私は「秘密」、「白夜行」、「幻夜」、「さまよう刃」を読みました。どの小説も大変おもしろかったですし、鳥肌が何回も立ちました。
これからもどんどん読みたいです。

で、東野圭吾の小説をお好きな方にお聞きしたいんですけど他の小説家にはない彼だけの魅力って何ですか?
私はただの推理小説じゃなくて、それぞれに色々なテーマがあって、笑いあり、涙ありで、なんかおもしろいなぁーと(上手く言えないのですが…)

よろしくお願いします。

A 回答 (3件)

こんにちは。


わたしもここ数年、東野圭吾の小説にはまり、
次々と読み続けています。
ちなみに最近読んだ作品は
「夜明けの街で」「流星の絆」です。

私が感じている東野圭吾さんの小説の魅力は
「え、この人が犯人だったの!?」と
驚かされることの多い意外な結末と
詳細な人物描写、
そして質問者様もおっしゃっている
ただの推理小説じゃなくてそれぞれの作品にテーマがあって、
というところですね。

もう読み始めるとなかなか途中でやめられなくて。。。
一気に最後まで読みたい、と思わせる力があるところも
魅力ですね。

財力があればぜーんぶ著書を揃えたい、と
思いつつこつこつと古本屋で買い集めています(^_^;)

長々語り失礼しました。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

そうですね。読み始めるととまらない、素直におもしろいですよね。
私も全部制覇したいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2008/09/17 17:35

私がはじめて読んだのは「赤い指」なんですが、それまで今まで東野圭吾は食わず嫌いで読んでませんでした。


あまりに売れてるので、どうせ!って思ってたんですね(苦笑)今思えばすごくもったいないことしました。

彼の何が一番いいか、それは読みやすさではないかなと思っています。難しい単語を使っているわけではないのにわかりやすい。文章構成が凄く上手い人だと思いました。だから今まで小説を読んだことがない人もすんなり中に入っていけるんではないかと。
あとミステリーとか推理小説って登場人物が多くて覚えなきゃいけなかったり、今まで起こったことを整理しなきゃいけなかったりとか、なんか難しい・難解なイメージがありました。でも東野圭吾はそれがなくてわかりやすい。特に難しいものでもないし「赤い指」や「夜明けの街で」みたいにどんどん話が進んでいくので、入りやすいと感じました。

私はまだ彼の小説を全部読んでないので、今思っている魅力しか語れませんが…。参考になれば^^
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確かに登場人物が必要最低限だから解かりやすい。
読みやすさは特徴のひとつかもしれません。
ありがとうございました!

お礼日時:2008/09/17 17:31

読みやすさと人間のダークな部分を描く力ですかね。



読み飛ばす、ということが彼の作品にはありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど。
人間の中にある闇やダークな部分を素直に表していますよね。
ありがとうございました。

お礼日時:2008/09/17 17:34

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q東野圭吾「ガリレオの苦悩」にあった、湯川と警察との確執の理由について教えて下さい!

「ガリレオの苦悩」の中のどれかに、湯川教授がある事件が
きっかけで警察に協力しなくなった記述がありましたが、
それはどの作品の事でしょうか?

ガリレオシリーズでは

・探偵ガリレオ
・容疑者Xの献身
・聖女の救済

しか読んでいないのですが、その様な事件は無かった
記憶があります。

これは「容疑者Xの献身」の母娘の事だな、と思わせる話が出て
きたりしたので、この作品かも・・・とも思うのですが、
どうでしょうか?

作品名と理由を教えて下さい。

よろしくお願いします!

Aベストアンサー

容疑者Xの献身だと思います。
最後の方にある湯川の台詞です。
「最初にいっただろう。僕は友人としての君に話したわけで、刑事に話したんじゃない。この話に基づいて君が捜査を行うというなら、今後、友人関係は解消させてもらう」
とあります。
自分を殺人犯にしてまで女性を護ろうとし、刑務所に入った石神の無念を崩すのなら、今後関係は断ち切るということです。
でも刑事として一連の話を聞いてしまった以上、草薙は動かざる終えなかった。
そして約束を破った草薙と、湯川は疎遠になってしまったということです。

Q東野圭吾さんの「秘密」について

東野圭吾さんの「秘密」を読んだのですが肝心な最後がよくわかりませんでした。結局、娘に戻ったと書いてあるがあれは妻の演技だったのでしょうか??教えてください!!

Aベストアンサー

何年もかけて計算された、妻の周到な演技でしょうね。
娘の心は、やはり最初の事故のときに死んでしまったのだと思います。
指輪を封印したことを知っているのは、主人公と「妻」だけのはず。なのに「娘」がそれをこっそりリフォームして結婚しようとしている。なぜ指輪のありかを知っていたのか? なぜ「こっそり」なのか? 答えは、「実は『妻』だから」。

「娘」として生きることを決意しても、想い出の指輪だけはいつも身につけておきたかったんでしょうね。

その妻の気持ちを知って、結局確かめることができなかった、「娘」として嫁いでいくことを許すしかなかった、そんな主人公の気持ち、切ない物語でした。

Q東野圭吾さんのオススメの小説を教えて下さい

東野圭吾さんのオススメの小説を教えて下さい

小説は好きですが東野圭吾さんは少ししかまだ読んだことがありません。
読みたいのですが多くてどれから読んだらいいか迷ってます。
ちなみに読んだことがあるのは、ガリレオシリーズと探偵倶楽部、使命と魂のリミットです。
使命と魂のリミットは面白いと感じました。
お暇なときにオススメ教えて下さい!

Aベストアンサー

東野作品には感動させるものや、あっと驚かせるもの、そして
考えさせられるものがあります。
その中で、あっと驚いたのが「悪意」です。
これはうまくダマされました。僕の一押しです。
ちなみに「さまよう刃」は、疑いもしていないところを
ダマされました。

2番目のおすすめは「容疑者Xの献身」です。
これはトリックも驚いたが、すごく感動しました。
また、単に感動したいのなら、「手紙」「秘密」もおすすめです。

長編でも苦にならず、読めれるのが「トキオ」です。
これぞ東野ワールドで、読み出したら止まらなくなります。
ちなみに「白夜行」は、僕は原作よりもドラマのほうが
よかったです。

そして、東野圭吾の脳の回路を垣間見る事ができると思うのが、
「名探偵の掟」です。
なるほど、そういうふうにして読者をミスリードしていくのか。
とか、密室殺人やアリバイ崩しのような推理小説では現代の読者は
満足をしない。という事を指摘している、少し趣向がかわっている
本です。

Q東野圭吾 秘密 のラスト

ドラマと映画は見ましたが、原作は読んでいません。

疑問に思うのがひとつだけありますので、皆様の思うような回答よろしくお願いします。

「なぜ、直子は結婚相手に加害者の息子を選んだのか?」です。

どう考えても、自分の体と娘の霊を奪った加害者は憎くてしょうがなく、ドラマにもそのあたりの憎しみが出ていましたが、なぜ憎いはずの加害者の息子と結婚したのがわかりません。
これだけが納得できません。

どなたかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

No1の者ですが・・・

最初の説明では納得できないようですので、追加です。。。

小説でも、事故後の最初の数年は、直子が加害者を憎んでいた発言があります。
しかしこの物語は、事故に対する復讐劇が主体なのではありません。
ハッキリ言うと、母親である直子が娘の体を手に入れ、母親であることよりも娘として生きていくことを選択していく過程を、しかも次第にそのことを積極的に楽しんでいく様子を描いたものでありました。。。

事故後直後に主人公の体を妻として慰めようとするような発言
勉強しまくって学校で大活躍し、小学5年生のおつむではついて行けるわけがないようなレベルの高い学校に入学
主人公とセックスしようとする

は、だんだん娘が戻ってくるとは考えなくなり、娘の体と人生を自分のものだと思い込んでいく過程を書いています。。
その最たるものが、加害者の息子との結婚ですね。
加害者の息子は、直子の好みのタイプです。
直子は数学にコンプレックスを持っており、主人公は理数系で、加害者の息子も理数系で主人公より高学歴(だから主人公と同じ会社に就職した)。
直子の中では事故はもう過ぎたことで、許したとかそういうことではなくて、人生を楽しんでいるのでなんとも思ってないことを証明しているラストです。

