知的障害者が生命保険に加入の際、告知する義務はあるのでしょうか。(あくまで、知的です。体は健康です。)そして、告知したとして、どれくらい加入出来る確率は下がるのでしょうか。もしくは保険料高くなるのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

takatann0104さん、はじめまして。



専門家の方だったらすぐに分かる質問だと思うのですが、まだ回答がないって寂しいですよね。
全く自信なしの一般人ですがお邪魔いたします(汗)。

該当するかどうか分かりませんが、以下の場合には告知する必要はあるかと思います。
 ■医師の診察、検査等を受けている(または受けたことがある)場合
 ■言語機能に障害がある場合


身体が健康であれば問題はないように思うのですが、やはり保険会社に問い合わせてみるのが一番ではないでしょうか。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

igmp様
ご返事ありがとうございます。そうなんです。毎日回答チェックしていたのですが、ご返事がどなたからもなかなか頂けなくて不安になっていました。障害者手帳を受け、一番程度の軽い級の場合、告知する必要があるのかないのか。。(体的には大変健康です。)保険会社に問い合わせるのが一番早いのは分かるのですが、色々な意見があり困っております。

お礼日時:2003/01/11 20:25

s障害者手帳があれば、告知するべきでしょうね・・・



見た目健康だ!ということは、あまり関係が無く・・・
(実際、何かの病気を患っていても、見た目健康の人はごまんといますから)

何級かを明確にして、障害者手帳の写しを添付すれば完璧だと思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

akebonotarou様
毎度有難うございます!またお目にかかれて大変嬉しいです。なるほど。告知すべきなのですね。わかりました。過去の判例で、障害者手帳3級の場合(多分3級。一番程度の軽い)保険料は通常料金でしょうか。それとも割増するとしたらどれ位かakebonotarou様のご意見を頂けますでしょうか。
そして、質問ですが、今迄何十年も知的障害の手帳は申請せずに保険に加入していた時は、保険料は通常でしか払っていなかったのに、いざ、知的障害の手帳を申請したら、保険時に通常料金では入れないかもしれないというのは疑問に思えるのですが、、、。という事は、生命保険加入の面に関しては、知的障害の手帳申請はしない方が良かった、といえるのでしょうか。ちなみに知的障害は、見た目に健康ではなく、体は健康体が前提として、知的に問題がある者というだけですので、保険会社は何故割増にするのか分かりません。(割増になるとすれば)私は素人考えですので、どうかお分かりになられましたら、ご教授お願い致します.

お礼日時:2003/01/12 15:02

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q相続税と生命保険控除について

数年前に父が無くなり自宅等不動産を処分して母と私で少額ではありますが遺産相続をしました。
現在、母と私の分を合わせて母に相続用生命保険として加入してもらっています。
母が無くなった場合、3000万の保険金が下りることになり、現金を1000万程預金しています。
3000万まで控除なり1000万に対して相続税を支払うのか?それは何%でしょうか?
それとも、生命保険控除500万で残金2500万に対して生命保険の相続税がかかり、預金の1000万にも相続税がかかるのでしょうか?
できるだけ詳しく知りたのですが、、、、、

Aベストアンサー

Moryouyouと申します。
よろしくお願いします。

結論から言うと合わせた遺産に相続税が
かかりますが、
ぎりぎりセーフ(非課税)です。

生命保険控除はあまり効果がないんですよね。
A^^;)

法定相続人はあなた1人ですよね?
①相続税の基礎控除
3000万+600万×1人=3600万
②生命保険の控除額
 500万×1人=500万
 従って
 3000万 – 500万=2500万が
 相続税の課税対象となります。

③課税対象合計
 ②の2500万+金融資産1000万
 =3500万

 ③の3500万-①3600万
 =-100万となり、非課税です。
 
 他にないですよね?お住まいとか…

 いかがでしょうか?

参考URL
http://www.jili.or.jp/lifeplan/houseeconomy/succession/11.html

Q生命保険・医療保険で告知義務違反があると解除されるとは、具体的に。

生命保険・医療保険で告知義務違反があると解除されるとは、具体的に。

保険の見直しを考えており、保険について勉強中です。

生命保険・医療保険で告知義務違反があると、保険が解除されると聞きました。

解除されるとは具体的にどうなるのでしょうか?

