【無料配信♪】Renta !全タテコミ作品第1話

いつもお世話になっています。

ピエゾPU搭載のエレキギターでアコギの音がなることに関して、以前から
疑問に思っていました。なぜ、ピエゾでアコギの音が鳴るのでしょうか?
圧電素子としての説明は分かったのですが、それと”アコギの音”が
どうしても結びつかないんです。

仮説として
1.ピエゾをPUにしてみたら、たまたまアコギのような音になった。
2.いや、ピエゾは、エレキでもアコギの音が出るPUとして研究・開発
  されたものである。

というのを想像するのが精一杯です。
なぜ、圧電素子によるPUでアコギの音が出るのでしょうか?

A 回答 (3件)

>ピエゾPUはどうしてアコギの音が鳴る?



アコギの音ではないですが、マグネチックPUよりは、ナチュラルな響きに感じられるかも知れません。

エレキギターのマグネチックPUは、弦の振動を直接磁場の振動に置き換えて、増幅するため、弦の生鳴りの感じ(響き)とは少し違います。いわゆるエレキギターの音です。

ピエゾは、サドルやブリッジ、ボディトップなどに密着するようにセットされ、ギター本体やサドルの振動そのものを増幅するようになっています。

ですから、ピエゾの方が、楽器本体の振動を拾っているという点では、生鳴り感は高いかも知れません。

それがアコギっぽく聞こえると言うことは、我々はアコギでもエレキでも生で弾いている時には、弦そのものの響きより、ナットやサドルを通して伝わる楽器本体の響きを聴いているから、ということなのでしょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答いただき有難うございます。

アコギ=楽器本体の振動、とすれば、エレキ=弦による誘導起電力がコイル
に流れる、となり、アコギとピエゾが近づくわけですね。納得です。

でもイマイチ釈然としないのは・・・。
「ピエゾならエレキでもアコギのような音が!」っていう書き方がある一方で、その根拠については言及されていないのが不思議なんですねぇ。

お礼日時:2009/01/21 23:19

ピエゾPUの組み込み場所にもよると思いますが、ブリッジのサドルの下などに組み込まれた場合は、弦の振動がボディに行く前に、PUが音として拾ってしまうので、弦がスチールであれば、アコギでもエレキでもほぼ同じ音色になると思います。

マグネッチックPUとピエゾPUとでは弦の振動を音に変える仕組みがまったく違うので、両者の音色は大きく変わるでしょうが、サドルの下に仕込まれたピエゾで拾った音は、似たような音になると思うほうが自然だと思います。
逆に、アコギでもマグネチックタイプをサウンドホール近くにセットする場合がありますが、これだとアコギでもエレキに近い音が出せると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答いただきありがとうございます。

お礼日時:2009/01/25 11:37

#1です。



>「ピエゾならエレキでもアコギのような音が!」っていう書き方がある一方で

私は何十年もギター弾いていますが、そのような理論、解説を読んだことがありません。ただ、ストラトタイプのギターにナイロン弦を張ったモデルがあって、これには当然ながらピエゾPUしか付いてないのですが、そのようなギターのキャッチコピーにもしかしたらあったのかもしれません。

それ以外で、標記のコピーが書かれていたとしたら、あまり根拠ある話とは思えません、せいぜい私が先回答で書いた程度の理屈しかないと思います。まあ一種の都市伝説かも知れませんが。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

再度のご回答ありがとうございます。

都市伝説、なんですかねぇ・・・。私が目にした記事では、アーティスト
もライターも「ピエゾで本物のアコギのような音が出る。素晴らしい!」
って感じになっていて。これだと、まるでピエゾが、エフェクターの
アコースティックシミュレータのようなモノだと勘違いしてしまう
人がいるんじゃないか、と思いまして。読み手が勘違いしちゃったまま、
かといって根拠に関しての言及もなくなんとなく収まっている状況のように
思えて、それが気持ち悪くて質問させていただきました。私が気にしすぎ
かもしれませんが・・・・。

お礼日時:2009/01/25 11:35

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qピエゾピックアップ内蔵のエレキギター

こんにちは。
普通のエレキのピックアップに加えて、エレアコとかに使う
「ピエゾピックアップ」を内蔵したエレキギターがあると聞きました。
これなら、エレキ弦でもアコースティック弦でも、ナイロン弦でも
使えるということですよね?
練習でもライブでも生音は必要なく、全てアンプを通しての演奏を
考えているので、こういうギターがほしいのですが、
どこのメーカーで出ていますか?

