NotesClient6.5and Designerを利用しています。デバッグの方法、その後の確認方法がよく分かりません。手法について教えていただけませんでしょうか?
またクライアントから利用するデバッグ以外のツールがあれば教えてください。

A 回答 (1件)

デバッグしたい箇所はLotusScriptでしょうか?


@式で記述された部分はデバッグできません。
LotusScriptで記述された部分であるならば、ファイルメニューの中の
ツールメニューの下に、ロータス スクリプトのデバッグというメニューをチェックしてください。
チェックがついている間は、DBを開いたりフォームを開いたりする際の
LotusScript記述部分のデバッグが可能です。
スクリプトデバッガーが起動されますので、そちらでステップ実行や変数の内容を参照したり、ブレークポイントを設定することが可能です。

この回答への補足

ありがとうございました。

補足日時:2008/08/28 11:20
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q悪魔の証明について

すみません、いくつか質問があります。悪魔の証明についてです。

webで悪魔の証明について調べたところ、どうも複数の解釈をしている人々がいる気がして上手く理解できません。
解釈の方法は以下の2通りで、

(1)単純に証明することも否定することも困難な命題 と解釈した場合
「UFOはいる」「UFOはいない」「カラスは黒い」「白いカラスはいる」いずれも悪魔の証明となる。

(2)「証明するために膨大な全数調査が必要となるために」証明が難しい命題 と解釈した場合
上記のうち、「UFOはいない」「カラスは黒い」のみが悪魔の証明となる
  ※「UFOはいる」は宇宙への全数調査もあるが、単にUFO自体の希少性の高さから証明が難しいため
  ※「白いカラスはいる」も同様に、白いカラス自体の希少性が高いために証明が難しい

資料を見た限り(2)が正しい気がするのですが、どうでしょうか((1)だとすると多くの試験問題が成り立たなくなります…)。



(2)が正しいとすれば、「カラスは黒くない」は悪魔の証明でしょうか。

ともすると「全てのカラスを調べなくてはならないため膨大な全数調査が必要」であり、悪魔の証明であると考えてしまうかもしれませんが、
この場合「カラスは一般的に、黒い」という前提があるため、膨大な全数調査と無関係に、そもそも証明は困難です。よって悪魔の証明ではない
のではないかと思います。

つまり、悪魔の証明であるためには、「一般論として正しい」ことが前提ではないかということです。もし一般論として正しくない命題なら、
「一般論と異なること」が証明困難の最大の理由であり、全数調査が理由になりません。よって悪魔の証明とは言えません。

もし一般論と異なる命題まで悪魔の証明とできてしまうのであれば、「UFOのいない宇宙などない」と言い換えた途端に「全宇宙に対する全数調査が必要」
とされ、悪魔の証明となってしまいます。これは「UFOはいる」の命題にほぼ等しく、上記と矛盾します。



こういったことを考えたのは、問題集を解いていて、「日本人は皆勤勉である」が悪魔の証明であると解説されているのを目にしたためです。

この場合「日本人は一般的に、勤勉である」という前提があれば上記は悪魔の証明と言い切れますが、「日本人は一般的に、勤勉でない」という
前提だった場合、上記は悪魔の証明として成り立たなくなるのではないかと思ったのです。


「悪魔の証明」の必要要件は
・証明困難の最大の理由が「全数調査の膨大さ」であり、かつ
・その命題自体が、一般論として正しいこと
ではないでしょうか?

すみません、いくつか質問があります。悪魔の証明についてです。

webで悪魔の証明について調べたところ、どうも複数の解釈をしている人々がいる気がして上手く理解できません。
解釈の方法は以下の2通りで、

(1)単純に証明することも否定することも困難な命題 と解釈した場合
「UFOはいる」「UFOはいない」「カラスは黒い」「白いカラスはいる」いずれも悪魔の証明となる。

(2)「証明するために膨大な全数調査が必要となるために」証明が難しい命題 と解釈した場合
上記のうち、「UFOはいない」「カラスは黒...続きを読む

Aベストアンサー

> 「悪魔の証明」=「未知論証」ではないという前提ですが、
> 「未知論証」の詭弁を利用したものであり、単に「未知論証の一つとして、悪魔の証明が利用されることがある」だけだと考えています。
> 事実、未知論証だからといって悪魔の証明とは限りません。
> 単に証明困難であれば、全て未知論証でありえます。

