プロが教える店舗&オフィスのセキュリティ対策術

It may rain tomorrow.「明日,雨が降るかもしれない.」
は,明日のことなのにmayだけでいいですよね.mayには未来の意味もあると聞きました.
わからないのがcanです.[can]一語だけで未来のことを表してしまうときもあれば,[will be able to]で未来の事を表すときもありますよね.意味の違いがいまいち身につきません.
(1)未来の事を[can]で表す時,[will be able to]との違いは何なのでしょうか?
(2)どのようなときに,どちらが使われるのでしょうか?

A 回答 (2件)

こんにちは。



"can"には起こりうる可能性(possibility)の意味も含んでいます。なので、未来でも使用されるのはその可能性がある(そういうことも起こり/できうる)的な解釈です。

良い例が浮かびませんが、例えば、
"the baby lion can be a good pet.”
そのライオンの赤ちゃんは良いペットになりうるかも知れません。

--
"will be able to"は実際に可能かどうかということ(能力的なこと)なので、殆どの場合は人や動物・生物が主語になっていると思います。

例えば、
"the baby lion will be able to hunt on his own, eventually."
そのライオンの赤ちゃんはそのうち(やがて)、自分で狩りができるようになるでしょう。

--
"can"の場合は、その時点で起きる/できる可能性があります。でも"will be able to"の場合、将来的なことで、その時点では不可能であることをほのめかしています。

参考になれば幸いです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます.
今できることならcanなのですね.今まで見た例文にもそれが共通していました.しかし,気づきませんでした.
これからもよろしくお願いします.

お礼日時:2009/01/11 20:15

こんばんは。



able という形容詞を名詞にすると、ability(アビリティー = 能力)になります。
(これを機会に、ぜひ覚えてください。)

つまり、able は can とは異なり、能力についてしか表せないということです。


can ~
・~できる (~する能力がある) = is/are/am able to ~
・~する可能性がある
・~してよい (=~することが許される)


is/are/am able to ~
・~できる (~する能力がある)


will be able to ~ / is/are/am going to be able to ~
・【未来に】~できるようになる(であろう)、【未来に】~する能力を持つ(であろう)



>>>[can]一語だけで未来のことを表してしまうときもあれば

それは初耳です。
可能性を表すことはできますが、can 自体が未来を表すことはないはずです。


以上、ご参考になりましたら。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます.
意味の違いがあって,be able toは使えるときと使えないときがあるのですね.
ちなみにcanだけで未来を表した例文(自分ではそう思っています)として
When dou you think he can come back home?
「彼はいつ帰ってこられると思いますか?」
これからもよろしくお願いします.

お礼日時:2009/01/12 18:47

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング