二日ほど前実験中にフッ酸を含む混酸(硝酸、過塩素酸)が一滴ほど指の先についてしまって、すぐに10分くらい洗い流したんですが大丈夫でしょうか。
 フッ酸は腐食性なので危険だとは知っていましたが。今のところ外見にも痛みも特にないのですが、心配なのでいろいろ教えていただければと思います。
 具体的に体内にフッ酸が吸収されたらどういう症状が出るんでしょうか。またもしものときはどんな病院に見てもらえばいいですか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 kawakawa教授の説明で十分でしょうが、混酸を扱っていますね。


フッ化水素酸(約30%)、硝酸、過塩素酸、
フッ化水素酸も危険ですが、濃硝酸、過塩素酸もかなり危険です。
特に、皮膚につくこと、気体を吸い込むこと(ケイ素との反応で
フッ化ケイ素はまた特に有毒:ですから、作業は、ドラフター内で
:あたりまえか?)、目に入ったり、誤飲すれば大変なことになり
ます。
 結論から言いますと、2日経って痛み・皮膚の変化(白変や黄変
または、黒変)などがなければ、大丈夫です。
 心配なのは、蒸気の吸い込みですね。これは、症状が現れるのが
遅いですから。
    • good
    • 2

kawakawa教授の回答がありますが、以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?


「フッ化水素」

実験では気をつけてください。

参考URL:http://www.jaish.gr.jp/msd_s_shsi/msd_s_shsi/392 …
    • good
    • 0

本来、フッ酸系のものを扱うときには保護手袋をすべきですネ。

監督者はいなかったのでしょうか‥
とりあえず、大量の流水で洗われたのであれば、量が少なかったこともあって大丈夫であると思います。
もし、また皮膚に付着することがあった場合、多量の流水で10分程洗い、飽和硫酸マグネシウム溶液或いは70%アルコール溶液に30分以上浸してください。その後で多量の水で洗いながしてください。
フッ酸は非常に強い腐食性を持つ物質です。皮膚を腐食して、内部まで壊死させながら染み込んで行きます。また、眼に入ると視力障害を起こしたり、失明する場合もあります。さらに、蒸気を吸い込むと肺や気管支が侵され、場合によっては肺水腫を起こし死亡することもあります。
気をつけて扱ってくださいネ。
それにしても、実験の監督者・指導者は何も教えなかったのでしょうか‥
以上kawakawaでした
    • good
    • 0
この回答へのお礼

くわしい説明ありがとうございます。実験中は普段はゴム手してるんですけど、そのときは油断した隙にやられてしまいました。今後気をつけます。

お礼日時:2001/02/22 20:45

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q浸透性の強い防錆・潤滑剤について

 いつも参考にさせていただいている者です。
 皆様のお知恵を拝借したいのですが、錆付いてしまったネジを緩めるためにいつものCRCの5-5-6をスプレーし、いつもならそれで緩むのですが、今度ばかりはレンチを延長しようが、ハンマーで叩きながら緩めようがびくともしません。
 そこで、ほかにより浸透性のある(?)または効果的な潤滑剤をぜひ教えていただいきたくご質問させていただきました。
 ただし、場所的にバナーであぶるようなことは出来ません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは、

同じく呉工業のシリコンスプレーを使ってみて下さい。
http://www.amazon.co.jp/%E5%91%89%E5%B7%A5%E6%A5%AD%EF%BC%88%E3%82%AF%E3%83%AC%EF%BC%89-%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%AB%E3%83%96%E3%82%B9%E3%83%97%E3%83%AC%E3%83%BC-No-1420/dp/B000TGHTF4/ref=sr_1_1?ie=UTF8&s=kitchen&qid=1253597565&sr=8-1
 
呉工業だけではなくて他のメーカーからも色々と発売されています。

外れるかどうかの保証はできませんが、CRC-556よりも浸透性が高いです。

Q過塩素酸 塩素酸 亜塩素酸 次亜塩素酸

高校生の授業なのですがなぜハロゲンのオキソ酸で
でてくるたいとるのものとしては塩素酸が基準と
なっているのでしょうか?何か歴史的経緯はあるのでしょうか。接頭語はそれだけしかないからというこたえ
では納得できないです。急いでいますので
できれば速く返答お願いします。

Aベストアンサー

補足します。

このような非金属イオンの酸化物とみなせる物質を一般に「オキソ酸」と
言いますが、もっとも安定な酸を基準にするそうです。

化学IB・IIの新研究/卜部吉庸/三省堂

Qコンクリート用浸透性防水剤の市場性

掲題の通り、経営者をしている友人から相談されています。こちらも全く予備知識無いので、この欄を借りてプロにコメント頂きたい次第です。友人曰く、浸透性は同種の国産品から比べ抜きん出ており(=防水性能と自助強化につながるそうな)、コストも充分競争力ありなんて言います。輸入品ですが、現地でもまだ大した実績無し。この友人は、土木や建築分野を生業としている業態では無いので、「高い防水性能=すぐ商売とは行かぬ、特に工事や保証の絡むこの業界では」と言うのが私の正直な感想なのです。何でもいいのでアドバイス頂ければ幸甚です。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

