出産前後の痔にはご注意!

はじめまして。
現在MFCにおいて、ダイアログ形式のアプリケーションを作成しています。環境はVisual Studio 2005になります。
内容はWebカメラからのキャプチャを行い、そのキャプチャされた画像をダイアログ上に配置したPictureControlへ表示するというものです。

キャプチャされた画像は、1チャネルのグレースケールでありunsigned char型の1次元配列で格納されています。よってビットマップとして表示するには自身で構造体BITMAPINFOを作成しなければなりません。現状以下のように作成したのですが、うまく表示されません。

画像サイズは 320×240 です。
PictureControlのIDを IDC_BITMAP と設定し、
画素情報が格納されている配列を m_pbit とします。

int i;
CWnd *pWnd = GetDlgItem( IDC_BITMAP );
CDC *Capt = pWnd->GetDC();
BITMAPINFO bmif;

bmif.bmiHeader.biBitCount   =8;
bmif.bmiHeader.biClrImportant =0;
bmif.bmiHeader.biClrUsed    =256;
bmif.bmiHeader.biCompression  =0;
bmif.bmiHeader.biHeight     =240;
bmif.bmiHeader.biPlanes     =1;
bmif.bmiHeader.biSize      =sizeof(BITMAPINFOHEADER);
bmif.bmiHeader.biSizeImage   =320*240;
bmif.bmiHeader.biWidth     =320;
bmif.bmiHeader.biXPelsPerMeter =0;
bmif.bmiHeader.biYPelsPerMeter =0;

for(i=0; i<256; i++){
 bmif.bmiColors[i].rgbBlue = i;
 bmif.bmiColors[i].rgbGreen = i;
 bmif.bmiColors[i].rgbRed  = i;
 bmif.bmiColors[i].rgbReserved = 0;
}

SetDIBitsToDevice(Capt->m_hDC, 0, 0, 320, 240, 0, 0, 0, 240, m_pbit, &bmif, DIB_RGB_COLORS);

グレースケール画像なので配列bmiColorsは全て同色としました。
また、PictureControlのTypeをオーナ描画など全てのTypeを試しましたが、表示されませんでした。

必ずPictureControlに描画しなければならないという決まりはないのですが、ダイアログボックスにビットマップを表示するにはPictureControlだと考え、それに表示するようプログラムを組みました。

画素情報(グレースケールの輝度情報)のみ既知である状態からビットマップをダイアログに表示するためには他に方法があるのでしょうか?
上記のプログラムにおける間違い、またその他の方法についてアドバイスを頂けたらと思います。

よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 こんにちは。


 パレットサイズ(biClrUsedの数字)の分だけRGBQUADの配列を拡張して割り当てないといけません。
 正しくは、以下です。実際には、予め割り当てておくのが良いでしょう。

//割り当てる
LPBITMAPINFO pbmi = static_cast<LPBITMAPINFO>(::malloc(sizeof(BITMAPINFOHEADER) + (sizeof(RGBQUAD) * 256)));

pbmi->bmiHeader.biBitCount=8;
pbmi->bmiHeader.biClrImportant=0;
pbmi->bmiHeader.biClrUsed=256;
pbmi->bmiHeader.biCompression=0;
pbmi->bmiHeader.biHeight=240;
pbmi->bmiHeader.biPlanes=1;
pbmi->bmiHeader.biSize=sizeof(BITMAPINFOHEADER);
pbmi->bmiHeader.biSizeImage=320*240;
pbmi->bmiHeader.biWidth=320;
pbmi->bmiHeader.biXPelsPerMeter=0;
pbmi->bmiHeader.biYPelsPerMeter=0;

for(i=0;i<256;i++)
{
pbmi->bmiColors[i].rgbBlue=i;
pbmi->bmiColors[i].rgbGreen=i;
pbmi->bmiColors[i].rgbRed=i;
pbmi->bmiColors[i].rgbReserved=0;
}

::SetDIBitsToDevice(Capt->m_hDC, 0, 0, 320, 240, 0, 0, 0, 240, m_pbit, pbmi, DIB_RGB_COLORS);

//開放する
::free(pbmi);
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
強引ですが、以下の様なやり方も出来ます。

struct BMI
{
BITMAPINFOHEADER bmiHeader;
RGBQUAD arrPalette[256];
};

//キャストする
BMI bmi;
LPBITMAPINFO pbmi = reinterpret_cast<LPBITMAPINFO>(&bmi);

//ヘッダとパレットの代入をする
pbmi->bmiHeader.biBitCount=...

//使用する
::SetDIBitsToDevice(...)

//開放は必要ない
    • good
    • 0
この回答へのお礼

返信ありがとうございました。
BITMAPINFOHEADER + RGBQUADのメモリ領域を確保しなければいけなかったのですね。適切なアドバイスに感謝します。
キャプチャの方も無事にPictureControlへ出力することができました。
ありがとうございます。

お礼日時:2008/10/04 20:40

リソースエディタでピクチャーコントロールのTypeは変更なさいましたか?



ピクチャーコントロールを追加しただけではTypeは『フレーム』になっています
この状態では ピクチャーコントロールに対してSetBitmapを行ってもイメージを表示しません
Typeを『ビットマップ』に変更しましょう
プロパティIDも『IDC_STATIC』以外にしたほうがいいでしょう

CBitmapクラスを使うというのも一つの手ですよ
ダイアログクラスのメンバーに CBbitmap m_bmpObj などを追加して
ピクチャーボックスにセットするときに

m_bmpObj.DeleteObject();
// orgBmp[320 x 240]にグレースケールのデータがあるとして
char* pbuf = (char*)calloc( 320*240, sizeof(RGBQUAD) )
for ( int y = 0; y < 240; y++ ) {
  for ( int x = 0; x < 320; x++ ) {
    pbuf[ y * 1280 * ( x * 4 ) + 0 ] = orgBmp[ y * 320 + x ];
    pbuf[ y * 1280 * ( x * 4 ) + 1 ] = orgBmp[ y * 320 + x ];
    pbuf[ y * 1280 * ( x * 4 ) + 2 ] = orgBmp[ y * 320 + x ];
    pbuf[ y * 1280 * ( x * 4 ) + 3 ] = 0;
  }
}
m_bmpObj.CreateBitmap( 320, 240, 1, 32, pbuf );
// m_ctlPictureはピクチャーボックスのコントロール変数
m_ctlPicture.SetBitmap( m_bmpObj );
// または
// ((CStatic*)GetDlgItem(IDC_PICTURE1))->SetBitmap( m_bmpObj );
free( pbuf );
    • good
    • 1
この回答へのお礼

返信ありがとうございます。
確かにCBitmapクラスを使用し、1チャネルを3チャネルに変換後に表示する方法もありますね。参考にさせていただきます。ただ
pbuf[ y * 1280 * ( x * 4 ) + 0 ]

pbuf[ y * 1280 + ( x * 4 ) + 0 ]
ですね。
丁寧に解説いただきありがとうございました。

お礼日時:2008/10/04 20:53

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QCStaticコントロールの静的イメージ描画

はじめまして、質問させてください。

VC++ 2005 MFC で開発しております。

Picture Control(DDX CStasic型)に
イメージ(外部ファイル JPG)を静的に描画させたいのですが
方法がわかりません。

お詳しい方がおられましたら、ご教授お願いいたします。

ちなみに
CImageを使用して描画はできるのですが
その場合、OnPaintをオーバーライドして
描画更新処理を書かないと一度だけ描画されて終わって
しまうと思います。

CStaic変数にロードしたら
再度ロードされるまで
ずっと描画させていたいです。

以上になります。
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

SelectObjectで選択するとその時まで選択されていたデバイスハンドルを返してきます
そのハンドルを一時変数に保存しておいて描画後に戻してやるのです

CBitmap* pOld = m_dcMem.SelectObject( &m_bmpMem );
といった具合で記憶して描画処理を行います
使用後に
m_dcMem.SelectObject( pOld );
といった具合にして m_bmpMemをDCからはずします
この後
m_ctlImage.SetBitmap( m_bmpMem );
といった具合に選択してやればできると思います

CStaticのTypeはビットマップで無いとSetBitmapでイメージを表示しません

Qビットマップに描画をしてピクチャーコントロールに貼り付けるためには?

ビットマップに描画をしてピクチャーコントロールに貼り付けるためには
どうすればよいでしょうか?

ネットで検索しましたそして、
下のようなコードを書きましたがうまくゆきません。


void CXXXView::OnButton()
{


CStatic m_ctlImage; // ピクチャーボックスに関連付けした変数
CBitmap m_bmpImage; // ピクチャーボックスに貼り付けるイメージ
CDC m_dcImage; // Bitmap描画用のDC


CDC* pDC = m_ctlImage.GetDC();
m_dcImage.CreateCompatibleDC(pDC);

CRect Cltsz;
picture1.GetClientRect(&Cltsz);

m_bmpImage.CreateCompatibleBitmap(pDC,Cltsz.Width(),Cltsz.Height());

CBitmap* pOld=m_dcImage.SelectObject(&m_bmpImage);


CPen myPEN(PS_SOLID,5,RGB(0,0,255));
CPen* oldPEN=m_dcImage.SelectObject(&myPEN);
m_dcImage.MoveTo(10,10);
m_dcImage.LineTo(100,100);

m_dcImage.SelectObject(oldPEN);

m_dcImage.SelectObject(pOld);

m_ctlImage.SetBitmap(m_bmpImage);

}

この様にしましたが、ピクチャーコントロールには
何も描画されません、

何故でしょうか?

VS2005で、ボタンをクリックした
イベントで描画する場合です、

直線とかは、問題なく描画できました。

ビットマップに描画して貼り付けたいのです、

よろしくお願いします

ビットマップに描画をしてピクチャーコントロールに貼り付けるためには
どうすればよいでしょうか?

ネットで検索しましたそして、
下のようなコードを書きましたがうまくゆきません。


void CXXXView::OnButton()
{


CStatic m_ctlImage; // ピクチャーボックスに関連付けした変数
CBitmap m_bmpImage; // ピクチャーボックスに貼り付けるイメージ
CDC m_dcImage; // Bitmap描画用のDC


CDC* pDC = m_ctlImage.GetDC();
m_dcImage.CreateCompatibleDC(pDC);

CRect Cltsz;
picture1.G...続きを読む

Aベストアンサー

CStatic型とCBitmap型の変数は クラスのメンバー変数にします

ViewクラスのOnCreateなどでm_ctlImageのインスタンスを作成しておきます

ボタンのOnClickイベントで
CDC* pDC = m_ctlImage.GetDC();
CDC* pMemDC = new CDC;
pMemDC->CreateCompatibleDC( pDC );
m_ctlImage.ReleaseDC( pDC );
if (m_bmpImage.m_hObject != NULL ) {
  // 前回作成オブジェクトを破棄する
  m_bmpImage.DeleteObject();
}
CRect rc;
m_ctlImage.GetClientRect( &rc );
m_bmpImage.CreateCompatibleBitmap( pMemDC, rc.Width(), rc.Height() );
CBitmap* pold = pMemDC->SelectObject( &m_bmpImage );
CPen myPen(PS_SIOLID, 5, RGB( 0, 0, 255 ) );
PCen*pOldPen = pMemDC->SelectObejct( &myPen );
pMemDC->MoveTo(10, 10 );
pMemDC->Lineto( 100, 100 );
pMemDC->SelectObejct( pOld );
pMemDC->SelectObject( pOldPen );
pMemDC->DeleteDC();
delete pMemDC;

m_ctlImage->setImage( m_bmpImage );
といった具合です

ご質問のコードではm_ctlImage.GetDC()でアサートが発生しませんか
ローカル変数のCBitmapでは関数から出た時点で破棄されてしまうので
スタティックコントロールが再描画される時点では 無効なビットマップハンドルになってしまうため描画されないのだと思います

CStatic型とCBitmap型の変数は クラスのメンバー変数にします

ViewクラスのOnCreateなどでm_ctlImageのインスタンスを作成しておきます

ボタンのOnClickイベントで
CDC* pDC = m_ctlImage.GetDC();
CDC* pMemDC = new CDC;
pMemDC->CreateCompatibleDC( pDC );
m_ctlImage.ReleaseDC( pDC );
if (m_bmpImage.m_hObject != NULL ) {
  // 前回作成オブジェクトを破棄する
  m_bmpImage.DeleteObject();
}
CRect rc;
m_ctlImage.GetClientRect( &rc );
m_bmpImage.CreateCompatibleBitmap( pMe...続きを読む

Qボタンの表示の色、フォントを変更したい

VC++でプログラミングしています。
MFCのダイアログベースのEXEを造っています。
ダイアログにはボタンとエディットボックスを貼り付けています。
私がやりたいのは以下のことです。

・ボタンの色を設定したい
・ボタン、エディットボックスに表示する文字の色を設定したい
・ボタン、エディットボックスに表示する文字のフォント(サイズ)を設定したい

プロパティでサイズ変更すると全体に反映されてしまうので、個々の
コントロールについて制御したいと思っています。

ヘルプで調べて、それらしい関数を見つけるのですが使い方がわかりません。
VCを始めたばかりで、クラスの理解がまだ浅いです。。。
関数の説明は理解できても、「じゃあ、コードはどう書くの?」という状態です。
「○○ は ×× のメンバではありません」と、よく怒られてます。。。

識者の方、ご教授願います。
コードがどうなるのか知りたいので、簡単なサンプルコードがあると助かります。

また、質問ではないのですが、「この関数は○○をする」というのではなく、
「○○をするにはこの関数を使う」という様に調べられる、お勧めの書籍、
Webなどがありましたら教えてください。
今後の勉強に役立てたいと思っています。

VC++でプログラミングしています。
MFCのダイアログベースのEXEを造っています。
ダイアログにはボタンとエディットボックスを貼り付けています。
私がやりたいのは以下のことです。

・ボタンの色を設定したい
・ボタン、エディットボックスに表示する文字の色を設定したい
・ボタン、エディットボックスに表示する文字のフォント(サイズ)を設定したい

プロパティでサイズ変更すると全体に反映されてしまうので、個々の
コントロールについて制御したいと思っています。

ヘルプで調べ...続きを読む

Aベストアンサー

下2つについては以下でいけると思います。

class CMyDlg : CDialog
{
public:

  CFont m_cFont; //Dlgクラスのメンバとして用意
/*
  他のメンバ
*/
  virtual BOOL OnInitDialog(); //初期化

};


BOOL CMyDlg::OnInitDialog()
{
  //TODO:ここでFontを設定しておく(文字の色、サイズなど)

  //Fontを設定
  ((CButton *)GetDlgItem(IDC_BUTTON))->SetFont(&m_cFont,TRUE);

  //TODO:その他の初期化

  return TRUE;
}
//見易さのために、全角スペースを使っています;;

一番上はBitmapを貼り付けるか、CWndのメンバ関数を使って
塗りつぶすかどうかだと思います。

MFCではなく、C++Builderのページなのですが、少しいじればMFCでも使えるので、参考URLに示しておきます。

参考URL:http://market.agr.tottori-u.ac.jp/ken/tech.html

下2つについては以下でいけると思います。

class CMyDlg : CDialog
{
public:

  CFont m_cFont; //Dlgクラスのメンバとして用意
/*
  他のメンバ
*/
  virtual BOOL OnInitDialog(); //初期化

};


BOOL CMyDlg::OnInitDialog()
{
  //TODO:ここでFontを設定しておく(文字の色、サイズなど)

  //Fontを設定
  ((CButton *)GetDlgItem(IDC_BUTTON))->SetFont(&m_cFont,TRUE);

  //TODO:その他の初期化

  return TRUE;
}
//見易さのために、全角スペースを使って...続きを読む

QCStringからchar*への型変換について教えてください。

以前の質問に

int型 → CString型/char型

がありましたが、

CString型をchar*型に変換する方法を
教えていただければありがたいです。

MSDNで「LPCTSTRキャスト」が説明されていましたが、
例が載ってないのでよくわかりませんでした。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

目的にもよりますが一時的にchar配列として使いたいならCString::GetBuffer()が利用できます。
char配列としての利用が終わったらCString::ReleaseBuffer()する必要がありますが。

直接CString内の文字列を扱う必要があるならCString::operator LPCTSTRで文字列ポインタが得られます。
ただし、CStringオブジェクトをいじると無効ポインタなる可能性があるので気をつけてください。

MSDNのMicrosoft Foundation Classリファレンス→CString→クラスメンバで確認してください。

QLNK2019: 未解決の外部シンボルのエラーが出る

Microsoft Visual Studio 2008
Version 9.0.21022.8 RTM
Microsoft .NET Framework
Version 3.5 SP1
----------------------------------------------------------------
新しいプリジェクト→Win32 コンソール アプリケーション(ソリューションのディレクトリを作成 チェック外す)→Windows アプリケーション(空のプロジェクト チェック外す)
----------------------------------------------------------------
 プログラム

 mymain.cpp
#include "myhelper.h"
#include "mymain.h"

