人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

半音さげの曲って結構ありますよね?あれってなんのためにやっているんですか?一個キーさげるのじゃだめなんでしょうか?むしろレギュラーチューニングの曲と半音さげの曲交互に歌う場合とかだるくないですか?

A 回答 (3件)

半音下げチューニングをなぜやるか…という点については、大抵は、


1)コードを変えずに、曲全体が重みのあるサウンドになるので、その効果を狙う、
2)弦のテンションが下がるので、チョーキング等がしやすくなる、
3)太めの弦が張れるようになるので、その分パワーのある音にできる
4)ボーカルの高音の負担が少し軽くなる(歌いやすい)
なんていう理由が多いです。

>一個キーさげるのじゃだめなんでしょうか?

それはそれでかまいません。
ただ、上の「4つの理由」に重きを置くなら、キー1個下げで得られる効果は4)だけです。
また、キー1個下げる=コードが全部1音程違うコードになる…ってことになるので、コードが全部変わりますし、場合によったら本来は簡単なローコードがすごく押さえにくいハイコードに変わったりします。

それでも良いなら全然OKです。

>むしろレギュラーチューニングの曲と半音さげの曲交互に歌う場合とかだるくないですか?

実際にライブやる時には、

「ちょっと狙った曲感覚とズレる曲が出るのは覚悟で、全部の曲をレギュラーか半音下げかどっちかに無理矢理合わせる」
(チューニングを変えないだけなので、弾き方自体は変わらない)

「レギュラーと半音下げのギター2本を用意して、曲によって持ち替える」

のどっちかですね。

最初に掲げた『半音下げの効果』のうち、曲の感覚や弾きやすさの効果を重視する人なら、ギター持ち替えをする方が普通です。
まぁ、そういう効果に凝る人なら、大抵は予備ギターの2本や3本持ってるベテランですし。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ケンタさん二個連続回答ありがとう。わかりやすかったです

お礼日時:2010/07/24 13:17

作曲、ギター、ボーカルやってるものですが、半下げの曲しか作りません、理由はハードロック系でボーカルにピッタリ合う!レギュラーより楽器の音が重くなるのが最高です、ギターのソロも半下げだと弦のテンションが少し弱り私は弾きやすく感じます。


ただ貴方の言うように、半下げとレギュラーで分けるのはかなり、面倒ですね! 
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。わかりやすかったです。

お礼日時:2010/07/24 13:16

 普段全弦全音下げのオープンチューニング(つまりD)で演奏してる者です。



>あれってなんのためにやっているんですか?

 ハードロックやメタルなどだとより重低音を鳴らす為に半音下げをやってる様ですが(故にロック系だと6弦だけ下げた『ドロップチューン』を多用するヒトもいますね)、自分の場合はヴォーカルに合わせて、ってところですかね?
 ギターのレギュラーチューンでは、結局のところ6弦オープンに支配されてEが最も低いスケールになってしまいますが、シロートの男性ボーカルだとやや高い事が多いです。
 ダウンチューンさせると、色々なレベルのボーカルに合わせられて便利です。

>一個キーさげるのじゃだめなんでしょうか?

※ダウンチューニングで1コ(全音)下げは、弦の張力がベロベロになってしまい実用的ではありません。
 で、弦のセットを太くして、そうなるとアンプやエフェクタのセッティングなど音作りから見直す必要が出てきますが、これはもう別のギターと言ってよく、今度はレギュラーチューンがイマイチになってしまいます。

※レギュラーチューンのまま全音下げで(つまりキィを落として)演奏するという方法はアリだと思いますが・・・ただコードポジションがとんでもないハイフレットになってしまい、これも実用的とは言えないでしょう。(例えば、Eの曲をDで演奏するワケで・・・フォークソング風開放弦コードでも使わなければ、えらいハイフレでコードを鳴らす事になりますね。)

>レギュラーチューニングの曲と半音さげの曲交互に歌う場合とかだるくないですか?

 ??例えば半音ダウンチューニングのギターを用意しておいて、レギュラーチューンの曲は1フレットずらして演奏するだけですが(全音下げのチューニングなら、2フレットずらすだけ)。『ダルいか?』と言われると・・・現在のチューニングで20年ほど演奏していますが、キィが変わってもフレット位置が変わるだけで押え方そのものが変わるワケぢゃなし、メンドクセェ!と思った事はありませんね~。
 勿論、ダウンチューニングではその分ハイフレットが使えなくなってしまいますが、そういうポジションはソロ以外ではあまり踏み込まない領域なので、ソロというかアドリブの時に『高い方』に行かない様に注意していればよいだけです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。分かりやすかったです、。

お礼日時:2010/07/24 13:15

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q半音さげの曲をレギュラーチューニングで弾けないですか?

半音さげの曲をレギュラーチューニングで弾けないですか?

Aベストアンサー

問題ないですよ。
ただ、言うまでもないですが、半音下げをレギュラーで弾いたら、全体としては「キーが半音上がり」ますから、他の楽器との合奏の場合、一緒にやる楽器も半音上げて貰う必要があります。

Q半音下げの状態で、レギュラーチューニングの曲をコピー出来ますか?

半音下げの状態で、レギュラーチューニングの曲をコピー出来ますか?
また、レギュラーチューニングの曲をコピーするとき、半音下げよりもレギュラーチューニングの方が弾きやすいですか?

Aベストアンサー

No.1、No.2の方が説明されている部分は割愛しますが、半音下げの状態で、カポを使ってレギュラーチューニングの曲のコピーをしたときにちょっとした問題が発生します。

まあ気にならないといえば気にならない程度のものですが、どんなにきちんと調整されていて、ばっちりチューニングしたとしても、チューニングが微妙にずれている感じがするのです。あと、いつも弾いているフレーズでも、音の鳴り方が微妙に変わってきます。

僕もあまり詳しくはないのですが、これはギターの設計上の特性によるもののようです。

特別な必要に迫られたのでない限りは、本来あるべき状態で弾くのが一番いいでしょう。例えばライブで演奏するとしたら、多くのミュージシャンがそうしているように、普通に弾くならレギュラーチューニングのギターを、半音下げで弾くなら、もう一台半音下げ用のギターをサブで用意して弾くのがいいと思います。

Qライブ途中のチューニング

今度の文化祭でギターをやるんですけど、半音下げチューニングの曲と普通のチューニングの曲があるんですよ!!ライブ途中に変えるべきでしょうか?それともどっちかのチューニングでやって押さえるフレットをずらす(?)べきでしょうか?

Aベストアンサー

そもそも、半音下げチューニングとレギュラーチューニングの両方が必要なんですか?
半音下げの曲をレギュラーチューニング(つまり原曲よりも半音高くなるわけですね)にしてボーカルの方が問題なく歌えるならば、レギュラーチューニングのみでやれば良いと思うんですけど。もしくはその逆で全曲半音下げで歌うか。
原曲に忠実にやりたい気持ちはよくわかりますけどね。
本当は、ギターを2本用意するのがベストだとは思いますが。でも、多分ベースも居ますよね?もしかするとキーボードも居るのかな?そうするとかなりの手間になりますよね。
すばやく出来る自信があれば、MCで間を持たせてる間にチューニングするとか。ギター2本用意しても、取り替えている間はMCで間を持たせることになりますしね。
ウチのバンドでは、ドロップDの曲を良くやりますが、MCで次の曲の紹介とかしている間に、ギター二人とベースがすばやくレギュラーチューニングに合わせてます。

Qボーカルの半音下げ

バンド初心者です。
ある曲をライブで原曲より半音(一音)下げて演奏する事になった場合、ギターやベースの演奏コードは、丸々変わってしまうでしょうか??

Aベストアンサー

すべての弦のチューニングを半音下げれば、原音と同じ位置を押さえるだけで良いです。
ノーマルチューニングで演奏するなら、半音ずらして押さえなければなりません。

開放弦を使わないのであれば、ノーマルチューニングで半音ずらして押さえても特に問題は無いのですが、開放弦を使わないと弾けないフレーズがある場合は、チューニングを変更するしかありません。

その曲のみを考えれば、チューニングを半音下げる方が、演奏は楽なのですが、ライブということで前後の曲とのつなぎの問題もあります。

チューニングの違うギターを用意して、曲によってギターを持ち換えるだけなら時間はかかりませんが、1本のギターでチューニングを変える場合は、それなりに時間はかかります。

Q半音下げチューニングの理由

ギターやベースを半音下げチューニングにする理由がいまいちわかりません。

ギター的には、弦のテンションが緩くなり、
チョーキングがしやすくなる事などはメリットと言えるのかもしれませんが、
キートランスポーズ機能の無いピアノやオルガン等の
鍵盤楽器とのアンサンブルでは逆にデメリットにも成り得ます(共通の楽譜が使えない)

絶対音感のある人などは、楽譜と実音とのギャップが辛かったりしませんか?
ボトム感を強調したいのなら、キーを変えればいいだけのことですし。。。

半音下げチューニングのメリット、どなたか教えてください。

Aベストアンサー

いくつかあります。

チョーキングがしやすいというのも理由の一つ。そのほかに思いつくのは

(1)音が全体的に低くなるので重厚感が増す。

(2)ボーカルが高音部を出しやすくなる。
ロックミュージシャンはあまり器用でないのでめったにないですが、ジャズボーカルの伴奏をやっていると、ボーカルの人に「今日は声の調子が悪いから半音下げていい?」と本番前にいきなり言われることもあります。それに対応できないと上手なジャズ演奏者じゃないとされます。ギターやピアノならそんなに難しくないですが、ホーンの人は泣いてました。

(3)最低音より半音下の音をわざわざ使いたいから半音下げチューニングする場合もある。
バイオリンの名手パガニーニという人は自らの超絶技巧を示すために、わざわざと自身のバイオリンを半音下げたチューニングにしておいて、普通のチューニングの他の楽器と一緒に演奏したそうです。その結果、パガニーニ自身は常に半音上の状態で演奏することを自分に強要することになります。また半音下げチューニングにした結果、バイオリンの最低音(G音)よりも半音低い音が使えるようになります。そういう音が出てくる彼の自作曲があるそうです。

(4)なおロック系の演奏はギターの開放弦をうまく使うためにシャープ系のキーが多いですね。AとかEとか。ところがキーボードやピアノは実はB♭とかE♭、A♭のようなフラット系のキーの方が黒鍵の配置がちょうどよくて弾き易いそうですよ。いっしょにジャズをやっていたピアニストが言ってました。だからあまり半音下げはキーボードの人には辛くないんじゃないですかね。

いくつかあります。

チョーキングがしやすいというのも理由の一つ。そのほかに思いつくのは

(1)音が全体的に低くなるので重厚感が増す。

(2)ボーカルが高音部を出しやすくなる。
ロックミュージシャンはあまり器用でないのでめったにないですが、ジャズボーカルの伴奏をやっていると、ボーカルの人に「今日は声の調子が悪いから半音下げていい?」と本番前にいきなり言われることもあります。それに対応できないと上手なジャズ演奏者じゃないとされます。ギターやピアノならそんなに難しくないですが、ホーンの...続きを読む

Qエレキギター半音下げの曲について教えてください

練習しようと思った曲の楽譜がたまたまネットに落ちていたので見てみたらtab譜が7弦用になっていて、しかも半音下げと書いてありました。

自分が持っているギターは6弦でフロイドローズです。そのため毎回チューニングするのは大変なのでレギュラーチューニングのまま弾きたいと思ったのですが

ここの質問広場を見てみたところ半音下げの場合はチューニングを半音下げて楽譜通り弾けば良いということでした。ギターは1フレット横にずらすと半音上がったり下がったりしますよね?
それなら全て1フレットずらして弾けば原曲通りになるのではないかと思いました。(初心者なので甘い考えかもしれませんが)
実際1フレットずらして弾けば大丈夫なのでしょうか?
また、7弦用になっている場合はtab譜は下から7,6,5,4,弦となるのでしょうか?それとも6,5,4,3,2,1,弦の下にもう1つ弦が増えているのでしょうか?

発見したページのURLを載せておくのでアドバイスというか自分の考えで弾けるのかどうか教えてください
http://guitarlist.net/modules/pico/index.php?content_id=357

練習しようと思った曲の楽譜がたまたまネットに落ちていたので見てみたらtab譜が7弦用になっていて、しかも半音下げと書いてありました。

自分が持っているギターは6弦でフロイドローズです。そのため毎回チューニングするのは大変なのでレギュラーチューニングのまま弾きたいと思ったのですが

ここの質問広場を見てみたところ半音下げの場合はチューニングを半音下げて楽譜通り弾けば良いということでした。ギターは1フレット横にずらすと半音上がったり下がったりしますよね?
それなら全て1フレットずらし...続きを読む

