【無料配信♪】Renta !全タテコミ作品第1話

はじめまして。
こんばんは^^

質問させて下さい;;

●KCl 3%(重量%)水溶液の作り方

についてなのですが、月曜日に試験なので勉強しているのですが
どうしても分からず穂本当に困っております・・・。


ご回答をお待ちしておりますので、どうぞ宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

へいっ まいどっ お待ちしておりました。

 ^^

>>>私が解いてみたところなのですが
>>>まず3gとり、97gの水に溶かして1リットルとするので・・・

「KCl 3%(重量%)水溶液の作り方」なのですから、「1リットル」という条件は不要です。


>>>1モルKCLの分子量は74.55なので・・・?

それは、まったく不要な情報です。


>>>実は教科書に【塩化ナトリウム5重量%水溶液】の例題があるのですが
>>>それには中和滴定をして求めると書いてあるのですが。。。

これも関係ありません。


実は、小学校で習うパーセントの出し方さえ知っていれば、解けるのです。

たとえば、
「ある中学校で、風邪で休んでいる人達がいます。
 全校生徒の人数に対して何%かを計算しなさい。」
という問題があったとき、

風邪で休んでいる人の割合 = 風邪で休んでいる人数 ÷ 全校の人数

という式になります。
風邪で休んでいる人の割合 に100をかければ、パーセントになります。

風邪で休んでいる人のパーセント = 風邪で休んでいる人数 ÷ 全校の人数 × 100
風邪で休んでいる人のパーセント ÷ 100 = 風邪で休んでいる人数 ÷ 全校の人数

ここで、「全校の人数」は、風邪で休んでいる人数とそうでない人数との和です。

風邪で休んでいる人のパーセント ÷ 100 = 風邪で休んでいる人数 ÷ (風邪で休んでいる人数 + 風邪で休んでいない人数)


同様に、

KClのパーセント ÷ 100
 = KClの質量 ÷ 全体の質量
 = KClの質量 ÷ (KClの質量 + KCL以外の質量)
 = KClの質量 ÷ (KClの質量 + 水の質量)
 = KClの質量/(KClの質量 + 水の質量)

さらに、分母と分子をKClの質量で割れば、
KClのパーセント ÷ 100
 = 1/(KClの質量/KClの質量 + 水の質量/KClの質量)
 = 1/(1 + 水の質量/KClの質量)
となり、左辺、右辺の逆数を取れば、
1/(KClのパーセント ÷ 100) = 1 + 水の質量/KClの質量

水の質量/KClの質量 = 1/(KClのパーセント ÷ 100) - 1

となります。

KClのパーセントを3%にしたいので、
水の質量/KClの質量 = 1/0.03 - 1
 = (1 - 0.03)/0.03
 = 0.97/0.03
 = 97/3
 = 32.3333333
です。

あるいは、
水の質量 : KClの質量 = 97/3 : 1 = 97 : 3

とも書けます。

よって、KClの質量の32.3333333倍(97/3倍)の質量の水を加えれば、3%KCl水溶液になります。


以上、ご参考になりましたら。
    • good
    • 0

なにも考えることはありません。


 単にKCl 3.0gを秤りとり水で溶解したのち、全量100mlの容器
 (例えば100mlメスフラスコ)に移しいれ100mlに定溶すれば目的
  濃度の溶液ができます。
    • good
    • 1

色々つっこみどころがありますが



>1モルKC;の分子量は74.55なので・・・?
今回は分子量はなんの関係もありません。
100gの水溶液が欲しければ、3gのKClを97mlの水に溶かせば出来ますが、
このKCl 3gは3/74.55molに相当します。が、それが分かっても何にも意味はありません(秤を使って重量を測ればいいので)

正直、なんか問題を勘違い(転記ミス)している気がします。

>実は教科書に【塩化ナトリウム5重量%水溶液】の例題があるのですが
それには中和滴定をして求めると書いてあるのですが。。。
もしそんな教科書があったら教えてください、訴えますから
単純に考えて塩化ナトリウムを水に溶かしても中性にしかなりません、何か質問者の方が勘違いなさっているのではないでしょうか
    • good
    • 0