Aベストアンサー

ピエゾPUとマグネットコイルPUの両方を搭載したギターとしては、Italia GuitarのMondialとMondial Classics、IbanezのRG1820X Prestigeなどもあります。

なお、ピエゾPUに関しては、弦の振動による圧力の変化を信号化するため、弦の材質を選ばないと言う特徴がありますが、ピエゾPUを搭載しているからそのギターが弦の材質を選ばないと言うことにはなりません。発音機構の理論上はそれが許容されるとしても、ギターそのものの構造が弦の種類をオールラウンドに変えることができる構造にはなっていません。ですので、これらのようなエレキギターにピエゾPUを追加したモデルについて、弦の材質を問わずに使えるギターとみなすのは見当違いだと思います。
こちらで挙げたギターに関しては、エレキギター用の弦を張るのが妥当で、アコースティック用弦やナイロン弦などは太さの問題で正常に張ることが難しいと思われます。また、ナイロン弦については、弦を留める機構などについても、特殊な対処を考える必要があると思います。弦の種類については、PUだけで尚早な判断を下したりせず、ギターの構造を全体的に検討して、ギターにあった物を選択するようにすることをお勧めします。

なお、質問で挙げられた条件で考えれば、金属弦のエレキの音とエレアコの音については挙げたモデルである程度カバーできるかと思います。ナイロン弦の音についてはそれ用に作られたナイロン弦のサイレントギターが妥当でしょう。ギターにはそれぞれのモデルにそれぞれ固有の癖や表情があります。大きく異なる性格の音を得たい場合には、ギターに無理をさせるより、選手の交代を考える方が無理が少なく現実的な対処になると思いますよ。

参考まで。

ピエゾPUとマグネットコイルPUの両方を搭載したギターとしては、Italia GuitarのMondialとMondial Classics、IbanezのRG1820X Prestigeなどもあります。

なお、ピエゾPUに関しては、弦の振動による圧力の変化を信号化するため、弦の材質を選ばないと言う特徴がありますが、ピエゾPUを搭載しているからそのギターが弦の材質を選ばないと言うことにはなりません。発音機構の理論上はそれが許容されるとしても、ギターそのものの構造が弦の種類をオールラウンドに変えることができる構造にはなっていません。です...続きを読む

Qエレアコをアンプにつないでも音が出ない

最近友人からエレアコを譲り受けました。エレアコ専用のアンプじゃ無くても音は出ると聞いていましたから、エレキギターと同じ要領でエレアコをアンプにつなぎましたが音が出ません。シールドはアンプ側エレアコ側双方ともきちっと入っています。電池も交換しましたがアンプからは音が出ません。何が原因でしょうか。教えてください。

Aベストアンサー

エレアコやエレキギターほか愛用しています。

>エレアコ専用のアンプじゃ無くても音は出ると聞いていましたから、エレキギターと同じ要領でエレアコをアンプにつなぎましたが

はい、これはそのとおりで正解です。

さて、、、可能性のある事項は、
(1)エレアコ本体の横っ腹あたりにある「電源ON」ボタンが入っていない。
(2)電池格納コーナーの接点不良もしくはその周辺回路の断線とかハンダはずれ。
(3)シールド類の断線もしくは接触不良。
(4)エレアコ回路深部の断線もしくはコンデンサなどのパンク。
(5)ピエゾPUマイク関係の断線等。
(6)アンプ側の不調。

その他いろいろ試行錯誤してみると、原因が絞り込める筈です。がんばってください。

Qアコギのピックアップ(マグネット+ピエゾ)の配線について

最近、押尾コータローさんのコピーにはまっています。

マーチンのD28に、マグネットPUとコンタクトPUを取り付けて、ブレンドして音を出したいと考えています。

ギターのおしりに2つの穴をあけるのはいやなので、エンドピンをステレオタイプのエンドピンジャックに交換して、そこからそれぞれのピックアップの信号を出したいのですが・・・

■そこで質問です■

ケーブルの配線はどのようにすればよいのでしょうか?