わかった時点で保険は契約してなかったものとなり、
解約返戻金がもらえるのですか?

それとも、それまでの保険料を返してもらえるのですか?

それとも、返金額は0で、
払い込んだ保険料がパーになってしまうのですか?

どうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

生命保険専門のFPです。

告知義務違反が判明したとき……
例えば、告知義務違反に該当するのがA病という病気だったとき、

A病に関係のある病気で保険金を請求した場合……
保険金・給付金は支払われません。
契約は解除となり、支払った保険料は戻ってきません。
解約払戻金があるときは、解約払戻金は支払われます。

A病に関係ない病気で保険金を請求した場合……
A病に関係ないとわかれば、保険金・給付金は支払われます。
(例えば、事故による死亡やケガによる入院・手術)
支払ったと同時に、契約は解除となり、支払った保険料は
戻ってきません。
解約払戻金があるときは、解約払戻金は支払われます。

支払った後に、告知義務違反だと判明した場合……
保険会社から支払った保険金・給付金の返還請求が出されます。
同時に、契約は解除となり、支払った保険料は戻ってきません。
解約払戻金があるときは、解約払戻金は支払われます。

ご参考になれば、幸いです。

Q生命保険の 受取の相続税は

母、子が10人 とします。

母の財産は 現金4億5千万円、さらに 生命保険に 5千万円入ってたとします。

母の 死後 9名の子が それぞれ 現金を 5千万円受け取り、

残りの1名が 生命保険の 5千万円を 受け取った場合、

生命保険の 5千万円を 受け取った子は 生命保険の控除ということで

相続税を 払わなくて すむでしょうか。

Aベストアンサー

4億5千万に対してかかります。
それを、実際の相続分で按分します。
生命保険の5千万は非課税(500万円×10人)です。
なので、確かに生命保険を全額相続しても相続税はかからないということになりますね。
でも、4月からは、被相続人と同居している相続人の人数しか非課税にはならなくなります。

Q団体信用生命保険 団信 の告知義務違反について

団体信用生命保険 団信 の告知義務違反について

団信の 申込用紙に記入した事を 告知義務違反をしてるか してないか どうやって 保険会社の方は 確認するのでしょうか?

教えてください。

例えば 保険会社が レセプトを開示し 病名を確かめたり 病院に確認したりするのでしょうか?

よろしくお願いします

Aベストアンサー

保険金支払い事由が生じたら(つまり死亡)、死亡診断書から死因と初診日を調べます。
さらに不審な点があれば、カルテの開示や健保の受診記録の開示を、保険会社は求めてきます。
被保険者側(遺族など)は開示を拒否できます。
が、カルテ等の開示をして不審がクリアされるまで、保険会社は保険金支払いを拒否することが出来ます。

Q相続税対策としての生命保険について

相続税対策としての生命保険について教えてください。
被相続人(父)、相続人(長男)の場合です。
よく聞くのが次のパターンです。

契約者:父
支払者:父
受取人:長男

こうすると500万円×法定相続人が相続税の課税標準から控除されますが、
例えば法定相続人が息子以外に、母、二男がいるとすると、1500万円が控除されるのでし
ょうか?
生命保険の受取人は長男1人ですが、控除額は×3人で計算してもよいのでしょうか?


別のパターンとして長男の生命保険に父が契約し、支払う場合

契約者:長男
支払:父
受取:長男の嫁

このような場合、長男が亡くなると、長男の嫁に生命保険が入ってきます。
このような場合、法定相続人ではない長男の嫁が受取人でも、500万円×3人=1500万円
が控除されるのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ニュアンスは分かりますが、
確認です。
別のパターンとして長男の生命保険に
父が契約し、支払う場合
被保険者:長男
支払:父(契約者)
受取:長男の嫁
ということですよね。

下記が参考になります。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1750.htm
被保険者 支払者 受取人
① A   B   B 所得税
② A   A   B 相続税
③ A   B   C 贈与税
の3パターンのうち、
質問の前半が②、後半が③
となります。
つまり後半の
被保険者:長男
支払:父(契約者)
受取:長男の嫁
は、相続とはならず、
父から長男の嫁への贈与
となります。

長男の嫁は直系尊属ではないので
一版贈与となります。
1500万-基礎控除110万
=1390万(課税価格)
1390万×税率45%-175万
=450.5万(贈与税)
となってしまいます。

あまり良いパターンではないと
思います。

いかがでしょう?

