推理小説とかで殺人が起きたときに警察が必ず動くのですが作家さんたちはどうして警察の動きをあんなに詳しく上手に描写できるのでしょうか?
私も趣味で小説を書いているのですが、警察の動きは酷くなりがちなので、現実とまでは行かないまでも警察が必ず踏む手順というものがすっかり抜けてしまいます。(主人公側を強調するために警察が馬鹿以外なにものでもなくなってしまい、嫌になってしまいます)

やはり、会社経由で取材を申し込んで、教えてもらっているのですか?
個人で最低限調べる方法がありましたら教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

1. 警察官と友達になって、守秘義務違反にならない程度で教えて貰う。


2. 警察について書いた本を読む。(『ミステリーファンのための警察学読本』、毛利文彦など)
3. 警察出身の作家の作品を読む。(佐竹一彦、濱嘉之、萩生田勝など)
4. 記者出身の作家の作品を読む。(麻生幾、横山秀夫、松本清張、島田一男、三沢明彦など)
5. その他警察に詳しい作家の作品を読む。(今野敏、佐々木譲など)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます

お礼日時:2009/02/04 23:10

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q女性作家の時代小説

こんばんは。
私は妊婦でつわりの真っ最中です。
毎日家にこもっていて、寝るかテレビを見るか読書くらいしか出来ません。
そこで先日「御宿かわせみ」シリーズを読破しました。
話に当たり外れはありますが、人情時代劇は非常に胎教にいい感じかと思いました。
次は「慶次郎縁側日記」を読もうかと思っています。
両作品ともドラマ化によって知った訳で・・、時代小説といえば司馬遼太郎さんくらいしか読んだ事がありません。
今現在の心境としては、女性ならではの視点で、細やかさで、心を暖かくしてくれる様な作品を読んでみたいのですが、お薦めがありましたら教えていただけませんか?
よろしくお願いしますm(__)m

Aベストアンサー

平岩弓枝さん、いいですね。
ちょっと切ない感じで。

今度は、宇江左真理さんはどうでしょうか?
「髪結い伊三次」という番組があったと思うのですが(観てないので確かなことは言えませんが)、この作家さんはお気に召すかも。

お勧めとしては「春風ぞ吹く」(新潮社)「おちゃっぴぃ」(徳間書店)ですかね。

短編も多いので、お試しあれ。

参考URL:http://books.rakuten.co.jp/bsearch/RBtitles.jsp?AUTHOR=%B1%A7%B9%BE%BA%B4%BF%BF%CD%FD&shopID=1&rbx=1-4

Qこの推理小説のタイトルを教えてください

・推理小説
・別荘みたいなところに登場人物たちは閉じ込められる・とにかく大量に人が殺される
・主人公は、女のような書きっぷりで書かれているが、実は男だった(名前もどちらでも納得がいくような名前)

ぜひとも教えてください!!

Aベストアンサー

多分、西澤保彦の「殺意の集う夜」ではないでしょうか?
別荘みたいな家に閉じ込められて、一人一人殺されていきます。
ネタバレになってしまいますが、たしか名前は「真理」だったと思います。
確か「シンリ」というのが名前で「マリ」と呼ばれていたような・・・。
新書版で読んだのが随分前の事なので、うろ覚えですが、多分これだと思います。
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4062647192/503-6398668-0959105?v=glance&n=465392

話の途中、ちょっと気分を悪くするシーンがあったと思うので(私がそうでした)、注意して読んでください。

Qお勧めの推理小説を教えてください

読書家の彼女が「クリスマスプレゼントは『おもしろい』推理小説がいい」という事で希望の物を贈ることにしました。
が、なにせ読書家なため、綾辻さん、アガサさん、2分間ショートなど「プロットがきちんとしていておもしろい」類のものはほぼ抑えられているのです。
皆様のお知恵を拝借したいと思います。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

まずは石持浅海の「月の扉」(光文社カッパノベルス)
ハイジャックされた飛行機内で殺人事件が発生!
ハイジャック犯の監視の中で犯行はいかに行われたのか。
そして、ハイジャック犯達の要求の真意とは?
・・・ってな感じの話です。
去年の作品ですが非常に高い評価を受けた本格推理ものです。
同氏の最新作「水の迷宮」もあわせてオススメします。
こちらは水族館を舞台とした作品です。
こちらも光文社カッパノベルスからの刊行です。

あとは、米澤穂信「さよなら妖精」(東京創元社ミステリフロンティア)
殺人事件も密室もない日常系&青春ミステリ。
推理する対象自体が風変わりで面白いのです、あえて内容も書きません。
個人的には今年トップクラスの作品だと思います。

両者ともまだ3作品しか発表していない新鋭です。
読書量の多い方でも、まだ目をつけていないかも?というのが
一番のオススメの理由です。
メジャーどころはおおかた既読だと思うので・・・。

Q推理小説はためにならない?

先日、ラジオ番組で西川史子さんが、以下のようなことを言っていました。
「推理小説は娯楽性が強く、読んでも学ぶべきものがない」
私は最近、推理小説の面白さを知ったばかりですが、推理小説にも学ぶべきものが結構あるような気がします。
皆さんはどう思いますか?

Aベストアンサー

 推理小説に限れば、No.3さんも言われているように鉄道ミステリーなら、地理の勉強になります。また、歴史ミステリーでは、歴史と地理の両方の勉強になります。日本には知らないことがたーくさんあり、それが、作者によって、地理や歴史での興味のあるところがピックアップされているのです。だから、ただ読むのではなく、そこから、さらに自分で興味のあることを調べ、掘り下げて、知る(勉強)のです。
 しっかりとじっくりと読めば、語彙や用語の勉強にもなります。日本は国土は狭いけど、地理も歴史も凝縮されていますよ。だから、日本が好きな外国の人が多いのです。
 学ぶものがないという人は、ただ、謎解きだけの推理小説を読んだのではないでしょうか・・・

Q女子中学生に警察小説はどうなんでしょうか?

ブックオフで処分するつもりの本を紙袋にまとめておいたら、知人が「孫が読書好きだから」と持っていってしまいました。私の留守中に読書に縁のない家人が渡したそうです。
そのこと自体は構わないのですが、問題はお孫さんが女子中学生ということです。

袋の中に、殺人や性的暴行などの事件を扱う警察小説や探偵小説が入っていましたが、
女子中学生には刺激が強すぎないか?と心配になりました。
例えば「ストロベリーナイト」のシリーズです。

その程度なら問題ないのか、親に一言注意しておくべきか、どう思いますか?

よろしくお願いします。

(一番上が「武士道シックスティーン」なので読めそうだと判断されたのではないかと思います)

Aベストアンサー

それらの本をその女子中学生が読むとは限らないので、気にしなくても大丈夫じゃないですか?
どうしても心配だと思うなら、その旨を伝えたらいいと思います。

ちなみに、ストロベリーナイトはドラマ化もされているので、中学校の図書室に入っていることもあります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報