Aベストアンサー

まずは、7弦ギターについて。
6弦よりも低い音の弦(より太い弦)が追加されています。TAB譜では下から7,6,5,4,3,2,1と並びます
因みに、一般的には7弦はBで調律されます(2弦と同じ音階)が、演奏スタイルによってA,C,Dなどの調律もあるようです。
チューニングについて。
おっしゃられている通り、TAB譜の表記より1フレット下げれば、レギュラーチューニングで演奏可能です。
しかし、演奏する曲が、もし最も太い弦(今回の曲では7弦)の0フレットを使用していれば、通常のチューニングでは出せない音という事になります。
さらに、7弦ギターの演奏を6弦ギターで演奏する場合は、7弦を無視するか6弦で代用することになりますが、7弦0~4フレットは6弦では低すぎて出せません。1オクターブ上で弾くか、フレーズを変更する必要があるかもしれません。

Q半音下げの楽曲をレギュラーで。

全弦半音下げチューニングの楽曲をレギュラーチューニングのベースで演奏するのですが、1フレット下で演奏すればよいという意見がありました。
その場合原曲では4弦開放E♭の出てくる場面ではコードの構成音である4弦4フレットGを弾けば違和感がないといわれているのですが、理解できません。

コードがE♭の場面で4弦のGを弾いたらE♭/G
となってしまうのではないかと思いますが。
なお対象の場面でのベースはルート弾きとなっています。

また、アドバイスをくれた方は「原音キープの原則」という言葉を使っているのですけれど、原曲がE♭のルート弾きをしている場面でGを弾いても「原音キープ」になるのですか?
本人は「ベースは単音弾きなのでコードに影響はない、E♭/Gにはならない」といっています。


『原曲のキーにこだわらす原曲の半音上げで演奏すればいい。そうすれば、キーは半音上がるが、最低音を捨てる必要もなくなるし、原曲のイメージそのままに演奏することができる。』という意見に真っ向から反対しています。
「原曲のキーを無視するなどバンド演奏の現場を知っている人間からすればあり得ない、素人の意見だ。」と豪語しています。

「4弦開放を捨てるくらいなら、コピーバンドのバンド演奏なんだし、原曲の半音上げで演ればいい。」という意見はあり得ない素人見解なのでしょうか?
ちなみに、原曲の半音上げで演奏するとなると、鍵盤さんたちが苦労することになるのは承知です。

全弦半音下げチューニングの楽曲をレギュラーチューニングのベースで演奏するのですが、1フレット下で演奏すればよいという意見がありました。
その場合原曲では4弦開放E♭の出てくる場面ではコードの構成音である4弦4フレットGを弾けば違和感がないといわれているのですが、理解できません。

コードがE♭の場面で4弦のGを弾いたらE♭/G
となってしまうのではないかと思いますが。
なお対象の場面でのベースはルート弾きとなっています。

また、アドバイスをくれた方は「原音キープの原則」という言葉...続きを読む

Aベストアンサー

そもそも、半音下げチューニングで演奏する意味ってなんだと思いますか?
多くはヴォーカルが楽曲の最高音を出せない事でパーフォーマンスが引き出せ無かったり、管楽器との兼ね合いで仕方無く下げてるというのが最大の事由です。
勿論、楽曲に寄っては響きや印象の面で半音下げチューニングが合っているという楽曲も有るでしょうし、弦楽器がビンテージものの高い代物なので、楽器を労りたいという場合も有りますし、ヘヴィゲージの弦を使ってるのでテンションをもう少し柔らかくしたいなど、も有るかも知れません。

なので、管楽器が絡まなかったり、ヴォーカルが歌えるのならレギュラーチューニングで半音上げで良いと思います。
私もコピーバンドの時は他の楽曲との兼ね合いも有りますし、そういう風にしていました。
「原音キープの原則」なんて、コアなファンなら聴いた途端にKeyが違うと解るかも知れませんが、大概は絶対音感の持ち主以外は解りません。
また、Keyと言うのはヴォーカルの為に有る様なもので、ヴォーカルに合わせて変えて行くのが本来の在り方です。ヴォーカル曲では無い場合はKeyは何でも良いのです。
しかし、コピー曲は曲のイメージと言うのが有りますから、ポジションでイメージも音運びも変わりますので、原曲に近づけるのが良いと思います。

>「ベースは単音弾きなのでコードに影響はない、E♭/Gにはならない」<
あるコードを示す場合の大前提はそのコードの最低音がトニックで、その音を鳴らす楽器がベースなので、質問者さまの言う通りE♭onGになりますからコードが変わります。
ベースはトニックに寄り添って弾かないとコード感や調感が失われ、音を外した様に聞こえます。
例えばギターがメチャメチャ弾いても楽曲がちゃんと聴こえるのはベースが調感やコード感をキープしているからで、ベースも上モノと同じ様に弾いてしまっては楽曲が崩壊します。

>「原曲のキーを無視するなどバンド演奏の現場を知っている人間からすればあり得ない、素人の意見だ。」と豪語しています。<
同じ人が「原音キープの原則」と「ベースは単音弾きなのでコードに影響はない、E♭/Gにはならない」と言ってるならコレこそ素人の意見だし、言ってる事が崩壊してます。
完コピを目指してこだわるなら良い意見とも取れますが、Keyは絶対だけど編曲は良いのか?という感じデスねw。

そもそも、半音下げチューニングで演奏する意味ってなんだと思いますか?
多くはヴォーカルが楽曲の最高音を出せない事でパーフォーマンスが引き出せ無かったり、管楽器との兼ね合いで仕方無く下げてるというのが最大の事由です。
勿論、楽曲に寄っては響きや印象の面で半音下げチューニングが合っているという楽曲も有るでしょうし、弦楽器がビンテージものの高い代物なので、楽器を労りたいという場合も有りますし、ヘヴィゲージの弦を使ってるのでテンションをもう少し柔らかくしたいなど、も有るかも知れま...続きを読む

Qカポを使って半下げチューニング

こんにちは、こんどライブでレギュラーチューニングの曲と半下げチューニングの曲をやることになったのですが、私はギター一本しかないので途中でチューニングを替えなくてはいけませんが、それをしたくありません
(MCがつなげない、時間がかかる理由などから)

そこで考えたのですが最初に半下げチューニングして次に1フレットにカポを付ければレギュラーになりますよね?
その場合カポをしてその次から1フレットと考えてスコア通りに弾いても大丈夫ですよね?


もし↑の説明が間違っていたら指摘お願いします
(ちなみにやる曲はここでキスしてです)

Aベストアンサー

レギュラーチューニングの曲をハーフダウンで弾くときにでもその曲が開放弦を使わない曲(もしくは開放弦を使わないように弾ける)ならそのままイチフレットずらしてひけます。

>そこで考えたのですが最初に半下げチューニングして次に1フレットにカポを付ければレギュラーになりますよね?
その場合カポをしてその次から1フレットと考えてスコア通りに弾いても大丈夫ですよね?

はい、そのとーりです。

QFコード1フレット2弦が鳴らない…

アコギを始めて3ヶ月ぐらいの超初心者です。
Fコードなんですが、1フレット2弦だけがどうしても鳴りません。
1弦から5弦までだけを押さえたときは、2弦も一応鳴るのですが、6弦すべてを押さえようとするとどうしても2弦だけが鳴りません。
人差し指は多少斜めにし、ネックの裏からは親指で・・・などの基本事項は実践しているはずなのですが。
4フレットぐらいの押さえやすいところでセーハーしてもどうしても2弦だけ鳴らないのです。
これでは、弦をエレキのものに変えたりしたところで、2弦は絶対鳴らないでしょう。
人差し指の第一関節と第二間節の間で押さえる弦はどうも鳴らない、もしくは鳴りにくいようです。
とはいってもセーハーする以上この部分は絶対使うと思いますし・・・。
毎日押さえる練習はしてるし、最近指のストレッチも始めました。
一体どうしたら鳴るようになるんでしょうか??
バレーコードが弾けないとなかなか曲の幅も広がらないですし、本当に欝です(っд;`)

Aベストアンサー

6弦までをカバーしようとすると、2弦がちょうど関節のところに食い込むような形になって、フレットにうまく押し付けられずにミュートしてしまうということでしょうか。 もしそういう状況であれば、もう少し人差し指を傾けて、側面が弦に当たるようにしてみるのがよいと思います。

フィンガーボード表面と平行に指を置くと、人差し指の先までうまく力が伝わりにくくなるのと、関節に弦が入り込んで弦をミュートしてしまうことなどで不利になる部分があります。 それを防止する上では、人差し指を傾けて、押しても関節が曲がらない側面を使うようにするのが良いでしょう。
手を開いて手のひらを向こうに向けてかざし、人差し指の親指側の側面を見てみると、比較的でこぼこのない線を描くと思います。 その直線に近い部分で弦を捉えるように意識すると良いでしょう。
人差し指を傾ける時には、親指を置く位置を少しブリッジ側(手で言えば中指側)に寄せると、人差し指を傾けてもそれほどきつくないと思います。

あるいは、指の長さに余裕があるのであれば、6弦のところに人差し指の先が来る状態よりももう少し余分に指を伸ばして、人差し指の指紋の辺りがネックの上の縁に来るくらいに多少大袈裟に突き出してみるのも良いかも知れません。 関節の位置が変わることで、改善ができる可能性はあると思います。

いずれにしても、人差し指一本でバレーしている時に一部の弦が鳴らないという状況は、指板と指の間に余裕があって、その隙間のせいで弦がフレットから浮いている状態が原因といえるでしょう。 その隙間をうまく潰すように工夫すれば、問題を解消できるはずです。 弦を押えている指の状況や手のバランス全体を見直してみて、問題のある箇所を洗い出し、工夫してみることをお勧めします。

参考まで。

6弦までをカバーしようとすると、2弦がちょうど関節のところに食い込むような形になって、フレットにうまく押し付けられずにミュートしてしまうということでしょうか。 もしそういう状況であれば、もう少し人差し指を傾けて、側面が弦に当たるようにしてみるのがよいと思います。

フィンガーボード表面と平行に指を置くと、人差し指の先までうまく力が伝わりにくくなるのと、関節に弦が入り込んで弦をミュートしてしまうことなどで不利になる部分があります。 それを防止する上では、人差し指を傾けて、押して...続きを読む

Qギターに傷をつけてしまった。。

タイトルどおりです‥。半べそかいてます‥。
ボディに5ミリ程の傷(塗装のめくれ)と、凹みをつけてしまって、塗装が濃い色なんで目立っています。。
楽器店に問い合わせたところ、2~3万ぐらいかかるそうです‥。(最低限で1万)
アコースティックギターは、これからずーっと使うつもりで5~6万で購入しました。
2~3万出して直してもらうか、最低限で直してもらうか、それとも、そのままにしておくか‥、今、とても迷っています。。
どちらにしても、近いうちに、詳しい見積もりなどを聞く為に楽器店へ持って行きますが、みなさんはこんな時どうされますか?アドバイス、または、考えを教えて下さい。お願いします。。

Aベストアンサー

これから二度とキズつけないように注意しながら扱えますか?
リペアした後、不可抗力によって再びキズがついてしまったらどうしますか?

僕は「そのまま」をオススメします。

これからずっと使うつもりで購入なさったのならば、そのアコギは生涯の伴侶ということですね。
ならば、何故キズついているのに直さないでいいのか?

あくまで僕個人の考えですけど、
そのアコギは伴侶でもありますし、あなた自身の「軌跡」を映し出す記念碑でもあるからです。
自分の不注意でつけてしまったキズ、大いに結構じゃないですか。
僕のベースにも自分のせいで付いたキズがあります。しかし、不思議とリペアに出す気は全くありません。何故なら、そのキズにも自分が歩んできた家練習・スタジオ・ライブなどなど、様々な軌跡・思い出が刻み込まれているからです。

楽器を「綺麗に扱う」のと「大切に扱う」ことは別物だと考えています。
一度、考え方を変えてみてください。
その後で、再びリペアに出すか出さないかの決断を下すと良いと思います。

流石に音が変わってしまう様な酷いキズは別問題ですけどね(^^;

これから二度とキズつけないように注意しながら扱えますか?
リペアした後、不可抗力によって再びキズがついてしまったらどうしますか?

僕は「そのまま」をオススメします。

これからずっと使うつもりで購入なさったのならば、そのアコギは生涯の伴侶ということですね。
ならば、何故キズついているのに直さないでいいのか?

あくまで僕個人の考えですけど、
そのアコギは伴侶でもありますし、あなた自身の「軌跡」を映し出す記念碑でもあるからです。
自分の不注意でつけてしまったキズ、大いに結...続きを読む


人気Q&Aランキング