天気によって左右される産業、例えば弁当屋さんやテーマパークに遊園地などがあります。

もし、天気予報で晴れという予報が出てその準備をしていたら、天気予報が外れて雨が降って、損害が出てしまった場合、気象庁や気象予報士に損害賠償を請求できるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

故意または重過失があって誤った予報を伝えた場合(例えば、本日正午の予報を伝えるべきであったのに、前日正午の予報(?)を伝えた場合など)には、債務不履行として損害賠償を請求する根拠があります。



しかし、そうでなければ天気予報の現時点における技術的精度から、外れる可能性は十分考えられますし、受け取った予報結果をどう判断しどう活かすのかは、予報を受け取った者の自己責任の問題だと思います。

したがって、冒頭事例を除けば、損害賠償はできないと思われます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

天気予報が外れても、損害賠償が生じる事はないんですね。

最近天気予報が当たらないと感じますが、これは気象予報士が予想がヘタというのではなくて、異常気象その他の要因が大きいからですしね。

お礼日時:2002/12/23 22:48

#6さん、勉強になりました。

    • good
    • 0

#3にさらに補足して言えば、


「1ミリ以上の雨の降る確率」
とたいていの場合気象予報士の人たちは言ってます。

これに(精度の問題である)天気予報自体が当たる確率を掛けなければいけません。ちなみにこれは75%~80%程度だといわれています。
    • good
    • 0

#3さん、訂正ありがとうございました。

ひとつ勉強になりました。
    • good
    • 0

#2です。

たびたびすいません。

#1の方の回答、誤りがあります。
降水確率は、過去の似たような天気図とその時の実際の天気を照らし合わせて、そのうち何パーセントで雨が降ったか、というものです。
要するに、雨が降る確立だと単純に考えて間違いないです。

お気を悪くなさらないで下さい。
    • good
    • 0

損害賠償は無理だと思いますよ。



天気によって左右されるサービス業の中にはそういう保険に加入しているケースもあります。
    • good
    • 0

あくまで過去のデータからの予測なので無理だと思いますよ。

降水・確・率・・なんですから。

降水確率30%って、降る確立じゃないみたいみたいですよ。30%の地域で雨が降るでしょう・・という意味みたいです。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q通常損害・特別損害と積極損害・消極損害

債務不履行による損害賠償が通常損害・特別損害に分類しているの比して、不法行為による損害賠償が積極損害・消極損害に分類しているのは、債務不履行の場合には契約関係が前提にあり、自分の不履行について相手方の事情による損害の程度を予見出来るのために予見を判断の基準にしているのに対して、不法行為の場合には予見性で判断することが適当でないからと考えてよいのでしょうか?

Aベストアンサー

全然違います。

通常損害、特別損害という分類は民法416条に基づく“損害の範囲”の問題ですが、これは不法行為にも類推適用されるというのが判例通説なのですからこの分類は不法行為にも当てはまります。
一方、積極損害、消極損害というのは、賠償額の算定に当たって算入すべき損害の“種類”の問題です。ですから当然、債務不履行でも不法行為でも問題になり得ます。

内田先生の民法IIの債務不履行とIIIの不法行為の効果のところを読んでみれば解ります。どちらにも、通常損害、特別損害の話と積極損害、消極損害の話両方が書いてあります。つまり、損害の範囲と種類はそれぞれ別個の概念であり、債務不履行であろうと不法行為であろうと、いずれも理論的に同じように問題になります。

ちなみに履行利益、信頼利益はまた別の問題。これはどちらかと言えば、賠償の範囲の問題。これも書いてあります。

QGW「9日間」の天気予報、民間会社の処分

GW「9日間」の天気予報、民間会社の処分なし
http://news.goo.ne.jp/news/asahi/shakai/20060510/K2006051001210.html?fr=rk
>問題となったのは4月28日に同社が出したGW最終日までの9日間の予報。気象業務法に基づく「手引」では、8日先以降は1日ごとの予報は出せないとなっている。

私はこの記事を書いた記者/新聞社は、「処分があってもおかしくないのに処分がなかった」と、考えたので敢えてこの題目でニュースにしたように感じたのですが、この「手引」に従わなかった問題で、どの様な処分が可能かお教え下さい。

また、皆様は、この題目を適当と考えますか。より適当な題目を思い浮かべますか。

私は不当な題目で、下記の方がマシと思います。
「GW「9日間」の天気予報、民間会社改善求められる」

Aベストアンサー

気象業務法第17条に基づく許可を受けた予報業務の範囲に違反しているため、同法第20条の2及び第21条に基づく業務改善命令、業務停止命令、許可の取り消しが可能、ということかと思います。

参考URL:http://www.kishou.go.jp/minkan/tebiki.pdf

Q個人で天気を予報しHPに載せることは?

タイトルのことを行うことは違法となりますか?
資格(天気予報士)を所持していれば良いのでしょうか?
また、実際に、HPはありますか?

Aベストアンサー

>タイトルのことを行うことは違法となりますか?
>資格(天気予報士)を所持していれば良いのでしょうか?

私個人の意見としては、違法にはならないと思います。
ただ、注意書きに
「これは、私個人が、予想したものであり、事実と異なる場合が多数あり、
これを信じるかどうかは、あなた自身の決断でお願いします。
また、私はこの予報による責任を一切拒否します。」
などと書いたほうがいいでしょう。

長文になってすみません。

Q天気予報のとき映される一般人の肖像権

天気予報のとき、街中を歩く一般人の姿が映りますよね。
風の強い日はスカートを抑えて歩く人など。
あのような映像は流す前に本人に映像使用の許可を得ているのでしょうか?
得ないまま放送しても法律上、問題ないのでしょうか?

Aベストアンサー

日本には肖像権というものは基本的には人格権として扱われるのみで、独立した肖像権なるものは保障されていません。

また、撮影の際には、あからさまに「撮ってます」という状態で撮影するため、写っている人に関しては了承済みである可能性が非常に高いです。
隠し撮りであれば問題もあるでしょうが、侵害されたと思う人であれば写ることを避けるでしょう。

Q直接損害と間接損害と第三者の知的財産権の侵害時の損害の補償

免責条項で直接損害と間接損害は補償しないといったら、
第三者の知的財産権の侵害時の損害の補償はどうなるのでしょうか?
根拠もお願いします。

Aベストアンサー

債権の規定は原則任意規定なので特則が適用され,補償はうけられないとおもいます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報