二元的世界観について何か知っている人いたら教えてください。
デカルト関係らしいのですがさっぱりわけがわからず本当に困ってます。
考え方だけでもかまいませんのでよろしくお願いしまず。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

二元論を含めたデカルトのお話は小泉義之氏の著作「デカルト=哲学のすすめ」を読むと分かり易いと思います。



尚、デカルト関連を調べるにあたり私からのアドバイスとしては・・・

デカルトは周到な男でありそのためデカルト自身も危惧し、またその著書において明言もしていたのですが、二元論はデカルトその後の解釈を意図的にでっちあげているケースが大半なので素人には注意が必要です。(特に現在時)

深入りする必要はありませんがもし興味があれば、デカルトにとっての「精神」とはその手の曲解についての全否定であることを念頭にデカルトを楽しみましょう。
    • good
    • 0

 まず、○元論という言い方について。

「元」って、「もと」ですよね。これ、「世界のもと・おおもと」ってことなんです。ちょっと固く言えば「世界を説明する原理ないし実体」。
 で、○元論には、一元論、二元論、多元論があります。一元論は世界全体をたった一つの原理・実体から説明する仕方、二元論はこれが二つ、多元論はいっぱい・たくさん、です。哲学の歴史でみると、昔は一元論と二元論が交代しながら展開しているようで、現代では多元論が流行です。
 それで、お尋ねのデカルトにおける二元論です。ここでの「二つの元」は結論を言えば「精神と物体」です。
 なぜそうなったのか、お話しましょう。
 ルネ・デカルトという人、中世の神学者たちの哲学(スコラ哲学)が嫌いだったんです。現実離れした、重箱の隅をつつくような、ひたすらめんどくさい議論をしているように見えたんですね(いや、実は面白い所もあるのですが)。
 そこで、新しい哲学を創り出そうと考えた。もっと現実的に世界全体を説明できるような「知の体系」を構築しようとしたのです。
 さて、こういう仕事を始めようとするとき、実はやっかいな問題があります。それは「不可知論・懐疑論の克服」です。「人間の認識なんて、いいかげんであてにならないものなんだ、だから、世界なんて知りようがないんだ」という考え方があります。「不可知論」または「懐疑論」です。こういう考え方に対して、「これこれこういうことで、これが確実な基盤になるじゃないか、だから、世界は確実に知ることができるんだ」というふうに、知の体系に確固たる基盤を与える作業をやっておかないと、せっかく壮大な体系を構築したとしても「けっ、んなもん、砂上の楼閣じゃん」と言われてしまいます。くやしいです。
 昔の気の効いた哲学者さんたちは、たいていこの「懐疑主義の乗り越え」という作業を一度はやってます。で、デカルトもやったわけです。それが「方法的懐疑」。
 「え~、懐疑主義の乗り越えに、懐疑するの~?」って、思います? 思わない? 思ってよ。その方が話し進めやすいんだから。
 思った? 思いましたね。そう、たしかに変です。でもね、「方法的」という言葉が付いているところがミソ。「方法としての」、つまり、ちゃんと目的があって懐疑しまくろうじゃないか、ってことなんです。疑うために疑うのではなくて、「疑うことのできないもの」を洗い出すために、いろんなものを疑ってみようということです。「それ」が見つかるまで、あきらめないぞっ、ていう疑い方なんです。
 そういうわけで、デカルト先生、疑いました。疑いまくりました。疑いまくりやがりました。疑いまくりやがって、もお、うた、ぐりぐりです。(なんのこっちゃ?)
 で、その結果、デカルトは見つけたんです。「疑うことのできないもの」を。それは何か。それは、「こうして疑っている自分の意識が存在することは疑えない」ということです。もう、大笑いです。ある意味、西洋哲学史上、最大のギャグかもしれません。
 まあ、でも、言われてみればそうかもしれません。いや、そうなんでしょう。そうなんだ。そうに決まってる! (すいません、こうしないと話し進みませんので。)
 これが「学の確固たる基盤」です。疑えない確実なもの。デカルトはこれを「学の第一原理」と呼びました。「われ思う、ゆえに、われあり cogito ergo sum」です。「考える主体としての精神の存在は確実だ」ってことです。とりあえずここで、「世界を説明するための大元・その1」が得られました。「精神」です。
 これに対置されるもう一つの「元」が「物体」です。なんでそうなったんでしょう。「物質の世界は、ぜんぶ精神が見る幻想やで」と言い抜けることもできたのに。
 それは「物体の内包的力の否定」が根拠になります。固いですね。噛み砕きましょう。
 精神は、物理的な因果関係にとらわれず、自由に振舞うことができます。そうでしょう? 授業中に彼氏のことを考えていたと思ったら、次の瞬間には今晩のオカズのことを考えていたりします。精神は精神自体を原因として、勝手に、自由に飛躍できる。
 でも物体はそうじゃない。モノが、何の原因もなしに勝手に動き出すことなんてありえない。引力が働くとか、他のものがぶつかるとか、そういう物理的要因がないと動かない。(あー、言っときますが、ポルターガイストとかテレキネシスの話はナシです。)
 とゆーことはですね、「物体の中に精神はない」ってことです。もし物体の世界が精神の見る幻想なら、あなたが寝てるときに見る夢のように、羽根もないのに空を飛べたり、学校の廊下を歩いていたと思ったら、いつの間にか自分の部屋に帰っていたりとか、そういうことがあってもいいはず。でも、それはない。じゃあ、やっぱり物体は精神とは別なんです。物体の中に精神はない。まったく別のものです。

 こうして導かれたのが「物心二元論」です。デカルト先生、一生懸命考えて、こういう形に落ち着きました。
 でも…上の方でも書きましたけど、昔の哲学史は一元論と二元論の交代が目立ちます。「二元論」って、次の世代の「宿題」になったんです。ほとんどの場合。「二つの原理、二つの実体はどう関係しあってるの? その両方を統一的に説明できないの?」というふうに。
 この問いはデカルト自身も突き付けられています。スウェーデンの女王さまに。これは痛かった。「ああ~、女王様、そ、そこはぁ~」と、デカルトさん痛がってます。
 そこでデカルト、「松果体」という精神と肉体をつなぐ器官の存在を示唆したり、神様を持ち出したりしています。精神がこうしようと思うと、神様がそれに合わせて肉体を動かす、とか。神様、大忙しです。これに関しては、パスカルが「おめー、神様を何だと思っとるんじゃ!」とツッコミを入れてます。

 何かわからないことありましたら補足入れてください。
    • good
    • 0

同じ内容の質問が並んでいたので部分的にコピペします。


ごめんね。

質問は、デカルトの二元論のことだと思います。
そこで、まず二元論の前提として
この世の中なり日常世界の背後、あるいは別の場所に
真の存在や真理があると考えて下さい。
現代でも多くの人がこう考えていますよね。
この世を超えた(=形而上)真理を追及する学問が形而上学です。
この真の存在が形而上学でいえばイデア、宗教でいえば神です。

さて、完全な存在、あるいは真理が客観的に存在していれば
私たちが「日常経験している完全ではないもの」
あるいは「日常的な判断」は
どこから生じているのか?
この両者はどう関係しているか?
多くの人はこのような疑問を持つ筈です。
こうして真理と日常、物と名前、
デカルトの精神と自然、カントの叡知界と現象界、
といった二項対立の関係から現実を説明しようとするのが
二元論の概念です。
ここからデカルトの物心二元論の詳細について
調べていってみて下さい。

さらに、この形而上学はヘーゲルにおいて
現実を説明し尽くそうとする知の体系として完成します。
これが西洋的世界を正当化し、20世紀になって様々な問題を生みます。
ここから形而上学批判が始まります。
これが現代思想です。
    • good
    • 0

「二元論」のことでしょうか? 普通、二元論といったら、「互いに対立する二つの原理」があると考える立場のことですね。

デカルトは、精神と物体の「物心二元論」を展開した哲学者です。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qデカルトの身心二元論、わかりやすく教えて!

デカルトの身心二元論をわかりやすく説明してください。
特にわからないのは、
「物(身体)は延長を本質とし,心(精神)は非延長的な思考を本質とする」
という考え方です。ここでいう「延長」とはなんのことなんですか?
急ぎの用なので本を読む時間がありませんでした・・・
至急お願いします!!!!!m(._.;)m

Aベストアンサー

デカルトが流行ってらっしゃるのでしょうか^^;
心身二元論については下の方の質問にも答えているので
それを参考にして頂けるとありがたいのですが、
さらに「延長」について説明します。

延長は、物体を語るうえで重要な概念です。(観念論じゃなくてよかった^^)
物体を定義しろ、という時に何を思い浮かべます?
重さはないけれど、物があるってことありますよね。真空とか。
で質料とかもかなり微妙ですし、不可入性とかも言われたりしますが、
まず何よりも先に立つのは延長です。
延長は広がりとか言ったりしますが、要するに、縦、横、高さ(3次元なので)
があることです。1つでも2つでもいいんですが。
でもどれもないってことは物体である以上ありえないですよね。
どれもないものは、だから精神なわけです。

延長というのは物体が空間の中に存在する以上、必然のことであり、
空間を一定の量占めて、そこにあるという存在の形式でもあります。
デカルトはこれを実体「物質」の属性(本質)とします。
これはスピノザやロックも受け継いでいきます。

分かってしまうと何でもないことなんです。少なくともデカルトにおいてのみ言うなら^^;
ただいかにも専門用語!といった感じなので戸惑われるかもしれません。

「方法序説」なんかは薄いし、肝心のところさえ読めばすぐです。
意外と分かりやすいので、気になるようでしたらご一読を。

デカルトが流行ってらっしゃるのでしょうか^^;
心身二元論については下の方の質問にも答えているので
それを参考にして頂けるとありがたいのですが、
さらに「延長」について説明します。

延長は、物体を語るうえで重要な概念です。(観念論じゃなくてよかった^^)
物体を定義しろ、という時に何を思い浮かべます?
重さはないけれど、物があるってことありますよね。真空とか。
で質料とかもかなり微妙ですし、不可入性とかも言われたりしますが、
まず何よりも先に立つのは延長です。
延長は広...続きを読む

Q世界観において 二元論と言ったら・・・

 他の何ものにも依存せず独立して存在するものを《元》と呼ぶのだと思っていたのですが ヰキぺを見ると それだけではなく 《単にふたつに区分されたもの》をも 二元論と言うとあります。
 そんな用法は ありえるのですか? これが 問いです。

 ▼ (ヰキぺ:二元論) ~~~~
  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%8C%E5%85%83%E8%AB%96

 (にげんろん、dualism)とは、

  世界や事物の根本的な原理として、それらは背反する二つの原理や基本的要素から構成される、または二つからなる区分に分けられるとする概念のこと。
  例えば、原理としては善と悪、要素としては精神と物体など。
 ~~~~~~~~~~~~~
 ☆ すなわちここで 単純に

  ▼ または二つからなる区分に分けられるとする

 という場合も二元論と呼ぶのだと言っているようです。けれどもこの場合というのは 二項対立とか二項区分あるいは双対と言ったりする場合なのではないでしょうか?


 すなわちもし 二つの事項があって互いに区別されているだけの状態であってもその二項について――つまり精神と身体 あるいは モノと心といったように互いに区別されている二項であるなら―― 二元論という用語で呼んでさしつかえないとするなら  けっきょくおよそ《ふたつのもの》は二元論になってしまう。
 というだけではなく じつはそれだけではなく  どんなものでも《ひとつのもの》を捉えて それは一元論だと言ってもさしつかえないことになってしまう。のではないでしょうか?

 そんな一元論など 意味がない。はずです。すべてのものごとの根元をひとつだと見ることから 一元論と言うのであって 根元を問わない《ひとつのもの》が 一元だと――世界観において――言うなら へんなことになりませんか? そんな用法は無用にすべきではないでしょうか?

 他の何ものにも依存せず独立して存在するものを《元》と呼ぶのだと思っていたのですが ヰキぺを見ると それだけではなく 《単にふたつに区分されたもの》をも 二元論と言うとあります。
 そんな用法は ありえるのですか? これが 問いです。

 ▼ (ヰキぺ:二元論) ~~~~
  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%8C%E5%85%83%E8%AB%96

 (にげんろん、dualism)とは、

  世界や事物の根本的な原理として、それらは背反する二つの原理や基本的要素から構成される、または二つからなる区分...続きを読む

Aベストアンサー

>《単にふたつに区分されたもの》をも 二元論と言うとあります。
誤読です。そんなこと言っていない。
たぶん、説明文を
(世界や事物の根本的な原理として、それらは背反する二つの原理や基本的要素から
構成される、)または(二つからなる区分に分けられる)とする概念のこと。
と読んだからこういう結論になったものと思われます。
日本語文法上、こう読むことは可能だけど、そういう意図でかいたわけじゃないでしょ?
(世界や事物の根本的な原理として、)それらは<(背反する二つの原理や基本的要素から
構成される、)または(二つからなる区分に分けられる)>とする概念のこと。
と読めばよいだけ。日本語文法上、こちらの読み方も可能。というより、こちらが普通。

二区分に分ける場合も、根本的な原理で区分しないとなりません。
根本的な原理で区分したのだから、当然、勝手に統合することはナシです。
根本的な原理を統合したら、意味が変わってしまいます。

>どんなものでも《ひとつのもの》を捉えて それは一元論だと言ってもさしつかえないことになってしまう。
そうですよ。そのとおりです。
でも、以下の意味であり、条件限定です。たとえば、
善悪二元論:行動Aと行動Bで、どちらが究極的に正しいかわからない。(最終で勝ったほうが善、なんだろうな。)
善悪一元論:行動Aと行動Bで、どちらが正しいかは最初から決まっている。(けれども、当事者はどちらが正しいか判明できない。)
この二つを同一視してよいような議論のたてかたであれば、二元論を一元論として述べても差し支えない。
(たとえば、ごく普通に倫理を語る(=二律背反を語る)とき。)
要するに、根本的な原理そのものを語るのではなく、根本的な原理が単なる前提条件となったとき。

ゆえに、結論。
>そんな用法は ありえるのですか? これが 問いです。
そんな用法は無いし、そんな用法を述べているという事実すら存在しない。

>《単にふたつに区分されたもの》をも 二元論と言うとあります。
誤読です。そんなこと言っていない。
たぶん、説明文を
(世界や事物の根本的な原理として、それらは背反する二つの原理や基本的要素から
構成される、)または(二つからなる区分に分けられる)とする概念のこと。
と読んだからこういう結論になったものと思われます。
日本語文法上、こう読むことは可能だけど、そういう意図でかいたわけじゃないでしょ?
(世界や事物の根本的な原理として、)それらは<(背反する二つの原理や基本的要素か...続きを読む

Qデカルトの心身二元論について

デカルトは心と体は独立しているという考えでしたが、精神的に病んでいれば実際に体調も悪くなると思います。

これは心と体が通じ合っているということではないのでしょうか?そうすると心身二元論は成り立たなくなると思うのですが、どうなのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

> 精神的に病んでいれば実際に体調も悪くなると思います。

いやいや、そういう考え方が「精神」と「身体」を二元論的に考えている、ということなんですよ。

だって、一元論的に考えると、そもそも「精神」と「身体」を分けて考えることもなく「体調が悪い」とだけ言うではありませんか。

「精神的に病む」(原因)→「体調が悪くなる」(結果)
というふうに、原因と結果という脈絡で考える、その考え方そのものが二元論なのです。

わたしたちは身体とは別に精神というものがある、とどこかで考えています。
デカルトの登場した近代ヨーロッパばかりでなく、世界中で、大昔からそういう考え方は根強いのです。

デカルトが「心身二元論」の祖とされるのは、そういう意味とはちょっとちがいます。
デカルトは身体という実体と精神という実体とのふたつに切り離します。そうして、精神である心が主体、延長(※これはデカルトの用語で、「放送時間の延長」とかの意味とはちょっとちがう)である身体は客体と位置づけていったのです。
そうして、その心と身体の結び目を「松果腺」という脳の器官に置いたのです。

だから「精神的に病んでいれば実際に体調も悪くなる」というのは、デカルト的に言っても「無問題」なわけ。

このデカルト流の心身二元論というのは、わたしたちの考えのなかにも根強いものです。
わたしの体はわたしのもの、という言い方があるんですが、このとき「わたしの体」を所有している「わたし」って何なんでしょう? わたしの「心」? わたしの「脳」? ともかく「体」以外の何かが体を所有しているから、そういう言葉が出てくる。その発想が二元論なんです。

たとえば臓器移植なんていうことができるのも、身体の中の臓器を機械の部品のように考えているからそういうことができる、ともいえます。
あるいは「脳死」は人の死かどうか、という議論にしても同じです。

「人間は身体としてある」みたいな意識が哲学で出てきたのは、二十世紀に入ってからですからね。それでも、一元論的にとらえるのはなかなかむずかしいんです。

> 精神的に病んでいれば実際に体調も悪くなると思います。

いやいや、そういう考え方が「精神」と「身体」を二元論的に考えている、ということなんですよ。

だって、一元論的に考えると、そもそも「精神」と「身体」を分けて考えることもなく「体調が悪い」とだけ言うではありませんか。

「精神的に病む」(原因)→「体調が悪くなる」(結果)
というふうに、原因と結果という脈絡で考える、その考え方そのものが二元論なのです。

わたしたちは身体とは別に精神というものがある、とどこかで考えてい...続きを読む

Q二元論ってなんですか??

二元論ってどういう考え方のことですか?
他の方が同じようなことを聞いているのを読んだのですがイマイチ解りません。
解りやすく+詳しく教えてください!よろしくお願いします。
新参者のくせに無理言ってすいません^。^;

Aベストアンサー

再登場です。
#2のアドバイスでは
質問に対する直接的な答になっていないのと
誤解を招く部分があるなぁ、と思ったので。

とりあえず哲学における二元論を考えてみましょう。
恐らくその方が質問の意図に近いと思うから。

まず二元論の前提として
この世の中なり日常世界の背後、あるいは別の場所に
真の存在や真理があると考えます。
この世を超えた(=形而上)真理を追及する学問が形而上学です。
この真の存在が形而上学でいえばイデア、宗教でいえば神です。

さて、完全な存在、あるいは真理が客観的に存在していれば
私たちが日常経験している完全ではないもの
あるいは日常的な判断はどこから生じているのか?
この両者はどう関係しているか?が問題になりまね。
こうして真理と日常、物と名前、
デカルトの精神と自然、カントの叡知界と現象界、
といった二項対立の関係から真理を導き出そうとするのが
二元論の基本だと思います。

下のアドバイスで三位一体論を三元論としたのは
誤解を招く、というよりは嘘です。もっと複雑です。
わりと現代思想に近い考え方です。

再登場です。
#2のアドバイスでは
質問に対する直接的な答になっていないのと
誤解を招く部分があるなぁ、と思ったので。

とりあえず哲学における二元論を考えてみましょう。
恐らくその方が質問の意図に近いと思うから。

まず二元論の前提として
この世の中なり日常世界の背後、あるいは別の場所に
真の存在や真理があると考えます。
この世を超えた(=形而上)真理を追及する学問が形而上学です。
この真の存在が形而上学でいえばイデア、宗教でいえば神です。

さて、完全な存在、あるいは真理...続きを読む

Qデカルトの物体の存在証明について

デカルトは「我思う、ゆえに我あり」として、精神が実体として存在すると主張しました。
また、物体とはことなり、延長という属性を持たないという点で、精神は別種の実体であるとも言っています。

一方で、彼は物体から感覚が与えられることから、与える当のものである物体が存在しなければならないとして、物体の存在をも認めています(感覚が間違えることはあるので、本質をつかむことは出来ないとも言っていますが)。

しかし感覚器官自体の存在が疑いえる(精神は別次元の実体であるから、その存在から物体の存在を証明することは出来ないように思えます)ので、その感覚自体も疑いえるわけで、従ってその感覚を与える物体も存在するかどうか定かでない、と思うのですが。。

もちろんデカルト大先生がこのような矛盾を見過ごしているわけないので、ただの誤読だと思うのですが、よろしければ説明していただけると助かります。

Aベストアンサー

さっそくですが,ゲーテは,かく語りき.
「自由でないのに,自分は自由だと思っているものほど
 奴隷になっているものはない.」
これが意味するところは,我が選択しているにもかかわらず,
そこには我に選択させているものがある.つまり,
「我思う故に,我をそうさせるものあり.」ということです.

この命題もまた,循環論法の域を脱しない感があり,不完全で
あり,あまりに人間的な感じがします.これはボクの意見じゃ
ないんですよ.ツァラトゥストラがそんな風に言ってました.


人気Q&Aランキング

おすすめ情報