こんばんわ。ハードディスクのことで教えてください。
IDEとSCSIっていう規格がありますよね。サーバマシンですとSCSIのハードディスクが多いようですが、安いサーバマシンですとIDEのハードディスクもあります。安いサーバマシンを考えた場合、IDEとSCSIのハードディスクの違いって RAID、後のハードディスク増設の他になんなのでしょう(書き込み、読込みとかで速さが違ったりとかあるのでしょうか…)?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

ディスコネクト/リコネクトは読み書きパフォーマンスに影響しません。


また、ディスコネクト/リコネクトはオプションですからサポートは“推奨”です。
だいたい、この機能は応答速度の遅いコマンド(フォーマットなど)の待ち時間にSCSIバスを解放することが目的ですからハードディスクのような応答の速いデバイスでディスコネクトすればかえってパフォーマンスが落ちます。

最近のIDEは全てバスマスター方式ですから昔ほどCPUに負担をかけません。

SCSIを用いるべき用途としては
1.クロックアップ時
一般にIDEよりもSCSIの方がクロックアップ耐性があります。

2.フォールトトレラントが必要なとき
絶対に止まることが許されない業務用サーバーではディスクが1本くらいクラッシュしても動きつづけます。
運用中にディスク交換などのメンテナンスも必要です。
こういう用途では電源を落とさないとメンテナンスできないIDE系のインターフェースは役に立ちません。
当然、OSもフォールトトレラント設計されている必要があるのでWindowsでは役立たずですが…。
一般にフォールトトレラントマシンは運用中にCPU交換すら可能です(マルチCPUの場合)。

3.RAID5を実現する場合
2とも関連します。
IDE RAIDはRAID0/RAID1/RAID0+1がせいぜいです。
RAIDシステムで運用中のディスク交換を可能とするためにはRAID5である必要があります(これならWindowsでもRAIDコントローラをつければ運用中のディスク交換が可能)。
また、RAID0+1よりもアクセスが早く、ディスク容量も無駄にはなりません。
RAID0+1では4本のディスクで2本分の容量を確保しますが、RAID5では4本あれば3本分の容量が確保できます。
また、IDE RAIDではRAID0+1の4本構成でコントローラのポートを使いきりますがSCSIならロジカルユニットを使うことで数十本つなぐことが可能です。
(実際にはSCSI-3 Ultra160でも10本もつなぐとBUS速度が飽和して使い物になりませんが…)。

この回答への補足

クロックアップとはどんな機能ですか?

補足日時:2001/03/10 14:23
    • good
    • 0

>SCSIとIDEの違い


書き込みの負荷が少ない。といわれますが、これはリコネクト/ディスコネクトという機能をSCSIのドライブがもっているためです。
書き込み/読み出しを「やっといてね」とお願いすることでCPUやSCSIチップが面倒をみないで済みます。SCSI Bridgeには、これを再現しないものもあります。
このおかげで(これだけではないですが)、高負荷状態でも処理能力の低下が少ないので、ディスク頻繁にアクセスするサーバによく使われます。
サーバによく使われるという背景があるため、信頼性はIDEよりも一般的には高いです。

>RAID
RAIDは耐障害性を高めるために考案されたものです。
1~5まであります。0はオマケです(耐障害性がないため)。
参考URLにRAIDに関する簡単な解説がありますので、読んでみてください。

RAIDをするなら、AAUがある方が断然有利です。ちなみにAdaptecの2100SにはAAUがありません。

参考URL:http://www.hitachi.co.jp/Prod/comp/storage/diska …
    • good
    • 0

 IDEとSCSIの決定的な違いは、IDEはCPUに依存しているのに対し、SCSIは、専用の処理を行うチップが有る為に、CPUをあまり使用しなくても良いと言うのがあります。

よって、SCSIの方がマルチタスクに強いと言うことになります。

 最近は、IDEのハードディスクの能力が上がって、主流のマザーボードのバスの転送速度に殆ど追いついた為、安いサーバーにでも使用するようになってきたのです。SCSIとIDEでは、価格にして数倍の差があります。値段の差は、処理能力の差にも現れているのです。安く仕上げるためには、能力の差は仕方のない事ですね。