浸透性は同種の国産品から比べ抜きん出ており<これが本当ならルートさえ見つければ売れるでしょう。友人がどのくらいの人脈を持っているかどうかでは無いでしょうか。(品質の国産品との優劣比較は信頼できる研究機関等で立証する必要があると思います)

Q塩素酸イオンや亜塩素酸イオン、次亜塩素酸イオンはどのように結合している

塩素酸イオンや亜塩素酸イオン、次亜塩素酸イオンはどのように結合しているんですか?配位結合なのかなぁとは思うんですが、それでもどの原子の電子がどこにどう使われたかががわかりません。ほかにもチオ硫酸イオンや亜硫酸イオンについても教えていただきたいです。

Aベストアンサー

これ
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/5896465.html
やこれ
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/4948580.html
やこれ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A1%A9%E7%B4%A0%E9%85%B8
をご覧下さい。

各種オキソ酸などに見られる中心元素とOとの結合は配位結合でなく二重結合性で、
形式的にオクテット(最外殻電子8個)を満たしていません。
この二重結合は、O=Oなどの通常の二重結合とは異なっていて、どこの電子が~とは簡単に言えません。
とりあえずそんなものなのだなあ、と思っていてください。

Qフッ酸の希釈について

フッ化水素酸の希釈にについて教えて下さい。
55%のフッ酸液を使用して30リットルの純水に対して7.5%のフッ酸溶液を作りたいのですが、この場合何リットルのフッ酸を入れればよいのでしょうか?単純な%計算ではなく、質量とか何か特殊な計算をしなければいけないのでしょうか?又、この程度の濃度で硬質硝子の表面はエッチングされるでしょうか。素人的な質問で恐縮です。教えて頂けると助かります。

Aベストアンサー

%を重量パーセント濃度と解釈します。

55 [wt%] フッ酸液を x [g]とり、30 [L]の純水を用いて、7.5[wt%] のフッ酸水溶液を調整する。

加える55[wt%]フッ酸の液量 :x [g]
純フッ酸の量        :x × 0.55 [g]
調整後の液全体量      : x + 30 ×1000 [g](30×1000は純水量を[g]に換算したもの。水の比重は1.00として計算)

したがって、
x × 0.55 / ( x + 30 × 1000) = 0.075
の方程式を解けばよい。

ただし、上の方程式で求められる フッ酸の液量xは単位がグラムです。
これを体積に換算するには55[wt%]のフッ酸液の密度が必要ですが、残念ながら手元にデータがないので求められません。
密度(比重)は、当該試薬のMSDSなどを見れば大抵書かれているので、そちらをあたってください。

>>この程度の濃度で硬質硝子の表面はエッチングされるでしょうか。
されるようです。
以下に参考URLを記載します。対象の資料を参照してください。
(参考URLは石英ガラスが相手の話ですが、通常のガラスならば似たような性質を示すでしょう。)
参考→http://www.sqp.co.jp/seihin/catalog/pdf/g1.pdf


なお、フッ化水素酸は、極めて危険な試薬です。
取扱いにはくれぐれもご注意を。(下手すると死にます。冗談じゃなく。)

以上、参考まで。

%を重量パーセント濃度と解釈します。

55 [wt%] フッ酸液を x [g]とり、30 [L]の純水を用いて、7.5[wt%] のフッ酸水溶液を調整する。

加える55[wt%]フッ酸の液量 :x [g]
純フッ酸の量        :x × 0.55 [g]
調整後の液全体量      : x + 30 ×1000 [g](30×1000は純水量を[g]に換算したもの。水の比重は1.00として計算)

したがって、
x × 0.55 / ( x + 30 × 1000) = 0.075
の方程式を解けばよい。

ただし、上の方程式で求められる フッ酸の液量xは単位がグラムです。
これを...続きを読む

Q塩素酸Kは過酸化水素で過塩素酸Kになるって本当?

海外のサイトで見ました。
塩素酸カリウムは過酸化水素水で酸化されて、過塩素酸カリウムになるっていうのは本当ですか?

あんな強力な酸化剤が過酸化水素で酸化されるなんてとても信じられません。
  KClO3 + H2O2 →KClO4 + H2O

Aベストアンサー

H2O2 + 2H^+ + 2e^- ⇔ 2H2O ;E゜=1.77V
ClO4^- + 2H^+ + 2e^- ⇔ ClO3^- + H2O ;E゜=1.19V

1.77>1.19 だから、理論的には H2O2 は ClO3^- を酸化し得る筈です。

Qフッ化水素酸 = フッ酸 ですか?