参考
http://www.nta.go.jp/taxanswer/zoyo/4408.htm

ニュアンスは分かりますが、
確認です。
別のパターンとして長男の生命保険に
父が契約し、支払う場合
被保険者:長男
支払:父(契約者)
受取:長男の嫁
ということですよね。

下記が参考になります。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1750.htm
被保険者 支払者 受取人
① A   B   B 所得税
② A   A   B 相続税
③ A   B   C 贈与税
の3パターンのうち、
質問の前半が②、後半が③
となります。
つまり後半の
被保険者:長男
支払:父(契約者)
受取:長男の嫁
は、相続とはな...続きを読む

Qうつ歴の告知義務・・医療保険加入で。

加入したい医療保険があったのですが、
うつ歴があると、どこも加入できないことが分かりました。

数年前に1度だけカウンセリングを受け、
うつの薬を処方された過去があります。
(一時期、気分が落ち込んだだけで、
 これ以降、自己判断で病院へは1度も行っていませんが、
 とくに完治の証明はもらっていません。)

私の加入したかった、医療保険の告知書には
過去5年以内の病歴を問うところがありました。

「5年以内に以下の病気で医師による治療・投薬がありましたか?」
(以下の病気=うつ病とあります)


ということは、5年経てば加入できるのか?が疑問です。


保険会社に聞いてみました。
以下はそのやりとりです。

私「過去5年以内の病歴について聞かれているので
 5年前の病歴だったら、告知の義務はありませんか?」

「はい。告知書の通りです。
  告知書の質問の通り、ご回答ください」

「では、5年以内と聞かれているので、
 それ以上前のことは告知しなくていいのですね?」

「そうですね。」

「では、5年以上前にうつ病だったのですが、
 5年間は病院へは1度も行っておらず、もちろん薬も
 飲んでいないので、大丈夫ですね?」

「少しおまちください」

 その後、

「申し訳ありませんが、お引き受けできません」

「どうしてですか?」

「そのように聞いてしまいましたから。」
 
「では、今私はこうして問い合わせをしましたが
 問い合わせをしなかったら、告知書の文面通り
 聞かれていない5年前のことは言わないでいたら
 加入できたということになりますよね?」

「申し訳ありません。聞いてしまいましたから
 今後もお引き受けできません」

 というような内容で、結局明確には分かりませんでした。

 「告知の義務」ってものすごく曖昧で分かりません。

聞かれていないこと(5年前の病歴)は、
告知する義務はないのですよね?

義務はないけど、病歴を知られたら加入できない。

では、言わなければ加入できる。

けど、万が一の給付金は受け取れない?のでしょうか?

聞かれてないから答えなかった。
(5年間、1度も通院してないのは事実)
というのは通用するのでしょうか?

5年前の病歴を理由に、不払いになりそうで
とても怖いです。
(1度も病院へは行ってないが、医者に完治と
言われたわけでもないので)

保険会社に質問しても曖昧な答えで分かりません。
というより、正直に話してしまえば
拒否されてしまうし・・・

5年間通院しなかったら、告知なしで加入できるのでしょうか?
そして、ちゃんと給付金は受け取れるのでしょうか?

保険会社にもちゃんと相談したいけど、
言ったら損?なように感じてしまいました。

でも、嘘?というか過去の病歴を特に言わず(隠したことになる?)
給付金を受け取れなかったら、意味はないし。

スッキリした気持ちで加入したいです。

すっきりした気持ちで加入したいです。
安心を高いお金で買うのですから。
どなたか、ご意見をお願い致します。

加入したい医療保険があったのですが、
うつ歴があると、どこも加入できないことが分かりました。

数年前に1度だけカウンセリングを受け、
うつの薬を処方された過去があります。
(一時期、気分が落ち込んだだけで、
 これ以降、自己判断で病院へは1度も行っていませんが、
 とくに完治の証明はもらっていません。)