 RAIDは、ゼロから5まで有ります。一般的なのは、ゼロのストライピングと1のミラーリングとゼロ+1と5の分散パリティ付ストライピングですね。
 RAID0は、普通2台で行ない、ビデオキャプチャーをする時とかに効果が有りますが、どちらか一方が壊れたら2台とも全滅です。
 RAID1も、2台で行ない、両方に同じ内容が書き込まれますので、どちらか壊れても、とりあえず片方で動かせば、急場は凌げますし、その間に交換することも出来ます。機種によっては、電源を入れっぱなしで交換可能なものも有ります。
 RAID0+1は、4台です。2台でRAID0を、もう2台で先の2台に対してミラーリングします。
 RAID5は、3台以上必要です。そのかわり、どれか一台が壊れても、それを切り離せば、とりあえず動かすことが可能です。後は、RAID2の時と同様です。

 出来るだけ安いサーバーにするのであれば、IDEでハードディスク2台でRAID1か、4台でRAID0+1か、3台以上でRAID5を使用することになります。わずかでは有りますが、後のパターンの方が能力的に優れています。もちろんハードディスクはATA100で7200回転を選びます。なお、RAIDカードによっては、同じメーカーの同一品番しかRAIDを構成できないものも有るとの事なので、気をつけて下さい。

 参考に、私は、RAID1を使用しています。DUAL-CPUでRAIDがオンボードになっているマザーボードを購入して使用しています。なお、オンボードの場合は、ゼロか、1か、ゼロ+1しか選べないものが殆どです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

返事が遅くなってすみません。
分かりやすい解説ありがとうございました。

お礼日時:2001/03/10 14:12

IDE


CPUに依存しながら書き込み読み込みをします。現在ではATA66とATA100などあり、チップが処理をするので多少は軽減されます。しかし、私感ではそれでもCPUに多く依存し、66MB100MBと言っていますが実際そんな速度出ませんし、CPUの依存も減っているとは思えません。と言ってもOffice系のアプリケーションではそんなに負荷になるほどではないと思います。

SCSI
これはどの速度のSCSIかわかりませんが、一般的に20~160MBの転送率です。
どの速度でもSCSIカードが処理しますのでCPUに依存しない点が特徴です。
特にDV系を行う際には駒落ちはほぼ無くます。もし、SCSIのHDDにOSを入れる場合には、SCSIカードにBIOSがついているものでなくてはできません。

RAID
前提ですが、ストライピングとミラーリングがあり、ストライピングは2つのHDDを一つと見なすので、書き込み速度は1/2になります。ミラーリングは2つのHDDに同じものを書き込みますので、書き込みがある度にバックアップをとっているものです。
前提では、と話したのは、まずストライピングはそれほどの速度が出ません。逆に遅くなることもあります。AdaptecのRAIDであればミラーリングとストライピング
同時に行うこともできますが、まずRAIDカードの価格とHDDx4を考え、その熱量の放出など考えると、安いサーバという概念からは大きくはずれると思います。
また、私の知っている会社でSeagateのHDDでやったら熱暴走を起こしてしまったらしいので、スマートドライブ等が必要と聞きましたので、それなりのケースと費用はかかってしまうみたいです。どうしても、というのであればミラーリングならば効果はあると思います。

ですので、書き込み速度が求められるサーバー(動画系のサーバ)ならば、安くすますのは難しいですね。ただ、Office系のサーバや個人で使うサーバならIDEで問題ないと思います。

この回答への補足

「特にDV系を行う際には駒落ちはほぼ無くます」
ということは
デジタルビデオで撮影した動画をパソコンに保存したい時とかは、外付けのSCSIのHDD
を買ってきて、SCSI接続のHDDに保存したほうがよいということでしょうか?

補足日時:2001/03/10 14:15
    • good
    • 0

昔はIDEが圧倒的に遅く、また読み書きにCPUパワーを食ったりしていたのですが、現在では、転送速度もIDEが100M/sで、SCSIに速いので160M/sとほぼ互角になってきました。


今では、SCSIは同時につなげる事の出来る装置数の多さ、外部のHDDを接続できるが利点でしょうか。あとは、価格の違いはありますが同程度だと思います。

読み書きの速度は、ほとんど転送速度の違いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

返事が遅くなってすみません。
分かりやすい解説ありがとうございました。

お礼日時:2001/03/10 14:14
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QWindows 98マシンのIDE接続ハードディスクの内容をサルベージ

Windows 98マシンのIDE接続ハードディスクの内容をサルベージする方法をお教えください。
以前、使っていたWindows98機に内蔵していた2台のハードディスクドライブが手元にあります。いずれも容量は30GBで、つい最近まで使用していた先代のパソコン本体にIDE接続で内蔵し、うち1台をシステム用(OSとアプリケーションを格納)、もう1台をデータ用に使用しておりました。この2台のハードディスクドライブの情報内容をすべて別の外付けハードディスク(120GB)にコピー(サルベージ)したいと思い、パソコンにそれなり詳しい知人に作業を依頼しましたが、うまくいきませんでした。成功させるにはどうしたらいいでしょうか。
友人によれば、2種類のケーブル/外付ケースを用いて個別にUSB接続の外付ハードディスクとしてXPマシンに接続してみましたが、いずれの場合も、「コントロールパネル」→「コンピュータの管理」→「ディスクの管理」からはハードディスクが認識できるけれども、エクスプローラでは見えなかったため、サルベージに失敗した、とのことでした。

Aベストアンサー

#7です。
確認完了しました。Win98SEをインストールしたFAT32フォーマットのCドライブは、IDE・USB変換ケーブルを使い、WinXPで内容認識可能です。データ保存も出来ます。「ディスクの管理」を見ないとドライブが確認出来ない、と言うことはありませんでした。もしお手持ちのHDDが普通にIDE・USB変換ケーブルですんなり内容確認出来ないなら、HDDの中身が何らかの原因で消去されてしまったか、WinXPで対応出来ない方式でフォーマットされていた可能性もあります。
添付画像を参考にしてください。

QIDEハードディスクからSATAハードディスクへ

Vista導入を間近に控えて、ハードディスクのDSP版でOSを購入しました(未着ですが)。現在のPCのハードディスクは、IDEでCドライブが接続されていますが、導入予定のHDDは、SATAです。
(1)クリーンインストールをする予定ですが、IDEのHDDを外さなくても、SATAの「0」にHDDを接続しても大丈夫でしょうか?
(2)旧HDD(IDE接続)をそのままCドライブにして、XPを立ち上げてVistaをインストールができますでしょうか?
(3)その場合、デュアルブートになると思いますが、、将来XPが不要になったとき、XP入りHDDのフォーマットが可能だが、次回から起動時に常にブートローダーが立ち上がるようですが、回避方法はないでしょうか?

Aベストアンサー

>VistaをSATAの「0」ドライブにインストールし、IDEのHDD(WInXPが入っている)をマスターのまま、パソコンを起動すると、デュアルブートになる。

そうです

>そして、XPを選択するとVistaは、隠しドライブDに、

私の場合win2000インストール時に(コンピューターの管理ーデスクの管理)でEというドライブ名を付けなかったので見えないだけです。

>Vistaを選択するとXPのIDE・HDDは、Dドライブになる?という理解でよいのでしょうか????

そうです。

今までのWINDOWSはBIOSから見て一番最初に見つかったHDDの基本パーテーションをC:ドライブとするという決まりが有りましたがVISTAは違うようです。

QIDEのハードディスクとSATAのハードディスクは一緒にできるのでしょうか?

現在IDEのハードディスクを2つつけております。

そろそろSATAのハードディスクにしようと思うのですが、
まず1つ購入しようと思っております.

マザーボードにはSATAの取り付け部分は4つありますが、
仮に1つにハードディスクをつなげた場合

わたしの現在の使用だとIDEのハードディスク2つとSATAのハードディスク1つ接続していることになりますが、この3つはすべて使えるのでしょうか?(共存できるのでしょうか?)

素人質問ですが、お詳しい方よろしくお願い致しますm(_ _)m

Aベストアンサー

マザー次第です。

私の経験では、IDE(メイン)で、S-ATAが3つで何の問題も無く動きます。
ただ、最後のS-ATAのマザー側の端子が壊れていました><。
気づいたのは、購入後1年半が経過してからです。普通わかりませんw

ただ、複数のHDDを使用する場合、PC起動時に意外と電力が必要ですので
電源も確認しておいた方がいいかもしれません。

Qマザーボードとハードディスクを取替えた後旧ハードディスクのソフトはどうやって新しいハードディスクに移すのですか?

今、マザーボードとハードディスクを取替え、windows xpもインストールし、旧ハードディスクの中身をを新しいハードディスクにコピーしたのですが、ソフトが移っていないのです。
フォルダは移っているようですが、今まで使っていたソフトがでてこないのです。この場合どのようにすればよいのでしょうか?
基本的なことが解っていなくてあまりにも無謀なことをやっているとお思いでしょうが、助けてください。

Aベストアンサー

MS-DOSの時代ならフォルダ(ディレクトリ)毎コピーすればソフトが使えていましたが、Windows95になってからはそれは出来なくなりました。理由は『DLL(Dynamic Link Library)』と『レジストリ』が導入されたためです。これはプログラム置き場であるC:\Program Files\~の外にあり、簡単にはコピーできないようになっているためです。うがった見方をすれば、一種のコピープロテクトですね。使用するのにIDやパスワードが必要なソフトが、そう簡単にコピーできては困るでしょ?

※通常のアプリケーションソフトには、「インストーラー」と呼ばれるインストール用のプログラム(名前がSetup.exe等のファイル)が付属していて、CDからハードディスクへのプログラムのコピー、DLLの配置、レジストリへの書き込み、そのPCに合わせた環境設定などを自動的にやってくれます。MS-DOSの時代には、それをユーザーがやっていました。なお、レジストリは、アプリケーションを使う毎に設定が保存されますので、常に書き換えられています。ですからアプリケーションは、起動時にかならずレジストリを読み込んでから起動します。

※ただしネットで配信されているフリーウェアで、レジストリもDLLも使っていないものは、初期設定さえクリアすればフォルダ毎コピーするだけで使えます。

他の回答者さんが書かれているように、面倒でもソフトの正規インストールCDから始めから一つずつインストールして下さい。
また、よく外付けハードディスクに付属しているハードディスクの中身を丸ごと移すユーティリティもありますが、これもお薦めできません。移す環境が同一であれば問題ないのですが、今回の場合マザーボードも変わっていますので、Windowsが使用する各種ドライバもほとんど変わってしまいますので、そのまま使用すると必ず不具合が出てくるでしょう。それにせっかくOSをクリーンインストールしたのですから、以前の「ゴミ」までコピーするのはバカバカしいです。

ついでに私がいつもクリーンインストール時に行なっている作業手順を載せておきます。参考にして下さい。

1.ハードディスク交換前のデータのバックアップ(辞書、お気に入り、メールデータ、ネット上のパスワード等々)

2.各種ドライバ、インストール用CD、アプリケーションのアップデータなどの準備と確認(シリアルナンバー等も忘れずに)

3.増設したボード(SCSI等)の取り外し(グラフィックとLANは、そのままで良い)

4.ハードディスクの交換

5.OSのインストール

6.チップセットやビデオカード用ドライバのインストール

7.増設ボードの取付とドライバのインストール(なければ必要なし)

8.ドライブレターの変更(ハードディスクや光学ドライブのアルファベット番号を元に戻す)

9.ウィルス対策ソフトのインストール(ネットに接続してオンライン登録も)

10.ネットに接続して Windows Update の実行

11.Office系のインストール(Office Updateも忘れずに)

12.お気に入り、辞書登録単語の書き戻し

13.メールソフトのインストールとデータのリストア

14.各種アプリケーションのインストールと環境整備

以上の作業で1日3~4時間費やして、元の状態に戻るのまで2~3日は掛かると思って下さい。また、私の場合、画像や文書データやフリーウェアはもう1台のハードディスクに保存していますので、それについてのバックアップとリストアについては言及していません。これは単にコピーするだけですので。

またもしも、すでに古いハードディスクの中身を「すべて」コピーしてしまったのでしたら、Windows自体がまともに動かない可能性がありますから、OSのクリーンインストールからやり直して下さい。

MS-DOSの時代ならフォルダ(ディレクトリ)毎コピーすればソフトが使えていましたが、Windows95になってからはそれは出来なくなりました。理由は『DLL(Dynamic Link Library)』と『レジストリ』が導入されたためです。これはプログラム置き場であるC:\Program Files\~の外にあり、簡単にはコピーできないようになっているためです。うがった見方をすれば、一種のコピープロテクトですね。使用するのにIDやパスワードが必要なソフトが、そう簡単にコピーできては困るでしょ?

※通常のアプリケーションソフトには...続きを読む

QSCSIのハードディスクを丸ごとコピーするには。

パソコンに繋いでもまったく認識しない内蔵タイプのSCSI 50PIN のハードディスクですが、ある機械に繋ぐと認識して動作します。
元のDISK を壊さずに丸ごとコピーしてクローンを作る事は出来ないでしょうか。ご存じの方、方法を教えてください。

Aベストアンサー

>パソコンに繋いでもまったく認識しない内蔵タイプのSCSI 50PIN のハードディスクですが、ある機械に繋ぐと認識して動作します。
パソコンにつないでも認識しないのにある機械に繋ぐと認識する
“ある機器”とはパソコンじゃないんでしょうか?
パソコンじゃないなら“ある機器”がわからないとなんとも言い様がないです。

ディスクイメージの複製ならリンク先のようなものもあります。

参考URL:http://www.orient-computer.co.jp/products/hdd.htm


人気Q&Aランキング

おすすめ情報