人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

以下の文(A)を書いたところ、
A:○○君はスキルを獲得したことで××部門の支援を行えるようになる
以下のように(B)になおされました。
B:○○君はスキルを獲得したことで××部門の支援が可能になる

なおした人によると、文の最後が冗長な感じがするからなおしたということでした。しかし私にとって、Bの文は主語が2つあるような感じがして、読みにくいのです。なお、支援は○○君にとって可能になるでも、○○君の属する部署として可能になるでも構わない内容でした。

そこで質問なのですが、
1)Aの文は冗長に感じますか?
2)Bのような文でもスムーズに読めますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

>>No.6さん


単純に長ければ冗長というのならば「やまとことば」は全面的に廃止した方がいいって話になっちゃいますよ。
そもそもAもBも(質問者様には申し訳ないですが)微妙さで言えば同じくらいなわけでして、単純に「部門」や「支援」という言葉のイメージが「可能」という言葉の堅さと親和性がいいだけです。またそれらの言葉からコンテキストが勝手に推測されるだけで、たとえば「XX君は家庭科で味噌汁の作り方を勉強したので夕食の手伝いが可能となった」などと書いたら一気にバカっぽいです。Aに違和感を覚えたというのならば「行える」が他の単語との親和性が低かったことによる違和感であり、それは冗長であるかどうかという問題とは次元が異なる話です。
Bは「可能」という言葉で親和性を高めたという点では評価できますが、逆に漢語を連続させたことにより、全体に対する「スキル」の親和性が薄まってしまい、局所的にはともかく鳥瞰はできていないと思います。むしろ自分はこちらに対してより強い異物感を覚えます。
漢語を好むか和語を好むか、難解な言い方を好むか平易な言い方を好むかは得てして本人の感性によるものが大きいので、Aのような文章を書く質問者様が「ご自身の文章を」Bのように訂正された場合は違和を覚えるのがむしろ当然かと存じます。そこらへんの感覚がしっくりこないことに対して「質問者さんは慣れが足りないなあ~」と言うのは構いませんが、字数が多いなどのもっともらしい理由で「あなたの感性がおかしい」というのは度が過ぎた話でしょう。機械的に文章の是非を判断するのは誰のためにもなりません。
ビジネス文書はもっとガチガチした方がいいという主張でしたら「そういうもんかねえ」でいいのですがね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

そういう考え方もあるのかと感に入りました。

>ビジネス文書はもっとガチガチした方がいいという主張でしたら「そういうもんかねえ」でいいのですがね。

そういうことが必須という内容でもなかったうえに、指摘者もそういう理由は述べなかったので、もやもやしておりました。他に冗長と思えるという方もいたように、指摘者には冗長に思えたのでしょう。今から考えれば、機械的なことがらではなく、人間が行う「支援」なので、「行えるようになる」でも良いようはずだと反論していたらどうなったかなと思います。

お礼日時:2008/10/18 14:05

> 獲得した『が』とされているところが気になります。


> 順当であるべき内容なので逆説の『が』はそぐわないのではないでしょうか。
詳しくは文法書――とまでいかなくても辞書を見ていただければ構いませんが、「『が』は逆説」ってのは思い込みですよ。
順接にも逆説にもその他もろもろなんにでも使える玉虫色の接続助詞で、一般に「うまい文章を書きたいんなら、『が』には気をつけろ」と言われているとかいないとか。

まあ自分の用法に絶対の自信があるわけではありませんが、今までこの質問に回答していて「質問者さん、若干受験国語的なバイアスがかかってるなあ……」と思ったので、それだけお伝えしておきます。

この回答への補足

再度の書き込みありがとうございます。

>「『が』は逆説」ってのは思い込みですよ。

分かりました。以下の文は、『が』は逆説という思い込みをなくして読むと内容的には問題ないように思えてきました。ただ、どういう意味の接続助詞として使っているのか、分かりにくくないのかと今度はそれが気になります。これが、「『が』には気をつけろ」ということなのでしょうか。

>XX君はスキルを獲得したが、XX部門の支援がそれによって可能になった。

それと、逆説ではないと考えるようになったことで今度は、「獲得した『が』、XX部門の支援『が』」というふうに『が』が重なっているところが気になってきました。こういうところを気にするのが、「受験国語的なバイアス」なのでしょうか?なお、私は普段、逆説の文で、文後半の主語が「○○が」となっている場合には「ものの」を使うようにして「が」の重なりは避けるようにしています。

補足日時:2008/10/23 15:46
    • good
    • 0

追撃です。



> このへんを玉虫色のままに置いておきたい場合は、
個人的には「玉虫色」であるのは文章として好ましくないと思いますけどね。
結果的にそうとれるものになってしまうのならともかく、書き言葉で推奨されるのはミステリーのトリックくらいかしら。
正直に言うと「部署として可能となる」という読み方は原文においてもかなり無理があると思います。
あえてやるんなら……

XX君はスキルを獲得したが、XX部門の支援がそれによって可能になった。

みたいに近距離で入り交じりの文にしたら解釈しにくくて気持ち悪い度が増すかなあ……。
いずれにせよお勧めできるもんじゃないので、そうしておきたい理由を提示してもらえると別な解決策なら提示できるかもしれません。
そもそもオリジナルの資料からどちらかが読み取れないのでお茶を濁すということでしたら、確認を取るべきだと言えますし。そういうバックグラウンドも含めて「言葉の問題」だと思うですよ。

この回答への補足

私も「玉虫色」の表現は好きではないのですが、本人だけに限定された話なのか、実は部門が主体なのか、前後の資料が少なかったので判断がつかなかったのです。今回は納品まで時間が非常に短かったことと、孫請け状態だったことが原因で、どちらか確かめることは無理でした。人と部門のどちらでも構わないと書いた時に、逆にどちらか決め打ちの文にもしたくないとも書くべきでしたね。すいません。

>XX君はスキルを獲得したが、XX部門の支援がそれによって可能になった。

せっかく案を出していただいたものの、獲得した『が』とされているところが気になります。順当であるべき内容なので逆説の『が』はそぐわないのではないでしょうか。

補足日時:2008/10/21 06:31
    • good
    • 0

Bはたしかに主語がふたつありますがマイナス面ではなく


よくある正しい文章です。「彼が掃除を終えたので床が光る」と
同じです。これが読みにくいというのはあなたの感性が
おかしいのです。
AB意味は同じでAの方が字数が多いから、
冗長という判断は正しく、この点あなたから反論がありません。
つまり、仮にBにマイナス面があっても、あなたは
「ABプラマイ比較して同じあるいはAの方が良い」と
言えてないのだから反論になりません。
また、
「支援は○○君にとって可能になるでも、○○君の属する部署として可能になるでも構わない」は無関係です。

1)Aの文は冗長に感じますか?
★字数が多いのだから比較では冗長です。

2)Bのような文でもスムーズに読めますか?
★読めます。

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。

>「彼が掃除を終えたので床が光る」と同じです。

私には同じには思えません。なぜなら、これは彼『が』という文だからです。

「○○君がスキルを獲得したことで××部門の支援が可能になる」であれば、私も主語が2つという違和感はそれほど感じないと思います。ただし、○○君『が』とことさら強調する(△△さんではだめだった)という内容ではなかったため、元々の文の主語は○○君『は』となっていたのです。

>AB意味は同じでAの方が字数が多いから、冗長という判断は正しく

字数が多いということはそうですが、だからといって、すなわち冗長と言い切れるのかは未だに疑問です。

Bでもスムーズに読めるとい意見もあることは分かりました。

補足日時:2008/10/18 13:49
    • good
    • 0

AもBもそんなにちがわないように思います。


なぜAが「ダメ」でBにしなければならないのか疑問です。
Bだって文句をつけようと思えば、あなたの指摘のように
良い文章とはいえませんから。
Aを直すということは趣味の次元の問題でしょう。
そもそも他人の文章を直すというのは傲慢です。
その方にどれだけの力量や資格があるのでしょうか。
まったく文法次元の話ならそれは直すべきですが、
文は人なりというようにAの文章はあなたの表現です。
どちらが良くてどちらが悪いかとは決められないでしょう。
Aの文章で十分立派に通用します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

ちょっと落ち込んでいたので、ほっとしました。

お礼日時:2008/10/18 13:48

長い修飾句を文の中間に置いてあることによってAもBも構造が悪くなっている。

下記のように、長い修飾句を文頭に出すべし。
ただでさえあいまいになりやすい日本語では修飾語の配置を十分分析的に検討せねばなりません。語順に注意せよ、です。

このように直すならば読み易さについては、音読したらわかるが、ABどちらも変わりない。

A:○○君はスキルを獲得したことで××部門の支援を行えるようになる⇒
スキルを獲得したことで○○君は××部門の支援を行えるようになる

B:○○君はスキルを獲得したことで××部門の支援が可能になる⇒
スキルを獲得したことで○○君は××部門の支援が可能になる

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。

確かに、「スキルを獲得したことで」を前に出すことによってすっきりしますね。このように変更した後でも、A:「支援を行えるようになる」でもB:「支援が可能になる」でもどちらでもよいのでしょうか。

それと、「支援は○○君にとって可能になるでも、○○君の属する部署として可能になるでも構わない内容」なのですが、提案いただいた文だと、○○君にとって支援が可能なるという場合に限定されますよね。このへんを玉虫色のままに置いておきたい場合は、どうすれば良いとお考えでしょうか?

補足日時:2008/10/18 06:12
    • good
    • 0

1)冗長に感じます


2)違和感ありません
全体の文体との兼ね合いがありますが、簡潔に書きたいならBがいいですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

他の方も書かれていますが、Bでも問題はないのですね。分かりました。
ただ私個人としては、なおすほど冗長なのか、まだちょっと気になるのですが。

お礼日時:2008/10/17 20:54

理系出身の文系としてはどっちも微妙ですが(笑)。



日本語において「主語がふたつある!」とか言うことは正直無意味です。内容が同じなのに言い換えたら気になったなんてものは特に。
むしろ気を払わなければならないのは述語で(英語が主語中心なのに対して、日本語は述語中心なんですよ)、主語は「自分が主語だと思ったもの」を採用しておけば構いません。
ここらへんの詳しい説明は「主語不要論」あるいは「象は鼻が長い」などで検索をしてみてください。

ちなみに質問文は、また言い換えを行いますけど、
XX君【S】はスキルを【O】獲得した【V】ので、(XX君は【S'】)XX部門を【O'】支援できる【V'】。
といった感じでどうですか? ふたつあるのは述語なので、SVの形式に収めるとしたら主語が省略されてるんだなと考えればいいでしょう。

おまけで、B風のお堅い文章に置き換えると、
XX君がスキルを獲得したことによってXX部門への支援が可能となった。
あたりでしょうかねえ。コンテキストが分からないので何とも言えませんが。

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。

>XX君【S】はスキルを【O】獲得した【V】ので、(XX君は【S'】)XX部門を【O'】支援できる【V'】。といった感じでどうですか?

「支援は○○君にとって可能になるでも、○○君の属する部署として可能になるでも構わない内容」なのですが、提案いただいた文だと、○○君にとって支援が可能なるという場合に限定されますよね。このへんを玉虫色のままに置いておきたい場合は、どうすれば良いとお考えでしょうか?

補足日時:2008/10/17 20:45
    • good
    • 0

どちらの文も前半が過去形で後半が現在形なのが気になります。


「獲得することで」にするか、「行えるようになった」「可能になった」のどちらかでしょう。で、質問に答えると、
1)ビジネス文書ならば「行えるように」という可能動詞よりもBのように書くのが普通でしょう。
2)Bのほうがスムーズに読めます。

理系ならB,文系ならAといったところでしょうか。私は理系なのでBですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

>どちらの文も前半が過去形で後半が現在形なのが気になります。

まだ「××部門の支援」を行ったわけではないので、文の後半はあえて現在形にしていました。また、実は求められれば支援できるようになったというニュアンスも出したかったためです。質問でどの程度コンテキストを説明すればよいのか判らず、後出しじゃんけんみたいになってしまって申し訳有りません。

確かに、私は文系で指摘者は理系です。

お礼日時:2008/10/17 20:44

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q主語が二つ??英文の日本語訳および文法の意味を教えてください

英文の日本語訳および文法の意味を教えてください

We often call people we love dear.

この文の people we の意味がわかりません。
主語がふたつみたいに見えるんですが・・・。

名詞の同格というヤツなんでしょうか?けれど、その同格というのもどういうものなのか
よくわかりません。詳しく教えてください。

Aベストアンサー

"we love" は、"people" を修飾しています。
文の構造としては、以下のようになります。

S = We
V = call
O = people (we love)
C = dear

訳としては「私達は、愛している人を、よく "dear" と呼ぶ」と
なると思います。

Q主語と述語

小学4年生の子どもに、主語と述語を教えていたのですが、下の文の主語と述語はどうなりますか?
「ぼくのいもうとは、なわとびがうまい」
主語はいもうと
述語はうまい
となるのか、
主語はいもうと
述語はなわとびがうまい
になるのか。。。?

答えはついていないので、ありません。
教えていただけませんか。

Aベストアンサー

文から主語と述語を選ぶときは、それぞれ一つの"文節"を選ぶことになります。
ご質問の文章を文節に分けるとこのようになります。

「ぼくの」「いもうとは」「なわとびが」「うまい」

ですので、述語は「うまい」になります。
次に、「うまい」のは誰か・何かというのを考えますと、主語は「いもうとは」になるかと思います。

ちなみに、「なわとびがうまい」は文節が2つ以上あることになりますので、これは"述部"という言い方をされます。

QWordで、1ページを丸ごと削除するには?

1ページしか必要ないのに、真っ白な2ページ目がその下に表示されてしまった場合、この余分な2ページ目を一括削除(消去)する為に、何かいい方法があるでしょうか?

Aベストアンサー

<表示されてしまった場合>
これはそれなりに理由があるわけで、改ページや改行によって、次のページにまで入力が及んでいる時にそうなります。
特に罫線で表を作成し、ページの下一杯まで罫線を引いたときなどには、よくなる現象です。

さて、メニューの「表示」で段落記号にチェックが入っていないと、改行や改ページなどの入力情報が見えず、白紙のページを全て選択→削除してもそのままということが良くあります。
1 改行マークが白紙のページの先頭に入っていれば、それをBackSpaceで消してやる。
2 罫線を使っている場合は、それでも効果がない場合がありますが、その時は行数を増やしてやる。
などの方法があります。

Qエクセルで計算すると2.43E-19などと表示される。Eとは何ですか?

よろしくお願いします。
エクセルの回帰分析をすると有意水準で2.43E-19などと表示されますが
Eとは何でしょうか?

また、回帰分析の数字の意味が良く分からないのですが、
皆さんは独学されましたか?それとも講座などをうけたのでしょうか?

回帰分析でR2(決定係数)しかみていないのですが
どうすれば回帰分析が分かるようになるのでしょうか?
本を読んだのですがいまいち難しくて分かりません。
教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

★回答
・最初に『回帰分析』をここで説明するのは少し大変なので『E』のみ説明します。
・回答者 No.1 ~ No.3 さんと同じく『指数表記』の『Exponent』ですよ。
・『指数』って分かりますか?
・10→1.0E+1(1.0×10の1乗)→×10倍
・100→1.0E+2(1.0×10の2乗)→×100倍
・1000→1.0E+3(1.0×10の3乗)→×1000倍
・0.1→1.0E-1(1.0×1/10の1乗)→×1/10倍→÷10
・0.01→1.0E-2(1.0×1/10の2乗)→×1/100倍→÷100
・0.001→1.0E-3(1.0×1/10の3乗)→×1/1000倍→÷1000
・になります。ようするに 10 を n 乗すると元の数字になるための指数表記のことですよ。
・よって、『2.43E-19』とは?
 2.43×1/(10の19乗)で、
 2.43×1/10000000000000000000となり、
 2.43×0.0000000000000000001だから、
 0.000000000000000000243という数値を意味します。

補足:
・E+数値は 10、100、1000 という大きい数を表します。
・E-数値は 0.1、0.01、0.001 という小さい数を表します。
・数学では『2.43×10』の次に、小さい数字で上に『19』と表示します。→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8C%87%E6%95%B0%E8%A1%A8%E8%A8%98
・最後に『回帰分析』とは何?下の『参考URL』をどうぞ。→『数学』カテゴリで質問してみては?

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%9E%E5%B8%B0%E5%88%86%E6%9E%90

★回答
・最初に『回帰分析』をここで説明するのは少し大変なので『E』のみ説明します。
・回答者 No.1 ~ No.3 さんと同じく『指数表記』の『Exponent』ですよ。
・『指数』って分かりますか?
・10→1.0E+1(1.0×10の1乗)→×10倍
・100→1.0E+2(1.0×10の2乗)→×100倍
・1000→1.0E+3(1.0×10の3乗)→×1000倍
・0.1→1.0E-1(1.0×1/10の1乗)→×1/10倍→÷10
・0.01→1.0E-2(1.0×1/10の2乗)→×1/100倍→÷100
・0.001→1.0E-3(1.0×1/10の3乗)→×1/1000倍→÷1000
・になります。ようするに 10 を n 乗すると元の数字になるた...続きを読む

Q「該当」と「当該」の違い

辞書には、「該当」・・・その条件にあてはまること。「当該」・・・その事に関係がある。
・・・とあります。
“あてはまる”と“関係がある”、微妙に違うようで似ているようで、お恥かしいのですが私にははっきり区別ができないのです。
該当とすべきところを当該としたら、意味はまったく違ってくるでしょうか?
わかりやすく両者の違いや使い方を解説していただけませんか?宜しくお願いします。

Aベストアンサー

よく似た意味の言葉(名詞)ですが、

○該当…「する」をつけて「当てはまる」という意味の動詞として用いることができる

○当該…主に他の名詞の前につけて「今議論の対象になっている、まさにそのもの」という意味で内容を限定する形容詞的な形で用いる

といった違いがあります。逆の用法はありません。

・この条件に当該する人は申し出てください。

・○○事件につき、該当被告人を有罪に処す。

いずれもおかしな使い方で、反対でないとアウトです。

ご参考になれば幸いです。

Q主語とは?動詞とは?中学生にどう説明しますか?

女子大学生です。中学2年生の家庭教師をしています。

今日指導に行ってきたのですが、「この文で動詞はどれ?」と言ったら「動詞って何?」と言われてしまい、うまく説明できませんでした。自分が習ったときは、割とすんなり飲み込めたせいだと思うんですが。
また「Many people live in Tokyo」のような文で「Many peopleが主語だよね」と言ったら、「えっ、主語って単語のことだと思ってた」と言われました。

成績は中の下くらいのコです。he-his-himの変化を今でも覚えられていません(I、you、sheは覚えているのですが)。

主語、動詞などについて、中学生にも分かりやすいような説明を教えていただけませんでしょうか。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

まずは単語を覚えてもらいましょう。今の中学生は、「覚える」という努力をさせられていません。格変化が覚えられていないのも、努力をしていないからです。今のたいていの公立学校は、「単語は、そのうちに覚えてね~」って感じです。

で、主語、動詞についてですが、まず、動詞とは何か。日本語にして語尾を延ばしたときに「ウ」となるもの、です。「走るぅ」「住むぅ」「起きるぅ」「働くぅ」などなど。
なので、Manyの意味は?「たくさんの」。peopleの意味は?「人々」。liveの意味は?「住む」。inの意味は?「どこそこに」。Tokyoの意味は?「東京」。と一つずつ答えて貰って、「語尾を延ばしてウになるものはどれかな?」と確認しましょう。「たくさんのぉ」「ひとびとぉ」「住むぅ」あ、ウになった!って感じですよね。
そして、主語とは。動詞の前にある名詞の単語のかたまり。です。名詞とは?物の名前です。これでいいと思います。
中学生に、小難しい文法用語はいりません。これで、話が通じると思いますよ。

頑張ってくださいね。

Q「ご連絡いたします」は敬語として正しい?

連絡するのは、自分なのだから、「ご」を付けるのは
おかしいのではないか、と思うのですが。
「ご連絡いたします。」「ご報告します。」
ていうのは正しい敬語なのでしょうか?

Aベストアンサー

「お(ご)~する(いたす)」は、自分側の動作をへりくだる謙譲語です。
「ご連絡致します」も「ご報告致します」も、正しいです。

文法上は参考URLをご覧ください。

参考URL:http://www.nihongokyoshi.co.jp/manbou_data/a5524170.html

Q「○日までに」の意味、その日は含むor含まない?

提出期日などで、「20日の会議までに提出」という文章の場合、20日は含まれるのでしょか。それとも含まれなくて、19日のうちに提出しなければならないのでしょか。「までに」という言葉は、その日も含むのかそれとも含まないのか疑問です。「以下」と「未満」のように、対象となっている数字などを含む・含まないが明確に決まった言葉なのか、それとも含む・含まないは、その使われ方によって異なるのか教えてください。

Aベストアンサー

「まで」は、時・所・事態の終点(到達点)を指す概念なので、「○○まで」と言った場合「○○」を含みます。
例えば「新幹線で新大阪まで行く」と言った場合、一つ手前の京都で降りるわけではありません。
また、14時からの会議があるとして「会議の30分前までに提出しなさい」と言えば、13:30ジャストが提出期限になります。
したがって、「20日の会議までに提出」と言えば20日に出せば十分です。

【以下余談】
このように「まで」の意味自体は明確ですが、会議というものは普通始めるまでに色々と準備があります。これが会議での発表資料の作成を上司が部下に命じたケースだった場合、上司自身が事前に目を通しておく必要もあるでしょうし、出席者の人数分をコピーして予め全員の席に配布しておかなければならない場合もあります。しかもその資料が相当なボリュームだった場合は・・・?
もし上司が「20日の会議までに頼む」と言った場合、そういった諸々の作業も含めて “会議に間に合うように” 提出せよという意味に他なりません。会議直前に持って行けば確実にどやされますし、「だって “会議までに” って言ったじゃん‥」などと言えば、間もなく人事から解雇予告があるものと覚悟しましょう ( ^^;

「まで」は、時・所・事態の終点(到達点)を指す概念なので、「○○まで」と言った場合「○○」を含みます。
例えば「新幹線で新大阪まで行く」と言った場合、一つ手前の京都で降りるわけではありません。
また、14時からの会議があるとして「会議の30分前までに提出しなさい」と言えば、13:30ジャストが提出期限になります。
したがって、「20日の会議までに提出」と言えば20日に出せば十分です。

【以下余談】
このように「まで」の意味自体は明確ですが、会議というものは普通始めるまでに色々と準備があり...続きを読む


人気Q&Aランキング