私の加入したかった、医療保険の告知書には
過去5年以内の病歴を問うところがありました。

「5年以内に以下の病気で医師による治療・投薬がありましたか?」
(以下の病気...続きを読む

Aベストアンサー

契約審査は、告知書だけでするものではありません。
保険会社が保有しているデータと照合し、また、年齢、職業など様々な角度から検討をします。
「告知義務」とは、告知書の質問に正確に答えることです。
それ以上の告知をすることは、任意です。

例えば、6年前にうつ病で治療歴があるが、5年以内には何もない方が、保険会社AとBに医療保険を申し込んだとしましょう。
A社は、たまたま6年前に治療歴があることを知っています。
B社は、知りません。
5年以内に該当しないので、「なし」として申し込みます。
A社は、治療歴を参照して、契約不可とします。
B社は、何も知らないので、契約可とします。

今回、電話で問い合わせをしたとき、「聞いてしまいましたから、今後もお引き受けできません」という返事になるのは、このためです。
つまり、言わなくても良い「任意」の告知をしたためなのです。
もしも、「大丈夫です」と言ったら、「審査は告知書だけではない」ということと矛盾してしまいます。
でも、実際には、質問者様が、名前を告げて、電話番号通知で電話をしていない限り、保険会社では、質問者様をどこの誰なのか特定できないので、実質上の問題はありません。

大丈夫です……と言ってしまって、申込を受けて、過去の病歴がデータとして持っていて、契約不可にしたとき、「電話ではOKと言ったじゃないですか。録音もあります」ということになり、トラブルの原因となりますから、決して、大丈夫ですとは言いません。

また、6年前の通院歴を保険会社が「契約後」に知った場合、保険会社はどうすることもできません。
もちろん、保険金・給付金の支払いを受けられます。
保険会社が手を打てるのは、「契約前」に知ったときだけです。
なぜなら、6年前のことを言わなくても、告知義務違反ではないからです。

再度言いますが、告知義務とは、告知の質問に正確に答えることであり、それ以上の質問に答える必要性はありません。
聞かれていないことに答える必要はないのです。

契約審査は、告知書だけでするものではありません。
保険会社が保有しているデータと照合し、また、年齢、職業など様々な角度から検討をします。
「告知義務」とは、告知書の質問に正確に答えることです。
それ以上の告知をすることは、任意です。

例えば、6年前にうつ病で治療歴があるが、5年以内には何もない方が、保険会社AとBに医療保険を申し込んだとしましょう。
A社は、たまたま6年前に治療歴があることを知っています。
B社は、知りません。
5年以内に該当しないので、「なし」として申...続きを読む

Q相続放棄 生命保険

次の場合は、生命保険金がもらえますか?
親が、死んだこどもの遺産を相続放棄をした場合。
親が保険の契約をし、子供に保険をかける時。
1,受取人が親の場合。親がこどもの遺産相続放棄しても
もらえる・もらえない
2,生命保険金の受取人が、死亡した子供の場合。掛け金を払っていた親が遺産相続放棄をすると
もらえる・もらえない。

Aベストアンサー

>要するに受取人の名義が誰かがポイントということと解釈してよろしいかと・・・・。
その通りです。ただ、死亡した本人が受取人となる死亡保険という契約はありませんので、そもそも2.の質問は成り立たないという事です。私もNo3さんも述べている通りです。

>そうです 養老保険です。「これは、私ごとですが、私も、子供を受取人に指定しているかもしれないと思います。(忘れました)満期共済金額が子供に行くようにしています。30年後ですがね
満期保険金が子供に行くように契約している(=被保険者が子供)となると、その場合死亡保険金の受取人が子供本人ということはあり得ません。
http://kw.allabout.co.jp/glossary/g_money/w001841.htm
(養老保険とは、契約期間中に死ぬと遺族に死亡保険金が、生存して満期を迎えると本人に満期保険金が支払われるタイプの生命保険のこと。)

Q生命保険の健康診断と告知義務について

生命保険(逓減定期タイプ)と損害保険(医療保険+がん保険)に
新規加入契約しようと思っています。
そこで、保険会社への告知についてご意見をお聞かせください。

[質問の前提条件として]
約1ケ月前に、人間ドックを受けました。そこで、
「胆嚢ポリープの疑い」と指摘されました。
人間ドックの医師の診断では、
「3mm以下であり、悪性の可能性は極めて低く、このような例は
最近では多く見られますので、心配はないと思われます。ただ、
大きくなると要注意ですので、3ケ月後に再検査を受けることを
お勧めします」ということでした。
その他の身体測定、血液生化学検査、尿検査、メタボ関連、X線診断
などでは、全く異常は見られませんでした。

生命保険を契約する際の健康診断の検査項目としては、エコーの
検査は必要ないと思います。ただ、人間ドックを受診したために
その検査結果を提出してしまうと、エコー検査で引っかかったこと
までもがわかってしまいます。
たまたま人間ドックを受けたばかりに「異常アリ」のような結果が
出て、契約ができない(もしくは不担保などの悪条件になる)可能性
が出るのであれば、残念です。
人間ドックを受診していなければ、少なくとも保険加入に問題が
なかっただろう状態に、何か矛盾しているような気がします。
ただし、仕方の無いことなのですが、契約時には全てを申告しよう
と思ってます(義務ですよね)
でも、保険加入ということだけで言いますと、順番を間違えたよう
な気がします。

そこで質問です。
(1)人間ドックで「要検査」が出ている状態で保険に加入するのと、
   3ヵ月後に再検査を行って、大きさに変化が無いという診断を
   もらって(そう願いたいです)から保険に加入するのとでは、
   保険金額や条件等に違いが出てくるのでしょうか?
(2)このような契約に条件が付くことが考えられる場合、
   保険代理人(複数の保険会社を扱う会社)に対応してもらうか、
   直接保険会社を交渉するか、どちらがいいのでしょうか。

みなさまのご意見をお聞かせください。
よろしくお願いいたします。

生命保険(逓減定期タイプ)と損害保険(医療保険+がん保険)に
新規加入契約しようと思っています。
そこで、保険会社への告知についてご意見をお聞かせください。

[質問の前提条件として]
約1ケ月前に、人間ドックを受けました。そこで、
「胆嚢ポリープの疑い」と指摘されました。
人間ドックの医師の診断では、
「3mm以下であり、悪性の可能性は極めて低く、このような例は
最近では多く見られますので、心配はないと思われます。ただ、
大きくなると要注意ですので、3ケ月後に再検査を受ける...続きを読む

Aベストアンサー

まずは、質問からお答えします。
(1)間ドックで「要検査」が出ている状態で保険に加入する……
(A)契約できません。書類審査ではじかれます。門前払いです。

保険金額や条件等に違いが出てくるのでしょうか?
(A)保険金額のアップまたは部位不担保、または両方の条件が付く可能性が高いです。
どのようになるのかは、保険会社の判断によるので、一概には言えません。

(2)どちらが良いか……
契約ルートは、関係ありません。
しかし、代理人を通した方が良いと思います。
ただし、「保険代理人(複数の保険会社を扱う会社)に対応してもらうか……」
総合代理店の担当者であるのかどうかは、関係ありません。
担当者が優秀であるか、どうか、という点が重要です。

ほとんどの方は、告知書の質問に次のように答えます。
「人間ドッグで、胆嚢ポリープが見つかり、3ヵ月後の再検査で、治療不要となったが、一年後にもう一度、検査するように言われた」

担当者が優秀ならば……
「エコー検査で3mmのポリープを発見したが、3ヶ月後の再検査でも、大きさに変化がなく、良性と判断された。現状では、治療の必要性はないとのこと。また、1年後の検査は、任意であり、心配ならば、受けなさいとのアドバイスを受けた」
と、告知するようにアドバイスをもらえるでしょう。

●検査を受けて、損をしたような……
という方は、大勢いらっしゃいます。
でも、それは、良性だったからです。
もしも、それが、悪性だった場合、検査を受けて良かった……となります。
胆嚢がんは、自覚症状がなく、しかも、構造的に転移しやすく、見つかったときには、手遅れということが多いがんです。