//自キャラのデータ
Point2D g_jikipos = {40, 400};//自キャラの座標

//画像ハンドル
int g_jikiimage[11];

//色々なファイルの読み込み
int LoadFiles(){
//画像ファイル読み込み
if(LoadDivGraph("media\\player01.bmp",
11,11,1,64,64,g_jikiimage) == -1) return -1;

return 1;
}


 mymain.h
//他から呼び出させるMyMainの関数
void MyMain();
int LoadFiles();


 myhelper.h(サンプルなので打ちミスはない)
#include "DxLib.h"
#include <limits.h>
#include <math.h>

//構造体宣言
//座標またはベクトルを記録する構造体
struct Vector{
float x,y;
};
typedef Vector Point2D;
//線を記録する構造体
struct Line2D{
Point2D startpos, endpos;
float katamuki;//傾きをラジアン値で記録
Vector speed;//移動している場合は速度をセット
};
//球体を記録する構造体
struct Ball2D{
Point2D position;
float hankei;//半径
};
//四角形を記録する構造体
struct Rect2D{
Point2D lefttop;
Point2D rightbottom;
float width;
float height;
};


//ライブラリ関数
Point2D PosInView(Point2D in);
int XInView(float inx);
int YInView(float iny);
void ScrollToLeft(float jikiposx);
void ScrollToRight(float jikiposx);
void ScrollToUp(float jikiposy);
void ScrollToDown(float jikiposy);
void DrawLineInView(float x1, float y1, float x2, float y2, int Color, int Thickness);
void DrawCircleInView(float x, float y, float r, int Color, int FillFlag);
void DrawAnimation(float x, float y, double ExtRate, double Angle,int TurnFlag,
int *imgarray, int allframe, float fps);
//ベクトル関数
Vector CreateVector(Vector in, float veclen);
Vector AddVector(Vector v1, Vector v2);
Vector SubVector(Vector v1, Vector v2);
Vector AddVectorInFrameTime(Vector pos, Vector speed);
Vector AddVectorInFrameTime2(Vector pos, Vector speed, Vector accel);
Vector Normalize(Vector in);
Vector RotateVector(Vector in, float radian);
float VectorLengthSquare(Vector in);
float DotProduct(Vector v1, Vector v2);
float CrossProduct(Vector v1, Vector v2);
void SetLine2DKatamuki(Line2D *in);
void DrawLine2D(Line2D in, int Color, int Thickness);
void DrawBall2D(Ball2D in, int Color, int Fill);
//当たり判定関数
bool HitTestLineAndBall(Line2D linein, Ball2D ballin);
bool IsPointAtLineFace(Line2D linein, Point2D ptin);
bool HitTestLineAndLine(Line2D line1, Line2D line2);
bool HitTestBallAndBall(Ball2D a, Ball2D b);
bool HitTestPointAndBox(Rect2D rect, Point2D pt);
//タイマー関数
void SetSimpleTimer(int idx, int time);
int GetPassedTime(int idx);


//グローバル変数
extern float g_frametime;
extern Rect2D g_framerect;//画面領域(当たり判定)
extern Point2D g_current_field_pos;//現在の左上座標
extern Rect2D g_stagesize;//ステージサイズ

//定数宣言
const float ZEROVALUE = 1e-10f;
const float PIE = 3.1415926f;
const int SCROLL_LIMIT = 200;
----------------------------------------------------------------
 エラー内容
1>myhelper.obj : error LNK2019: 未解決の外部シンボル "void __cdecl MyMain(void)" (?MyMain@@YAXXZ) が関数 _WinMain@16 で参照されました
1>C:\Documents and Settings\Owner\My Documents\Visual Studio 2008\Projects\my\Debug\my.exe : fatal error LNK1120: 外部参照 1 が未解決です
1>my - エラー 2、警告 0
ビルド: 0 正常終了、1 失敗、0 更新不要、0 スキップ
----------------------------------------------------------------
画像を貼り付けときます
(見えにくい場合→http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org154142.jpg.html)
初心者なのでわかりやすくお願いします

Microsoft Visual Studio 2008
Version 9.0.21022.8 RTM
Microsoft .NET Framework
Version 3.5 SP1
----------------------------------------------------------------
新しいプリジェクト→Win32 コンソール アプリケーション(ソリューションのディレクトリを作成 チェック外す)→Windows アプリケーション(空のプロジェクト チェック外す)
----------------------------------------------------------------
 プログラム

 mymain.cpp
#include "myhelper.h"
#include "mymain.h"

//自...続きを読む

Aベストアンサー

ファイル構成から推測するに
mymain.cpp というファイルに
void MyMain(void) {
// ここに処理を書く
}
という関数が必要なようです。

QVC++プログラムをつかったBMP画像の拡大縮小について

現在VC++をつかった画像を扱うプログラミングを学習中なのですが、画像データの取り扱いについてわからないことがあるため教えていただきたいです。

BMP画像をバッファに取り込んだあとで、画像の縦横を拡大縮小したデータを新たなバッファに格納したいのですが、画像を拡大縮小する方法がわかりません。いくつかのプログラムのソースを見させていただいたのですが、BITMAPINFOHEADER構造体の中のbiWidthやbiHeightの値を変えているだけのようなのです。

これらの値を変えるだけで、指定した幅と高さに変換された画像データが得られるのでしょうか?
また、それで拡大縮小されるならば、変換された画像データは輝度情報が滑らかになるように何かしらの補正が加えられていたりするのでしょうか?それとも、途中途中の輝度を単純に抜いていたりするだけなのでしょうか。
その辺の原理についても教えていただけるとうれしいです。

お手数をかけますが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

> 実際に拡大縮小された画像のデータ(バッファ)がどこに格納されたのかわかりません・・・。

一般的には、メモリやVRAMに載ります。取得もできますが、DIBSectionを使うと、メモリとして参照しやすいです。

> また、StretchBlt関数は、描画を目的としているようなのですが、今回の場合、
> -- snip --
> 描画は無駄な手間のように思われます。

実際の画面に表示するかにかかわらず、WindowsのAPIにおける画像の操作は原則として「DC」という概念を使います。
メモリやプリンタもDCの一種と扱われますし、必ずしも画面描画は意味しません。
ビットマップに何か書くのも、DCと関連付けてそこに描画する仕組みです。

メモリ上で拡大縮小するということは、結局のところ突き詰めれば
元画像を読んで拡大縮小した画像をそこ(メモリ上)に描画している、
ということだと思いますが、いかがでしょう。

# C言語の入出力がコンソールにもファイルにも使えるようにFILE*を使うのとかと大差ない、
# DCってのはWindowsにおける「描画先」の抽象化された概念です。

> 何かスマートな方法はないものでしょうか?

DCという概念自体はWindows GDIの根底ですから、WindowsのAPIである限り、
他を使ってもIFは違えど内部的にはDCと大差ないと思われますが。
「質問者さんにとってのスマート」が不明ですが、自前で変換処理を書くか、
完全独自処理の画像変換ライブラリを持ってくるのがスマートですか。

> 実際に拡大縮小された画像のデータ(バッファ)がどこに格納されたのかわかりません・・・。

一般的には、メモリやVRAMに載ります。取得もできますが、DIBSectionを使うと、メモリとして参照しやすいです。

> また、StretchBlt関数は、描画を目的としているようなのですが、今回の場合、
> -- snip --
> 描画は無駄な手間のように思われます。

実際の画面に表示するかにかかわらず、WindowsのAPIにおける画像の操作は原則として「DC」という概念を使います。
メモリやプリンタもDCの一種と扱われま...続きを読む

Qファイルやディレクトリの存在確認を行う方法

ファイルをオープンするのはfopenでOKですが、ファイルやディレクトリの存在確認を行う方法が知りたいです。

何か組み合わせて作るものなのでしょうか?
perlとか便利な演算子があるのですが、C/C++って器用ではないですね。
これは処理系?依存の内容ですか?

私の環境は VC6, VC2005 Windows2000です。

Aベストアンサー

int access(const char* path, int mode);
int stat(const char* path, struct stat* sb);

かな?
MSDN を引くと _access_s() を使えとか書いてあるけど。

QMFCで画像を表示させているのですが、透過表示する方法がわかりません。

VC2005のMFCで画像を表示させているのですが、透過表示する方法がわかりません。

OnDraw(CDC* pDC)

で、#include <atlimage.h>として、

CImage img;
img.Load( "test.gif" );
CDC* pDCImg = CDC::FromHandle( img.GetDC() );
pDC->BitBlt( 60, 10, img.GetWidth(), img.GetHeight(), pDCImg, 0, 0, SRCCOPY );
img.ReleaseDC();


すればGIF画像が表示されましたが、このGIG画像は透過GIFですが
そのまま表示されているので、背景が黒の場合透、明部分の白が見えて
四角い枠の画像となります。

GIF透過ファイルの場合、そのまま透過になる方法や、何か手段を用いて透過をさせたいです。

Aベストアンサー

ごめんなさい GetColorTableなどは使えないようです
当方で実験したところ gifを読み込んだ時点の CImageクラス内部での表現が現在のWindowsシステムの設定に依存するようです
256色パレットモードではなく 32ビットのBMPとして取り込まれていました

したがって CDCのTrabsparentBltで行ったほうが良いでしょう
int w = img.GetWidth();
int h = img.GetHeight();
COLORREF col = img.GetPixel( 0, 0 );
pDC->TransparentBlt( 0, 0, w, h, pDCImg, 0, 0, w, h, col );

またパレットが取得できる場合の検索方法ですが
COLORREF col = img.GetPixel( 0, 0 );
RGBQUAD pal[256];
img.GetColorTable( 0, 256, pal );
int nIndex = -1;
for n = 0; n < 256; n++ ) {
  if ( ( pal[n].rgbRed == ( col & 0xFF ) ) &&
     ( pal[n].rgbGreen == ( ( col & 0xFF00 ) >> 8 ) ) &&
     ( pal[n].rgbBlue == ( ( col & 0xFF0000 ) >> 16 ) ) ) {
    nIndex = n;
    break;
  }
}
img.SetTransparentColor( nIndex );
といった具合でしょう ...
# 思いつきで投稿するとこういったポカをやります m(__)m

ごめんなさい GetColorTableなどは使えないようです
当方で実験したところ gifを読み込んだ時点の CImageクラス内部での表現が現在のWindowsシステムの設定に依存するようです
256色パレットモードではなく 32ビットのBMPとして取り込まれていました

したがって CDCのTrabsparentBltで行ったほうが良いでしょう
int w = img.GetWidth();
int h = img.GetHeight();
COLORREF col = img.GetPixel( 0, 0 );
pDC->TransparentBlt( 0, 0, w, h, pDCImg, 0, 0, w, h, col );

またパレットが取得できる場合の...続きを読む

QCString から LPCTSTRの型に変換

visual studio 2013 VC++を使用していますが、WINDOWSの関数に渡すためにCString からLPCTSTRに変換する必要があります。実際にどのようにするのかわかりません。
例えば、以下のサンプルは他の質問コーナーの回答をアレンジしたものです

CString str = _T("ABC");
int siz = str.GetLength()+1;
LPCTSTR pszFName = new TCHAR[siz];
_tcscpy_s( pszFName, siz, str );

で変換するのですが
LPCTSTRからwchar_t*へ変換できませんとエラーがでます
_tcscpy_s()は使用できないのでしょうか

Aベストアンサー

>APIはCStdioFile の Open()でファイル名を与えるところ

APIではないようですが……。

http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/ee247566.aspx
ならば、そのままCStringの変数渡せば、よろしく処理してくれると思いますけど。

Qリソースエディタでスタティックテキストの文字サイズの変更

 VisualStudio を使っています。
 リソースエディタで、作成したダイアログ・ボックス中に貼り付けた、
スタティックテキスト(Static Text)の文字サイズの変更を個別にしたいのです。

 ダイアログのプロパティには、フォントとサイズを変更できるようになっていますが、個々のスタティックテキストには、ありません。

 どうすれば、一番良いのでしょうか?
 教えてください。

 よろしくお願いします。

 

Aベストアンサー

WM_INITDIALOGの中でフォントを指定すればよいでしょう。
(MFCならCStatic::SetFont)

case WM_INITDIALOG:
{
HWND hStatic = GetDlgItem(hWnd , IDC_STATIC1 );
HFONT hFont = CreateFont(16,
0,
0,
0,
FW_REGULAR,
FALSE,
FALSE,
TRUE,
ANSI_CHARSET,
OUT_DEFAULT_PRECIS,
CLIP_DEFAULT_PRECIS,
PROOF_QUALITY,
DEFAULT_PITCH,
_T("MS ゴシック") );
SendMessage(hStatic,WM_SETFONT,(WPARAM)hFont, TRUE);
}

参考URL:http://rararahp.cool.ne.jp/cgi-bin/lng/vc/vclng.cgi?print+200211/02110110.txt


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング