私は「秘密」、「白夜行」、「幻夜」、「さまよう刃」を読みました。どの小説も大変おもしろかったですし、鳥肌が何回も立ちました。
これからもどんどん読みたいです。

で、東野圭吾の小説をお好きな方にお聞きしたいんですけど他の小説家にはない彼だけの魅力って何ですか?
私はただの推理小説じゃなくて、それぞれに色々なテーマがあって、笑いあり、涙ありで、なんかおもしろいなぁーと(上手く言えないのですが…)

よろしくお願いします。

A 回答 (3件)

こんにちは。


わたしもここ数年、東野圭吾の小説にはまり、
次々と読み続けています。
ちなみに最近読んだ作品は
「夜明けの街で」「流星の絆」です。

私が感じている東野圭吾さんの小説の魅力は
「え、この人が犯人だったの!?」と
驚かされることの多い意外な結末と
詳細な人物描写、
そして質問者様もおっしゃっている
ただの推理小説じゃなくてそれぞれの作品にテーマがあって、
というところですね。

もう読み始めるとなかなか途中でやめられなくて。。。
一気に最後まで読みたい、と思わせる力があるところも
魅力ですね。

財力があればぜーんぶ著書を揃えたい、と
思いつつこつこつと古本屋で買い集めています(^_^;)

長々語り失礼しました。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

そうですね。読み始めるととまらない、素直におもしろいですよね。
私も全部制覇したいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2008/09/17 17:35

私がはじめて読んだのは「赤い指」なんですが、それまで今まで東野圭吾は食わず嫌いで読んでませんでした。


あまりに売れてるので、どうせ!って思ってたんですね(苦笑)今思えばすごくもったいないことしました。

彼の何が一番いいか、それは読みやすさではないかなと思っています。難しい単語を使っているわけではないのにわかりやすい。文章構成が凄く上手い人だと思いました。だから今まで小説を読んだことがない人もすんなり中に入っていけるんではないかと。
あとミステリーとか推理小説って登場人物が多くて覚えなきゃいけなかったり、今まで起こったことを整理しなきゃいけなかったりとか、なんか難しい・難解なイメージがありました。でも東野圭吾はそれがなくてわかりやすい。特に難しいものでもないし「赤い指」や「夜明けの街で」みたいにどんどん話が進んでいくので、入りやすいと感じました。

私はまだ彼の小説を全部読んでないので、今思っている魅力しか語れませんが…。参考になれば^^
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確かに登場人物が必要最低限だから解かりやすい。
読みやすさは特徴のひとつかもしれません。
ありがとうございました!

お礼日時:2008/09/17 17:31

読みやすさと人間のダークな部分を描く力ですかね。



読み飛ばす、ということが彼の作品にはありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど。
人間の中にある闇やダークな部分を素直に表していますよね。
ありがとうございました。

お礼日時:2008/09/17 17:34

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q東野圭吾さんの「秘密」について

東野圭吾さんの「秘密」を読んだのですが肝心な最後がよくわかりませんでした。結局、娘に戻ったと書いてあるがあれは妻の演技だったのでしょうか??教えてください!!

Aベストアンサー

何年もかけて計算された、妻の周到な演技でしょうね。
娘の心は、やはり最初の事故のときに死んでしまったのだと思います。
指輪を封印したことを知っているのは、主人公と「妻」だけのはず。なのに「娘」がそれをこっそりリフォームして結婚しようとしている。なぜ指輪のありかを知っていたのか? なぜ「こっそり」なのか? 答えは、「実は『妻』だから」。

「娘」として生きることを決意しても、想い出の指輪だけはいつも身につけておきたかったんでしょうね。

その妻の気持ちを知って、結局確かめることができなかった、「娘」として嫁いでいくことを許すしかなかった、そんな主人公の気持ち、切ない物語でした。

Q東野圭吾 秘密 のラスト

ドラマと映画は見ましたが、原作は読んでいません。

疑問に思うのがひとつだけありますので、皆様の思うような回答よろしくお願いします。

「なぜ、直子は結婚相手に加害者の息子を選んだのか?」です。

どう考えても、自分の体と娘の霊を奪った加害者は憎くてしょうがなく、ドラマにもそのあたりの憎しみが出ていましたが、なぜ憎いはずの加害者の息子と結婚したのがわかりません。
これだけが納得できません。

どなたかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

No1の者ですが・・・

最初の説明では納得できないようですので、追加です。。。

小説でも、事故後の最初の数年は、直子が加害者を憎んでいた発言があります。
しかしこの物語は、事故に対する復讐劇が主体なのではありません。
ハッキリ言うと、母親である直子が娘の体を手に入れ、母親であることよりも娘として生きていくことを選択していく過程を、しかも次第にそのことを積極的に楽しんでいく様子を描いたものでありました。。。

事故後直後に主人公の体を妻として慰めようとするような発言
勉強しまくって学校で大活躍し、小学5年生のおつむではついて行けるわけがないようなレベルの高い学校に入学
主人公とセックスしようとする

は、だんだん娘が戻ってくるとは考えなくなり、娘の体と人生を自分のものだと思い込んでいく過程を書いています。。
その最たるものが、加害者の息子との結婚ですね。
加害者の息子は、直子の好みのタイプです。
直子は数学にコンプレックスを持っており、主人公は理数系で、加害者の息子も理数系で主人公より高学歴(だから主人公と同じ会社に就職した)。
直子の中では事故はもう過ぎたことで、許したとかそういうことではなくて、人生を楽しんでいるのでなんとも思ってないことを証明しているラストです。

主人公が加害者を追いかけてその素顔を暴いていく過程も描かれていますが、それは副次的な要素でしかありません。
加害者の息子は加害者と会ったことすらない間柄で、加害者は、不遇な境遇に置かれている加害者の息子を助けるために長時間勤務をして事故を起こしました。
それは、最終的に加害者の息子と直子が結婚するオチを肯定する働きにしかなっていません。

こういうひどい皮肉な話にしか私は読めなかったのですけどね。。
この話がお涙頂戴の美しいストーリーだったという人がこのオチをどう考えたのか、私も聞きたいと思っているのですよ(^_^;)

No1の者ですが・・・

最初の説明では納得できないようですので、追加です。。。

小説でも、事故後の最初の数年は、直子が加害者を憎んでいた発言があります。
しかしこの物語は、事故に対する復讐劇が主体なのではありません。
ハッキリ言うと、母親である直子が娘の体を手に入れ、母親であることよりも娘として生きていくことを選択していく過程を、しかも次第にそのことを積極的に楽しんでいく様子を描いたものでありました。。。

事故後直後に主人公の体を妻として慰めようとするような発言
勉強しまくって...続きを読む

Q東野圭吾さんの作品で

何かおすすめはないですか?

一番良かった作品を教えてください☆

Aベストアンサー

こんにちは。
東野さんの小説はいろいろなタイプがあるのでお好みに合うかどうかわかりませんが、
私は「眠りの森」「分身」の2作品が好きです。
どちらも読後感が爽やかで、読んで良かったと心から思えました。
まだ読んでいないなら是非おすすめしたいです。

Q東野圭吾さんの「仮面山荘殺人事件」

映画で話題になっているので、「真夏の方程式」と表題の「仮面山荘殺人事件」を立て続けに読んでみました。

もちろん、どんでん返しは充分に楽しんだのですが、どちらも動機付けがちょっと。。。と疑問に思ったので質問させていただきます。

主に仮面山荘の方なんですが。
(発売当初、言われていたことかも知れないのですが)

ネタバレにならないように質問します。
まず、あのくらいのことで、特に問題のない婚約者に対して、あえて「殺意」を持つでしょうか?

あとは、本当に親友のことを心配するのなら、バレンタインデーに思わせぶりなことをしないで、黙って引き下がればいいのに、なぜ?と思ってしまったのです。
その辺のこと、何か感想をお持ちの方いらしたら、教えてください。

ミステリとしての完成度は高いと思うので、充分楽しみましたし、批判するつもりは全然ないので誤解なきようお願いいたします。ほんのちょっと人間心理に違和感を感じただけなので。

Aベストアンサー

「仮面山荘殺人事件」は詳しい内容は忘れましたが、

こういうトリック(謎)を書きたかったんだな、と思った記憶があります。

QおもしろいSFが読みたい

最近SFにはまってしまい何か読みたいのですが
おすすめの小説はありますか?出来れば
日本人作家のものを読みたいです。どうも翻訳ものは文体が苦手ですので。
小説は「銀英伝」とアシモフのを流し読みした程度。「星界の紋章」はどうも気に入りませんでいた。漫画では「プラネテス」とかです。
バリバリのハードSFを教えてください

Aベストアンサー

私もハードSFはまってます。
No1の人も答えておられますが、ばりばりSFではやはりホーガンの「星を継ぐもの」シリーズや「量子干渉機」ホーガン以外ではPアンダースン「タウ・ゼロ」やCシェフィールド「マッカンドルー航宙記」が面白かったです。
あとは、古典では「夏への扉」が有名ですかね。あとSFかどうかわかりませんが「渚にて」がよかったです。
参考になれば。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報