見直しても聞き取れないのです。
なんと言っているのか教えてください。

場面は、堺雅人さんが汚れたワイシャツ姿で堤真一さんに怒鳴って抗議している場面です。たぶん屋上のような所です。
映画予告では3分の1くらいのところで、「新聞記者たちのーーー」という文字の後と、滝藤賢一さんの「今朝の新聞に載らなきゃ意味ないんですよ。こっちは命がけで送ったんだ」というセリフの間に言っている、堺雅人さんのセリフです。
熱演すぎて聞き取れませんでした。

映画館に行くまでに知りたいです。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

hamathi49さんの30分後に同じ質問をしてしまった者です。


(一応、質問前に『クライマーズハイ』『堺雅人』『台詞』で検索したのですが、hamathi49さんの質問はhitしませんでした)
私の方の質問に他の方から回答を頂きましたので、お伝えします。

「あんな状況じゃ、あれがギリギリでしょうがっ!」
ということでした。
私は本日観て来ましたが、現場でも確かに聞き取りにくいんですよ。
回答して頂いた後、公式サイトの予告編で確認しても(そうかもしれないなぁ)という程です。
迫力のあるシーンなので残念です。

ただ、hamathi49さんはこれから観られるとのこと。
今後、これ以上の回答がないようでしたら、そのつもりでご覧になって下さい。
「何て言ったんだ?」
と思い続けて観るよりもスッキリしすると思います。
原作は読んでませんが、以前NHKドラマで見た佐藤浩市版と比べても、遜色ない良い映画でした。

参考URL:http://climbershigh.gyao.jp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
すっきりしました(笑)
そう言われるとそうかもしれません。
映画館に行くのが楽しみになりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2008/07/09 22:30

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q題名が思い出せない映画があるんですけど、 邦画のホラーで、多分マイナーな映画です。 「○○○○さん」

題名が思い出せない映画があるんですけど、
邦画のホラーで、多分マイナーな映画です。
「○○○○さん」って感じの、カタカナの男の人の名前の題名だった気がします。
最初その男の人は生きてて、絵を描いてる人でした。
それで、死んだのかわからないけどなんか追いかけてきて怖かったです。本当に覚えてない…(T_T)
私がその映画を見たのは6年前で本当に記憶が曖昧なのですが、ふと思い出して気になるので分かった方がいれば教えてくださいm(__)m

Aベストアンサー

2006年公開の『怪談新耳袋 ノブヒロさん』でしょうか?
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=325160

Q高倉健さん 菅原文太さん らのシリーズ映画は

高倉健さん 菅原文太さん 三国連太郎さんなど 

お亡くなりになったニュースでトラック野郎シリーズとか仁義なき戦いシリーズ。
釣りバカ日誌シリーズとか、昔はシリーズ物で10作以上の映画がざらにあったと思います。
というかすごくヒットもしていたと思います。
なぜ最近の映画はほとんど単発(中にはホラーなどシリーズものがありますが上記のような日本中誰でも知ってる主役ではないと言うか、主役の名前すら知りません)で、日本中誰もが知っている一度は見に行った・・などの映画が出来ないのでしょうか?

Aベストアンサー

日本に映画製作会社がなくなってしまったからです。
かつての五社時代(東宝・東映・日活・大映・松竹)は映画製作会社が社員を食わせるために映画を量産していました。
テレビがなく映画人口が多かったこともあって、映画館にかけるフィルムを作るために(社員を養うため)、ひたすら量産していました。いわゆるプログラムピクチャーというもので、当たれば同じスタッフやキャストを何度も使いまわして、どんどん同じものを作り続ける。とにかく大衆映画は全部、シリーズものだったといっても良いのです。シリーズ化されなかった映画は外れた映画(失敗作)だといっていいくらいなのです。芸術映画や一発こっきりの大作というのは別なのですが、それでも当たれば同工異曲で「シリーズ」とか「路線」とかを赤字出るまで量産し続けるのが映画会社だったのです。

現在の映画業界は安定的に映画を量産できる体制ではないのです。基本的には『製作委員会』制となり、ファンドみたいなものになって、そのつどスタッフを招集するようになってますので、安定したシリーズ物は作れないのです。安定したシリーズ物はVシネやテレビドラマの中にしか今は存在していません。かつての五社の凋落にそれは顕著に現れています。

日本に映画製作会社がなくなってしまったからです。
かつての五社時代(東宝・東映・日活・大映・松竹)は映画製作会社が社員を食わせるために映画を量産していました。
テレビがなく映画人口が多かったこともあって、映画館にかけるフィルムを作るために(社員を養うため)、ひたすら量産していました。いわゆるプログラムピクチャーというもので、当たれば同じスタッフやキャストを何度も使いまわして、どんどん同じものを作り続ける。とにかく大衆映画は全部、シリーズものだったといっても良いのです。シリーズ化...続きを読む

Qホラー映画ではないけど、幽霊的な存在が出てくる映画が出てくる映画教えてください。 イメージ的には邦画

ホラー映画ではないけど、幽霊的な存在が出てくる映画が出てくる映画教えてください。

イメージ的には邦画の母と暮らせばのようなものでもいいですし、しっかり姿が見えなくてもいいので、ずっとそばに居てくれたんだね的な感じの、、、

小説では夏空に君と見た夢のようなのです。

あくまで亡くなった人を恐い感じで描いて居ない感じの映画がいいです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ぱっと思い出せて面白かったのは、
居酒屋ゆうれい
ステキな金縛り
異人たちとの夏

アニメだと
あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない

洋画だと
今宵、フィッツジェラルド劇場で

Q映画のタイトルと出演女優さんが知りたいです。

以前は、よく見た女優さんでした。ちょっとグラマー系です。映画は、テレビ局(?)でいろいろな音を録音して効果音に使う仕事をしていて、女優さんはその彼女役です。映画のタイトルに「海」があったように記憶しています(定かではありません)また、彼氏のことを「音の神様」と読んでいたようでした。このくらいの情報ですが、わかる方情報をお願いします。

Aベストアンサー

『海に降る雪』でしょうか。
http://movie.walkerplus.com/mv17335/
女優は和由布子(五木ひろしと結婚して引退)です。

Qこんばんは 映画モズを見ました 西島秀俊さんの子供を殺したのは誰ですか? わかりませんでした このサ

こんばんは
映画モズを見ました
西島秀俊さんの子供を殺したのは誰ですか?
わかりませんでした
このサイトがネタバレ駄目ならスルーしてください
よろしくお願い致します

Aベストアンサー

このサイトがネタバレ駄目ならスルーしてください」←あなたに教えると言う事は 全世界に教える事と同じです・・・

これから その映画を観る人も 映画を観る前に判るかも知れない危険性があるのです・・

これが推理物なら 事前に犯人が判るという事です・・

そういった事も理解して 正しいネットの利用法を 皆で学ぶべき事なのです・・


人気Q&Aランキング

おすすめ情報