屈折率1.567のガラスの60°での(フレネル係数=10.0)鏡面光沢度を100%とする。
これが、鏡面光沢度の定義だと勉強しました。60°では確かに、鏡面光沢度とフレネル係数は比例しているようです。ところが、入射角が変化するとこの比例関係が崩れます。測定原理だけ見ると、この両者は常に比例する気がするのですが・・
実際は比例してないので、私の考えが間違っているようです。どなたか、ご教授下さい。お願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

何度も大ボケかましてますが、20年程前、CG創生期に一寸だけCGをかじったことがあります。

「Specular Refrection」(=鏡面反射)というのはCGやCADのレンダリングでは必須の概念です。

で、先程、CG関係の本を見直したら、「鏡面反射率」が出ていました。
CookとTorranceによる、「Torrance-Sparrowモデル」で以下の如く定義されているものです。私自身はもっと簡単なシェーディングしか経験ありません。

rs = F/π * DG/(n・L)/(n・S)

ここに、F:フレネル反射係数、
D:面上の微小面の分布関数
G:他の面微小面のマスキングやシャドウィングによる幾何減衰係数
n:面法線ベクトル
L:光源方向単位ベクトル
S:微小面における単位反射ベクトル

ですから、今回の問題の場合、余計な変数や定数項を無視すると、
n・L、即ち、cos(φ)が残るんじゃないですか?
つまり、

rs = c * F/cos(φ)

ここに、

c:定数
φ:入射角

勿論、Fもφの関数です。

----------------------
参考文献:「実践コンピュータグラフィックス」
F.Rogers氏等著
日刊工業新聞社
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
rs∝F/cos(φ)なんですね。納得しました。角度が一定のときはrs∝Fが成立っています。これは、質問の最初に言ったとおりでした。ametsushiさんには本当にお世話になりました。

お礼日時:2001/03/03 15:14

すいません。

ウソこきました。
真空(ほぼ空気)-->ガラスですと、入射角90度まで全反射しません。逆ですと、約60度で全反射になりますが...。

で、結論は、「専門家に聞いて下さい」ということです。どなたかお願いします。

電波に関しては回折、屈折、反射とも扱った経験があるのですが、こちらは全くのシロートです。

フレネル反射係数そのものは、計算で求められるものです。エネルギー反射率はフレネル反射率の自乗になるので、試しに「自乗」されてみては如何でしょうか?結果の保証はしません。

この回答への補足

ありがとうございました。
ちなみにフレネル反射率の自乗と鏡面光沢度はやはり比例していません。どなたかよろしくお願いいたします。
『鏡面光沢度』は工学の分野だと思うのですが、そのようなカテゴリはないんですよね、、、、、

補足日時:2001/03/01 12:54
    • good
    • 0

質問です。



1)「フレネル係数」->「フレネル反射係数」の間違いでは?

2)偏光でない白色光ですね?

3)「フレネル反射係数」は最大1.0だと思いますけど...。10.0で間違いないですか?

4)屈折率1.567のガラスですと丁度入射角60°で「全反射」しますが..。

5)不勉強で「鏡面光沢度」なる言葉を知りませんが、少なくとも上は「定義」になっていません。正確な定義を示してください。

この回答への補足

早速の解答ありがとうございます。やや舌足らずのところが多かったので、補足させて頂きます。
1)フレネル反射係数のことです。
2)鏡面光沢度は白色光で測定しているので、ここでは偏光は考えていません。
3)申し訳ございません。%表示の文献からそのまま引張って来てしまいました。正しくは、0.10です。
4)確かに、丁度偏光角付近ではありますが、「全反射」するのですか?
5)「鏡面光沢度」は、JIS Z 8741等で測定方法が規格化されている測定値です。
『定義』という書き方がまずかったかもしれません。下記のように訂正します。
鏡面光沢度は、ある入射角で入射した光束を正反射方向にある受光器で受け取った時の光束の強度。これが『定義』です。
ただし、測定値は相対強度になるので、n=1.567のガラスで、入射角60°(このとき、フレネル反射係数は0.10)での鏡面光沢度を基準とし、これを100%とする。

私は、「フレネル反射係数」「鏡面光沢度」双方とも入射光に対して、反射光の強度の割合を表しているので、比例すると考えていたのですが、、、、

補足日時:2001/03/01 09:18
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q投げ上げ θ=50°と60°ではどちらの飛距離が大きいか

物体を仰角θで投げ上げた。空気抵抗は無視できるとして、次の設問に理由をつけて答えよ。
1)θ=50°と60°ではどちらの到達距離が大きいか
2)到達距離が大きい方と同じになる他の仰角はあるか。あるならばその角度は何度か。
上の問題です。
自分の考えとしては、1)は50°で45°のとき最大となるからと考えています。また、2)は40°だと思いました。これは45°を境にしてると思ったからです。
的確なアドバイスよろしく御願いしますm( __ __ )m

Aベストアンサー

45°のとき最大であっても,
45°を超えたあと飛距離が減少し続けるとは限らないし,
45°を境に対称になっているとも限らない.
したがって,そう思った,というだけでは説明になっていない.

初速 v_0 のとき,到達距離が (v_0)^2 * sin(2θ)/g であることを簡単に導き,
(1)sin(2*50°) > sin(2*60°)だから,仰角50°のほうが到達距離は大きい.
(2)0°≦θ≦90°のとき,sin(2*50°) = sin(2θ)の解はθ=40, 50°
だから,仰角50°のときと距離が同じになる仰角は40°のみ.

のように書くべきだろう.

Q表面粗さ係数(鏡面反射について)

お世話になっています。
さっそく質問なのですが、

Torrance-Sparrowモデルを使って
水面における鏡面反射を計算しようとしているのですが、
水面の"表面粗さ係数"の値が分かりません。

インターネットを使って探しているのですが、
探し方が悪いのかどうも見つかりそうになく、
質問させていただきました。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

水の表面粗さねー。風がなければゼロではないでしょうか。
台風のときは、数メートルにもなるでしょうが。

Q60度のお湯と20度の水

お世話になります。教えてください。60度のお湯と20度の水を、それぞれ100リッター混ぜ合わせると、やはり真ん中の40度になるんでしょうか?

Aベストアンサー

物体の持っている熱量は、その温度に体積をかけた値になります。

60度で100Lのお湯と20度で100Lの水を合わせると、
?度で200Lの湯か水ができます。

混合後200Lの液体の熱量は、混合前のそれぞれの熱量の和と等しいので、
混合後の温度をA度とすれば・・・

60×100+20×100=A×200

という関係が得られます。

Q物理をやっていて詰まりました。 赤ペンで丸つけた角60°の出し方を教えてください。。 (その横が直角

物理をやっていて詰まりました。

赤ペンで丸つけた角60°の出し方を教えてください。。
(その横が直角になるのも分かりません)

Aベストアンサー

問題が分かりませんが、図から察するに、ABが円弧になっていて、Aの上 l の所が円の中心って事ですかね(^^;)
で、Aの上 l の所をOとしておきますね(^^)
物体が円運動するとき、その速度の向きは円の接線方向でしたね。・・・つまり、物体と円の中心を結んだ線と物体の速度は90°をなします(◎◎!)
ですから、Bで物体が飛び出したとき、OBと物体の速度は90°の角をなすわけです(^^)
これが、「その横が直角」である理由です。
すると、後は、図に見えている30°の理由が分かれば簡単です(^^)
Bを通る水平な点線に注目して、これは、B回り180°の角をなしているわけですから、
180°-30°-90°=60° となります(^^)

参考になれば幸いです(^^v)

Q2枚の平面鏡を互いに60°の角で向かい合わせ、2枚の鏡から等距離の点P

2枚の平面鏡を互いに60°の角で向かい合わせ、2枚の鏡から等距離の点Pに小物体を置く。小物体の像はいくつできるか。



という問題で、解答を見たのですが、言ってることがよくわかりませんでした。Pを光源だと思って、鏡に反射させてまたPに戻ってくる線を引いてみて、QRSTの像は出来るのは理解できるのですが、Uがどうやってできるのか全く分かりません。詳しく教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

添付図のような目の位置から鏡越しにPを見る時、
P点から出た光線は、赤線の経路を通って、鏡面で3回反射して目に至ります。

目からは Pの像(4)が鏡面Y-Y'に写ってできた像R(3)、
     そのR(3)が鏡面X-X'に写ってできた像T(2)、
     そのT(2)が鏡面Y-Y'に写ってできた像U(1)
を逆順の(1)→(2)→(3)→(4)の順に鏡の中の像からくる光線、見ている事になります。
もちろん像の元は物体Pだけです。

目の位置とPから出た光線の鏡面で反射する経路と鏡の中の虚像との位置関係を正しく理解できるように添付図をみてよく考えて見てください。
それが理解できるようになれば、目の位置を変えた時、物体Pから出た光線が、どんな鏡面での反射経路を通って目に到達するかを作図できるようになるでしょう。光線が鏡の表面で「入射角=反射角」となる光線経路を通過していることに注意してください。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報