この質問者さんの4つの記述から導かれる「悪魔の証明」と「未知論証」の関係は、「悪魔の証明 ≠ 未知論証」では正確とは言えませんね。
「未知論証の一つとして」だから「未知論証 > 悪魔の論証」「悪魔の証明は未知論証に含まれる」の関係ですよ。

また「未知論証 > 悪魔の論証」であれば、「悪魔の証明だが、未知論証ではないケース」とは何かという問題に・・・はなりません。
そう言うケースは「無い」となります。

それこそ悪魔の証明的に言えば、「悪魔の証明だが、未知論証ではないケース」を1つ挙げたら良いだけですから、「根拠がある」と立証するコトは簡単で楽なハズです。

「未知論証」は、別名「無知に訴える論証」「消極的証拠」とも言われ、基本的には「既知・事実を利用して、未知・無知を定義付ける」と言う構造です。
この構造自体は「悪魔の証明」と同一です。
またそれら論証・証明において定義付けられた結論には、誤謬があったり証拠性が具備されていない点も同一です。

論証・証明の方法・構造が同一で、結論の性格も同一であれば、「未知論証」と「悪魔の証明」の関係を別個のものとする根拠は無いでしょう。

先の回答でも触れましたが、国語的には未知論証(詭弁的)の中で、「悪魔的」「悪意的」であったり、詭弁性・詐術性が高いものが、悪魔の論証と呼ばれるかと思います。

また法学的には、未知論証の中で、立証の不可能性・困難性の原因が、無限又は無限に近い連鎖・連続性や、不可逆性などに由来する「不可能立証」を「悪魔」と呼んだと言うことかと思います。
これらは社会科学分野なので、ニュアンスの要素もあるでしょうね。

一方、自然科学的には、未知論証自体が、論証方法・証明方法として全く認めらていません。
未知論証も悪魔の証明も、「単なる詭弁」として扱われます。
「リンゴが無い」の部分は、「背理法」により定量的に立証されねばなりません。

また法曹界も、原則論は「推定無罪(疑わしきは被告の利益に)」であり、普通は悪魔の証明は要求されないし、未知論証には証拠性を認めていません。
痴漢事件も、良し悪しは別として、その原則適用の傾向にはなって来ていますよ。

> しかし、ではどこから悪魔の証明となるのでしょうか。
> 「勤勉でない日本人はいない」
> 「米が嫌いな日本人はいない」
> 「日本語を話さない日本人はいない」
> 「黄色人種でない日本人はいない」
> 「人間でない日本人はいない」

これは質問自体が意味を成さないです。

「未知論証」「悪魔の証明」は、「論証,証明の方法」です。
命題では無く、「なぜならば~」以降により論証方法が決定されます。

「調理法」は「食材」に決定されるモノでは無いのと同じです。
「肉はどこからが和食か?」は、「和食として調理された時から」であり、それは魚でも野菜でも同じです。
「和食食材として全く適さない食材」もあるかも知れませんので、「確率」が無関係とは言いませんが、それは「美味しくない和食」「和食とは言えない」となりますね。
命題の性格も、論証や証明の成否や論理性などに影響するだけでしょう。

質問者さんは「成立可能性が高い(一般論として正しい)」に拘っておられる様ですが、先の回答で申し述べた通り、証明が難しい命題(例:オバケは存在しない)の立証を要求するのは、オバケ肯定派(オカルト側)です。

また、そもそもこの立証要求が「詭弁(誤った理論展開)」です。
本来オバケ肯定派が行うべき論証は、「オバケが存在する」の立証・証明です。
その困難性を、逆の困難性に責任転嫁しているだけで、論証ではあっても立証・証明ではありません。

逆に正論・一般論を立証する場合に、詭弁を用いる必要性は低いです。
それどころか詭弁を用いる方が、正論・一般論の価値を減じる危険性があると思いますよ。

> 「悪魔の証明」=「未知論証」ではないという前提ですが、
> 「未知論証」の詭弁を利用したものであり、単に「未知論証の一つとして、悪魔の証明が利用されることがある」だけだと考えています。
> 事実、未知論証だからといって悪魔の証明とは限りません。
> 単に証明困難であれば、全て未知論証でありえます。

この質問者さんの4つの記述から導かれる「悪魔の証明」と「未知論証」の関係は、「悪魔の証明 ≠ 未知論証」では正確とは言えませんね。
「未知論証の一つとして」だから「未知論証 > 悪魔の論証」...続きを読む