水を1g/1mlとして計算する。



水97ml(=97g)、KCl3g
水970ml(=970g)、KCl30g

欲しいKCl 3%(重量%)水溶液がV(ml)の場合
Vg 水溶液V(ml)中の水の質量
V*1/0.97g 水溶液V(ml)の質量

よって、{(V*1/0.97)-V}gのKClをV(ml)の水に溶かすだけ
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます~^^

参考にさせて頂いてもう少し考えてみますね!!
本当にありがとうございました。

お礼日時:2009/01/16 21:03

こんばんは。



そういう質問とそれに対する回答は禁止事項なので、
試しに自分で解いた結果を、この回答の補足欄に書いていただけませんか?

途中まででもよいし、間違っていてもいいので。

この回答への補足

そうだったんですかーー;;

ご忠告ありがとうございます!
申し訳ございませんでした。以後気を付けます^^


私が解いてみたところなのですが
まず3gとり、97gの水に溶かして1リットルとするので・・・

1モルKCLの分子量は74.55なので・・・?


というところまでした解けてません(;;)

実は教科書に【塩化ナトリウム5重量%水溶液】の例題があるのですが
それには中和滴定をして求めると書いてあるのですが。。。


すみません;;ここまでが精一杯です。。

宜しくお願い致します;

補足日時:2009/01/16 21:00
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q50mlメスフラスコに3mol/lの塩化カリウム溶液を作りたいのですが

50mlメスフラスコに3mol/lの塩化カリウム溶液を作りたいのですが、何g塩化カリウムを溶かせばいいのでしょうか。塩化カリウムの式量は74.6です。

Aベストアンサー

1000ml・・・3.00mol
50ml・・・0.15mol

つまり、50mlの水に0.15mol溶かせばいいわけです。
そして、式量とは、1mol集めたときのグラム数と同じなので、

1.00mol・・・74.6 g
0.15mol・・・11.19g

つまり、11.19g溶かせばいいです。有効桁数は、設問に従ってください。

Q水溶液の作り方。

学校で実験をすることになったのですが基本的なことがわからず困っています。
水溶液の作り方なのですが、みんなは100mlに10gで10%、30gで30%になると言います。
でも物質によって溶ける量が違うと思うので、そのことも考えなくてはいけないと思うのですがこれであっているのでしょうか?
そして↑とは関係のない質問ですが、濃度100%のグルコース水溶液っていったいどんなものですか?
水あめしか思いつかないのですが・・・

Aベストアンサー

こんばんは。

>>>みんなは100mlに10gで10%、30gで30%になると言います。

それは間違いです。
濃度は、質量の合計が分母になります。

通常、
100mL の水は 100g としてよいです。
体積に変化はないとしてよいです。

10g/(100g + 10g) × 100%
30g/(100g + 30g) × 100%


>>>でも物質によって溶ける量が違うと思うので、そのことも考えなくてはいけないと思うのですがこれであっているのでしょうか?

全部溶けない場合は、
溶けた量/(100g + 溶けた量) × 100%
とすればよいだけの話です。


>>>そして↑とは関係のない質問ですが、濃度100%のグルコース水溶液っていったいどんなものですか?

水溶液ではなく、グルコースだけということになります。

もしかしたら、
「濃度100%のグルコース水溶液」=「飽和濃度のグルコース水溶液」
という勘違いをしているのではないかという気がしますが。


以上、ご参考になりましたら。

こんばんは。

>>>みんなは100mlに10gで10%、30gで30%になると言います。

それは間違いです。
濃度は、質量の合計が分母になります。

通常、
100mL の水は 100g としてよいです。
体積に変化はないとしてよいです。

10g/(100g + 10g) × 100%
30g/(100g + 30g) × 100%


>>>でも物質によって溶ける量が違うと思うので、そのことも考えなくてはいけないと思うのですがこれであっているのでしょうか?

全部溶けない場合は、
...続きを読む

QpH計の電極の保管方法について

会社でpH計(電極はHORIBA試験管用pH電極 6378-10D)<http://www.jp.horiba.com/analy/ph_guide/elec_min.htm>を使用しています。

最近、正しいpH計の電極の保管方法がとても気になってしまいネットなどで検索してみたところ、一般的には『蒸留水』でOKという方が多いですが、『保存液』なる塩化カリウム溶液(1mol/L程度)に浸しておくと、より高精度な測定が出来るというのを知ったので実行してはいますが(精度がUPしたような気はします)、実際はどうなのでしょうか???

また、最近メーカーの方が普通の水道水でもOKと言ってましたがどうなのでしょうか???

また、こちらのメーカー側では<http://www.jp.mt.com/seihin/kenkyu/ph_mp220.html>
6.保管
電極先端3cmぐらいを3mol/KCl溶液に漬けて下さい。純水などで保管すると応答が遅くなります。また、寿命が短くなりますのでご注意下さい。
→ 純水等に漬けてしまった場合は、一晩3mol/KClに漬けてからご使用下さい。

とありますが、これは正しいのでしょうか???
まとめると、《保管》塩化カリウム溶液に浸す→《測定》電極を蒸留水で洗い軽く拭き測定。が正確なのでしょうか?

会社でpH計(電極はHORIBA試験管用pH電極 6378-10D)<http://www.jp.horiba.com/analy/ph_guide/elec_min.htm>を使用しています。

最近、正しいpH計の電極の保管方法がとても気になってしまいネットなどで検索してみたところ、一般的には『蒸留水』でOKという方が多いですが、『保存液』なる塩化カリウム溶液(1mol/L程度)に浸しておくと、より高精度な測定が出来るというのを知ったので実行してはいますが(精度がUPしたような気はします)、実際はどうなのでしょうか???

また、最近メーカーの方が普...続きを読む

Aベストアンサー

pH電極の保存方法は、通常やはり塩化カリウム溶液で常に濡れている状態にするべきでしょう。

なぜ蒸留水(水道水)で保存するとダメなのでしょうか。
それは電極の役割(意味)を考えてみてください。
塩橋の役割はイオンが存在する必要があります。そのため電極先端にはゲル状のふたがあると思います。この部分のイオンが減少または乾燥による空気の混入が起こらないように電解質に付ける必要があるのです。電解質が無い場合でも最低限乾燥を防ぐために蒸留水につけるのでしょう。(ゲルが一度乾燥すると中の空気を抜くことは非常に困難です。イオンを中に入れることは拡散で可能ですので)

以上の理由より、電極は最低限乾燥させない事と、イオン濃度が変わらないように電解質に付けることが良いと思われます。

QpHメーターのなかにKCl飽和溶液を入れるのは何故?

今回分析化学実験でpHメータを用いた中和滴定を行うのですが、考察の中で、何故電極にKCl飽和溶液を入れるのかを書かなければなりません。しかも「イオン強度」、「活量係数」、「活量」などの言葉を用いて書かなければならないらしく、わたしには、さっぱりわかりません。
できれば、「イオン強度」、「活量係数」、「活量」の意味なども含めて、説明していただければうれしく思います。
ちなみに、大学1年生(一応、工業化学科)なのでその範囲で分かるように教えていただければうれしく思います。
お願い倒しまくりで申し訳ありません。

Aベストアンサー

>大学1年生(一応、工業化学科)なので
図書館で.以下の本を読んでください。
日本化学会.化学便覧(基礎へん).丸善
場所は.酸塩基定数あたりの.解説のあたりに
>「イオン強度」、「活量係数」、「活量」の意味
がかいてあります。どうせ化学を専門とするのですから.便覧ぐらい自分で買って手元においても良いでしょう。

>何故電極にKCl飽和溶液を入れるのか
pHメーターの構造を見てください。すると.カラメル電極を基準電極として使用している事が分かりますね。カラメル電極で一番管理が楽なのは.KCLを過剰に入れた飽和でしょう。適正な濃度かどうかは.見れば分かりますから。

QW/V%とは?

オキシドールの成分に 過酸化水素(H2O2)2.5~3.5W/V%含有と記載されています。W/V%の意味が分かりません。W%なら重量パーセント、V%なら体積パーセントだと思いますがW/V%はどのような割合を示すのでしょうか。どなたか教えていただけないでしょうか。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

w/v%とは、weight/volume%のことで、2.5~3.5w/v%とは、100ml中に2.5~3.5gの過酸化水素が含有されているということです。
つまり、全溶液100ml中に何gの薬液が溶けているか?
ということです。
w/v%のwはg(グラム)でvは100mlです。

Q1mol/L塩酸の作成方法(確認)

とりあえず計算はしたのですが,あまり自信がなく確認したいのでお願いします。

条件
濃度35%,比重1.175,分子量36.5,作成量1L

私の計算結果は以下のとおりです。
塩酸35%でのmol/Lを算出
1000×0.35=350ml
350×1.175=411g
411/36.5=11.3mol/L
作成量1Lなので塩酸量は,
1000/11.3=88.5g
よって,
塩酸1mol/L=塩酸88.5g/純水1Lとなるのですがどうでしょうか?
また,他に分かりやすい計算法がありましたら教えて下さい。

Aベストアンサー

多分この計算でいいと思います。
ただ、私は
11.3mol/L×x=1mol
x=1/11.3
=0.0885L
と計算します。
塩酸は液体なので、実際に作るときは質量ではなく、容積ではかりますよね。

Qエクセル STDEVとSTDEVPの違い

エクセルの統計関数で標準偏差を求める時、STDEVとSTDEVPがあります。両者の違いが良くわかりません。
宜しかったら、恐縮ですが、以下の具体例で、『噛み砕いて』教えて下さい。
(例)
セルA1~A13に1~13の数字を入力、平均値=7、STDEVでは3.89444、STDEVPでは3.741657となります。
また、平均値7と各数字の差を取り、それを2乗し、総和を取る(182)、これをデータの個数13で割る(14)、この平方根を取ると3.741657となります。
では、STDEVとSTDEVPの違いは何なのでしょうか?統計のことは疎く、お手数ですが、サルにもわかるようご教授頂きたく、お願い致します。

Aベストアンサー

データが母集団そのものからとったか、標本データかで違います。また母集団そのものだったとしても(例えばクラス全員というような)、その背景にさらならる母集団(例えば学年全体)を想定して比較するような時もありますので、その場合は標本となります。
で標本データの時はSTDEVを使って、母集団の時はSTDEVPをつかうことになります。
公式の違いは分母がn-1(STDEV)かn(STDEVP)かの違いしかありません。まぁ感覚的に理解するなら、分母がn-1になるということはそれだけ結果が大きくなるわけで、つまりそれだけのりしろを多くもって推測に当たるというようなことになります。
AとBの違いがあるかないかという推測をする時、通常は標本同士の検証になるわけですので、偏差を余裕をもってわざとちょっと大きめに見るということで、それだけ確証の度合いを上げるというわけです。

QKCl溶液のpHって計算可能ですか?

KCl溶液などプロトンを持たない溶質が溶けた水溶液のpHって計算可能なのでしょうか?
例えば1 M KClのpHの計算の仕方を教えて頂けないでしょうか?

Aベストアンサー

KClは水酸化カリウムと塩酸の中和反応でできる塩です。水酸化カリウムは強塩基で、塩酸は強酸なので、できる塩は中性のはずです。なので、KClはいくら溶かしてもpHは7だと思います。

QKCL 溶液で、水ぶくれができてしまった。

3.3 mol の KCL溶液(pH計の比較液)が充填中に手に付着してしまいました。
それが、原因とは、考えられないのですが、
数分後に水ぶくれができてしまいました。

3.3molのKCLとは、危険な薬品なのでしょうか?

手袋を使用する際は、どのような手袋を使用したらよいのでしょうか?

ご存知の方教えてください。

Aベストアンサー

塩化カリウムの危険性と扱い方
http://www.nihs.go.jp/ICSC/icssj-c/icss1450c.html

体内摂取は非常に危険ですが皮膚は劇症を与えないようです。食塩みたいなものですから水ぶくれは他の物質によるのかもしれません。

私は素手で扱っていましたが被害はありませんでした。

QKClの飽和濃度

KClを水に溶かしたとき、飽和濃度はいくつなのでしょうか。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

理科年表を見ましょう.
ちゃんと出ていますよ.
それから,飽和濃度は温度によって違うのはご存じですよね.

こういうデータはまず理科年表に当たってみることをおすすめします.
専門家の集団の編纂ですから,データも信用できます.


人気Q&Aランキング