主人公が加害者を追いかけてその素顔を暴いていく過程も描かれていますが、それは副次的な要素でしかありません。
加害者の息子は加害者と会ったことすらない間柄で、加害者は、不遇な境遇に置かれている加害者の息子を助けるために長時間勤務をして事故を起こしました。
それは、最終的に加害者の息子と直子が結婚するオチを肯定する働きにしかなっていません。

こういうひどい皮肉な話にしか私は読めなかったのですけどね。。
この話がお涙頂戴の美しいストーリーだったという人がこのオチをどう考えたのか、私も聞きたいと思っているのですよ(^_^;)

No1の者ですが・・・

最初の説明では納得できないようですので、追加です。。。

小説でも、事故後の最初の数年は、直子が加害者を憎んでいた発言があります。
しかしこの物語は、事故に対する復讐劇が主体なのではありません。
ハッキリ言うと、母親である直子が娘の体を手に入れ、母親であることよりも娘として生きていくことを選択していく過程を、しかも次第にそのことを積極的に楽しんでいく様子を描いたものでありました。。。

事故後直後に主人公の体を妻として慰めようとするような発言
勉強しまくって...続きを読む

Q東野圭吾 新刊

東野圭吾さんの新刊「聖女の救済」と「ガリレオの苦悩」はどちらが先の巻なんでしょうか?
順番をご存知の方がいらっしゃいましたら教えて下さい。

Aベストアンサー

書かれた順番で言うと、「ガリレオの苦悩1話目」→「聖女の救済」と同時進行で「ガリレオの苦悩のそれ以外の短編」です。
私は苦悩の1話目を読んだ後に、聖女の救済を読み、その後苦悩の続きを読みました。スムーズに入れましたよ。この読み方が落ち着かなければ苦悩を全て読んだ後に救済で良いと思います。
基本的には苦悩1話目に新キャラクターが初登場し、その後も出てきますので、それだけは先に読んだほうがいいかもしれないという程度です。その登場の仕方も劇的なものではないので極端な話、苦悩なしで救済だけ読んでも良いと思います。

他の回答者の方が「聖女の救済は容疑者Xの後日談」と書かれていますが、苦悩も救済も容疑者Xの後日の話です。苦悩の1話目を読めばそれがわかると思います。ただしどちらの話も後日談と言うほどストーリーには関ってきませんので、あまりそれを気にする必要はないと思います。

Q東野圭吾さんの「仮面山荘殺人事件」

映画で話題になっているので、「真夏の方程式」と表題の「仮面山荘殺人事件」を立て続けに読んでみました。

もちろん、どんでん返しは充分に楽しんだのですが、どちらも動機付けがちょっと。。。と疑問に思ったので質問させていただきます。

主に仮面山荘の方なんですが。
(発売当初、言われていたことかも知れないのですが)

ネタバレにならないように質問します。
まず、あのくらいのことで、特に問題のない婚約者に対して、あえて「殺意」を持つでしょうか?

あとは、本当に親友のことを心配するのなら、バレンタインデーに思わせぶりなことをしないで、黙って引き下がればいいのに、なぜ?と思ってしまったのです。
その辺のこと、何か感想をお持ちの方いらしたら、教えてください。

ミステリとしての完成度は高いと思うので、充分楽しみましたし、批判するつもりは全然ないので誤解なきようお願いいたします。ほんのちょっと人間心理に違和感を感じただけなので。

Aベストアンサー

「仮面山荘殺人事件」は詳しい内容は忘れましたが、

こういうトリック(謎)を書きたかったんだな、と思った記憶があります。

Q東野圭吾

東野圭吾
こんばんは
東野圭吾さんの作品は好きですか?
嫌いですか?
教えてください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

私は好きです。
全部持っています。
でも、彼の作品は、ガリレオを代表するように「理系」のミステリー本なので、理系出身者の私でも読んでいて、「???」って思うことはあります(笑)
そんなこと、素人わからないから、そんな!!!っていう問題解決があるのでそれは残念だけれど、でも人間のいい所も引き出せている作品もあるから、好きですよ。

でも、本当に、理系的解説のページは、読んでいて「???」になることは多い(笑)

Q東野圭吾さんの作品で

何かおすすめはないですか?