QLotus Notes 6.5を社内で利用しており、To、Bcc、Cc

Lotus Notes 6.5を社内で利用しており、To、Bcc、Ccのどの宛先にも自信のメールアドレスが入っていないメールを受信しました。

自分のアドレスがBccに指定されてメールを受信した場合、Notesでは通常Bccフィールドに自分のアドレスが表示されます。
ただし今回は、Toはもちろんのこと、Bcc、Ccにも自信のアドレスはないメールを受信しました。

IBM技術情報等を確認してみましたが、解決策がみつからないので、
原因をお分かりの方は教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

連続返答で恐縮ですが、追記です。
メーリングリストでもなければ、
外部からの場合は、自分のアドレスがbccに指定されるとやはり表示されません。

Q悪魔の証明を打ち破る方法があれば教えてください。

悪魔の証明を打ち破る方法があれば教えてください。

Aベストアンサー

悪魔の証明のジレンマの根底には、人間が(あるいは社会が)
勝手に定義したものに関する証明は、実体がないので不可能
だという点に由来する。
たとえば、「悪魔はシッポがある」という風に、実体に基づく定義
にしてしまえば、ケツを見せれば悪魔ではない事を証明できる。
問題は、たとえば白い物を「黒だ」と言っても、白い事を「黒」だ
と呼ぶようにする、という風に、言葉の定義は自由に変えられる
点だ。
追及される側が証明について無限責任を負うのではなく、追求
する側が「XXという具体的な物証があれば悪魔だと認定する」
という風に、限定的な証明にする必要がある。

悪魔の証明の元になった所有権の問題も、「所有権」という
抽象的なものを、登記簿に記された所有者、あるいはその人物
から印紙を貼った正式な契約書で譲渡されたもの、という具体的
な物証に転化すれば、政府の支配の限りにおいて保証される
(物証が限定される)ので、証明の無限連鎖の問題はなくなる。

QLotus Notes 6.5 メールのエクスポート方法は?

Lotus Notes 6.5のメールを、添付ファイルも含めて他のメーラーにエクスポートしたいのですが、方法が分かりません。どうすればそれが出来るでしょうか?

メニューの ファイル-書き出し で、メール本文はテキストに落とせるようですが、添付ファイルも何らかの方法でエクスポートしたいです。

または、Notesのmbox(asfファイル)を、直接インポートできるメーラーはありますか?

Aベストアンサー

ちょっとググッてみましたが、これはどうでしょう?

Lotus Notes to Outlook / Exchange NSF to PST convertesion export software

参考URL:http://www.lotus-notes-export.com/XitNotes.asp

Qこれは「悪魔の証明」?

ある有名な海外アーティストAがいるとします。
さらに、そのAの曲と非常に似た曲を、日本のアーティストBが作ったとします。
Bはその後有名になり、最近になってAとBは知り合って仲良くなり、共演もしました。

AとBの間にいざこざは今までありませんでしたが、
Bは盗作したのか、はたまたオマージュといえるものだったのか
様々な議論が交わされる中で、

「BはAと共演までしたのだから、表立ってではないが、A自身に
以前そっくりな曲を作ったことを許してもらったかもしれない」
という意見が出ました。

すると、Bがしたのは盗作だ、と主張する人は
「ならば『許可を得ている』という証拠が出せるのか?できないでしょう。
ちなみに『許可を得ていない』というのは悪魔の証明だから、これはできなくて当然です。」
と反論しました。

さて、ここで私が疑問に思ったのが
”BがAに「許可を得ていない」ことを証明するのは「悪魔の証明」に該当するのか?”
ということです。

ちなみに私は
”「Bが裏でAに許可を得ている証明・得ていない証明は、同程度に困難」
そしてその理由は、Aをはじめ真実を知っている人物に、我々一般人が
直接聞くことができない立場にあるためでしかなく、悪魔の証明の概念は無関係”
と考えています。


ご意見をいただける方、おねがいします。


「悪魔の証明」については以下を参照してください
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%82%AA%E9%AD%94%E3%81%AE%E8%A8%BC%E6%98%8E
http://d.hatena.ne.jp/keyword/%b0%ad%cb%e2%a4%ce%be%da%cc%c0

ある有名な海外アーティストAがいるとします。
さらに、そのAの曲と非常に似た曲を、日本のアーティストBが作ったとします。
Bはその後有名になり、最近になってAとBは知り合って仲良くなり、共演もしました。

AとBの間にいざこざは今までありませんでしたが、
Bは盗作したのか、はたまたオマージュといえるものだったのか
様々な議論が交わされる中で、

「BはAと共演までしたのだから、表立ってではないが、A自身に
以前そっくりな曲を作ったことを許してもらったかもしれない」
という意見が出ま...続きを読む

Aベストアンサー

「許可を得た」ことを証明するには、証拠を1つ持って来れば可能ですが、
「許可を得ていない」ことを証明するには全ての可能性を潰さなければなりません。
だから悪魔の証明と言われるのですよね。

本件の場合、AがBに許可を与えたことを知ってる第三者がいる可能性があるので、
どちらかと言えば「許可を得た」ことを証明する方が簡単だろうと思います。

でもいずれにしてもAかBに直接聞けば分かりますよね。
そういう意味ではAかBが生きているならば悪魔の証明ではない。
両方とも鬼籍に入っていて関係者も見つけられそうにないならば悪魔の証明になる、と思います。

QLotus Notes 6.5 @prompt[yesno]の使用方法について

WindowsXP上で、Lotus Notes 6.5を使用しており、Notesメール上に@関数式を使用して自動回答ボタンを作成しようと思っています。

ボタンクリック→yesnoダイアログボックス表示→yesの場合には管理者へメール送信、noの場合にはキャンセル
という形にしようと思っており、Helpを見たところ、yesの場合に1が返され、noの場合0が返されるとありますが、この返された数値はどのように拾えば(?)よろしいでしょうか。

たとえば非常に拙い例ですが
1行目 question:= @prompt([yesno];"回答";"よろしいですか?")
2行目 @if(question:=0 ; キャンセルしたときの命令; 実行するときの命令)
とした場合、yesでもnoでもキャンセルが実行されます。
(そもそもExcel関数のifと同じ様に使っている@if文がおかしいのかもしれませんが…。)

どのようにしたらyesだとこれ、noだとこれといった判断をつけさせるかを教えていただければ幸いです。よろしくお願いします。

WindowsXP上で、Lotus Notes 6.5を使用しており、Notesメール上に@関数式を使用して自動回答ボタンを作成しようと思っています。

ボタンクリック→yesnoダイアログボックス表示→yesの場合には管理者へメール送信、noの場合にはキャンセル
という形にしようと思っており、Helpを見たところ、yesの場合に1が返され、noの場合0が返されるとありますが、この返された数値はどのように拾えば(?)よろしいでしょうか。

たとえば非常に拙い例ですが
1行目 question:= @prompt([yesno];"回答";"よろしいです...続きを読む

Aベストアンサー

einsiedlerさんは、ほぼ正解に近いところまでいっております。挙げられてた例をもとに回答するのであれば、以下のロジックで目的が達成できると思われます。

1行目 question:= @prompt([yesno];"回答";"よろしいですか?")
2行目 @if(question=0 ; キャンセルしたときの命令; 実行するときの命令)

「:=」は代入のための演算子なので、比較を行う場合には「=」を用います。2行目をさらにシンプルに記載するのであれば、以下の記載でも良いと思います。

@if(question; 実行するときの命令; キャンセルしたときの命令)

Q悪魔の証明(無いことの証明)について

悪魔の証明(無いことの証明)について、実際に、裁判で争われたことがありますか?
ある、知っている、としたら、どのような事例ですか?
知っている方、詳しい方、教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

悪魔の証明とは、例えば「命題:宇宙人は存在しない」を証明する、などです。
 
「宇宙人は存在しない」を証明するには、全宇宙を隅々まで調査しなければなりません。
 
未踏査の宇宙空間が存在した場合、その未踏査の空間に宇宙人が存在するかも知れません。
 
調査の際も、宇宙人が自身の存在を隠蔽できない方法で調査しなければなりません。
 
しかし、この命題を否定するには「たった一人で良いから、どこかで宇宙人を見付けるだけ」で済みます。
 
なお「悪魔の証明」と「消極的事実の証明(ないことの証明)」は「無関係の概念」であり、異なる物です。
 
「悪魔の証明」と「ないことの証明」は「異なる概念」ですのでご注意を。
↓参考
http://d.hatena.ne.jp/hakuriku/20070506
 
で、本来の意味での「悪魔の証明」ではなく「消極的事実の証明(ないことの証明)」であれば、一般の裁判で「よくある事」ですよ。被告が無実を証明するのは「(被告が係争中の行為をやって)ないことの証明」な訳ですから。
 
例えば「お前の飼い猫が車を汚した。弁償しろ」として民事訴訟した事件。(「猫が訴えられました」のブログで有名)
↓参考
http://ameblo.jp/tackchan/
 