よろしくお願いします。

英語で、hydrofluoric acid というのを、辞書で引くと、
「フッ化水素酸、フッ酸」などと書いてありますが、
「フッ酸」というのは単に「フッ化水素酸」を縮めた呼び方で、
「フッ化水素酸」と「フッ酸」はまったく同じ物と考えてよいのでしょうか。

いろいろと調べてみたのですが、「フッ化水素酸(フッ酸)」と書いてある物や、「フッ酸の水溶液がフッ化水素酸」と書いてあるものがあったりして、よく分からなくなってしまいました。

また、これは液体だと思うのですが、これが空気中に出て気体となった場合、それは「フッ化水素酸ガス」とか「フッ酸ガス」という呼び方をすればよいのでしょうか。

化学に関しては全くのシロウトなので、是非、教えて頂けると助かります。

Aベストアンサー

「フッ酸」という言葉は「化学」の言葉ではありません。
フッ化水素酸が正しい物質名です。
臭化水素酸、ヨウ化水素酸もおなじです。
塩酸だけが例外的に「許されている」と考えるべきです。
フッ化水素という物質の「水溶液」がフッ化水素酸です、そこははっきり分けて認識して下さい。
フッ化水素酸ガス、フッ酸ガスは「名称として」存在しません。
「湿ったフッ化水素」と呼ぶべきで、もし水分が無いならフッ化水素そのものです。

Q次亜塩素酸の有効塩素量

市販の次亜塩素酸ナトリウム溶液の有効塩素量を調べているものです。

0.1Mチオ硫酸ナリウムで滴定を行ったのですが、何度やっても100g/Lにしかなりません。ラベルには5(w/v)%と書いてあったので、g/Lで表すと50g/Lになるとおもったのですが。滴定方法はJISの方法をもとに、計算方法は以下のようにやりました。なにか間違っていそうな箇所があれば教えてください。お願いします。

有効塩素量=希釈率×ファクター×滴定量×35.46×チオ硫酸のモル濃度/希釈後採った次亜塩素酸ナトリウム溶液の量

Aベストアンサー

チオ硫酸Naの濃度とか大丈夫ですか?
あとは、希釈や使用した水の精度など、ご存じだと思いますが、塩素は非常にコンタミが発生しやすいですし、遊離の塩素は、かなりのスピードで変化します。
下記に、チョットしたHPを紹介しますが、あまり参考にならないかも知れません。
(ちなみに35.46ではなく35.45では?)

蛇足ですが、個人的に残留塩素を日々測定しています。ほんの参考程度の眺めて下さい。

残留塩素(PPM)=吸光度の読み×F

ここで
F=100/(T×35.45×M×A)

T=適定量(ML)
M=適定に用いたチオ硫酸Naのモル濃度
A=次亜塩1MLに対して行ったメス量(ML)/その分取量(ML)

参考URL:http://www.forest.shimane-u.ac.jp/nagayama/chem/gentext/indophenol.html

Qフッ酸の危険性

実験中にフッ酸を使うことになってしまいました。
一応、先輩や先生に取り扱い方法や危険性を教えてもらったのですが・・・
いまいちどのくらいの危険度を持っている薬品なのか良くわかりません。
そこで、フッ酸を扱ううえで起きた事故を教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 事故例もさることながら、対処法を知っていた方がよいかと思います。
 薬品メーカ「和光純薬」のサイトから行ける、“MSDS”というページで、検索→「ふっ化水素酸」と入力してみてください。取り扱う上でどういう危険があるか書かれたデータシートを入手できます。
 研究室にもあるんじゃないでしょうか。

参考URL:http://www.wako-chem.co.jp/siyaku/msds.htm

QCOD アンモニウム 亜硝酸 硝酸 リン酸

COD アンモニウム 亜硝酸 硝酸 リン酸
これらのものについて、すくないとどうなる、多いとどうなる、
そもそも何なのか、を教えてください。

追記
 自由研究で早急に資料が必要です。検索してもここまでは出てきません。
  よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ご質問の内容をきちんと理解して頂くには、最低限、高校化学の「酸化・還元」の知識が必要で、ここではとても説明し切れません。ごくごく粗っぽい説明ですが、

1.CODは「化学的酸素要求量」で、水中の有機物による汚染の度合いを表します。

2.アンモニアは、富栄養化物質である窒素の化合物の一種で、生物の排泄物や腐敗物などから出ますが、この物質は好気性微生物(酸素がある環境を好む)の働きで亜硝酸、続いて硝酸に「酸化」され、硝酸から嫌気性微生物(酸素がない環境を好む)の働きで窒素ガスへと「還元」されてゆきます。

3.リン酸は、リンが水中で存在できる形の化合物です。リンはやはり富栄養化物質で、こちらは空気中に放出されることがありませんので、微生物に取り込まれるか、化学的な処理で取り除くしかありません。

少し内容が難しいかも知れませんが、図書館などで以下の本を探して頂くと、詳しい説明が出ています。
 「とことんやさしい水の本」谷腰欣司著、日刊工業新聞社
 「よくわかる水処理技術」栗田工業(株)著、日本実業出版社


人気Q&Aランキング

おすすめ情報