一番良かった作品を教えてください☆

Aベストアンサー

こんにちは。
東野さんの小説はいろいろなタイプがあるのでお好みに合うかどうかわかりませんが、
私は「眠りの森」「分身」の2作品が好きです。
どちらも読後感が爽やかで、読んで良かったと心から思えました。
まだ読んでいないなら是非おすすめしたいです。

Q東野圭吾

最近の東野圭吾はあまり面白くないような気がします。『白銀ジャック』もたいしたことなかったし、ガリレオシリーズの『容疑者Xの献身』みたいなキレがないような気がします。それともわたしがまだ読んでないだけ?何かお勧めありますか?

Aベストアンサー

個人的に、東野さんは、とんでもない大作、傑作を書く人、というよりも、とんでもない大外れは少ない(ミステリの中には、あまりに荒唐無稽だったり、完全に破綻していたり……なんていう大外れのものもありますから)、そこそこの作品を多く発表し、その中でたまに傑作が混じる、という印象です。
野球選手で言えば、たまにホームランも出るアベレージヒッター、とでも言うか……。

東野さんは、デビューして25年あまり。
作品数は70作以上になります。
全作読んでいますが、その中でも『容疑者Xの献身』などは、トップクラスの傑作だと思うだけに、それと比較すると、という風にも思います。

個人的に、東野さんの作品で、傑作だと思うのは……
『悪意』
『白夜行』
『秘密』
『容疑者Xの献身』
辺りですね。
あと、好き勝手に書いているな、と思ったのは、前の方も書かれている『超・殺人事件』や、『怪笑小説』、『名探偵の掟』あたりですね。
『怪笑小説』は、後に『毒笑小説』『黒笑小説』とシリーズが出ていますが、1作目が一番面白いです。


でも、前の方も仰っているように、最近の作品は、映像化を意識しているのか? と思うような作品が多くて、初期の頃のような、すごい実験作がなくなっているように感じます。
面白いかどうかは別として、犯人が誰なのかヒントを与えたからあとは読者が推理しろ、と突き放した『どちらかが彼女を殺した』『私が彼を殺した』など、もの凄くとがった作品を書いていたのは間違いないですから。

個人的に、東野さんは、とんでもない大作、傑作を書く人、というよりも、とんでもない大外れは少ない(ミステリの中には、あまりに荒唐無稽だったり、完全に破綻していたり……なんていう大外れのものもありますから)、そこそこの作品を多く発表し、その中でたまに傑作が混じる、という印象です。
野球選手で言えば、たまにホームランも出るアベレージヒッター、とでも言うか……。

東野さんは、デビューして25年あまり。
作品数は70作以上になります。
全作読んでいますが、その中でも『容疑者Xの献身』などは...続きを読む

Q白夜行について。

東野圭吾の白夜行についての質問です。

・ラストに亮二が飛び降りた際にハサミが刺さって亡くなりますが、それは自殺だったのでしょうか?または偶然持っていたハサミが刺さっての事故だったのでしょうか?

・雪穂の実母の愛人として疑われた寺崎っていましたよね。容疑者になったが車の事故で亡くなった彼です。
彼も亮二、または雪穂が殺したのでしょうか?ライターを渡した、もしくは置いたのは雪穂ですよね?彼を殺したのは何故でしょうか?
雪穂が恐らくこの寺崎にも買われてたから?罪をなすりつけるため?

久々に読むと疑問が出てきました。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ネタバレになってしまいますが、

ラストシーン:
何と、すぐそばに雪穂が立っていましたね。
雪のように白い顔をして…… 人形のように表情がなく………
死体が誰かと聞かれても、
「全然知らない人です。アルバイトの採用は店長に任せておりますから」
そして、最後の一行「彼女は一度も振り返らなかった。」
衝撃のラストでしたね。

寺崎:
寺崎もまた、最初に殺された桐原洋介同様、
西本アパートに通う"客"だったのですよね。
ただ、交通事故は、仕事で一睡もせずに走り回っていたことによる
居眠り運転が原因となっています。(折しも時代は石油危機)
この辺は、事故なのか、殺人なのか、読者の判断で、
という気がします。
ただ、ライターは、雪穂(あるいは寺崎の死にも動じない文代)の
犯行だと私は思います。

参考までに書いてみました。


人気Q&Aランキング