この事件裁判で「やってない事を証明しろ」って答弁が出たと記憶してます(間違ってたらごめんなさい)

悪魔の証明とは、例えば「命題:宇宙人は存在しない」を証明する、などです。
 
「宇宙人は存在しない」を証明するには、全宇宙を隅々まで調査しなければなりません。
 
未踏査の宇宙空間が存在した場合、その未踏査の空間に宇宙人が存在するかも知れません。
 
調査の際も、宇宙人が自身の存在を隠蔽できない方法で調査しなければなりません。
 
しかし、この命題を否定するには「たった一人で良いから、どこかで宇宙人を見付けるだけ」で済みます。
 
なお「悪魔の証明」と「消極的事実の証明(ないことの...続きを読む

QLotus Notes Domino R6.5のセキュリティー(設計情報)について

Lotus Notes Domino R5 を使ってDB開発をしています。
近々にDominoをR6.5にバージョンアップすることになりました。

そこでお伺いしたいのですが、R6.5はR5に比べてかなりセキュリティーが
高くなったと聞いています。

R5は、DBをコピーしてしまえば、簡単に設計情報を写すことができ、
せっかく設定していたACLも意味なく、非表示であったデータを
見ることができるようになり、ローカルにて作業できてしまえますよね…。

このあたりのR6.5でのセキュリティーはどうなっているのでしょうか?
何か制限をかけて見えなくなる仕様になっているのでしょうか?
(データをコピーできない、設計をコピーできない 等)

基本的な質問で申し訳ありませんが、お分かりの方がいらっしゃいましたら
教えてください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは。

R5 でもセキュリティはしっかりしてますよ。
サーバー上に置かれたデータベースは [ファイル] - [データベース] - [アクセス制御] の [詳細] タブの [このデータベースのレプリカはすべて共通のアクセス制御リストを用いる] を付与することで、ローカルレプリカ時にサーバーと同様の ACL 制御がかけられていますし、設計置換時に [式/ロータススクリプトの非表示] を付与すれば、ソースコードを参照することはできません。 (ローカルへのコピー時も然りです)

IBM Lotus Notes/Domino 6.x で拡張されたセキュリティ要件としては拡張 ACL 機能となります。

これについては以下の Web サイトを参照してください。

参考URL:http://nmag.softbankpub.co.jp/home.nsf/bdd964ff6e9f32c649256bff003fb5dc/ba9047fb0f74905749256e3d002f9995?OpenDocument&Hi

Q森友学園の籠池氏の証人喚問、与党も野党も悪魔の証明できますかね?

森友学園の籠池氏の証人喚問、与党も野党も悪魔の証明できますかね?

Aベストアンサー

与党は火の粉が降り注いで延焼する前に終わりにしたい、野党は徹底追及したいがいつもの如く詰めが甘く失速してしまうだけでしょう。
ですので消化不良で終わる可能性の方が高いと思われます。
籠池理事長がどれだけの爆弾を破裂させるかと言う点は楽しみの一つなのですが、おそらく自爆にはしたくないのでこちらも
中途半端と言う事になるでしょうね。
メガトン級の爆弾を破裂させて安倍政権を潰してくれれば有り難いですが。
何せ富裕層優遇貧困層冷遇政策ですし言っている事とやっている事が合致せず、アメリカの従順なるペット政権ですからね。

QLotus Notes6.5エラーメッセージについて教えて下さい。

Notesでメールボックスを開こうとするとメッセージが表示されます→『N012 SUBまたはFONCTIONの名前ではありません。MARKMESSAGE FOR FOLLOWUP』と表示されOKボタンを何度かクリックすると開くのですが、開いたあとメールを開こうとするとまた同じメッセージが出てOKボタンを何度かクリックすると開きます。どのメールを開いてもメッセージが表示されます。再起動もしましたがダメでした。なんとかこのメッセージを表示しないような方法はあるのでしょうか。教えて下さい。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

Notesのメールボックスを開く時、内部ではプログラムが実行されます。
このメッセージは、プログラムの一部(関数)が見つかりませんよ、というメッセージです。

考えられる原因としては、
a.使っているNotesのバージョンとメールボックスのバージョンが違っていて、互換性がない
b.メールボックスのカスタマイズ(設計の変更)の不備
だと思います。

設計の置換をすると直りますが、お使いの環境によっては別の問題が発生する可能性がありますので、管理者の方に問い合わせるべきだと思います。


人気Q&Aランキング