マグネットPUのケーブルと、コンタクトPUのケーブルを切断して、それぞれをステレオエンドピンジャックのLとR(チップとリング)に直接接続すればよいのでしょうか? 

また、その場合、アースとかはどのようにすればよいでしょうか?

ご存知の方がいましたら、教えてください!

Aベストアンサー

残念ながらそんなに単純ではないみたいです

押尾コータローの使用ギターにはM-Factoryが使用されてます
調べてみるとデュアルピックアップ使用の場合
コンタクトとマグネットそれぞれプリアンプに通すため2chのプリアンプを使用
その出力をミキサーへ送ってるようです

http://www.ring-guitars.co.jp/mfac_g.html

ただ、このM-Factoryは値段が張りますしマグネットピックアップは別売になりますから
新しいギターが1本買えるぐらいつきます
もっと手軽にとお考えでしたらL.R.BAGGSのDual SourseやFISHMANのRare Earth Blend、Matrix Blend などの選択肢があります
これなら最初からデュアル設計になってますので取り付けはそう難しくないと思います

http://dolphin-gt.co.jp/SHOP/90082.html
http://dolphin-gt.co.jp/SHOP/0029.html
http://dolphin-gt.co.jp/SHOP/0030.html

残念ながらそんなに単純ではないみたいです

押尾コータローの使用ギターにはM-Factoryが使用されてます
調べてみるとデュアルピックアップ使用の場合
コンタクトとマグネットそれぞれプリアンプに通すため2chのプリアンプを使用
その出力をミキサーへ送ってるようです

http://www.ring-guitars.co.jp/mfac_g.html

ただ、このM-Factoryは値段が張りますしマグネットピックアップは別売になりますから
新しいギターが1本買えるぐらいつきます
もっと手軽にとお考えでしたらL.R.BAGGSのDual SourseやFI...続きを読む

Q弦の交換時期

題の通り、弦の交換時期についてなのですが、
皆様はどれぐらいの周期で変えているのでしょうか?(アコギ)
友人は、
「錆びるとフレットの減りが早いから短い周期で交換した方が良い」
と言っているのですが、正直面倒でそんな頻繁に張り替える気にはなりません。
マトモに弾けなくなるぐらいフレットが減るのであれば面倒でも月1ぐらいで張り替えようと思うのですが、
気になるほどの問題でもないのならお財布の都合などで、弦が切れるまで使い倒そうと思っております。

参考にしたいので皆様の交換基準を教えて下さい。

Aベストアンサー

おはようございます。

私の経験ではアコギの場合、弦を長い間交換しないでおくと、サビは手入れ次第でどうにでもなりますが、特に巻き弦の音の響きが悪くなってきます。
つまり高音成分がなくなってくるので、精彩のないこもった音になってきます。具体的に言えばオクターブピッチが合いにくくなってきます。
まあ、アコギは元々オクターブピッチは合いにくいのですが、それが著しくなってきます。

それと同時に特に巻き弦において、弦が音痴になってきます。
アコギは4弦~6弦までが巻き弦ですから、これらの変化の影響は大きいと思います。

できれば、通常の弦の場合、毎日弾くのであれば、1ヶ月程度で交換した方が常にいい音の状態で弾けると思います。

エリクサーのような高級コーティング弦を使った場合は、サビや弦音痴に対しては優れた耐久性があります。しかし、やはり時間と共に音質の劣化は防ぎようがありません。
私はエレキにエリクサーを張っていましたが、4ヶ月以上張りっぱなしにしてもサビも弦音痴もほとんどなかったです。しかし、エレキの場合、音質・音色はエフェクターなどで誤魔化しが利くとはいうものの、やはり弦の音質が劣化してくるとギター本来の持つ音色の味わいはなくなってきますね。

アコギはエレキと違って、弾いた音がそのままダイレクトに聞こえますから、こまめに弦の手入れをして、響きが悪くなってきたり、弦が音痴になってきたなと思ったら、惜しまずに弦を交換した方がいいと思います。
いつもいい音で弾いていた方が気持ちいいですしね。

おはようございます。

私の経験ではアコギの場合、弦を長い間交換しないでおくと、サビは手入れ次第でどうにでもなりますが、特に巻き弦の音の響きが悪くなってきます。
つまり高音成分がなくなってくるので、精彩のないこもった音になってきます。具体的に言えばオクターブピッチが合いにくくなってきます。
まあ、アコギは元々オクターブピッチは合いにくいのですが、それが著しくなってきます。

それと同時に特に巻き弦において、弦が音痴になってきます。
アコギは4弦~6弦までが巻き弦ですから、こ...続きを読む

Qエレアコとアコギどっちにすべきか?

 エレアコとアコギどっちにすべきか迷っています。
 とりあえずアコギが欲しいのですが、エレキのアンプを持っているので、どうせ買うならアンプに繋げられるエレアコの方が得かな~という気持ちです。

 どうでしょうか?。
 わざわざエレアコを買う必要があるでしょうか?。
 そもそもアンプに繋げる以外の点でアコギとエレアコの違いってありますか?。
 

Aベストアンサー

エレアコの範囲が明確でないのでわかりませんが、

アンプで増幅するのを前提に作られている場合は ハウリング対策などがとられている ボディー構造だったりします。生音の鳴りがや その周波数帯が調整されています。

アンプで増幅しない前提なら、そういう鳴りの構造です。

No.1,4さんが 言われているように 「違う音」なのです。

実際に 楽器屋や友達のを弾き較べて 音の違いがわかりませんか?
違いがわからなければ 「どうせ アンプにつなげられるエレアコ」でしょう。

でも エレキ用のアンプと エレアコ用のアンプも 全然音違いますよ。
(って言っちゃうと アンプも ギターも 全部 違う音がするんですが・・。マッチレスの音って言っても 同じ型で ロットによって 音が違うし・・。)

Qピエゾ搭載のエレキにナイロン弦を

Ibanezeのエレキギターを持っていて、ピエゾ搭載とのことなので、ナイロン弦を張ってみようかと思いナイロン弦を買ってみたのですが、
ナイロン弦ってスチール弦のようにテールに丸い輪がついてないので、どうやって、弦を張ればいいのでしょうか?
テール部分を結んで玉を作るんでしょうか?
あと普通、エレキ(ピエゾ搭載)にナイロン弦って張るもんなんでしょうか?
サビがこなくていいかな~なんて思ってやろうと思うのですが、いかがなものでしょうか?

Aベストアンサー

ナイロン弦を張ることを想定して作られていないので、皆さんが仰るようにいろいろと不具合があるはずです。そりゃピエゾは振動そのものを拾うのですから、原理的にはナイロン弦どころか釣り糸や絹糸を張っても鳴らないことはないでしょうが、楽器としては使い物にならないはずです。

あ、それから#2のかたが仰ってる電磁誘導云々は、要するにナイロン弦の音をピエゾ以外のピックアップは拾ってくれないよ、ってことです。エレキ用のピックアップは磁石の作用で音を拾うので、金属にしか反応しません。

もちろんエレアコのように、金属でも生ギター用の弦を張ったり、ナイロン弦専用の設計になっているのは別です。

というわけで基本的にエレキにはエレキ弦、エレアコや生ギターにはもともと金属の弦が張ってあったかナイロンだったかにあわせて、同種の弦を張ったほうが無難です。少なくともかなりの調整をしないとまともに鳴らない上、下手をすると張力や結び方の問題などなどでネックがそったり、あるいはもっと深刻な故障の原因になることもあります。

どうしても張りたいなら失敗覚悟の改造が必要です(楽器として使用の場合)。
繰り返しますがそういう使い方を想定して設計されていないのです。

ナイロン弦を張ることを想定して作られていないので、皆さんが仰るようにいろいろと不具合があるはずです。そりゃピエゾは振動そのものを拾うのですから、原理的にはナイロン弦どころか釣り糸や絹糸を張っても鳴らないことはないでしょうが、楽器としては使い物にならないはずです。

あ、それから#2のかたが仰ってる電磁誘導云々は、要するにナイロン弦の音をピエゾ以外のピックアップは拾ってくれないよ、ってことです。エレキ用のピックアップは磁石の作用で音を拾うので、金属にしか反応しません。

もち...続きを読む

Qエレアコかアコギ+ピックアップか

質問タイトルどおり、エレアコかアコギにピックアップをつけるかで迷っています。

予算は15万円ほどを予定してます。

エレアコならタカミネ、ヤイリ、ovationがいいかなと思ってます。
アコギは種類がありすぎてあまり把握できていません。
ピックアップは3~5万円程度のものを買う予定です。

なにかお勧めのものがありましたら、教えてください。
確かに実際に店に行ってひくのが一番と思ってますが、それ以前に、一般的な見解を知りたいと思っております。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私もまったく同じ事で随分と悩みました。
以下のパターンをそれぞれライブハウス~1500人規模の大ホールで使用したことがあります。

1)30万程度のアコギ+4万程度のピックアップ(ピエゾ+コンデンサ)
2)10万~30万程度のアコギ+3万程度のピックアップ(ピエゾのみ)
3)15万程度のアコギ+2~3万程度のマグネットタイプピックアップ
4)15万程度のタカミネエレアコ
5)20万程度のovationエレアコ
6)15~20万程度のソリッドタイプエレアコ(ボディ振動が少ないゴダンのようなもの)

大きく分けると1)2)3)と 4)5)6)の2種類
生でマイク録りした状態にニュアンスが一番近いのは間違いなく1)でした。挙げた中では下に行くほど生鳴り感は減りいわゆるライン臭い音になります。

**********************************
1)2)
本体は生音重視の作り

●メリット
生音が良いのでスタジオでマイク録りしたときのクオリティが高い
部屋で一人で弾いている時も音やレスポンスが良いので楽しく練習する気にもなる。
ライブで弾き語りや小編成ならいい結果が生まれる。
ライン出力の音も比較的生音的なニュアンスや胴鳴り感があり、客にいわゆるアコギらしさ演奏の魅力が伝わる。

●デメリット
後付けのため余計に金がかかる。
本体に穴をあけなければいけない。
(ピエゾを付けると生音が多少劣化する)

最大のデメリットはハウリングしやすい事。
サウンドチェックにPAとじっくり話し合い時間をかけ繊細に調整しないと、PAで音を細くされ、かえってリアルでない音になる。
ハウるポイントを全部カットすると弾きづらく聴きづらい嫌な音に。
特に1)はもの凄くハウるので音量の大きいBANDとの演奏は不可能。

**********************************

3)
本体は生音重視の作り

●メリット
1)2)のハウリングしやすいというデメリットを払拭した構成。
本体を傷つけなくて済む。
セッティングによる生音の劣化もほとんどなく、必要なければ外せる。

●デメリット
ライン出力の音がさほどアコギらしくなく、エレキっぽいダイナミクスに欠け、空気感、ボディ感のない感じ。

**********************************
4)5)6)
ライブで音が作りやすいライン重視の作りをしている。
ハウリングを回避するため、ライン時のP.U.で拾いきれないような不要なボディの鳴りを抑えてある。

●メリット
ハウリングしにくい。
サウンドチェックに時間をかけられない場合、かえって生っぽく聴こえる。
プリアンプ内蔵、VOL.やEQ付きのものもあり手許の調整も楽。
P.U.と本体の相性も計算されていますので失敗がない。

●デメリット
生音が響かずスタジオでマイク録りはクオリティが低い。ダイナミクスがなくレスポンスが悪く練習する気にならない。
特に5)6)はアコースティック楽器という感じではありません。
6)はもはや限りなくエレキに近い印象です。

**********************************************
doikaruさんがアコギの音,アコギらしい演奏、ニュアンス、をとことん追求するなら1)2) 
アコギの音は好きだけどライブでそれほど追求する気はないなら3)4)
ライブでのパフォーマンスを重視、余計な心配したくないなら4)5)
アコギをエレキ感覚で弾きたいなら6)

余裕があるならP.U.を付けない良いギターとは別に4)をライブ用に買う事です。

私もまったく同じ事で随分と悩みました。
以下のパターンをそれぞれライブハウス~1500人規模の大ホールで使用したことがあります。

1)30万程度のアコギ+4万程度のピックアップ(ピエゾ+コンデンサ)
2)10万~30万程度のアコギ+3万程度のピックアップ(ピエゾのみ)
3)15万程度のアコギ+2~3万程度のマグネットタイプピックアップ
4)15万程度のタカミネエレアコ
5)20万程度のovationエレアコ
6)15~20万程度のソリッドタイプエレアコ(ボディ振動が少ないゴダンのようなもの)

大きく分けると1...続きを読む

Qアコギの弦をエレキに使ってもよろしいのでしょうか?

家にせっかくエレキがあるのに、弦が一本無いんです。
張り替えようと思っているのですが、アコギ用しかなくて・・・
でも、アコギ用のくせにエレアコは大丈夫ぽいんですが・・
ちなみに今使ってるのがヤマハのアコギで、弦は
EXTLA LIGHT GAUGE TX-3という安物です。ちなみに何年も弾いているのに弦が切れません。まだまだ練習が足りないのか?


一応画像を伸しておきます。
http://www.hirase-gakki.com/g3/130003.html

持っているエレキは、どうやらギブソンらしいです(いいのか悪いのか・・)

弦の太さは

1st.010
2nd,014
3rd.023
4th.030
5th.039
6th.047

と書いています。
エレキに使っても大丈夫なのでしょうか?

よろしくお願いします

Aベストアンサー

本来より太いゲージですからチューニングするとそこだけ妙にテンション高くなります。
チョーキングもしにくいし、
最悪チューニング手前で切れちゃうかもね♪

ま、ちゃんと指定(推奨)されたゲージを使いましょう。

Qアコギ用エフェクターは何を使っていますか。

今度,ドラム,エレキギター,エレキベース,エレアコという編成で,ライブを行います。
エレアコでは,間奏のソロやイントロ・エンディングのソロがあります。
みなさんは,このようなバンドの編成で,アコギ用のエフェクターはどのメーカーのどんなエフェクターを使っていますか。
ちなみに私は,ローランドBOSSのAD-8を考えていましたが,アコギのみの編成なら,これで十分なのですが,エレキギターの中で埋もれないようにソロでの音量を上げたり,ディレイやコーラスの音がほしいので,BOSSのコンパクトエフェクターDD-3とフットペダルのみを使ったり,最近では値段が手頃だったZOOMのA2.1uを使っています。
でも,他のメーカーでもっといいものがあればと悩んでいます。
このようなバンド編成の場合のアコギ用の最適なエフェクター(できればマルチタイプ)のメーカーや機種を教えてください。
できましたら,その機種を実際にライブでお使いになった感想や注意点等お教えくださるととても嬉しいです。
どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

No.2です。まだ締め切られてないのでついでです(^^ゞ

>曲の構成に無理がありました。
は、部外者にはわかんないですけど(^^ゞ

>生の音よりもよりエレキっぽい音とこちらは考えていましたが,PAの方はアコギ本来の音を重視してくれたようです。
については、質問者の方が「使用楽器はエレアコだけど、割り切って完全にエレキに対抗する音を作っている」という(希な)ケース…そういうパターンもありますし、それはPA屋としても聞けばわかります…という場合を『滅多にない例外』として、やっぱりアコギ持っておられたらアコギティストにはPA屋も拘ろうとしますし、かなりマグネPU主体でエレキ的なエフェクトワークをしない限り、単純な音の比較ではアコギはエレキに「音の出」でかなわず存在感が無くなりますから、PA屋としてはエレキとアコギの音の差別化をうまくやって、両方平等な存在感を醸そうとしますね。

>ソロの時にエレキがアコギに音がかぶってくる場面がいくつかありました。こういう曲の構成は一般にはないと思います。

確かに、そんなに多くはないですけど有る事はあります。私の経験上では、オヤヂバンドが7~8組出るイベントなら、2組くらいはそういう構成がありますね。
ただ、そういう時は、バンド側の音構成やアレンジで、自分の所のアコギタリストのソロ時には、それ相応に周りが「音を引く」ようにしてくんないと、PA屋だけでは、なかなかアコソロを上手く表に出しにくいんですが…そこまで考えてステージやってくれるバンドは非常に少ないです。
絶対にみんなが我も我もに…特にオヤジバンドは見苦しい所が多い(^^ゞ

逆に、そこんとこをよーく考えて演奏しているバンドなら、
>アコギでエレキのソロの部分を弾き,しかもエレキがそこにかぶってきたら,もうどうしようもない
なんてことは起きない…ということは、PA屋目線では断言できるんですが、オヤヂ楽器弾き目線だと…みんな目立ちたがりますから難しいですけどねぇ(^^ゞ

>最後に,客席に届く音とステージ上で聞く音が違うということもよく分かりますが,客席でどんな音が出ているのか聞く方法ってあるのでしょうか。
これは、リハ時に十分な時間的余裕が(特にPA屋側に)ある時しか難しいですが、
・演奏者自身が弾きながら客席に降りる(楽器シールドが短いとできませんが(^^ゞ)
・客席出しと同じ音を(一時的に)モニターから返して貰う
ということをPA屋に要請するのは有りです。

ただ、対バン入れ替えが多いイベントや、別の要因で時間的に押しまくっている時には、ご希望に添えない事も多いので…そういう時は許してやって欲しいです(^^ゞ
なお、客席出しと同じ音を本番中もモニターに返すのは、普通無理です。
というか、可能なら先にPA屋側がアコギモニターをそういう音にします。
もっと言えば、普通のPA屋なら、アコギモニターにはもともとできるだけ客出し音に近い音を返そうとします。が、それをしてしまうとハウリングマージンが稼げず、下手したらアコギの音をグシャグシャにしてしまうので、本番モニターはギリギリの線で妥協せざるを得ない…というのが本音です。
なので、頼まれて余裕が有れば、一時的に「客出し音をモニターから聞きたい」という要望には、可能な限りは応えてくれると思います。
生楽器奏者は、そのことがもの凄く気になるという事自体は、まともなPA屋はわかってますし、自分たちも可能なら常時客出しと同じ音聞かせて上げたいくらい(でも本当にそれしたらちょっと危険があるのでやりきれない)というのが本音です。

なので、
>リハーサルの時の音質とライブの音質は明らかに違っていました。PAの方の努力でしょうか。
>本番の時は立ち見が出るぐらいお客さんが入っていたのに,ステージではとても美しく音が聞こていましたが,
>客席ではもっと美しく聞こえていたのでしょうか?

というのは、客席で実際どうだったかまでは、現場知らないので確かな事は言えませんが(^^ゞ
その話を聞く限りでは、そのPA屋さんはアコギを活かすために打てるだけの手は打ってくれた成果だと思います。普通、そこまではようしません。
そして、PA屋側の責務として、ステージと客席なら客席優先でステージ上は後回し(でないと、逆にバンドに対して申し訳が立たない)ですから、うまくいったかどうかは別として、ステージ上以上に客席側の音は工夫してくれたと思いますよ。

だいいち、普通はPA屋は、No.5のお礼で書かれていたようなことはプレイヤーにべらべら喋りません。下手打ったらケンカになるだけで、お互いに得がないですから。
だから、それだけ喋ってくれたという事は、PA屋から見て質問者の方が「好感度の高い、信頼出来る演奏者だった」という証拠でもあるし、「自分たちも質問者の方の要望に応えるべく打てる手は打って、結構うまくいったと思っている」証拠でもあると思います。
(しまった、失敗した…と思ってたら、プレイヤーの方とそんな会話出来ません。ズバリ、目が合わない様に逃げますよ、私なら(^^ゞ)

まぁ最終判断はお客さんがするわけですが、PA屋としては
「良いバンドのPAを、俺も上手くやってのけられた」
という自負心と安心感が持てる、良いステージだったんだと思いますね。

No.2です。まだ締め切られてないのでついでです(^^ゞ

>曲の構成に無理がありました。
は、部外者にはわかんないですけど(^^ゞ

>生の音よりもよりエレキっぽい音とこちらは考えていましたが,PAの方はアコギ本来の音を重視してくれたようです。
については、質問者の方が「使用楽器はエレアコだけど、割り切って完全にエレキに対抗する音を作っている」という(希な)ケース…そういうパターンもありますし、それはPA屋としても聞けばわかります…という場合を『滅多にない例外』として、やっぱりアコギ持...続きを読む

Qトラスロッドが回りきってしまった時の対処

中古で買ったボルトオン・ネックのギターを所有しているのですが、ネックが順ゾリしているためリペアショップに持ち込んだところ、既にトラスロッド9割近く回りきっているため、調節がほとんど出来ないと打診されました。
そこで細いゲージの弦を張る事をすすめられ試してみたのですが、今までのようなテンションが得られず、仕方なく元の太さに弦に戻しました

熱でネックを曲げて調整したり指版を削るという方法もあるようが、音色やグリップが大変気に入っているため、ギターへのダメージが心配です

どなたかこのような状況での対処をご存知の方がおりましたら
ご提案どうか宜しくお願い致します

Aベストアンサー

No.3です。なかなか難しい状況のようですね。

まず「トラスロッドを一旦外して・・・」の件から書きます。ほとんどのトラスロッドの末端は、回り止めに幅が2センチぐらいの鉄板が溶接されていて、それをネックに埋め込んで固定してあります。これを外すというのは、少なくとも部分的に指板を剥がす作業が伴いますし、元通りに直すにもかなり手間(つまり工賃)になります。しかしながらロッドを外して次にナニができるのか?という疑問があります。(結局アイロンでしょうか?)

当初はボルトオンということで、新しいネックをオーダーすることを気安く提案してしまいましたが、フェンダー系ならともかく、ジャクソンとなるとヘッドの作りが独特ですから、作ってくれる工房があってもかなり割高になると思います。とりあえずメールで見積もりを出してもらって下さい。

そこで何とか今のネックを活かすには、指板を剥がして平面出しを行い、新しい指板に貼り換える方法もあります。(クラシックギターの世界では珍しいことではありません)ネックの機能を最優先させて、ポジションマークなどの装飾を省くなどすれば、こちらの方がネックを丸ごと1本作るよりも少しは安く上がると思います。

No.3です。なかなか難しい状況のようですね。

まず「トラスロッドを一旦外して・・・」の件から書きます。ほとんどのトラスロッドの末端は、回り止めに幅が2センチぐらいの鉄板が溶接されていて、それをネックに埋め込んで固定してあります。これを外すというのは、少なくとも部分的に指板を剥がす作業が伴いますし、元通りに直すにもかなり手間(つまり工賃)になります。しかしながらロッドを外して次にナニができるのか?という疑問があります。(結局アイロンでしょうか?)

当初はボルトオンというこ...続きを読む


人気Q&Aランキング