出産前後の痔にはご注意!

よろしくお願いします。
「副部長」の英語表現について教えてください。
Googleで調べたり辞書を引いたりすると1つではなく
いくつか表現がわかれているようです。
恐らく、その会社によっての役割の質に応じて
考える必要があるのでは?と考えていますが、
「副部長」の一般的な英語訳は何になる、
こういう位置にいる場合はこういう訳になる、
というのはありますか?

deputy manager
deputy general manager
assistant manager
deputy Director

また、副部長と部長代理では何が違うのでしょうか・・・?
さらに、「sub」は「副」を表す単語だと思いますが、
部長や主任に対する「副」に使用するのは適切でしょうか。
(Googleではあまりその用途では引っかからなかったため)

どうぞよろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

Assistant Director (部長補佐) で十分かと思います。



経営陣レベルですと Vice president (副社長) のように vice も用いられますが、部長級で用いている例は見たことがありません。

そもそも日本語でも「副部長」というのが一般的な役職か、という大前提の問題もありますが。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。
お礼の書き込みが遅くなり申し訳ございません。
参考にさせていただきます。

お礼日時:2008/12/07 10:56

● Deputy Manager/副課長または課長代理


現在の日本の企業においては、課長はひとつの課の長であるというより、ひとつの身分を表しています。 その意味では課長代理が適訳です。

● Deputy General Manager/General Managerが部長です。 部下に4,5人の課長を部下に持つ。 必ずしも五つの課を束ねてはいない場合が多いと思います。 日本的に言えば、課長と言う職位の人間を束ねているのが部長であり、彼を補佐するのが部長代理、副部長、次長。 《副部長》という訳が適しています。

● Assistant Manager/Managerの直属の部下。 主任という訳が多いと思います。 

● Deputy Director/Directorは組織(研究所、支社、工場、本社の場合は事業本部)を指揮命令する立場にある職位を示しています。 一般には、この職位は役員(取締役)であることが想定されます。 副工場長とか工場次長と訳されます。

Manage/Directの職務としての違い

Manage/handle instruments or conduct work 部下に機装置の使い方を教育訓練し、その一連の装置の運転を管理する。 又は事務販売業務等においては、日常業務を管理、指揮命令する。  日常業務についての命令と管理監督

Diretor/to give authoritative instructions to his sub-ordinates, supervising 本社の最高首脳より全面的な権威を与えられている。 組織構成員全員の人事権を掌握している。 指揮監督権を持っている。 この人の行為は会社を代表していると解釈され、それだけの責任をも負うことになる。 組織全体の人事権を含めた全権を掌握している。 

時には、会社を代表して《表見代理》の責めを負うことにもなる。 
    • good
    • 2
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。
お礼の書き込みが遅くなり申し訳ございません。
参考にさせていただきます。

お礼日時:2008/12/07 10:57

こんにちは。



1.
ご言及の通り、その会社によって肩書きや呼び方は違いますよね。僕の経験からお話しいたします:

(1)
deputy manager (課長も Manager)
deputy general manager (これが副部長)
assistant manager (課長補佐くらい)
deputy Director (Director とは役員、取締役)

、、、「副部長 = Deputy General Manager」が適切だと考えます。「Manager」が結構広範囲でカバーしていて、課長も係長も Manager ですが、「General Manager ⇒ 部内を広範囲に渡って全般的に Manage する」人は、大抵各部に一人しかいません。DirectorがGMを兼ねている場合も多々あります。

(2)
その直属のNo.2ということで「DGM」が適当です。大きな会社では、担当業務によって DGM が部内に二、三人いる場合もありますね。

(3)
米国政府のVice Presidentというと「副大統領」ですが、実社会では Senior VP、VP、Assistant VPという具合に、VPという肩書きの人が部内に複数いるのが普通です。なのでちょっと混乱すると思いますよ。

2.
また、副部長と部長代理では何が違うのでしょうか・・・?

(1)
僕が勤務していた日本企業では、「副部長」とはまさしくその部、つまり営業部、海外部、総務部などそれぞれにおける「No.2」の人です。なので、「支社長」の次のランク、すなわち「副支社長」に相当するのでしょう。

(2)
「部長代理」というと多くの場合、いわゆる「一般部員」を指します。つまり部長、副部長、次長がいてそれ以外の部員は「部長代理」ということですね。それでも何故「部長代理」とするかというと、日常取引先との折衝をする中で「一般部員」という名刺を出すのと「部長を代行するだけの権限を有している」というのを出すのでは、決定的に相手の心証や感受の仕方が違うからですね。

3.
「sub」は「副」を表す単語だと思いますが

、、、部下のことを一般的に「subordinates」と呼びますが、少なくとも米国では肩書きで「sub」という言い方はしません。「副」はランクによって Deputy、Assitant、Associate ですね。なので肩書き上の「副 ⇒ Sub」は適切でないと考えます。第一、「サブプライム」なんて連想されても困りますしね 、、、


ご参考までに。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。
お礼の書き込みが遅くなり申し訳ございません。
参考にさせていただきます。

お礼日時:2008/12/07 10:56

『研究社 ライトハウス和英』の「副」の項には次のような定義があります。


・(主になる人の次の位の)vice-
・(下位の)sub-
・(一緒に働く)co-
・代理役の deputy
・補佐の、補助の assistant
・準じる associate

さらに「会社の組織と役職名」というコラムがあり、
・部長 general manager/ director/ manager/ vice-president/ division (department) head
・副部長 deputy general manager/ deputy director/ assistant (to) general manager
・部長代理 acting general manager/ assistant (to) general manager
…とあります。

要するに、それぞれの企業・組織で勝手に表現を決めるということですね。御覧のように、ここには"sub-"という肩書きは出て来ません。名刺に書く時、"sub-"では様にならないということではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。
お礼の書き込みが遅くなり申し訳ございません。
参考にさせていただきます。

お礼日時:2008/12/07 10:55

vice って表現もありますけどね.


でも, これは会社によると思う.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。
お礼の書き込みが遅くなり申し訳ございません。
参考にさせていただきます。

お礼日時:2008/12/07 10:54

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q名刺、本部長の肩書きの英語表記

名刺の英語版に営業本部 本部長の肩書きを英語表記したいのです。どなたか教えて下さい。

ちなみに営業部 部長はGeneral Manager of Sales Divisionにしたのですが、英語では本部長も部長も厳密な区別なしって、書いてありました。
一緒でいいのでしょうか?

Aベストアンサー

英文の組織名(含、役職)を考えるときは、まずその会社の全体組織の構成がどうなっているか、が関係してきます。全体の構成(つまり英文名)を考え、部署名(役職名)を考えます。

貴社の構成がどうなっているのかわかりませんので、一般的な英文名の作成の仕方について書きます。

貴社の営業本部ですが、この本部の下に複数の部がある(よって、本部長の下に複数の部長がいる)という前提です。

1.部署名(営業本部)について

会社によってまちまちです。

本部 Group  部 Division
本部 Division  部 Department

などとなっています(確かトヨタは「国内営業本部」の英語名は Domestic Sales Operations Groupとなっていたと思います)。が、これは、あくまでもその企業としてどういう英語をあてがうかです(ちなみに、division の上にでdepartment という組織もあります。 米国の「省」はdepartmentですし)。もっとも、英語としておかしい使い方はだめですが。

2.役職名(本部長)

これも、その企業としてどういう英語を使用するかですが、部長がGeneral Managerとなっているなら、それより「上」を意味する表現にする必要があります。例えば、Executive General Managerといったように。

また、本部長は専務や常務といった取締役ないし執行役員が兼任しているところが多いかと思います。その場合は、

専務兼販売本部長だとSenior Managing Director and Executive General Manager of Sales Group のような感じになりますが、英文版ではSenior Managing Directorのみ(日本語名刺は本部長という名があっても良いですが)にした方がいいかと思います。専務だが管掌部門が営業(のみ)なのでその意味合いも、なら、Senior Managing Director - Sales。が、Sales だけだと音の響きも悪いし、「重さ」も感じないので、Managing Director - Sales Operations のような感じはどうでしょう(しかし、そうであっても、英語の名刺はManaging Directorのみをお奨めします。当社の「専務」でしたら、その名刺はSenior Managing Directorのみにします)。「営業部」はSales Divisionのような言い方でなく、Sales Operations Divisionとか、部の業務内容によっては、Sales Planning and Operations Division とかの名称にしたらどうでしょう。いずれにせよ、その部の業務・活動内容を大いに反映させるべきです。日本語が「営業」だからといって、即Salesは避けたほうがいいです。

上記の例で、「常務」ならSeniorをとります(「専務」「常務」の英語名称だって、その会社で決めるものですから、他の言い方もありますが)。

英語を母国語とする人達と英語の組織名や役職名のありかたについてよく話し合ってきました(それで正式英文名にしています)。貴社の組織構成や部署の業務内容をまったく知らずの回答ですが、一つの考え方としてご参考になればと思います。

英文の組織名(含、役職)を考えるときは、まずその会社の全体組織の構成がどうなっているか、が関係してきます。全体の構成(つまり英文名)を考え、部署名(役職名)を考えます。

貴社の構成がどうなっているのかわかりませんので、一般的な英文名の作成の仕方について書きます。

貴社の営業本部ですが、この本部の下に複数の部がある(よって、本部長の下に複数の部長がいる)という前提です。

1.部署名(営業本部)について

会社によってまちまちです。

本部 Group  部 Division
本部 ...続きを読む

Q代表取締役社長と取締役会長を英語で表記する場合は?

名刺に表記する英語の肩書きについての質問です。
色々調べた結果Presidentという表記はあまり使わないと分かったので
代表取締役はCompany Executive またはManaging Directorが良いかと思うのですが、
代表権のない会長をChairmanにするとChairmanの方が偉そうな感じがするのですがどうでしょう?
でも小さな会社なので、CEOとするのは大げさな気がするのですが、
代表取締役社長の方を上位に感じさせる表記があったら教えてください。

Aベストアンサー

まず、このような名前はその国の法律(会社法)などに関係してきますから、「日本語のこれは英語ではこれ」と決まった表現は厳密にはないですから、その役職の内容に一番近い英語名(米国英語であることが多いでしょうが)を考えることになります。

例えば、「代表取締役」ですが、この語そのものはRepresentative Directorなどという英語になるかと思いますが、(1)英語国ではこのような名称はないようだ(あるかもしれないが見たことは?)、(2)日本の会社の代取はこのような英語名の名刺は持っていないのでは?(3)「代表取締役」という名称は英語国ではないようだ、 というような感じでしょう(断定ではありません)。

で、御社ですが、大切なことは、実質的な立場がどうなっているか?も大切な要素です。で、まず「会長」:

会長は「取締役会の議長」ですか?、代表権がないとのことゆえ、議長ではないと仮定して Chairman がいいかとおもいます。

今はどうなっているかわかりませんが、2年くらい前の伊藤忠では、議長でなく、代表でもない会長(前代取)を Chairman、代表取締役社長(議長)をPresident and CEOとしていました(英文アニュアルレポート)

代表取締役は社長、つまり代表取締役社長ですね?で、会社経営の実質のトップと明確にしたいのでししたら、President and Chief Executive Officer (Preseident and CEO)ではどうでしょう。CEOと会社の規模は関係ないですから。

Presidentは「(日本で言う)社長でない」ということはいつでもそうではないです。これは、その会社で組織構成で決めますから。トヨタ自動車の渡辺社長の英文タイトルは、英文アニュアルから見ると、Presidentのようです(CEOとか入っていない)。もちろん彼の日本語タイトルは代表取締役社長。私も、以前、米国の現地法人の代取社長をしていたときの英文タイトルはPresidentにしていました(CEOとかつけなく)。

代取がCompanyExecutiveとはなりません。これは「会社幹部(役員)」のような感じ。 Managing Director は、英国法系の国の会社の「社長」がよくつかう名称ですね。昨年合った英国企業の「社長」がこのタイトルでした。が、米語がひろまっているせいか、英国系の会社の社長のタイトルも最近は変わってきている気がします。いずれにせよ、御社の「代取」には使用は避けるべきでしょう(日本の会社の役職名としては「常務」がこのような英文になることが多いです)。

まず、このような名前はその国の法律(会社法)などに関係してきますから、「日本語のこれは英語ではこれ」と決まった表現は厳密にはないですから、その役職の内容に一番近い英語名(米国英語であることが多いでしょうが)を考えることになります。

例えば、「代表取締役」ですが、この語そのものはRepresentative Directorなどという英語になるかと思いますが、(1)英語国ではこのような名称はないようだ(あるかもしれないが見たことは?)、(2)日本の会社の代取はこのような英語名の名刺は持っていない...続きを読む

Q病院関係者名刺の英語表記について

病院関係者の名刺を作成中です。以下の肩書を英語で裏書きする場合の表記を教えていただけませんか

医療法人△△会 ○○病院  理事長 院長 医学博士
山田 太郎

医療法人△△会 ○○病院 副院長 医学博士
山田 次郎

Aベストアンサー

いただいた名刺を参考に作ってみるというのはいかがでしょう?

医学博士については、名前の後にPh.D.をつければ解決します。

院長はdirector、副院長だとassistant directorになるようですね。
医療法人などはそもそも、日本特有のものなので英語になるんでしょうか。medical corporationなどを使っているところもあるようです。社団法人日本医療法人協会がAssociation of Japanese Healthcare Corporationsになるようなので、Healthcare Corporationがいいかもしれませんね。
理事長はchairpersonやheadなどを使っているようです。

Taro Yamada, M.D., Ph.D.
The director of ○○ hospital
The chairperson of the △△-kai healthcare corporation

Jiro Yamada, M.D., Ph.D.
The assistant director of ○○ hospital

いただいた名刺を参考に作ってみるというのはいかがでしょう?

医学博士については、名前の後にPh.D.をつければ解決します。

院長はdirector、副院長だとassistant directorになるようですね。
医療法人などはそもそも、日本特有のものなので英語になるんでしょうか。medical corporationなどを使っているところもあるようです。社団法人日本医療法人協会がAssociation of Japanese Healthcare Corporationsになるようなので、Healthcare Corporationがいいかもしれませんね。
理事長はchairpersonやhead...続きを読む

Q兼任の肩書きってどう表現すればいいんでしょうか?

肩書きが兼任になる場合、「兼」というのはどう表現すればいいんでしょうか?
会長兼社長に手紙を送る場合、単純に、 Cairman and Managing Director としてしまっていいんでしょうか?
初歩的な質問ですいませんが、ご存知の方教えて下さい。

Aベストアンサー

海外企業の方々のビジネスカードでは、
 Cairman and Managing Director
 Cairman & Managing Director
 Cairman,Managing Director
のどの書き方もあります。
私はビジネスカードに書かれてあるとおりにしていますが、ない場合はどの書き方をしても問題ないと思いますよ。

Q英語で「担当者」は?

一覧表で「担当者」という欄を英語で書くときに適当な単語をご存知の方いらっしゃいますか?「the person in charge」だと長すぎてしっくりこないし、「contact (person)」としても、連絡窓口というわけではないから正しくないような気がしていつも迷ってしまいます。。

Aベストアンサー

例えば,ビジネスでは,owner というのをよく使います.責任者の意味もあり,その仕事を lead して行く立場です.ex) product owner, project owner, 等.
文脈によっては,manager からある仕事を任せられた場合に,assignee という場合もあります.状況により,他にもいろいろあります.
一語の条件が無い場合は,key person というのも.プロジェクトの場合は,ライン管理者でなくとも project manager になることもあります.team leader もそうですね.

「担当者」というのはかなり広い意味合いですから,まずどんな担当者かを決める必要があります.極端には,指示にしたがって命ぜられた仕事をこなすだけの人も「担当者」ですから.

Q英語の肩書き(役職)

こんにちわ。いつも助かってます。

現在、社内の肩書きを英語に変更しようと考えていますが、響きのいいものが思いつきません。

何か面白いのがあれば、教えてください。

取締役 → Managing Director
課長  → ????? Manager ←ここを教えてください
副課長 → Assistant Manager

Managerだけでは短いので、
頭に何か単語を追加したいと考えています。

よろしくおねがいいたします。

Aベストアンサー

取締役はdirectorにできれば内容を、たとえばDirector of Sales, Technical Directorのように。Managing Directorは日本では通常常務取締役の定訳になっていますが、欧州ではManaging directorはにほんの社長に相当するのであまりいいとはいえません。

課長はChief of XXとかManager of XXでいいでしょう。副はAssistant あるいはDeputyでOKです。

Q会社の「部」「課」「事業本部」などに該当する単語

 標記の単語につきまして、私が知る限り、次の三つの単語があります。

・department
・division
・section

 これらの単語の上下(包含)関係、使い分けなど、なるべく世間一般に広く共通する使い方を、ご教授頂けますでしょうか。私の感覚では、“section”は一番小さい単位で、“department”や“division”の中に含まれると思うのですが、“department”と“division”の大小関係が分かりません。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

世間一般に ということであれば Division→Department→Section で良いと思います
会社によっては DivisionとDepartmentが入れ替わっているところもあるので
ややこしいですよね

Qdirectorってどんな役職?

 先日、プライベートで外国人の方からお名刺を頂きました。で、そこにdirectorと書かれていたのですが、いったいどのような役職なんでしょうか?ご本人はpublisherだとおっしゃっていましたが、仕事の話は聞きにくいのです。
 辞書を見て、管理職だということはイメージできたのですが、どうもピンとこないのです。例えば日本語で「常務」とか「専務」というような、具体的な訳語はありますか?部署名は書かれてないので、何かの部署の長とは違うのかなと自分では思いました。また、辞書には海外では日本ほど厳密な役職名はないみたいに書かれているのですが、実際どうなのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

その方の出身国、業界、会社の規模等により変わって
くるので全くわかりませんが、部門の長であることは明らかです。出版業界なら「編集長」かも知れません。
また会社によっては外部向けの肩書きを与えることも
あります。日本ではpresidentは偉くかつ実務をもって
仕事をしますが、外国ではpresidentはオーナであり会社を現実に経営しているのはGeneral Manager(或いは
director)という地域もあります。小さな会社の長は
このようなpresidentではなく現場の長であることを
示すために敢えてdirectorと名乗る人もいます(大会社ならdirectorは担当分野と共に名刺に書かれます)

肩書きでは人は分かりません。小さな語学学校の長でも
directorと名乗るかもしれません。

Q担当課長を英語で言うと?

教えて下さい。
名刺に役職名で担当課長と英語で載せる場合は、
なんと表記すればよいでしょうか?

Aベストアンサー

この「担当」というのは、本来の課長とは区別して、「担当」といっているのですよね。

であれば、つぎのあたりが、正直に言う場合ですが、これですと、課長代理になっちゃいますかね。
Assistant Manager
Deputy Manager

少しうさんくさいですが、以下のようにすると、本来の課長ではないかも知らないけど、課長である、というニュアンスが出るかもしれません。
Special Manager
Advising Manager

ちなみに、課長は、一番の多いのが、Managerですが、Directorを使う場合もあり、会社全体の役職呼称を見渡した上で、決めると良いと思います。

Q打ち合わせ相手に弊社まで来てもらう際の例文

ビジネスメールの例文で質問です。
打ち合わせ(商談)のアポを取り付ける段階で、
相手に弊社まで足を運んでもらって打ち合わせを行う、という場合に、
「ご多忙の中わざわざ足を運んでいただいて大変恐縮です」という旨を述べたくて、
ネットで例文を探していますが、なかなかしっくり来るものがありません。

良い言い回しはないでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。

人事で採用や教育研修など実務を担当してきた者に過ぎません。

ビジネスマナーなどの研修も行ってきましたが、さすがにそこまで事例としてあげたことはありませんでした。

相手方に対する足を運ぶことと、多忙というポイントであれば、さらにシンプルな方が賢明かと思います。
仮に本体はabsolute1780さんが先方の会社に訪問するのが筋だと仮定した場合ですが。

「本来弊い社が訪問させていただくところ、ご多忙にも関わらずご足労いただき、誠に恐縮でございます…」

上記が大正解とは思いませんが、「ご足労」という表現もあります。

参考程度にでもなれば幸いです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング