最新閲覧日:

二日ほど前実験中にフッ酸を含む混酸(硝酸、過塩素酸)が一滴ほど指の先についてしまって、すぐに10分くらい洗い流したんですが大丈夫でしょうか。
 フッ酸は腐食性なので危険だとは知っていましたが。今のところ外見にも痛みも特にないのですが、心配なのでいろいろ教えていただければと思います。
 具体的に体内にフッ酸が吸収されたらどういう症状が出るんでしょうか。またもしものときはどんな病院に見てもらえばいいですか。

A 回答 (3件)

 kawakawa教授の説明で十分でしょうが、混酸を扱っていますね。


フッ化水素酸(約30%)、硝酸、過塩素酸、
フッ化水素酸も危険ですが、濃硝酸、過塩素酸もかなり危険です。
特に、皮膚につくこと、気体を吸い込むこと(ケイ素との反応で
フッ化ケイ素はまた特に有毒:ですから、作業は、ドラフター内で
:あたりまえか?)、目に入ったり、誤飲すれば大変なことになり
ます。
 結論から言いますと、2日経って痛み・皮膚の変化(白変や黄変
または、黒変)などがなければ、大丈夫です。
 心配なのは、蒸気の吸い込みですね。これは、症状が現れるのが
遅いですから。
    • good
    • 2

kawakawa教授の回答がありますが、以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「フッ化水素」

実験では気をつけてください。

参考URL:http://www.jaish.gr.jp/msd_s_shsi/msd_s_shsi/392 …
    • good
    • 0

本来、フッ酸系のものを扱うときには保護手袋をすべきですネ。

監督者はいなかったのでしょうか‥
とりあえず、大量の流水で洗われたのであれば、量が少なかったこともあって大丈夫であると思います。
もし、また皮膚に付着することがあった場合、多量の流水で10分程洗い、飽和硫酸マグネシウム溶液或いは70%アルコール溶液に30分以上浸してください。その後で多量の水で洗いながしてください。
フッ酸は非常に強い腐食性を持つ物質です。皮膚を腐食して、内部まで壊死させながら染み込んで行きます。また、眼に入ると視力障害を起こしたり、失明する場合もあります。さらに、蒸気を吸い込むと肺や気管支が侵され、場合によっては肺水腫を起こし死亡することもあります。
気をつけて扱ってくださいネ。
それにしても、実験の監督者・指導者は何も教えなかったのでしょうか‥
以上kawakawaでした
    • good
    • 0
この回答へのお礼

くわしい説明ありがとうございます。実験中は普段はゴム手してるんですけど、そのときは油断した隙にやられてしまいました。今後気をつけます。

お礼日時:2001/02/22 20:45

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報