検査を受ける前に保険に契約すれば……というのは、その通りです。
ですが、がん保険には、3ヶ月間の不担保期間がありますから、保障の対象外となりますし、普通の医療保険でも契約後1ヶ月でがんと診断されれば、徹底的な調査をされることになり、「がんと診断されて、生きるか死ぬかというときに」調査を受けて、不快な思いをされることもあると思います。

長い目で見れば、保険に契約できるかどうか、不担保が付くかどうかは、大した問題ではなく、たとえ悪性という結果が出ても、普通なら、発見できなかった早期がんですから、良かったことだと思います。
ご参考に
http://ganjoho.ncc.go.jp/public/cancer/data/gallbladder.html

ご参考になれば、幸いです。

まずは、質問からお答えします。
(1)間ドックで「要検査」が出ている状態で保険に加入する……
(A)契約できません。書類審査ではじかれます。門前払いです。

保険金額や条件等に違いが出てくるのでしょうか?
(A)保険金額のアップまたは部位不担保、または両方の条件が付く可能性が高いです。
どのようになるのかは、保険会社の判断によるので、一概には言えません。

(2)どちらが良いか……
契約ルートは、関係ありません。
しかし、代理人を通した方が良いと思います。
ただし、「保険代理人...続きを読む

Q生命保険の相続税非課税について

保険金500万円X相続人の数までの生命保険金には相続税はかからないそうですが、これは、相続税の申告書を提出して初めて適用されるものでしょうか?

Aベストアンサー

被相続人の死亡によって取得した生命保険金や損害保険金で、その保険料の全部又は一部を被相続人が負担していたものは、相続税の課税対象となります。
おっしゃるように非課税限度額がありますが、その適用条件に「申告書の提出」はありません。

申告書を出していても、出してなくても、「保険金500万円X相続人の数までの生命保険金には相続税はかからない」です。

参考URL:http://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4114.htm

Q保険加入後の通院と告知義務違反

保険加入後何ヵ月か経って、メンタル系の病院にかかった場合
加入当時から発症してたと診断されて、契約自体無くなる事ありますか?

ずっと胃が強くない方で、市販のキャベジンを普段から飲んでたんですが
ある状態の時に強く感じるので、ネットで調べたら
嘔吐恐怖に当てはまるので通院してみようかと思ってます。

ただ、思い出してみると小さい頃からそんな気はあったので
他の病気で入院給付した時に、発症は小さい頃からと判断されて
告知義務違反とされる可能性があるなら解約しようかと迷ってます。
(医師にいつ頃から症状があると聞かれるはずなので、カルテに記載されると思います)

Aベストアンサー

>保険加入後何ヵ月か経って、メンタル系の病院にかかった場合加入当時から発症してたと診断されて、契約自体無くなる事ありますか?
(A) 契約自体がなくなることはありません。
また、そのような通院だけを保障する保険はないので、保険会社に給付金を請求することもないと思います。
つまり、保険会社に何も言わなくて良いです。

このような場合、給付金が支払われないのは、「責任開始日前発病」というものです。
保険は、保険が有効となる責任開始日以降の病気やケガについて保障しますから、それ以前に発病していた、ケガをしていたという場合には、保障の対象としないというものです。
告知義務違反とは違います。

告知義務違反とは、発病したことを知っていて、しかも、病院で治療を受けたことを告知しないことです。
さらに、最近では、悪質な告知義務違反でなければ、それを理由に契約を解除しない……という傾向にあります。
例えば、1年前にカゼで病院に通院したことをうっかり忘れていたというような場合には、告知義務違反で契約解除にはしない……というものです。
ただし、3年前に手術を受けていたというような場合は、手術は滅多にないことなので、うっかり忘れたとは考えにくいので、告知義務違反とする……というわけです。

ご参考になれば、幸いです。

>保険加入後何ヵ月か経って、メンタル系の病院にかかった場合加入当時から発症してたと診断されて、契約自体無くなる事ありますか?
(A) 契約自体がなくなることはありません。
また、そのような通院だけを保障する保険はないので、保険会社に給付金を請求することもないと思います。
つまり、保険会社に何も言わなくて良いです。

このような場合、給付金が支払われないのは、「責任開始日前発病」というものです。
保険は、保険が有効となる責任開始日以降の病気やケガについて保障しますから、それ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報